2011年05月19日

洋画家のデザインした金属レリーフ

 共済ホールの玄関ロビーに箕原正の「耕作されつつある大自然」と題された金属製のレリーフがある。3枚に分かれていて、大きなものは約4 m x 6 mもある。銅版で制作された背景に、ブロンズ製の農業機械と思われる造形が貼り付けられたレリーフ作品である。インターネットで調べると、箕原は東京出身の洋画家で、絵を描くかたわらこのレリーフ作品や大通公園4丁目の噴水のデザインを行っている。共済ホールは催し物が行われているのだが、見るために入場した記憶がない。

ロビー内 機械耕す 壁大地

%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%BC%E5%86%85%E3%80%80%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E8%80%95%E3%81%99%E3%80%80%E5%A3%81%E5%A4%A7%E5%9C%B0A.jpg

張付いた 無人の機械 動き止め

%E5%BC%B5%E4%BB%98%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%80%E7%84%A1%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%80%80%E5%8B%95%E3%81%8D%E6%AD%A2%E3%82%81A.jpg

comments

comment form
comment form