2011年04月24日

オーロラタウンの「愛の女神」

 レオポルド作の「愛の女神」のブロンズ像はトーチを掲げるポーズなのに、顔はトーチからの光を避けるように下を向いている。片目はつぶり、片目は半眼のようである。愛とこの表情を結びつけようとするのだが、理屈のある説明ができない。「愛は盲目」とでも言いたいのかな、とも思ってしまう。表情は憂いを含んだもので、愛の喜びといった感じもしない。角度を変えて見ても、自分の持つ光から顔を背けていて、このポーズや表情と、愛の文字の意味するところが不明である。

表情は 愛は盲目 片目閉じ

%E8%A1%A8%E6%83%85%E3%81%AF%E3%80%80%E6%84%9B%E3%81%AF%E7%9B%B2%E7%9B%AE%E3%80%80%E7%89%87%E7%9B%AE%E9%96%89%E3%81%98A.jpg

何ゆえに 愛の女神は 光避け

%E4%BD%95%E3%82%86%E3%81%88%E3%81%AB%E3%80%80%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E3%81%AF%E3%80%80%E5%85%89%E9%81%BF%E3%81%91A.jpg

comments

コメントを入力してください
テーマのブロンズ像が、いつも歩いているオーロラタウンにあるのに、これまで一度も気が付かずに居たとは、何とも勿体無いことで、是非ゆっくり観察したいもので、又楽しみなスポットが一つ増えました。
さらに、二つの像を探し求め見つけて、軽妙な爪句が思い浮かべば、経年劣化している脳細胞も活性化し、二重の楽しみを味わえると思います。

  • 伊東 裕
  • 2011年04月24日 14:43

 オーロラタウンの広場にある女神像は「愛の女神」と「希望の女神」の2体です。拓銀が寄贈したらしいです。今や拓銀と聞いても、ピンと来る人は少なくなってきているのでしょうね。「希望の女神」もブログにアップしておきます。

  • 探検隊長
  • 2011年04月24日 15:38

コメントを入力してください
今日(5月6日)にプログの、かでる南側の素晴らしい白もくれん並樹を見てきました。
想像以上の見事な花でした。
ついでに前々からプログで気になっていたオーロラタウンの愛の女神と希望の女神をじっくり観賞してきました。
プログでご紹介戴けなければ,多分目に入らずに終えた筈で,遅れ馳せながら都市秘境の素晴らしさを堪能しております。

  • 伊東 裕
  • 2011年05月06日 23:04

 愛の女神と希望の女神の設置されているコーナーは人が腰掛けていることが多く、彫刻を鑑賞するにはあまり適した場所ではないようです。よくあるビーナス風の彫刻かと、気にもしないでいると、それなりの作品だったりしたりして、意外の感じがします。

  • 探検隊長
  • 2011年05月06日 23:51
comment form
comment form