2009年07月12日

ガウラ(白蝶草)

 ガウラの和名は白蝶草である。確かに蝶が飛んでいる形に似ている。色の方は白の外に赤もあり、この点では白蝶の名前には合っていない。耐寒性もあり、北海道の庭には適している花で、庭先によく見かける。種からも増え、扱い易い花のようである。近接モードで撮ると、雄しべの先に黄色い虫が居るように見える。朝日が当たると、人の目には花びらの赤さが増して映るけれど、カメラのレンズを通すと、陽の反射が強くて、白く光って写る。名前の白蝶草に戻ったかのようである。

雄しべ先 虫が居るかと ガウラ花

%E9%9B%84%E3%81%97%E3%81%B9%E5%85%88%E3%80%80%E8%99%AB%E3%81%8C%E5%B1%85%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%A9%E8%8A%B1A.jpg

朝日浴び 白羽になり 白蝶草

%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%B5%B4%E3%81%B3%E3%80%80%E7%99%BD%E7%BE%BD%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E7%99%BD%E8%9D%B6%E8%8D%89A.jpg

comments

comment form
comment form