2011年04月16日

石で出来た花の女神像

 菊水の円形歩道橋の傍に結婚式場の「FLORE(フローラ)」がある。言葉の元の意味は花の女神で、結婚式場に合わせた命名なのだろう。この式場の前に、同じ作品名の松本純一の石の彫刻がある。この彫刻家の特徴である、目の部分を穴にして顔に穿っている。作品名と設置場所についての知識がなければ、この石作りの人形から花の女神を連想するのは到底無理である。結婚式場の建物のガラス窓に、石の彫刻と通りの様子が映っている。それを撮っている自分の姿もそこに見えている。

柔らかき 花の女神は 石作り

%E6%9F%94%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E3%81%AF%E3%80%80%E7%9F%B3%E4%BD%9C%E3%82%8AA.jpg

我が姿 FLORE(フローラ)共に ガラス窓

%E6%88%91%E3%81%8C%E5%A7%BF%E3%80%80FLORE%EF%BC%88%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%EF%BC%89%E5%85%B1%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E7%AA%93A.jpg

comments

comment form
comment form