2010年08月11日

形の面白いヤナギハナガサ(柳花笠)

 山野草を扱っている園芸店で、花茎の先に花の塊があり、小さな花が開いて並んでいるのが目に留まった。ヤナギハナガサである。南アメリカが原産で、輸入され園芸用として育てられたものが逸出して野生化しものがある。しかし、花笠と形容されるこの花を、野の花として見たことはない。花は小さく、肉眼では良く観察できないのが、マクロ撮影の写真では、長い筒が先端で裂けて花弁に変わっていく形で、面白い。筒の桃色から花弁の白への色のグラデェーションも見応えがある。

花笠が 目に飛び込んで 花の店

%E8%8A%B1%E7%AC%A0%E3%81%8C%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%81%AB%E9%A3%9B%E3%81%B3%E8%BE%BC%E3%82%93%E3%81%A7%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%BA%97A.jpg

筒を裂き ヤナギハナガサ 花弁成り

%E7%AD%92%E3%82%92%E8%A3%82%E3%81%8D%E3%80%80%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%80%80%E8%8A%B1%E5%BC%81%E6%88%90%E3%82%8AA.jpg