2010年08月05日

緋衣をまとったサルビア

 赤いサルビアの花に近づいて見ると、花びらだけでなく茎まで真っ赤である。ヒゴロモソウ(緋衣草)の別名があるけれど、これなら衣だけでなく、衣をまとう身も緋色である。さらに観察すると、花の中からまた花が飛び出しているものもある。サルビアの花は開いた口のようにも見え、共食いで、別の花を飲み込んでいるかのようでもある。サルビアの派手な色は、花畑にしても花壇にしても、人目を惹く。特に都会の花壇では、狭い空間でも色が広がるので、花壇定番の花である。

サルビアは 緋衣(ひごろも)まとう 緋の花茎

%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A2%E3%81%AF%E3%80%80%E7%B7%8B%E8%A1%A3%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%81%86%E3%80%80%E7%B7%8B%E3%81%AE%E8%8A%B1%E8%8C%8EA.jpg

口並び 花が花喰い 緋衣草

%E5%8F%A3%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%8C%E8%8A%B1%E5%96%B0%E3%81%84%E3%80%80%E7%B7%8B%E8%A1%A3%E8%8D%89A.jpg