2011年05月13日

源家康の名の刻された徳川家康の黒印状

 テレビ取材で北海道開拓記念館の展示室を見て歩いていて、ガラスのケースの中に徳川家康が松前志摩守に与えた黒印状が目に留まった。蝦夷地に足を踏み入れ、交易を行う一切の事に関しては、松前藩の許可が必要である旨が記されている。案内役の学芸員M氏の説明で、黒印状に刻まれた三行の文字の中央は「源家康」であると知る。徳川姓は元からの姓ではなく、藤原や源の姓を名乗っていて、後に改姓して徳川になったらしい。黒印の他の文字についてはM氏も判読できなかった。

黒印状 漢字判読 パズルなり

%E9%BB%92%E5%8D%B0%E7%8A%B6%E3%80%80%E6%BC%A2%E5%AD%97%E5%88%A4%E8%AA%AD%E3%80%80%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

黒印に 源家康 姓の見え

%E9%BB%92%E5%8D%B0%E3%81%AB%E3%80%80%E6%BA%90%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E3%80%80%E5%A7%93%E3%81%AE%E8%A6%8B%E3%81%88A.jpg

comments

comment form
comment form