2011年04月06日

巨匠の若き時代の南鷹次郎像

 北海道に縁の深い彫刻家佐藤忠良氏の訃報が3月30日の北海道新聞の一面に載っていた。1912(明治45)年生まれで98歳の長寿を全うした。同紙のコラム「卓上四季」でも作品について書かれていて、「首狩り」と言われるほど頭部にこだわった、とある。ほとんど知られていないと思われるけれど、北農ビルのロビーに北農の会長像として置かれている、北海道帝国大学2代総長の南鷹次郎の像は、具象彫刻の巨匠の作である。作者名の表示がなく、彫刻にSato、1932がわずかに見える。

首狩りの 若き巨匠の 南像

%E9%A6%96%E7%8B%A9%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E8%8B%A5%E3%81%8D%E5%B7%A8%E5%8C%A0%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8D%97%E5%83%8FA.jpg

かろうじて Sato(サトウ)と読めて 巨匠作

%E3%81%8B%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%98%E3%81%A6%E3%80%80Sato%EF%BC%88%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%A6%EF%BC%89%E3%81%A8%E8%AA%AD%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%80%E5%B7%A8%E5%8C%A0%E4%BD%9CA.jpg

comments

comment form
comment form