Search


Archives

2016年03月31日

ラベンダーの色帯の列車が停まっている富良野駅

 観光地富良野の名前がアイヌ語の「フラ・ヌイ」(臭いがするところ)であると知ると、漢字名と語源の落差に戸惑う。ここで臭いとは十勝岳に起因する硫黄の臭いである。富良野線はこの駅が始終着駅となるが、駅は根室線に属していて両線の分岐駅になっている。富良野にはラベンダーの咲く景観を求めて内外の観光客がやってくる。列車の車体に描かれた帯もラベンダーの紫と葉の緑の組み合わせになっている。ホームは2面4線で、ホーム間に跨線橋がある。外国人客のため観光案内所では英語、中国語、ハングルの表記が並ぶ。(2013.6.23 撮影)

ラベンダー 色は車体に 紫緑(しりょく)なり


%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%80%80%E8%89%B2%E3%81%AF%E8%BB%8A%E4%BD%93%E3%81%AB%E3%80%80%E7%B4%AB%E7%B7%91%EF%BC%88%E3%81%97%E3%82%8A%E3%82%87%E3%81%8F%EF%BC%89%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

案内所 4か国語で 標記なり


%E6%A1%88%E5%86%85%E6%89%80%E3%80%804%E3%81%8B%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E3%81%A7%E3%80%80%E6%A8%99%E8%A8%98%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月30日

駅名になった地名が札幌農学校に由来する学田駅

 学田とは「学」に関係した名前と類推できる。事実、駅のある場所付近にはかつて札幌農学校の演習農場があり、名前はそれに由来する。因みに学田山、学田川、学田橋といった地名もあり、教育や学術に何らかの関係がある。学田駅は木製ホームの上に鉄骨と鉄板の待合所がある。待合所のドアは無く木製ベンチがあり、ベンチの上に駅ノートが置かれている。直線状の棒線の駅は田園に囲まれてあり、ホームからの見晴しが良い。駅の東側に線路と並行して国道237号が延びていて、畑より少し高くなった国道を行き来する車が見えている。(2013.6.23 撮影)

学田は 明治の「学」が 由来なり


%E5%AD%A6%E7%94%B0%E3%81%AF%E3%80%80%E6%98%8E%E6%B2%BB%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%AD%A6%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%80%80%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

自転車を 停めて駅撮り 取材なり


%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%82%92%E3%80%80%E5%81%9C%E3%82%81%E3%81%A6%E9%A7%85%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E5%8F%96%E6%9D%90%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月29日

観光列車「ノロッコ号」が停まる臨時駅のラベンダー畑駅

 上富良野駅を過ぎ学田駅駅まで富良野線は直線で、ラベンダー畑駅はその直線区間の中間辺りにある。名の通りラベンダー畑を訪れる観光客のための臨時駅で、毎年6月~10月に営業する。ラベンダー畑のファーム富田の最寄り駅で、客は駅と同ファームの間を歩いて往復する。観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」が停車する駅で、シーズンにはノロッコ号が停車すると木製デッキのホームは客で混雑する。田園地帯に囲まれた駅で、ホームの両側に水田が迫る。外国人観光客のためホームには英語、中国語、韓国語の注意書きが見える。(2013.6.23 撮影)

込み合って 客の乗降 ノロッコ号


%E8%BE%BC%E3%81%BF%E5%90%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%80%E5%AE%A2%E3%81%AE%E4%B9%97%E9%99%8D%E3%80%80%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E5%8F%B7A.jpg

水田が ホームに迫り 臨時駅


%E6%B0%B4%E7%94%B0%E3%81%8C%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AB%E8%BF%AB%E3%82%8A%E3%80%80%E8%87%A8%E6%99%82%E9%A7%85A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月27日

キリスト教の教会を連想させる待合所の鹿討駅

 駅名の鹿討を目にして、アイヌ語への当て字、鹿狩りの地等を予想したが、これはこの辺りにあった鹿討農場の名前に由来する。農場主の鹿討豊太郎は札幌農学校の出身者である。木製デッキの登り口(ホームの富良野駅方面側)のところに一見キリスト教の教会を連想させるような待合所がある。待合所の屋根には明かり採りの塔状の造りがあり、待合所の中で見上げると四方の窓から光が咲き込んでいる。ホームにはプランターが置かれた1面1線の棒線駅である。2両編成の列車ではホームに納まり切らず、踏切へはみ出して停車する。(2013.6.23 撮影)

見上げれば 明かり採り窓 陽の差して


%E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E6%98%8E%E3%81%8B%E3%82%8A%E6%8E%A1%E3%82%8A%E7%AA%93%E3%80%80%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%B7%AE%E3%81%97%E3%81%A6A.jpg

教会を 連想させて 待合所


%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%82%92%E3%80%80%E9%80%A3%E6%83%B3%E3%81%95%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BE%85%E5%90%88%E6%89%80A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月26日

イメージキャラクター「ラベンダーの妖精」の居る中富良野駅

 中富良野の市街地は富良野川の西側に広がり、国道237号が市街地を貫いている。国道と並行して国道西側に富良野線が延び、国道と直角に交わる道道705号の終点に中富良野駅がある。駅舎内にショーケースがあり特産品が並んでいる。やはりラベンダーに関係したものが多いが、「法螺吹」の銘柄の地酒も飾ってある。ホームに出てみると2面2線で上富良野方向に構内踏切がある。富良野方向にはフード付きの人道橋が線路を跨いでいる。中富良野町のイメージキャラクター「ラベンダーの妖精」の看板がホームに置かれている。(2013.6.23 撮影)

ケース内 「法螺吹」とあり 地酒なり


%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%86%85%E3%80%80%E3%80%8C%E6%B3%95%E8%9E%BA%E5%90%B9%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E5%9C%B0%E9%85%92%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

中富良野 妖精手を振る ホームかな


%E4%B8%AD%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E3%80%80%E5%A6%96%E7%B2%BE%E6%89%8B%E3%82%92%E6%8C%AF%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月25日

木製デッキのホームから十勝連峰が望める西中駅

 中富良野を突き抜ける国道237号で、西中小学校のところを西に折れる道を進むと富良野線を横切る。その踏切のところは西中駅がある。木製デッキのホームで、ホームへの上りスロープのところに1枚ドアの木製小屋の待合室がある。駅の周囲は空地になっていて、夏場はライダーの休息地のようである。ホームに上ると1面1線の棒線駅で、ベゴニアのプランターが置かれていて、観光路線の雰囲気を出している。ホームからの見晴しは良く、富良野盆地を囲む十勝の連山が見える。線路の傍まで水田が迫って来て、田園の中の駅である。(2013.6.23 撮影)

ライダーも 一休みなり 駅空地


%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%82%E3%80%80%E4%B8%80%E4%BC%91%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E9%A7%85%E7%A9%BA%E5%9C%B0A.jpg

西中は 東 十勝の 山並び


%E8%A5%BF%E4%B8%AD%E3%81%AF%E3%80%80%E6%9D%B1%20%E5%8D%81%E5%8B%9D%E3%81%AE%E3%80%80%E5%B1%B1%E4%B8%A6%E3%81%B3A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月24日

富良野線の観光路線部分の一駅の上富良野駅

 上富良野駅は富良野線に乗った観光客がふらりと降りてみる駅である。ラベンダー畑は富良野駅から上富良野駅の路線の周辺にあり、列車を利用して景観を楽しもうとする観光客は富良野駅から乗車して上富良野駅で折り返す客が多そうである。石段のある駅舎で、委託駅の有人駅である。観光路線の駅だけあって、駅舎の壁はポスターで埋まっている。駅舎内には観光案内所もある。ホームは2面2線で、跨線橋がある。観光列車のノロッコ号がホームに停車している。跨線橋の北側に駅の東西をつなぐ中央部が青空天井の人道橋がある。(2013.6.23 撮影)

自転車も 携行バックで 列車待ち


%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%82%82%E3%80%80%E6%90%BA%E8%A1%8C%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E3%80%80%E5%88%97%E8%BB%8A%E5%BE%85%E3%81%A1A.jpg

ノロッコ号 撮る客の居て 上富良野


%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E5%8F%B7%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8B%E5%AE%A2%E3%81%AE%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E4%B8%8A%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8EA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月23日

赤い屋根が目立つ駅舎の美馬牛駅

 「美馬牛」はアイヌ語の「ビバ・ウシ」(沼貝の居るところ)が語源で「美唄」も同じ意味のアイヌ語に当て字をしている。駅前は広場になっており赤い屋根の駅舎がある。駅舎の横には駐輪小屋が設置されている。駅舎の玄関のところにリースの飾りが掲げられているのは観光路線を意識してのことだろう。駅名板も木製の手の込んだものである。2面2線のホームは千鳥式になっていて、構内踏切がある。東側のホームに接するように洒落た二階建が見える。「ポストカードギャラリー&ブックカフェ絵葉描館」で観光スポットでもある。(2014.8.1 撮影)

美馬牛は リース飾りの 駅舎なり


%E7%BE%8E%E9%A6%AC%E7%89%9B%E3%81%AF%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E9%A3%BE%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

踏切で ホームを撮りて 千鳥式


%E8%B8%8F%E5%88%87%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E5%8D%83%E9%B3%A5%E5%BC%8FA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月22日

軟石造りの駅舎も観光資源の美瑛駅

 美瑛は北海道らしい田園風景に接するため観光客が訪れる。駅も観光に一役買っていて、駅舎や駅周辺も写真の対象になる。駅舎は美瑛軟石を使ったもので、有人駅である。駅前はロータリーになっていて店舗が取り囲む。駅舎内には富良野と美瑛を結ぶ観光列車のノロッコ号の案内看板が掲げられ、観光客と思しき人の姿がある。「ノロッコ」とは「ノロノロ」と「トロッコ」の合成造語である。ホームは2面2線で、駅舎西側にホーム間をつなぐ跨線橋がある。駅舎東側に駅の南北を行き来する自由通路があり、三角屋根の通路の塔が目につく。(2014.8.1 撮影)

駅舎壁 観光列車 停まりたり


%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%A3%81%E3%80%80%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%88%97%E8%BB%8A%E3%80%80%E5%81%9C%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

ワンマン車 軟石駅舎 並びたり


%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%BB%8A%E3%80%80%E8%BB%9F%E7%9F%B3%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%80%80%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月21日

短いホームと小さな待合所の北美瑛駅

 北美瑛駅は国道237号と道道213号をつなぐ道路が富良野線を横切る踏切の傍にある。駅は田園地帯に囲まれてあり、駅の近くに下宇莫別(しもうばくべつ)の集落と神社がある。富良野線は駅付近で大きくカーブして南下していく。木製デッキの短いホームとホームの上に待合所がある。富良野駅から美瑛駅までは観光路線で、シーズンには観光客を多く見かける。しかし、美瑛から北上したこの駅になると観光の雰囲気は薄れる。小さな待合所ではパノラマ写真につなぎ合わせる処理が上手くゆかず、所々ずれた写真になってしまった。(2014.8.1 撮影)

カーブして 線路南下の 北美瑛


%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E5%8D%97%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8C%97%E7%BE%8E%E7%91%9BA.jpg

貼り合わせ 狭き駅舎で 難儀なり


%E8%B2%BC%E3%82%8A%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%80%80%E7%8B%AD%E3%81%8D%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%A7%E3%80%80%E9%9B%A3%E5%84%80%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月20日

開拓時代からの巨木に護られた千代ヶ岡駅

 千代ヶ岡の地名は、かつて御料地があった事に因み、国歌にもある「千代に八千代に」のフレーズから採られた。駅は国道237号に面し、国道と駅の間に空地がある。この空き地にヤチダモとハルニレの巨樹があり指定保存樹になっている。駅舎と線路は国道より少し高いところにあり、これは水害対策のためのようである。駅舎正面玄関上の大きく駅名があるので、周囲に駅を連想させるものがなくても駅であることがわかる。駅舎内には据付けの椅子があるだけで簡素である。ガラス戸越しに2面2線のホームが見え、構内踏切がある。(2014.11.8 撮影)

駅前に 開拓記念 巨木あり


%E9%A7%85%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%80%80%E9%96%8B%E6%8B%93%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%80%80%E5%B7%A8%E6%9C%A8%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

駅名は 国歌連想 千代ヶ岡


%E9%A7%85%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%80%80%E5%9B%BD%E6%AD%8C%E9%80%A3%E6%83%B3%E3%80%80%E5%8D%83%E4%BB%A3%E3%83%B6%E5%B2%A1A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月18日

田園地帯の真ん中にある短いホームの西聖和駅

 国道237号と並んで直線で延びる富良野線は、西神楽駅から少し南下した所で国道から離れる。車では、聖和小学校のある聖和の集落辺りで国道から道道48号に折れ東に行くと、田園地帯の真ん中に西聖和駅がある。聖和の地名はかつて皇太子の行啓があったことからの命名のようだ。聖和小学校は2016年3月に閉校となった。コンクリート製の短いホームの上に鉄骨フレームの待合所がある。同じ造りの西瑞穂駅の待合所の床がコンクリート仕上げなのに対して西聖和は鉄板製である。ドアの無い入口から駅の北側の風景が見える。(2014.11.8 撮影)

駅に座し 田園を見る 西聖和


%E9%A7%85%E3%81%AB%E5%BA%A7%E3%81%97%E3%80%80%E7%94%B0%E5%9C%92%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E8%A5%BF%E8%81%96%E5%92%8CA.jpg

二両では はみ出し停まる ホームなり


%E4%BA%8C%E4%B8%A1%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%80%E3%81%AF%E3%81%BF%E5%87%BA%E3%81%97%E5%81%9C%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月17日

跨線橋のある列車交換可能駅の西神楽駅

 西神楽駅は国道237号に面し、国道の東側にある。駅舎は少し高くなっていて、駅舎前に石の階段がある。駅舎はがらんとしていて、3方にガラス戸とガラス窓があり明るい。窓際に椅子が16脚並んでいる。駅舎内には自動乗車券販売器と、花瓶台がある。花の活けられた花瓶台に「お帰りなさい きょうも一日 ご苦労さまでした」と書かれていて、初めて見ると印象に残る。ホームは2面2線で列車交換可能駅である。ホームは跨線橋でつながっている。撮影中1両のワンマン列車が入って来て、乗客を乗せて旭川方面に去って行った。(2014.11.8 撮影)

お帰りと 少し違和感 駅舎なり


%E3%81%8A%E5%B8%B0%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%80%80%E5%B0%91%E3%81%97%E9%81%95%E5%92%8C%E6%84%9F%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

一両に 乗り込む客や 西神楽


%E4%B8%80%E4%B8%A1%E3%81%AB%E3%80%80%E4%B9%97%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%82%80%E5%AE%A2%E3%82%84%E3%80%80%E8%A5%BF%E7%A5%9E%E6%A5%BDA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月16日

直線線路の他に見るべきものが無い西瑞穂駅

 神楽岡駅から西神楽駅までは富良野線は直線線路である。線路西側に寄りそう国道237号もまた直線である。西瑞穂駅傍の踏切からパノラマ写真に撮ると、上り下り方向に線路が直線状に延びているのが分かる。駅の周囲は田園地帯がひろがっている。駅の南側に道立林産試験場がある。駅ホームはスロープのあるプレコン製で、ホームの中央に西御料駅と同様な待合所がある。鉄骨、鉄板で囲まれた待合所には鉄製で板張りの長いベンチがあり、座布団が置かれている。ホームの東側は機材の会社の敷地で、工場の建物が見えている。(2014.11.8 撮影)

見応えは 直線線路 西瑞穂


%E8%A6%8B%E5%BF%9C%E3%81%88%E3%81%AF%E3%80%80%E7%9B%B4%E7%B7%9A%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E3%80%80%E8%A5%BF%E7%91%9E%E7%A9%82A.jpg

列車待つ 客にも見えて 時刻表


%E5%88%97%E8%BB%8A%E5%BE%85%E3%81%A4%E3%80%80%E5%AE%A2%E3%81%AB%E3%82%82%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月15日

地域史的な名前の付いた西御料駅

 地名にある「御料」は天皇家の財産だった御料地があったことに由来する。駅名の他にも「御料地小学校」や「ごりょう公園」に地域史的な名前が残っている。駅は旭川市の市街地と田園地帯の境目にある。駅は踏切の横にあって、見落してしまいそうである。駅横の空き地に駐輪されていた多数の自転車は、通勤・通学者のものだろう。プレコンのホームの上に軽量鉄骨造りの小屋の待合所がある。待合所は四方にドアと窓があり、見晴が利く。駅と並行した国道237号が待合所内からも見え、車が並んで走っている交通量の多い幹線道路である。(2014.11.8 撮影)

駐輪で 駅の存在 確かめり


%E9%A7%90%E8%BC%AA%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A7%85%E3%81%AE%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%80%80%E7%A2%BA%E3%81%8B%E3%82%81%E3%82%8AA.jpg

国道に 車流れて 西御料


%E5%9B%BD%E9%81%93%E3%81%AB%E3%80%80%E8%BB%8A%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E8%A5%BF%E5%BE%A1%E6%96%99A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月14日

駅寄進者の名前が掲げられた請願駅の緑が丘駅

 この駅は地域の企業や町内会の請願によって設置された請願駅である。プレコンのホームの上に待合所があり、室内の窓の上に「緑が駅新設寄進」の看板が掲げられている。寄進者の企業や町内会が名前を連ねている。駅の周囲の開発が進み、駅新設の必要性に迫られたためであろう。駅近くに旭川南高校、旭川工業高校があり、旭川医科大学への最寄り駅でもある。富良野から来た二両編成のワンマン列車がホームに停車する。車体にはラベンダーの紫色と緑の線があり、ラベンダー畑を通ってくる富良野線の緑が丘駅で、丁度色が揃っている。(2014.11.8 撮影)

寄進者の 名前並びて 待合所


%E5%AF%84%E9%80%B2%E8%80%85%E3%81%AE%E3%80%80%E5%90%8D%E5%89%8D%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BE%85%E5%90%88%E6%89%80A.jpg

青紫色 シンボル色で 富良野線


%E9%9D%92%E7%B4%AB%E8%89%B2%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E8%89%B2%E3%81%A7%E3%80%80%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E7%B7%9AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2016年03月13日

富良野国道と線路が並び始める地点の神楽岡駅

  「神楽」の地名はアイヌ語を意訳して付けられた。旭川駅から南下する富良野線は忠別川を越え、神楽岡公園の西を通り緩やかなカーブを描く辺りに神楽岡駅がある。駅の付近で国道237号が線路の西側を並行して走るようになる。ホームはアスファルトで固められた1面の棒線駅である。近くに大きな集合住宅が見え、通勤や通学者が利用する駅の雰囲気である。ホームの上に外壁はサイディング張り、内側は板張りの待合所がある。かなり横長でコンクリート土間に据え付けの椅子があり、通勤・通学時に利用される待合所のようである。(2014.11.8 撮影)

国道が 線路と並び 富良野線


%E5%9B%BD%E9%81%93%E3%81%8C%E3%80%80%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E3%81%A8%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%80%80%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E7%B7%9AA.jpg

客を待つ 椅子が8脚 神楽岡


%E5%AE%A2%E3%82%92%E5%BE%85%E3%81%A4%E3%80%80%E6%A4%85%E5%AD%90%E3%81%8C%EF%BC%98%E8%84%9A%E3%80%80%E7%A5%9E%E6%A5%BD%E5%B2%A1A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8629%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2013年06月25日

田園の中の教会風待合所

鹿討は 教会風で 待合所 

 鹿討という荒っぽい駅名でも、周囲は富良野の田園地帯が広がる。ホーム横の駅待合所は小さな小屋のようであるけれど、塔に似せた造りがあり、教会のミニアチュアのようである。ホームに置かれた花が好風景の助っ人である。(2013・6)


%E9%B9%BF%E8%A8%8E%E3%81%AF%E3%80%80%E6%95%99%E4%BC%9A%E9%A2%A8%E3%81%A7%E3%80%80%E5%BE%85%E5%90%88%E6%89%80A.jpg

2013年06月24日

教会然とした鹿討駅舎

愛車止め 教会然の 駅舎撮り

 自転車の駅巡りでは、遠目で駅舎らしいものを見つけ出そうとする。富良野線に沿って国道237号を走っていて、小さな教会のような建物が目に入る。近づいて確かめると鹿討駅で、愛車を畑の脇に止めて撮影である。(2013・6)


%E6%84%9B%E8%BB%8A%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%80%80%E6%95%99%E4%BC%9A%E7%84%B6%E3%81%AE%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

2010年07月16日

大きめの小屋駅舎の神楽岡駅

 富良野線で、旭川の隣の駅が神楽岡駅となる。駅の西側に国道237号が線路と並行に延び、駅の西側は旭川市神楽地区、東側は神楽岡地区である。無人駅なので、駅舎は待合室だけで、窓のついた大きめの小屋がプラットホームと一体となっている。小屋の内には乗客のためのベンチがあり、座布団代りの敷物が敷かれている。警笛が鳴ってワンマン列車がプラットホームに進入してきて、1,2名の乗客を乗せて、終着の旭川駅に去っていく。

無人駅 敷物迎え 駅舎内

%E7%84%A1%E4%BA%BA%E9%A7%85%E3%80%80%E6%95%B7%E7%89%A9%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%86%85A.jpg

ワンマンの 表示を見せて 列車去り

%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%80%80%E5%88%97%E8%BB%8A%E5%8E%BB%E3%82%8AA.jpg

2010年07月13日

保存樹と共存の千代ヶ岡駅

 この駅舎前には国道に面して広場があり、車なら大きな木の間から広場に入るようになっている。四本ある大木は指定保存樹のヤチダモとハルニレで、1936(昭和11)年この駅が出来たことにより引越していった神社の境内にあったものである。大木のある駅前広場の少し高いところに駅舎がある。無人駅にしては比較的大きな駅舎で、駅舎からプラットホームに出てみると、丁度列車が入ってきて停車している。一両編成のワンマン列車は、直線線路の端となる次の北美瑛駅に向う。

千代ヶ岡 保存樹守る 駅舎なり

%E5%8D%83%E4%BB%A3%E3%83%B6%E5%B2%A1%E3%80%80%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%A8%B9%E5%AE%88%E3%82%8B%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

向かう先 直線路端 北美瑛

%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%86%E5%85%88%E3%80%80%E7%9B%B4%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E7%AB%AF%E3%80%80%E5%8C%97%E7%BE%8E%E7%91%9BA.jpg

2010年07月12日

観光に組み込まれた美瑛駅

 語源になったアイヌ語の地名「ビイエ」(濁った川)から「ビエイ」と間違えられ、美しい玉の光、といった意味の漢字が当てはめられた。得をしたと同時に、本当に名前の通りになり、今や花や田園の美しい風景を売りにした、北海道有数の観光地である。交通の基点の美瑛駅そのものが、観光に組み込まれ、美瑛軟石で造られた駅舎前には手入れのされた花壇があり、土産物屋が並ぶ。対照的に、プラットホーム側は駅の勝手口の風情である。

軟石の 駅舎引き立て 花壇かな

%E8%BB%9F%E7%9F%B3%E3%81%AE%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E8%8A%B1%E5%A3%87%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

ホーム側 観光駅の 勝手口

%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%81%B4%E3%80%80%E8%A6%B3%E5%85%89%E9%A7%85%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8B%9D%E6%89%8B%E5%8F%A3A.jpg

2010年07月11日

長い直線線路の途中の西瑞穂駅

 国道237号に沿った線路に、駅舎といえるかどうか、プラットホームに小屋同然の待合室がある。覗いてみると、小屋の中には列車の時刻表があり、客のためのベンチに円形の座布団が敷かれてあった。富良野線でも、直線部分の長い区間の中間辺りにあるこの駅の南北方向を見ると、田園地帯にまっすぐに延びた線路しか目に入ってこない。それにしても長い直線の線路である。色の乏しい単調で無機質な線路に、プラットホーム脇に生えている野花が、かろうじて色を添えていた。

直線の 鉄路の延びて 田園地

%E7%9B%B4%E7%B7%9A%E3%81%AE%E3%80%80%E9%89%84%E8%B7%AF%E3%81%AE%E5%BB%B6%E3%81%B3%E3%81%A6%E3%80%80%E7%94%B0%E5%9C%92%E5%9C%B0A.jpg

色の無き ホームを飾る 野花かな

%E8%89%B2%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8D%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%E3%80%80%E9%87%8E%E8%8A%B1%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg