2011年05月19日

桜の季節のエドウィン・ダン記念公園のダン像

 エドウィン・ダン記念館に隣接する公園に峯孝制作のダンの大きなブロンズ立像がある。台座のところもブロンズのレリーフになっていて、明治期ダンが指導して根付かせた北海道酪農業を物語る絵で構成されている。桜の咲く季節に出向いてダンの像を撮ってみる。像の背後にあるエゾヤマザクラを生かした写真では、ダン像が暗く写り、桜か像かのどちらに重きを置くかで違った写真になる。新緑の季節で、趣味の絵を描く市民グループがダン像の周囲で、絵を描くことに余念がない。

桜花 生かして像の 黒さかな

%E6%A1%9C%E8%8A%B1%E3%80%80%E7%94%9F%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%A6%E5%83%8F%E3%81%AE%E3%80%80%E9%BB%92%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

時代経て 酪農恩人 絵のモデル

%E6%99%82%E4%BB%A3%E7%B5%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E9%85%AA%E8%BE%B2%E6%81%A9%E4%BA%BA%E3%80%80%E7%B5%B5%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%ABA.jpg

comments

comment form
comment form