2011年03月01日

雪まつりの後の「泉の像」

 大通公園のシンボル的存在の「泉の像」は、ニッカウヰスキーの依頼で本郷新が制作している。屋外の彫刻は全季節性のものがよいのだけれど、具象的な像ではこの条件を満たすのが難しい。特に、裸婦やそれに近い彫刻を、雪の季節に見るのは寒々としている。トウシューズを履いたこの三人のバレリーナの像も、雪まつりのイベント時にはスノーボード競技会場の下になって、その姿を隠している。雪まつりが終わって姿を現しても、雪で覆われた公園では近寄って見る人もいない。

踊り子を 見る人もなく 雪舞台

%E8%B8%8A%E3%82%8A%E5%AD%90%E3%82%92%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%80%E9%9B%AA%E8%88%9E%E5%8F%B0A.jpg

雨水(あまみず)の 流跡(ながれあと)見え 泉像

%E9%9B%A8%E6%B0%B4%E3%81%AE%E3%80%80%E6%B5%81%E8%B7%A1%EF%BC%88%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%A8%EF%BC%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%80%80%E6%B3%89%E5%83%8FA.jpg

comments

comment form
comment form