2010年10月19日

白髭のあるシラヒゲウメバチソウ

 鉢植えにされたこの花が、本格的な秋を迎える時期に咲いている。ウメバチソウ(梅鉢草)は、花が梅鉢の家紋に似ていりことから命名されている。これに白髭と修飾語が付くのは、花弁が裂けて髭のように見えるためで、ウメバチソウの方は花弁が裂けることはない。花の咲き始めの頃は、雄蕊と雌蕊が寄り添うようにしているのが、開花が進むにつれて、雄蕊は外側に向かって広がり、雌蕊は白い柱頭を出して子房を膨らませる。花弁の裂け方も進行して、白髭の形容詞通りになってくる。

花の中 蕊が身を寄せ 半開き

%E8%8A%B1%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%80%E8%95%8A%E3%81%8C%E8%BA%AB%E3%82%92%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%80%80%E5%8D%8A%E9%96%8B%E3%81%8DA.jpg

全開で 蕊の離れて 髭の花

%E5%85%A8%E9%96%8B%E3%81%A7%E3%80%80%E8%95%8A%E3%81%AE%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E9%AB%AD%E3%81%AE%E8%8A%B1A.jpg

comments

comment form
comment form