2010年10月16日

大通公園に咲くホップの花

 サッポロビール会社の協力で、大通公園の花壇にホップが植えられている。ビールに使うホップの花は雌株の球花と呼ばれているもので、球花の中にある「ルプリン」と呼ばれる小さな粒状のものが使われる。これがビールの苦みと香りを作り出している。ホップの花は夏に入ると咲き始め、夏の終わりには摘み取られてしまうので、ホップの花を見る機会が得られない。大通公園のホップの花は秋が深まっても、大都会の秋空の下でツルの枝に下がっていて、じっくり見ることができる。

秋進み 空を見上げて ホップ花

%E7%A7%8B%E9%80%B2%E3%81%BF%E3%80%80%E7%A9%BA%E3%82%92%E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97%E8%8A%B1A.jpg

ホップ花 ツルに下がりて 球花なり

%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97%E8%8A%B1%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%AB%E3%81%AB%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E7%90%83%E8%8A%B1%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

comments

comment form
comment form