2009年07月24日

夏の小さな甘い実

 垣根としてオンコの木が植えられていて、もう赤い実をつけている。それを口に含むと甘味が口の内にひろがる。果肉に比べて図体の大きな種が口のなかに残る。現在はスィーツと言葉も味も口当たりの良いものがあり、甘味を求めてオンコの実を口に運ぶことはない。庭のブルーベリーの実も夏になると実の色が薄い桃色から黒紫色に変わってくる。こうなると口に入れて味わうことができる。この実は種が極めてちいさいので果肉と一緒に飲み込め、名前のせいか西洋の味がする。

口内に 甘味広がる オンコの実

%E5%8F%A3%E5%86%85%E3%81%AB%E3%80%80%E7%94%98%E5%91%B3%E5%BA%83%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%80%80%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%9C%9DA.jpg

名前から 西洋甘味 舌で知り

%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%80%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E7%94%98%E5%91%B3%E3%80%80%E8%88%8C%E3%81%A7%E7%9F%A5%E3%82%8AA.jpg

comments

comment form
comment form