2011年03月19日

狸小路西6丁目のPONSA像

 最初この石の彫刻を見た時、これが何を象ったものかわからなかった。作品名がPONSAとあっても、意味するものが判然としない。後で気がついたのだが、作品の設置場所が狸小路であり、これは狸がモデルなのである。制作は流政之で、市内にある他の作品にも通じる、黒御影石を磨いた球体を主体にしていて、球は狸の腹である。頭部が梟のようにも見えるので、最初に見た時狸にすぐには結びつかない。雪の季節に雪のマントを羽織ったような姿になると、ますます狸から遠ざかる。

反射する 己の姿 ポンサ(PONSA)撮り

%E5%8F%8D%E5%B0%84%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B7%B1%E3%81%AE%E5%A7%BF%E3%80%80%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B5%EF%BC%88PONSA%EF%BC%89%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

雪マント 羽織る姿の 狸像

%E9%9B%AA%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E7%BE%BD%E7%B9%94%E3%82%8B%E5%A7%BF%E3%81%AE%E3%80%80%E7%8B%B8%E5%83%8FA.jpg

comments

comment form
comment form