Search


Archives

2018年12月06日

シリーズ1605・「パノラマ写真」ここはどこ

文学の 道を通りて 駅舎なり

 ガラス張りの堂々とした建物を目にして、これが駅舎とは思えない。それもそのはず文学館及び図書館との併設施設である。駅前広場の南西にも広場があり文学の道が冠されている。その道にマンホールがあり蓋に網走土木現業所の文字が見える。(2014・6・21)


1605E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E7%94%9F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E9%A7%85%E5%89%8DA.jpg

comments

コメントを入力してください
写真に汚水槽蓋が見えており、駅名は簡単と思ったのですがHOKKAIDOと読めるだけでした。
このオホーツク文学館 I・K駅は、数ある駅舎の中でも小都市らしからぬ
風格有りですね。

  • 伊東 裕
  • 2015年01月04日 14:05

 I・T駅のあるこのような地方にこのような立派な文学館があるのが驚きでした。時間がなかったので、内をチラッと覗いただけで、利用状況なんかはわかりませんでした。

  • ブログ子
  • 2015年01月04日 14:57
comment form
comment form