2015年05月11日

シリーズ68・これは何?

 花の部分です。さて、これは何?
 
68_1%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%9D%E3%81%AE%E8%95%8AA.jpg

comments

コメントを入力してください
15年ほど前になりますが、ひまわり花粉採取に取り掛かっていた頃、今時季に咲いているひまわりと同じ菊科の植物「たんぽぽ」の花粉を顕微鏡で観察したことがあります。
花粉の表面形状は植物毎に異なり様々ですが、倍率900程度の顕微鏡視野に広がるタンポポ花粉は、満天の星座さながらの「ひまわり花粉」と全く同じような、栗のイガイガ状でした。
今朝のクイズは、受粉している雌しべ部分を20倍率ルーペにより拡大した写真のように思います。

  • 伊東 裕
  • 2015年05月11日 10:03

 流石ヒマワリ研究家の伊東さん、タンポポの雌蕊と確認ですね。タンポポに雌蕊があって雄蕊はどこにあるのか分からず、ネットで調べると雌蕊の下の方が雄蕊であるのを知りました。花の雌蕊と雄蕊は別々にあるものとばかり思っていたら、タンポポのようなキク科の花では雌蕊と雄蕊は一見では区別がつかない事を知りました。知らないことばかりです。

  • ブログ子
  • 2015年05月11日 10:41
comment form
comment form