Search


Archives

2019年09月30日

今日(9月30日・その5)の一枚

ベッコウの 色は良くても 気味悪し

 森の道の脇の木にハエに似た虫が群れている。後で調べるとベッコウバエである。ベッコウはウミガメの甲羅の加工品でその色に似たハエなのでこの名がある。色は良いのだが、樹液の他に腐食物に集まると聞くとあまり気持ちの良い虫ではない。

9%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%81%AE%E3%80%80%E8%89%B2%E3%81%AF%E8%89%AF%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82%E3%80%80%E6%B0%97%E5%91%B3%E6%82%AA%E3%81%97A.jpg

今日(9月30日・その4)の一枚

緑葉に 赤味押し出し ツチアケビ

 森の道で笹やその他の植物の葉が少なくなって行くと、それまで茂みの中にあったものが見えてくる。ツチアケビの実は赤いので特に目立つ。ツチアケビの実の傍でパノラマ写真を撮ると赤い実が確認できる。森の道の落ち葉が日毎に増えている。


9%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E7%B7%91%E8%91%89%E3%81%AB%E3%80%80%E8%B5%A4%E5%91%B3%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%87%BA%E3%81%97%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%81%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%93A.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月30日・その3)の一枚

スズメバチ 1枚撮りて 退避かな

 森の道で遠目にはトンボが飛んでいるのかと近づいてみるとスズメバチである。それも攻撃性が強いといわれるオオスズメバチのようで、分蜂か何かで何匹も飛び回っている。笹の枯葉に止まった1匹を撮り撮影終了で、危険回避で早々に退散する。

9%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81%E3%80%801%E6%9E%9A%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E9%80%80%E9%81%BF%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(9月30日・その2)の一枚

アオサギを 上手く撮れずに 気落ちなり

 中の川の土手を歩いていて急に大型の野鳥が目に入る。アオサギである。カメラを向けピントを合わせる時間があればこそ、アオサギは飛び立ってしまう。慌てて撮った1枚は手振れを起こしていて、羽の部分は辛うじて写っても頭や脚はボケる。

9%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%82%92%E3%80%80%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%8F%E6%92%AE%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%80%80%E7%84%A1%E5%BF%B5%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月30日)の一枚

消費税 上がる前日 日の出かな

 朝は靄がかかったような景色で、これを撮っているうちに日の出が始まる。雲の無い時の日の出は円い火の玉が東空に浮かぶだけで面白味に欠ける写真となる。ただ、明日から消費税が上がるので、その意味で特別な9月の最後の日の出である。

9%E3%83%BB30%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E3%80%80%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8B%E5%89%8D%E6%97%A5%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2019年09月29日

今日(9月29日・その4)の一枚

同定は 自信の無くて ツグミかな

 森の道で野鳥を見かけ、辛うじて上半身を写す。全身が写っておらず、鳥影も鮮明でないので同定が難しい。胸の辺りの黒斑からツグミでないかと思うけれど確信は持てない。越冬地へ南下していくついでにこの森に立ち寄ったとも考えられる。

9%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%90%8C%E5%AE%9A%E3%81%AF%E3%80%80%E8%87%AA%E4%BF%A1%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(9月29日・その3)の一枚

見晴らしを 居残る夏が 遮りて

 西野市民の森の出入り口のある西野西公園には小高い場所があり、急な階段を登って着く。頂上に立つと木の間から下の方に街が見える。木の葉が少し色づき始め、遊歩道を枯葉が覆い始めている。木の葉が落ちると見晴らしの良い場所となる。


9%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%A6%8B%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%82%92%E3%80%80%E5%B1%85%E6%AE%8B%E3%82%8B%E5%A4%8F%E3%81%8C%E3%80%80%E9%81%AE%E3%82%8A%E3%81%A6A.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月29日・その2)の一枚

見上げれば 秋を知らせる 羊雲

 朝空が羊雲で覆われている。広角レンズを付けたカメラを持ち出し、庭に出て撮ってみる。羊雲は高積雲であり、空の高い所の出来る雲である。雲がさらに小さい塊になって空を覆うと鱗雲と呼ばれる。羊雲も鱗雲も目にすると秋の到来を感じる。

9%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E7%A7%8B%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%80%80%E7%BE%8A%E9%9B%B2A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

今日(9月29日)の一枚

朝焼けに 大金星を 重ね見る

 夜中のオリオン座は雲で見られなかった。その代わり朝刊で大金星を目にする。昨日行われたW杯で日本が優勝候補のアイルランドを破った。先行されて後半での逆転で観客は沸いた。主将のリーチ・マイケル選手は札幌山の手高校出身で親近感。

9%E3%83%BB29%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91%E3%81%AB%E3%80%80%E5%A4%A7%E9%87%91%E6%98%9F%E3%82%92%E3%80%80%E9%87%8D%E3%81%AD%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

2019年09月28日

今日(9月28日・その3)の一枚

五稜星 赤く輝き クサギかな

 森の道を歩いていて、赤い五稜星の中心に紺色の円い実の生っている木を見つける。図鑑で調べるとクサギの木で葉に悪臭があるため臭木と呼ばれた。五稜星の部分は花の萼が変化したものである。萼と実が目立つので遠くから見つけて写真に撮る。

9%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E4%BA%94%E7%A8%9C%E6%98%9F%E3%80%80%E8%B5%A4%E3%81%8F%E8%BC%9D%E3%81%8D%E3%80%80%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

野鳥はどこ3

 野鳥はどこ。
%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%933A.jpg

今日(9月28日・その2)の一枚

ホオジロが 羽色で告げ そこの秋 

 青空が広がっている。木の枝才にホオジロが止まっている。この野鳥は見晴らしのきく木の天辺辺りによく止まる。9月も終わりになると森の木々が少しずつ黄紅葉に変化し始める。ホオジロの羽の色は秋の色で、秋の到来を告げているかのようだ。

9%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%8C%E3%80%80%E7%BE%BD%E8%89%B2%E3%81%A7%E5%91%8A%E3%81%92%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%AE%E7%A7%8BA.jpg

今日(9月28日)の一枚

録画視る 写真修復 見事なり

 昨夜録画しておいたフジテレビ番組「お直しさん」を視る。アイワードの写真復元技術が紹介されていた。デヴィ夫人の依頼で60年前の色褪せた写真が見事修復された。社長の奥山氏に10月24日にこの話も含めてeSRUで講義してもらう予定である。

9%E3%83%BB28%E9%8C%B2%E7%94%BB%E8%A6%96%E3%82%8B%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E4%BF%AE%E5%BE%A9%E3%80%80%E8%A6%8B%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2019年09月27日

今日(9月27日・その5)の一枚

頼むのは 下がれば上がる 経験則

 ビットコインの相場が急降下である。相場は下がればいつか上がるという経験則が正しいと、下がった時に買い上がった時に売る方式に徹すれば損はしない。時間がかかってもこのやり方を愚直に実行すれば、月々のスマホ代ぐらいは払えそうだ。

9%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E9%A0%BC%E3%82%80%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%80%80%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%B0%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%80%80%E7%B5%8C%E9%A8%93%E5%89%87A.jpg

今日(9月27日・その4)の一枚

シデムシの 肩に居る虫 名の不明

 森の道でシデムシが目に留まる。より詳しく同定すればオオヒラタシデムシのようである。虫の肩のところに小さなものを背負っていて、拡大に解像度が耐えられないけれど、これも虫のようである。この小さな虫が何であるか写真では分からない。

9%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%82%B7%E3%83%87%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%AE%E3%80%80%E8%82%A9%E3%81%AB%E5%B1%85%E3%82%8B%E8%99%AB%E3%80%80%E5%90%8D%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%98%8EA.jpg

今日(9月27日・その3)の一枚

石井氏は 父親似かと 写真見る

 道新朝刊に北大工学部卒業、現在MITメディアラボ副所長の石井裕氏が米国計算機学会から賞を授与された記事。石井氏の父君滋氏に瀋陽工業大学に日本語教師として赴任してもらっている。石井氏、孟慶栄さん、坂東由美さんの写真が残っている。

9%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%9F%B3%E4%BA%95%E6%B0%8F%E3%81%AF%E3%80%80%E7%88%B6%E8%A6%AA%E4%BC%BC%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

今日(9月27日・その2)の一枚

頭上から 小さき突音 コゲラなり

 森の道で頭上から木を突く音がする。音はそれほど大きくなく、コゲラかと見上げると確かにコゲラが餌を求めて枯れ木を突いている。図鑑には日本産キツツキ類中最小の種の説明がある。写真を拡大すると嘴の先に何か見えるがはっきりしない。

9%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%A0%AD%E4%B8%8A%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%80%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%8D%E7%AA%81%E9%9F%B3%E3%80%80%E3%82%B3%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月27日)の一枚

下弦から やせ細り来て 今朝の月

 明け方、もう少しで新月になりそうな東空の月を撮る。半月の下弦の月からやせ細って今朝の月になっている。ネットで調べると、月没の時、月を弓に見立て、弦が下向きになっていると下弦の月となる。月出では弦の上下の向きが月没と逆になる。

9%E3%83%BB27%E4%B8%8B%E5%BC%A6%E6%9C%88%E3%80%80%E3%82%84%E3%81%9B%E7%B4%B0%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E4%BB%8A%E6%9C%9D%E3%81%AE%E6%9C%88A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2019年09月26日

野鳥はどこ2

 野鳥はどこ。
%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%932A.jpg

今日(9月26日・その5)の一枚

森の道 危険の知らせ 目に流し

 宮丘公園に接する西野市民の森の入り口のところに熊やスズメバチに注意喚起の看板がある。最近はマダニ注意の張り紙も加わった。今のところ熊には出遭っていない。スズメバチも一匹くらいなら目にしていて、ダニも衣服についたものは見た。


9%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE45%20%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AE%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%81%AB%E6%B5%81%E3%81%97A.jpg

(パノラマ写真)

野鳥はどこ1

 野鳥はどこ。

%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%EF%BC%91A.jpg

今日(9月26日・その4)の一枚

案内板 二つもありて 意図不明

 西野市民の森の散策路に左右の矢印付の散策路の案内板が二つ立っている。右と左から来た人にそのまま歩くと散策路であると伝えている。しかし、一本道なのでこの道が散策路であることを知らせる案内板は一つでよく、二つ並べた意図が不明。


9%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E6%A1%88%E5%86%85%E6%9D%BF%E3%80%80%E4%BA%8C%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E6%84%8F%E5%9B%B3%E4%B8%8D%E6%98%8EA.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月26日・その3)の一枚

毒草や 役に立ちたり 森の道

 夏から秋に向かおうとしている森の道で目につく花はサラシナショウマ、アキノキリンソウ、ミズヒキ、イヌタデ、野菊にトリカブト等である。毒草トリカブトは見て写真を撮るだけなら、花の少ないこの時期の森の中では貴重な被写体である。

9%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%AF%92%E8%8D%89%E3%82%84%E3%80%80%E5%BD%B9%E3%81%AB%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93A.jpg

今日(9月26日・その2)の一枚

大きな葉 隠れる野鳥 メジロなり

 早朝は寒く感じる気温であったが、散歩に出る頃は直射日光が熱く感じられる。何か分からない実の生っている木に小さな野鳥が集まっている。木の葉が邪魔をして鳥影が上手く捉えられない。野鳥はメジロで木の実を求めて集まって来たようだ。

%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E8%91%89%E3%80%80%E9%9A%A0%E3%82%8C%E3%82%8B%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月26日)の一枚

電柱の シジュウカラ撮る 寒き朝

 木に葉が多い季節では、野鳥がいれば街路の方が撮影し易い。ただ、人工物に野鳥というのも趣に欠ける一方、取り合わせの面白さもある。自宅の近くで電柱の傍にいたシジュウカラを撮る。どうして電柱の周りを飛び交っているのか不明である。

9%E3%83%BB26%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E5%AF%92%E3%81%8D%E6%9C%9DA.jpg

2019年09月25日

今日(9月25日・その5)の一枚

榀の字は 樹名と知りて 森の道

 森の道で「シナノキ」の標識が幹に括り付けられているのを見つける。落葉高木で寒さに強く北海道でも自生する。説明に樹皮で布や縄を作ったとあり、利用価値のあった木である。花の咲く時期にどんな花か確かめたい。榀の漢字があるのを知る。

9%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%20%EF%BC%89%20sina%E3%81%AE%E5%AD%97%E3%81%AF%E3%80%80%E6%A8%B9%E5%90%8D%E3%81%A8%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93A.jpg

今日(9月25日・その4)の一枚

秋予告 落ち葉覆いて 散策路

 西野市民の森の251峰のところでパノラマ写真を撮る。秋に向かい落ち葉が人影の無い散策路を覆い始めた。今年はこの道を日課のように散歩してもう何回通ったことだろうか。写真の被写体を探しながら足腰の衰えを少しでも防ごうと歩いている。


9%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%20%EF%BC%89%E7%A7%8B%E4%BA%88%E5%91%8A%E3%80%80%E8%90%BD%E3%81%A1%E8%91%89%E8%A6%86%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E6%95%A3%E7%AD%96%E8%B7%AFA.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月25日・その3)の一枚

森の中 傍目気にせず キスする木

 時々人に見えて来る木がある。今朝はキスしている人のような木である。別々の木の枝が成長しようとしてぶつかり合って成長が止まってしまったようである。横の木の幹にある痕が目玉のようで、キスする木を見つめているようにも見えて来る。

9%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%80%E5%82%8D%E7%9B%AE%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%80%80%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9C%A8A.jpg

今日(9月25日・その2)の一枚

日の出時に 雲のかかりて カメラ向け

 地平の山並みとそのすぐ上に垂れ込める雲のわずかな隙間から日の出が見える。日の出時に雲があると景色が刻々と変化していくので、青空が広がるよりはカメラを向けたくなる。この雲があっても日中の好天気は天気予報でも約束されている。

9%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%82%E3%81%AB%E3%80%80%E9%9B%B2%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E5%90%91%E3%81%91A.jpg

今日(9月25日)の一枚

オリオン座 目で記憶して 月を撮る

 午前2時頃目を覚ましもう一寝入りと思っても眠れず。窓の外の東空に三日月が見えたので写真を撮る。南の空にオリオン座が明るく輝いている。札幌の夜空では星はあまり見えないのにこれほどはっきりとオリオン座を見たのは初めてである。

9%E3%83%BB25%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%BA%A7%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%81%A7%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E6%9C%88%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2019年09月24日

今日(9月24日・その5)の一枚

アカゲラは どこに居るかと クイズなり

 森の道で野鳥に出遭うけれど、シャッターチャンスを生かせない。ズームレンズでズームインにすると野鳥が視界から飛び出る。ズームアウトでは鳥影がどこに写っているか分からない。写真にアカゲラが写っていてもどこに居るかクイズである。

9%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%81%AF%E3%80%80%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E5%B1%85%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月24日・その4)の一枚

宣伝の 機会逃さず 自費出版 

 年に3巻程度の爪句集と空撮パノラマ写真カレンダーの自費出版を続けてきている。昨年からはこれらの自費出版はクラウドファンディング(CF)の支援にも頼っている。アイワード社企画の自費出版展もあり、CFのサイトでも宣伝してもらう。

9%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%AE%A3%E4%BC%9D%E3%81%AE%E3%80%80%E6%A9%9F%E4%BC%9A%E9%80%83%E3%81%95%E3%81%9A%E3%80%80%E8%87%AA%E8%B2%BB%E5%87%BA%E7%89%88A.jpg

今日(9月24日・その3)の一枚

赤き実の 青空に映え ナナカマド 

 街路樹のナナカマドの実が赤くなって来た。中の川から自宅への坂の上り口のところに少しばかりの空き地があってベンチが置かれている。その空き地の周囲にナナカマドの木が街路樹として植えられていて、この時期赤い実がたわわに生っている。


9%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%B5%A4%E3%81%8D%E5%AE%9F%E3%81%AE%E3%80%80%E9%9D%92%E7%A9%BA%E3%81%AB%E6%98%A0%E3%81%88%E3%80%80%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%89A.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月24日・その2)の一枚

足下には 清き流れの 中の川

 朝降っていた雨が止み、青空が広がったので西野市民の森に出掛ける。この森の散策路は中の川の上流で川の南側の西野西公園につながる道と北側の宮丘公園に通じる道に分かれる。その道の接点の中の川に渡された木橋の上でパノラマ写真を撮る。


9%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%B6%B3%E4%B8%8B%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%80%E6%B8%85%E3%81%8D%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%80%80%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%B7%9DA.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月24日)の一枚

雨雲を 連れて通過の 低気圧

 朝の散歩にでかけようとすると雨が降ってくる。新聞の天気予報欄は晴れマークなのだが、台風から変わった温帯低気圧の影響が未だ残っているようだ。朝の散歩には行かず玄関先から都心部の方向の写真を撮る。雨雲の下に明るい空が見える。

9%E3%83%BB24%E9%9B%A8%E9%9B%B2%E3%82%92%E3%80%80%E9%80%A3%E3%82%8C%E3%81%A6%E9%80%9A%E9%81%8E%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BD%8E%E6%B0%97%E5%9C%A7A.jpg

2019年09月23日

今日(9月23日・その3)の一枚

奇妙花 ニゲラを撮りて 雨降り日

 庭に出てニゲラの花を撮る。この花は奇妙な形をしている。八重の花弁に見えるものは萼で膨らんだ子房の付属物が捻じれるようにあり、その周囲に雄蕊がある。熟した子房の中に種子があり、それが黒いことからクロタネソウとも呼ばれる。

9%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E5%A5%87%E5%A6%99%E8%8A%B1%E3%80%80%E3%83%8B%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E9%9B%A8%E9%99%8D%E3%82%8A%E6%97%A5A.jpg

今日(9月23日・その2)の一枚

秋分や 4裂で下がり マユミの実

 今日は秋分の日。雨が小降りの時庭に出てマユミの実を撮る。果皮が4裂して4個の赤い実が垂れ下がる。これまでマユミの樹名を気にしていなかったけれどネットで調べると「真弓」で弓を作る時に用いられる丈夫でしなやかな木であるのを知る。

9%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A7%8B%E5%88%86%E3%82%84%E3%80%80%EF%BC%94%E8%A3%82%E3%81%A7%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%81%AE%E5%AE%9FA.jpg

今日(9月23日)の一枚

ヤマガラや 今日の一枚 雨の前

 日本海を進む台風17号が温帯低気圧となって北海道を通過の見込みで、札幌は午前中から荒れると天気予報。しかし、早朝は無風状態で嵐の前の静けさである。散歩に出がけにヤマガラの写真が撮れる。宮丘公園から帰路につく頃小雨が降り出す。

9%E3%83%BB23%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%9E%9A%E3%80%80%E9%9B%A8%E3%81%AE%E5%89%8DA.jpg

2019年09月22日

今日(9月22日・その5)の一枚

カメムシに 実が鈴生りで マユミの木

 庭にニシキギ科の低木マユミが植えられている。植えられたというよりイチイの木を庭に移植した時このイチイについてきた。これまで実が生った記憶がないのだが今年は沢山赤い実がついている。キバラヘリカメムシもこの木で大発生である。

9%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%AB%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%8C%E9%88%B4%E7%94%9F%E3%82%8A%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%9C%A8A.jpg

今日(9月22日・その4)の一枚

新刊は 返礼品で 爪句集

 道新日曜版の読書ナビ欄の下隅に何げなく目をやると自著の爪句集40巻目の紹介が飛び込んでくる。爪句集はシリーズ本で以前に紹介されてからは採り上げられる事が無かったので驚く。現在行っているクラウドファンディンの返礼品でもある。

9%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E6%96%B0%E5%88%8A%E3%81%AF%E3%80%80%E8%BF%94%E7%A4%BC%E5%93%81%E3%81%A7%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

今日(9月22日・その3)の一枚

カメムシに 食事与えて マユミの木

 今年は庭のマユミの木に赤い実が見事に生っている。その実を撮ろうとして、カメムシの大発生を目にする。キバラヘリカメムシである。成虫と幼虫が葉の上でかたまって動かない。解説によるとストロー状の口を葉に差し込んで葉汁を吸っている。

%EF%BC%99%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%AB%E3%80%80%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%9C%A8A.jpg

今日(9月22日・その2)の一枚

毛先まで 影絵で写る 尻尾かな

 木の上の方から音がする。多分リスだろうと探すけれど姿が見えない。やっと木から木へ移るリスを見つけてシャッターを押す。2,3枚撮れたけれどあまり上手く写っていない。リスの尻尾の毛先まで木漏れ日でシルエットになって見えている。

9%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%AF%9B%E5%85%88%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%80%80%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E3%81%A7%E5%86%99%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B0%BB%E5%B0%BE%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(9月22日)の一枚

住宅地 カラス窺う ハトの群れ

 住宅の屋根や電線に大群のハトが居る。アンテナで数羽のカラスがハトを窺っている。カラスは時にはハトを襲うので、ハトは群れている方が安全なのだろう。しかし、餌場もないのにどうしてここにこんなにもハトが群れて居るのか謎である。

9%E3%83%BB22%E4%BD%8F%E5%AE%85%E5%9C%B0%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E7%AA%BA%E3%81%86%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%88%E3%81%AE%E7%BE%A4%E3%82%8CA.jpg

2019年09月21日

今日(9月21日・その4)の一枚

これ見よと テープ目印 ショウマ花

 西野市民の森を歩いていると、サラシナショウマの花のところにピンク色のテープがあるのが目に留まる。以前にもキノコ等に同様の目印があったのを思い出す。誰かが、この道の散策者に見るようにと注意を喚起しているのだと、最近気が付いた。

9%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%81%93%E3%82%8C%E8%A6%8B%E3%82%88%E3%81%A8%E3%80%80%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97%E7%9B%AE%E5%8D%B0%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%9E%E8%8A%B1A.jpg

今日(9月21日・その4)の一枚

アカゲラや オオアカゲラ見 区別つけ 

 森の道でアカゲラを撮る。頭に赤い毛が無いので雌である。羽の部分の少し大きめな白斑が縦方向で羽に沿って見え、オオアカゲラはこの白斑が横向きになっている。何度も写真を撮るとアカゲラとオオアカゲラの区別がつくようになっている。

9%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E8%A6%8B%E3%80%80%E5%8C%BA%E5%88%A5%E3%81%A4%E3%81%91A.jpg

今日(9月21日・その3)の一枚

赤帽子 見事に撮れて 大鳥果

 森の散歩道でオオアカゲラの姿をカメラで捉える。頭の赤毛の部分が見事で、これほどの赤帽子を被った姿は珍しい。止まった木は突くのに値するかと品定めをしている目つきも撮れ、この一枚の写真で2時間近くの森歩きは成果ありと評価する。

9%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%B5%A4%E5%B8%BD%E5%AD%90%E3%80%80%E8%A6%8B%E4%BA%8B%E3%81%AB%E6%92%AE%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E5%A4%A7%E6%88%90%E6%9E%9CA.jpg

今日(9月21日・その2)の一枚

ハト集団 現れ消えて 空手品

 森に散歩に行く途中、鳥の集団が大空を何回も旋回している。なぜ集団になって飛び回るのか説明できない。鳥はハトのようである。写真を撮っているうちに集団は急に姿を消す。どこに行ったのか、イリュージョン・マジックを見ているようだ。

9%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%8F%E3%83%88%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%80%80%E7%8F%BE%E3%82%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E7%A9%BA%E6%89%8B%E5%93%81A.jpg

今日(9月21日)の一枚

朝焼けや 勝利祝いて 燃えるなり

 今朝は見事な朝焼けで、これを玄関先で撮る。朝刊第1面に、昨日から始まったラグビーのW杯で日本がロシアに30-10で快勝した記事が出ている。大会中日本の活躍が期待できそうである。朝焼けの写真と朝刊を並べて記録として撮っておく。

9%E3%83%BB21%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91%E3%82%82%E3%80%80%E5%8B%9D%E5%88%A9%E7%A5%9D%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2019年09月20日

今日(9月20日・その3)の一枚

墓地の中 探鳥散歩 スズメ撮り

 家人の関係の墓参りに付き合う。この近くは都市秘境散策講座を持っていた時に参加者と歩いている。これからの少子化を考えると共同墓地はもっと考える余地ありと思う。墓石にスズメが止まっているのを見つけて写真に撮り探鳥散歩も兼ねる。

9%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%A2%93%E5%9C%B0%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%80%E6%8E%A2%E9%B3%A5%E6%95%A3%E6%AD%A9%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(9月20日・その2)の一枚

実物と 写真を比べ 可食の実

 昨日のブログに書いたハイイヌガヤの実を今朝の散歩時に初めて口にする。当たりが良ければ甘い実である。悪ければ何とも変な味で吐き出してしまう。散歩途中に食し、間違って食べられない実を口にして歩行困難を心配したが、杞憂であった。

9%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%AE%9F%E7%89%A9%E3%81%A8%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%92%E6%AF%94%E3%81%B9%E3%80%80%E5%8F%AF%E9%A3%9F%E3%81%AE%E5%AE%9FA.jpg

今日(9月20日)の一枚

枯死を待つ 緑実を撮る 寒さかな

 朝の気温は低くなる。昨日は大雪山の降雪のニュースに接していて、寒い訳である。散歩時にウィンドブレーカーを着込んで出掛ける。オオウバユリの実を見かけて撮る。実は未だ緑でここでは夏が居残っている。この実と共に、この株は枯死する。

9%E3%83%BB20%E6%9E%AF%E6%AD%BB%E3%82%92%E5%BE%85%E3%81%A4%E3%80%80%E7%B7%91%E5%AE%9F%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E5%AF%92%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2019年09月19日

今日(9月19日・その4)の一枚

衛星の 打ち上げ目指す 努力かな

 月1回の勉強会eSRUで北海道科学大学三橋龍一教授の人工衛星とクラウドファンディング(CF)がらみの話を聞く。三橋先生のCFは既に終了していて、目標額の2倍以上の支援実績である。衛星通信のための旭岳と手稲山の通信実験の紹介もあった。


9%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%80%80%E6%89%93%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%80%80%E5%8A%AA%E5%8A%9B%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(パノラマ写真)

今日(9月19日・その3)の一枚

調べみて ハイイヌガヤの 実と知れり

 森の道で低木の針葉樹に実が生っているのを見つける。写真に撮って帰宅して樹木図鑑やネットで調べる。ハイイヌガヤのようである。今までも目にしていたのに実を見つけた事でこの木の知識を得る。実は食用になるとの事で次回は試してみよう。

9%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%82%AC%E3%83%A4%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%A8%E7%9F%A5%E3%82%8C%E3%82%8BA.jpg

今日(9月19日・その2)の一枚

藪の中 枯葉色似せ カエルかな

 昨夜の雨で濡れている道を歩いていると草藪で何かが動く。カエルである。体色が黒ずんだ落ち葉の色とそっくりで、暗い藪の中では姿を見つけるが難しい。撮った写真を拡大して見ると飛び出した両目が写っている。カエルの種類は分からない。

9%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%97%AA%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%80%E6%9E%AF%E8%91%89%E8%89%B2%E4%BC%BC%E3%81%9B%E3%80%80%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(9月19日)の一枚

成長の 速きキノコの 傘が割れ

 朝は涼しいというより寒いくらいである。1日置いて森の道を歩く。蚊が消え、空気も澄み快適である。1昨日は卵の形をしていたタマゴタケは傘が開いて割れてきている。道端にあっても踏みつけられずある。それにしてもキノコの成長は速い。

9%E3%83%BB19%E6%88%90%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%80%80%E9%80%9F%E3%81%8D%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%81%AE%E3%80%80%E5%82%98%E3%81%8C%E5%89%B2%E3%82%8CA.jpg

2019年09月18日

今日(9月18日・その2)の一枚

アカゲラや 朝食会日 ブログ書け 

 ホテルでの朝食会の日で、朝の散歩は自宅の近くで済ます。住宅がある道で、野鳥が期待できないところにアカゲラが飛んできて木に止まる。この木がお目当てではなく、直ぐに飛び去ったけれど、撮った1枚でブログが書け、朝の仕事が終わる。

%EF%BC%99%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E6%9C%9D%E9%A3%9F%E4%BC%9A%E6%97%A5%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E6%9B%B8%E3%81%91A.jpg

今日(9月18日)の一枚

三分の 遅れや真紅 撮り逃がし

 東の空が赤い。この赤さを撮り逃がすまいと、自宅近くの見晴らしの良い場所に急ぎ足で向かう。しかし、3分も経っていないのに、視界の開けた場所に立つ頃には空の赤色は褪せている。空が赤く燃えるのはほんの一瞬であると今朝も知らされる。

9%E3%83%BB18%E4%B8%89%E5%88%86%E3%81%AE%E3%80%80%E9%81%85%E3%82%8C%E3%82%84%E7%9C%9F%E7%B4%85%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E9%80%83%E3%81%8C%E3%81%97A.jpg

2019年09月17日

今日(9月17日・その5)の一枚

複眼や 何を認識 接写する

 止まっているトンボは近づくと逃げる。しかし、極めて近くまで接近すると逃げない。トンボの物体認識はどうなっているのだろうか。多分トンボの目は動くものに反応するのだろうが、目の前に立ちはだかるものが巨大だと判断が狂うらしい。

9%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E8%A4%87%E7%9C%BC%E3%82%84%E3%80%80%E4%BD%95%E3%82%92%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%80%80%E6%8E%A5%E5%86%99%E3%81%99%E3%82%8BA.jpg

今日(9月17日・その4)の一枚

目を射たり サラシナショウマ 白き花

 薄暗い茂みに白い花が目を射るように咲いている。サラシナショウマの花である。漢字では晒菜升麻で若菜を茹で水に晒して山菜として食する事に由来する。升麻は生薬で解熱、解毒、抗炎症作用があると解説にあるけれどお世話になった事はない。

9%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E7%9B%AE%E3%82%92%E5%B0%84%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%80%80%E7%99%BD%E3%81%8D%E8%8A%B1A.jpg

今日(9月17日・その3)の一枚

タマゴタケ 撮るドアの前 開けて秋

 森の道で、昨日見つけたタマゴタケが大きくなっているのを再発見して撮る。一日でかなり成長するけれど、傘は未だ開いていない。明日になれば開くのではないかと思う。キノコの周囲に枯葉が増えてきて、秋のドアの前に立っている感じである。

9%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%83%89%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%89%8D%E3%80%80%E9%96%8B%E3%81%91%E3%81%A6%E7%A7%8BA.jpg

今日(9月17日・その2)の一枚

追いつけぬ 飛ぶアオサギや 中の川

 中の川沿いを歩いていると急にアオサギが飛び立つ。慌ててカメラの電源を入れ撮影の体勢に入った時には鳥は大空に舞い上がって、ズームによる拡大写真は撮れなかった。天気を約束してくれる青空が広がり、その中をアオサギが飛んで行く。

9%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%BF%BD%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%AC%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B6%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%82%84%E3%80%80%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%B7%9DA.jpg

今日(9月17日)の一枚

新聞の 威力を計る 記事が載り  

 北海道新聞社のクラウドファンディング(CF)事業find・Hの宣伝・広告が同紙朝刊に出る。空撮パノラマカレンダーの出版の支援を公募していて、早速1件の支援がある。これが顔や名前の知らない最初の支援者で、本来のCFの主旨に合っている。

9%E3%83%BB17%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A8%81%E5%8A%9B%E3%82%92%E8%A8%88%E3%82%8B%E3%80%80%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%8C%E8%BC%89%E3%82%8AA.jpg

2019年09月16日

今日(9月16日・その3)の一枚

敬老日 駅前広場 スマホ撮り 

 Dデパートの8階のレストランで会食。レストランの窓から札幌駅前広場を見下ろしてスマホで撮る。少し人だかりが出来ているのはミニ演奏会が行われているようだ。敬老の日であり、敬老の意味を問うても同席の小学生には答えに窮する質問だ。

9%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%95%AC%E8%80%81%E6%97%A5%E3%80%80%E9%A7%85%E5%89%8D%E5%BA%83%E5%A0%B4%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(9月16日・その2)の一枚

森の道 卵の落ちて キノコなり

 成長し出したタマゴタケを見つける。しかし、タマゴタケは赤い色なのにこれは本当に卵色である。チャタマゴタケのようである。ネットには珍菌との説明もある。一両日で大きな傘のキノコになるだろう。その時又見つけられれば写真を撮ろう。

9%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E5%8D%B5%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月16日)の一枚

森の道 得難きチャンス 生かせたり

 雨でなければ日課のように西野市民の森を歩く。森の中で野鳥は目についてもシャッターチャンスには恵まれない。そんな状況でアカゲラを木の間から狙う。木の幹から少し体を反らしたところを撮ることができた。朝の散歩の成果の一枚である。

9%E3%83%BB16%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E5%BE%97%E9%9B%A3%E3%81%8D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%80%E7%94%9F%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2019年09月15日

今日(9月15日・その5)の一枚

見せばやと 古語を呟き 花接写

 庭にミセバヤの花が咲いている。貰ったのか買ったのか、どういう経緯でここに咲いているのかはっきりした事は憶えていない。多肉性の宿根草で寒さに強く毎年咲いている。「見せたい」との思いを花名にしただけあって見応えのある花である。

9%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%20%EF%BC%89%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%81%B0%E3%82%84%E3%81%A8%E3%80%80%E5%8F%A4%E8%AA%9E%E3%82%92%E5%91%9F%E3%81%8D%E3%80%80%E8%8A%B1%E6%8E%A5%E5%86%99A.jpg

今日(9月15日・その4)の一枚

カメムシに 主役譲りて 花蕾

 晴れて来たので庭に出て花や虫を接写で撮る。ヒヨドリバナに小さなカメムシを見つける。ネットで調べてフタモンホシカメムシと同定する。被写体の主役にカメムシを選んでフォーカスを合わせたので、紅色のヒヨドリバナの蕾はボケて写る。

%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%AB%E3%80%80%E4%B8%BB%E5%BD%B9%E8%AD%B2%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%95%BEA.jpg

今日(9月15日・その3)の一枚

雨の日は 探鳥かなわず カラス撮り

 道を歩いて来るカラスを撮る。雨のせいか頭の毛が立っていて、そのせいか目玉が写らない。体も雨除けのポンチョを羽織っているように見えてくる。普段ならカメラを向けることはないカラスでも、探鳥撮影が期待できない朝には被写体となる。

9%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%9B%A8%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AF%E3%80%80%E6%8E%A2%E9%B3%A5%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(9月15日・その2)の一枚

秋告げる キバナコスモス 盆栽展

 キバナコスモスが咲いている。もう秋の到来である。サツキ盆栽展のポスターが見える。満艦飾の花のサツキ展は春で、それが終わると花を摘み取り、枝を選定して秋の盆栽展となる。愛好家は花があってもなくてもサツキの手入れに余念がない。

9%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A7%8B%E5%91%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%80%80%E7%9B%86%E6%A0%BD%E5%B1%95A.jpg

今日(9月15日)の一枚

雨模様 惰性で向ける カメラかな

 小雨が降ったり止んだり。雨が止んだのを見て惰性的にカメラを持って庭に出る。ホオズキの実が色付いて雨粒も見える。写そうという意思が欠如し、ありきたりの写真しか残らない。それにしても今日の散歩は無くなって運動量が確保できない。

9%E3%83%BB15%E9%9B%A8%E6%A8%A1%E6%A7%98%E3%80%80%E6%83%B0%E6%80%A7%E3%81%A7%E5%90%91%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2019年09月14日

今日(9月14日・その3)の一枚

散策路 看板横に カタツムリ

 西野市民の森は隠れ散策路の趣で、早朝の散歩で出合う人はほとんど居ない。日中でも居ないかもしれない。しかし、散策路の標識が木の幹に取り付けられてある。標識の傍にカタツムリが這っている。薄暗くてフラッシュでカタツムリの殻が光る。

9%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%95%A3%E7%AD%96%E8%B7%AF%E3%80%80%E7%9C%8B%E6%9D%BF%E6%A8%AA%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%A0%E3%83%AAA.jpg

今日(9月14日・その2)の一枚

アカゲラや 2時間歩き 鳥果なり 

 早朝2時間ほどかけて森の道を歩いていても野鳥にはなかなか出遭えない。出遭えても写真に収める段で失敗したりする。今朝の鳥果はアカゲラである。頭部に赤い帽子を被っていないのでこれは雌鳥である。背中の大きな白斑も特徴の一つである。

9%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%802%E6%99%82%E9%96%93%E6%AD%A9%E3%81%8D%E3%80%80%E9%B3%A5%E6%9E%9C%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月14日)の一枚

日の出時(どき) 撮りてその日の 区切りなり

 地平線近くが雲に覆われていて、昇ってくる陽が雲の間から顔を出す。日の出を写真に撮る事が出来るとその日の区切りがついたような気になる。現在「爪句@天空物語り」の原稿整理を行っていて、今朝のこの写真を採用するかどうかを考える。

9%E3%83%BB14%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%82%EF%BC%88%E3%81%A9%E3%81%8D%EF%BC%89%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8C%BA%E5%88%87%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2019年09月13日

今日(9月13日・その4)の一枚

名月や 空撮の手を 刺す蚊かな

 暦には十五夜とあり中秋の名月である。東の空に月が出る頃を見計らって自宅庭100 m上空にドローンを上げ空撮を行う。夜の明かりが灯り始めている大都会の上空に円い月が現れ始める。ドローンを操縦する手に蚊が寄ってきて刺してくる。


9%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%90%8D%E6%9C%88%E3%82%84%E3%80%80%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%82%92%E3%80%80%E5%88%BA%E3%81%99%E8%9A%8A%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(9月13日・その3)の一枚

置き台に 季節顔出し 誘うなり 

 散歩道にある農家のブロック塀のところに置き台が設けられ、採り立ての野菜の即売である。トウキビや枝豆が並ぶ季節に入っている。いつも財布を持たずに散歩なので買った事はない。スマホは持っていてキャッシュレスなら買うかも知れない。

9%E3%83%BB13%E7%BD%AE%E3%81%8D%E5%8F%B0%E3%81%AB%E3%80%80%E5%AD%A3%E7%AF%80%E9%A1%94%E5%87%BA%E3%81%97%E3%80%80%E8%AA%98%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月13日・その2)の一枚

一夏を 過ごして翅の 破れたり

 山道でオオハンゴンソウに翅の先が破れた蝶が止まっている。豹紋のデザインの翅でヒョウモンチョウの仲間だろう。翅の破れ具合からそろそろ寿命が尽きるのではないかと思われる。しかし、最後まで蜜を求めて生を全うしようとしている。

9%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%B8%80%E5%A4%8F%E3%82%92%E3%80%80%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%97%E3%81%A6%E7%BF%85%E3%81%AE%E3%80%80%E7%A0%B4%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(9月13日)の一枚

花ブラシ サラシナショウマ 蕾なり 

 朝はかなり涼しくなる。森の道を歩いていて蚊が少なくなり、汗もほとんど出ないので気持ち良い。道の傍に穂状の白い花を見つける。サラシナショウマだろう。未だ蕾のようで、もっと開花が進めば白い花がブラシのように密に並び見応えがある。

9%E3%83%BB13%E8%8A%B1%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%80%80%E9%9A%99%E9%96%93%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

2019年09月12日

今日(9月12日・その3)の一枚

散歩道 野鳥はどこに クイズかな

 雨が降ったかと思うと陽が出る不安定な天気である。晴れ間を見て短い散歩。道に野鳥が居てとっさにカメラを向ける。カメラのズームの操作をしているうちにその姿が消える。ズーム無しの写真の右下隅に拡大した写真を貼り付け、野鳥はどこに。

9%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E6%95%A3%E6%AD%A9%E9%81%93%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(9月12日・その2)の一枚

雨降りの 朝日の景を 電線(せん)が裂き

 雨が降っているのに朝日が出ている。傘を差して写真を撮る事もできないので、自宅前で素早く朝日を撮る。この状況では電線とか屋根とかを除くのは出来ない相談で、これらが写り込んでくる。撮影時には電線の見えないところに住みたいと思う。

9%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%A8%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E6%99%AF%E3%82%92%E3%80%80%E9%9B%BB%E7%B7%9A%EF%BC%88%E3%81%9B%E3%82%93%EF%BC%89%E3%81%8C%E8%A3%82%E3%81%8DA.jpg

今日(9月12日)の一枚

成功は 共にの社是の 残りたり

 札幌IT産業界の成功譚として歴史に刻まれたビー・ユー・ジー(BUG)社の創業者の一人故服部裕之君が1年前の今日亡くなった。BUG社屋の玄関部分に同君の信条の「SUCCESS IS MUTUAL」と当時の社員の署名銘板が残っている。

9%E3%83%BB12%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AF%E3%80%80%E5%85%B1%E3%81%AB%E3%81%AE%E7%A4%BE%E6%98%AF%E3%81%AE%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2019年09月11日

インタステラ・テクノロジズ社ロケット射場と大樹町航空公園

C12_IST%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%B0%84%E5%A0%B4%E7%B5%84%E3%81%BFA.jpg

C12_IST%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%B0%84%E5%A0%B4.png
(インタステラ・テクノロジズ社ロケット射場)
C12%E5%A4%A7%E6%A8%B9%E7%94%BA%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%85%AC%E5%9C%92.png
(大樹町航空公園)

今日(9月11日・その2)の一枚

アサガオや 電灯照らす 人形(ひとかたち)

 歯科医院からの帰りに雨となる。川沿いの道にアサガオが咲いていて花弁に雨滴が乗っている。漏斗状の花の中心が明るく見え、花の奥に発光体があるかのように写る。花弁の色変わりの部分は人が肢体を広げているようにも見え、想像が広がる。

9%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%82%AA%E3%82%84%E3%80%80%E9%9B%BB%E7%81%AF%E7%85%A7%E3%82%89%E3%81%99%E3%80%80%E4%BA%BA%E5%BD%A2%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A1%EF%BC%89A.jpg

今日(9月11日)の一枚

1年は 速きものなり ページ見る

 1年前の今日服部裕之君を家人同道で手稲の病院に見舞いに行っている。そして日の変わる頃服部君は亡くなった。「爪句@今日の一枚-2018」の記事を見返している。現在制作準備中のカレンダーに服部君の追悼名入れを行おうと準備中である。

9%E3%83%BB11%E3%80%801%E5%B9%B4%E3%81%AF%E3%80%80%E9%80%9F%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

2019年09月10日

絵鞆岬と旧絵鞆小学校



%E7%B5%B5%E9%9E%86%E5%B2%AC%E3%81%A8%E6%97%A7%E7%B5%B5%E9%9E%86%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1A.jpg

(絵鞆岬と旧絵鞆小学校、絵鞆小学校は山本修知氏撮影)
C11%E7%B5%B5%E9%9E%86%E5%B2%AC%E7%A9%BA%E6%92%AE.png
(絵鞆岬)
%E6%97%A7%E7%B5%B5%E9%9E%86%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1.png
(旧絵鞆小学校)

今日(9月10日・その3)の一枚

ミゾソバは 可憐なる花 水辺傍

 森の道でミゾソバの花を撮る。溝のような湿った場所に咲き、ソバの花に似ているので花名となる。小さな花が集まって咲く。花が小さいのでマクロレンズで接写する。写真を拡大して見ると5弁の花で、花弁の中心の白から縁の桃色に変化する。

9%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%9F%E3%82%BE%E3%82%BD%E3%83%90%E3%81%AF%E3%80%80%E5%8F%AF%E6%86%90%E3%81%AA%E3%82%8B%E8%8A%B1%E3%80%80%E6%B0%B4%E8%BE%BA%E5%82%8DA.jpg

今日(9月10日・その2)の一枚

猛毒を 隠して花の 優美なり

 森の道でトリカブトの花を見つける。この植物全体に毒があり、それも猛毒と知ると花を見る目も変わる。観賞用として庭にもあった記憶があり要注意だ。漢方薬として利用され、塊根は附子(ぶし)と呼ばれ、強心作用や鎮痛作用があるようだ。

9%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%8C%9B%E6%AF%92%E3%82%92%E3%80%80%E9%9A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E8%8A%B1%E3%81%AE%E3%80%80%E5%84%AA%E7%BE%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月10日)の一枚

目を見れば 間違いのなく メジロなり

 森の散歩道に入る手前の開けた場所で野鳥を撮る。拡大するとメジロである。この場所で何度もメジロを撮っており、この辺りに棲みついているようだ。かなり遠くの木に居たものをズームインして表示しているので、解像度の上からは限界である。

9%E3%83%BB10%E7%9B%AE%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2019年09月09日

平成30年4月30日の日の出と令和元年5月1日の日の出前

C5%E5%B9%B3%E6%88%90%E6%9C%80%E5%BE%8C%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%83%BB%E4%BB%A4%E5%92%8C%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E5%89%8DA.jpg

C5%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B44%E6%9C%8830%E6%97%A5%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.png
(平成30年4月30日の日の出)
C5%E4%BB%A4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B45%E6%9C%88%EF%BC%91%E6%97%A5%E6%98%8E%E3%81%91%E6%96%B9.png
(令和元年5月1日の日の出前)

%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B44%E6%9C%8830%E6%97%A5%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%A8%E4%BB%A4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B45%E6%9C%881%E6%97%A5%E6%9C%9DA.jpg


%E4%BB%A4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B45%E6%9C%881%E6%97%A5%E6%9C%9D.png
(令和元年5月1日朝)

今日(9月9日・その3)の一枚

6割で 足踏みするか 支援金

3日前に公開となった来年のカレンダー制作のクラウドファンディング(CF)の支援金額が目標額の6割ほどに達する。支援の達成率を高めたいので、目標額はかなり低く設定している。知っている人に声を掛けての支援金募集でCFは名ばかりだ。

9%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%EF%BC%96%E5%89%B2%E3%81%A7%E3%80%80%E8%B6%B3%E8%B8%8F%E3%81%BF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8F%B4%E9%87%91A.jpg

今日(9月9日・その2)の一枚

ひっつき虫 我が家まで来て 捨てられる

 散歩から帰ると衣服に付いた植物のひっつき虫を見落とさぬように取り、テーブルの上に並べてみる。ねばねばした液を出すものや鉤状の突起をもつものがある。動く動物等にひっつき遠くに運ばれる事で繁殖の範囲を広げようとする戦略である。

9%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%A4%E3%81%8D%E8%99%AB%E3%80%80%E6%88%91%E3%81%8C%E5%AE%B6%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%80%80%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8BA.jpg

今日(9月9日)の一枚

真夏日や 森虫多く 汗噴き出

 早朝散歩に出掛ける時雲から顔を出して昇ってくる朝日を撮る。太陽の輪郭がはっきり写らず棚引く雲に焦点が合う。今日も真夏日の予報で、暑くならぬ内に森の道を1万歩近く歩く。蚊や虫が多く、汗も噴き出し清々しい気持ちの散歩にはならず。

9%E3%83%BB9%E7%9C%9F%E5%A4%8F%E6%97%A5%E3%82%84%E3%80%80%E6%A3%AE%E8%99%AB%E5%A4%9A%E3%81%8F%E3%80%80%E6%B1%97%E5%99%B4%E3%81%8D%E5%87%BAA.jpg

2019年09月08日

今日(9月8日・その3)の一枚

真夏日や 月が雲間を 進みたり

 今日は真夏日、暑かった。夕方陽が落ちないのに南の空に月が出ている。雲が流れて月を通り過ぎて行くのだが、月が宇宙船のように雲を後にして進んでいくかのようだ。インドが人工衛星の着陸に失敗したと報じられたのは月のどの辺りだろうか。

9%E3%83%BB8%E7%9C%9F%E5%A4%8F%E6%97%A5%E3%82%84%E3%80%80%E6%9C%88%E3%81%8C%E9%9B%B2%E9%96%93%E3%82%92%E3%80%80%E9%80%B2%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

歌才ブナ林とブナセンター

C10%E6%AD%8C%E6%89%8D%E3%83%96%E3%83%8A%E6%9E%97%E7%B5%84%E3%81%BFA.jpg

C10%E6%AD%8C%E6%89%8D%E3%83%96%E3%83%8A%E6%9E%97%E7%A9%BA%E6%92%AE.png
(歌才ブナ林空撮)
C10%E6%AD%8C%E6%89%8D%E3%83%96%E3%83%8A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC.png
(歌才ブナセンター)

今日(9月8日・その2)の一枚

来年の 花撮影の 場所記憶

 森の道で今朝もツチアケビの新しい株を見つける。実は大きくなっているけれど、2個しかない。隣の株には1個の実も無い。摘み取られたのかもしれない。来年はラン科のツチアケビの花を撮ってみようと思っていて、場所の記憶を残そうとする。

9%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%80%80%E8%8A%B1%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A0%B4%E6%89%80%E8%A8%98%E6%86%B6A.jpg

今日(9月8日)の一枚

頂上標 リボンと共に 戻りたり

 朝の散歩時に「西野市民の森 251峰」の標識が戻っているのを確認する。無くなる以前の標識と比べるとほとんど同じであるけれど、やはり新しく作られたものである。この森の道を管理している部署があり、周期的に点検・整備をしているようだ。

9%E3%83%BB8%E9%A0%82%E4%B8%8A%E6%A8%99%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E3%80%80%E6%88%BB%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2019年09月07日

今日(9月7日・その4)の一枚

紋数え 二十を超えて 十九紋

 庭の菜園のキュウリもそろそろ終わりである。少し大きくなったキュウリにテントウムシが張り付いている。分類では紅色型十九紋型なのだろうが、黒紋を数えてみると十九より多くなる。キュウリの実を食べる訳でもないのにじっとしている。

%EF%BC%99%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E7%B4%8B%E6%95%B0%E3%81%88%E3%80%80%E4%BA%8C%E5%8D%81%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E5%8D%81%E4%B9%9D%E7%B4%8BA.jpg

今日(9月7日・その3)の一枚

大停電 記憶の朝や ヒマワリ咲く

 家人が庭に種を植えてからなかなか花が咲かなかったヒマワリが咲き出す。大輪のヒマワリで背が高い。1年前の今日は胆振東部地震による全道大停電で、ドローンを上げてブラックアウトから一夜明け、暗い朝の西野の街の空撮を行っている。

%EF%BC%99%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E5%A4%A7%E5%81%9C%E9%9B%BB%E3%80%80%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%AF%E3%83%AA%E5%92%B2%E3%81%8FA.jpg

今日(9月7日・その2)の一枚

キジバトや カメラ気にせず 情事なり

 キジバトはいつもなら近くに人の姿があるとすぐに飛び去るのに、今朝の2羽は違っている。キジバトの注意は互いに相手にあるようだ。それもそのはず、お互い近づくと何度も情事に及んでいる。情事の最中は周囲が気にならない様子である。

%EF%BC%99%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%AD%E3%82%B8%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%80%80%E6%83%85%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月7日)の一枚

霧の朝 キジバトの居て 事及ぶ

 霧の朝で少し蒸し暑い。この空模様では良い写真も撮れないだろうと、いつもの森とは別の散歩道を選ぶ。中の川沿いを少し歩く。電線に2羽のキジバトが止まっていてシルエットで写る。時折事に及ぶけれどなかなか激しい動作で上手く撮れない。

9%E3%83%BB7%E9%9C%A7%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%80%80%E3%82%AD%E3%82%B8%E3%83%90%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E4%BA%8B%E5%8F%8A%E3%81%B6A.jpg

オトンルイ風力発電所と天塩川公園

C6%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%82%A4%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80A.jpg

C6%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%82%A4%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80.png
(オトンルイ風力発電所)
C6%E5%A4%A9%E5%A1%A9%E5%B7%9D%E5%85%AC%E5%9C%92.png
(天塩川公園)

2019年09月06日

今日(9月6日・その5)の一枚

CFの 公開ありて サイト見る

 北海道新聞社のクラウドファンディング(CF)find Hで、来年のパノラマ空撮写真カレンダー制作の支援の公開が始まる。カレンダー制作での赤字がどこまで圧縮できるか、CFの支援も大きく関わるので、毎日サイトを見る事になるだろう。
(find Hのサイトhttps://find-h.jp/

9%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89CF%E3%81%AE%E3%80%80%E5%85%AC%E9%96%8B%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

今日(9月6日・その4)の一枚

ミズヒキは 小さな花なり 撮影難

 ミズヒキは小さな花が花茎に並んでいるので撮影が難しい。かなり近くに寄ってマクロレンズで撮ってみる。未だ蕾の状態でこれから花が咲いてくる。花が開いた状態で撮るのもやはり難しそうである。何かの植物のひっつき虫も写り込んでいる。

9%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%E6%9C%88%EF%BC%89%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%92%E3%82%AD%E3%81%AF%E3%80%80%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E8%8A%B1%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E6%92%AE%E5%BD%B1%E9%9B%A3A.jpg

今日(9月6日・その3)の一枚

カメムシの 背中白斑 不明なり

 ノラニンジンの花後にアカスジカメムシが動かずに居るのを撮る。背中に白い斑点が不規則にあり、これが何なのかわからない。ネットで調べてもこれに関する記事を見つけられない。カメムシについた寄生虫の卵とか、当てずっぽうの推測である。

9%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%AE%E3%80%80%E8%83%8C%E4%B8%AD%E7%99%BD%E6%96%91%E3%80%80%E4%B8%8D%E6%98%8E%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(9月6日・その2)の一枚

新しき 株を見つけて ツチアケビ

 西野市民の森を歩いていてツチアケビの新しい株を見つける。熊笹の間に隠れるようにしてあって、これまで気がつかなかった。暗い場所にあり少しボケ気味の写真になる。実は裂開しないらしいがこの後どうなっていくのか注意して見ておこう。

9%E3%83%BB6%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%8D%E3%80%80%E6%A0%AA%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%81%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%93A.jpg

今日(9月6日)の一枚

集団で 飛ぶ虫光り 朝日中

 何の虫か分からないけれど、沢山の小さな虫が集団で空中を跳び回っている。写真を撮ると白い流れ点になって写る。歩いていてこのような虫の集団を横切らねばならぬ時は閉口する。蚊のように刺してくることはないのでその点は安心である。

9%E3%83%BB6%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B6%E8%99%AB%E5%85%89%E3%82%8A%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5%E4%B8%ADA.jpg

シリーズ2852・「パノラマ写真」ここはどこ

 田園地帯に大きな建屋のあるここはどこ。


2852%E3%83%BB%E6%97%A7%E8%A5%BF%E7%BE%8E%E5%94%84%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1A.jpg

2019年09月05日

今日(9月5日・その6)の一枚

ツチアケビ 赤実残され ベンチ上

 西野市民の森の251峰のところに木製ベンチがあり、その上にツチアケビの赤い実が置かれている。誰かが採ってここに置いたのだろう。ここに残しておくぐらいなら元の場所にそのままにしておけばよいものを、と思う。光合成無しで実が生る。

9%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE6%EF%BC%89%E3%83%84%E3%83%81%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%93%E3%80%80%E8%B5%A4%E5%AE%9F%E6%AE%8B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E4%B8%8AA.jpg

今日(9月5日・その5)の一枚

藪枯らし 貧乏くさく ヤブガラシ

 散歩道の中の川の土手道で写真の花を見かけて気になっていた。花図鑑を見ていたら同じような写真があり、ヤブガラシとある。藪を枯らしてしまうほどの繁殖があることからの命名で、貧乏くさい場所でも咲くのでビンボウカズラの別名もある。

9%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E8%97%AA%E6%9E%AF%E3%82%89%E3%81%97%E3%80%80%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%8F%E3%80%80%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7A.jpg

今日(9月5日・その4)の一枚

朝鳥果 オオアカゲラの ボケ写真

 夏は涼しい早朝に散歩をする。早朝の森の道は薄暗くて写真を撮るには適していない。オオアカゲラを見つけて写真を撮ると嘴の辺りがボケて写る。オオアカゲラは何枚も撮る余裕を与えてくれなかったので、このボケた写真を今日の一枚にする。

9%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%9C%9D%E9%B3%A5%E6%9E%9C%E3%80%80%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%9C%E3%82%B1%E5%86%99%E7%9C%9FA.jpg

今日(9月5日・その3)の一枚

辛うじて リスの姿を 浮き立たせ

 早朝の薄暗い森の道での撮影ではリスのような動くものは上手く撮れない。木の幹を動き回っているリスが居るのでカメラを向ける。幹の陰のリスは暗く写る。画像処理で明るく処理しても限度があり、リスと木の幹が溶け合ったような写真になる。

9%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%BE%9B%E3%81%86%E3%81%98%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A7%BF%E3%82%92%E3%80%80%E6%B5%AE%E3%81%8D%E7%AB%8B%E3%81%9F%E3%81%9BA.jpg

今日(9月5日・その2)の一枚

朝焼けの 下に広がる 暗き街

 今朝の見事な朝焼け空を空撮パノラマ写真に撮ろうとして、身支度もそこそこにドローンを抱えて庭に出る。150 mの上空からは未だ暗い街に街灯が灯っているのが見える。東側の空に青、水色、茜色、紫、黄金色が色分けになって広がっている。


9%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91%E3%81%AE%E3%80%80%E4%B8%8B%E3%81%AB%E5%BA%83%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%80%80%E6%9A%97%E3%81%8D%E8%A1%97A.jpg

(空撮パノラマ写真)
%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8641%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

今日(9月5日)の一枚

今朝も又 朝焼け空は 撮影難

 朝焼け空が広がっている。これを撮りたいのだが、カメラをどの方向に向けても電線が写り込んでくる。ズームを効かして遠くのビルに焦点を合わせ、近くの電線をぼかす。しかし、朝焼け空の狭い範囲しか写らず、住宅街での朝焼け撮影は難しい。

9%E3%83%BB5%E4%BB%8A%E6%9C%9D%E3%82%82%E5%8F%88%E3%80%80%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91%E7%A9%BA%E3%81%AF%E3%80%80%E6%92%AE%E5%BD%B1%E9%9B%A3A.jpg

石狩浜日の出

C3%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BAA.jpg

C3%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E6%B5%9C%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%A9%BA%E6%92%AE.png
(石狩浜日の出空撮)

C3%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E6%B5%9C%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E5%9C%B0%E4%B8%8A.png
(石狩浜日の出地上パノラマ)

2019年09月04日

今日(9月4日・その4)の一枚

4枚の 翅の威力や ホバリング

 飛んでいるトンボを撮るほどの腕と根気が無いので、止まっているトンボを撮る。4枚の翅があり、この翅で空中でホバリングを行う。使用しているドローンも4個の翼でGPSを利用してホバリングが行える。トンボはGPS無しでそれが出来る。

9%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%894%E6%9E%9A%E3%81%AE%E3%80%80%E7%BF%85%E3%81%AE%E5%A8%81%E5%8A%9B%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0A.jpg

今日(9月4日・その3)の一枚

瑠璃色が 白黒に冴え ルリタテハ 

 庭で蝶の追っかけをする。ルリタテハがマツムシソウやコスモスの間を跳び回っている。翅は表が黒で青い筋が入っている。この筋の色を瑠璃色と表現して名前になったようだ。翅の裏はこげ茶色である。白コスモスの花に止まったところを撮る。

9%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%91%A0%E7%92%83%E8%89%B2%E3%81%8C%E3%80%80%E7%99%BD%E9%BB%92%E3%81%AB%E5%86%B4%E3%81%88%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%8FA.jpg

今日(9月4日・その2)の一枚

森の道 目印のあり タマゴタケ

 森の道で枝の挿し木に赤い目印のリボンが目に留まる。そこにタマゴタケが成長中である。目印が先でタマゴタケがそこに現れたのか、タマゴタケに目印を付けたのか、どちらか先か分からない。どんな人が何を思ってそうしたのかも不明である。

9%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E7%9B%AE%E5%8D%B0%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%82%BF%E3%82%B1A.jpg

今日(9月4日)の一枚

コスモスが 主役出番の 季節なり

 快晴の朝。散歩に出掛ける前に庭のフェンスのところに咲いているコスモスを撮る。コスモスが花の主役として出番の季節に入っている。微小電力通信で今日旭岳に登る研究者がいて、手稲山間との実験の予定と聞く。この天気なら成功しそうだ。

9%E3%83%BB4%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%81%8C%E3%80%80%E4%B8%BB%E5%BD%B9%E5%87%BA%E7%95%AA%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2019年09月03日

今日(9月3日・その3)の一枚

躓けば 先端企業も 神頼み

 札幌テクノパークは造成時期により第1と第2の区分がある。第2テクノパークには神社が造られた。澄丘神社で、先端技術企業団地と神社の組み合わせが面白い。先端技術も最後には神頼みとなるのか。鳥居の近くからドローンを飛ばし空撮する。


9%E3%83%BB3%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%BA%93%E3%81%91%E3%81%B0%E3%80%80%E5%85%88%E7%AB%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%82%82%E3%80%80%E7%A5%9E%E9%A0%BC%E3%81%BFA.jpg

今日(9月3日・その2)の一枚

比べ見る テクノパークの 冬と夏

 来年のカレンダーをクラウドファンディング(CF)の支援も受けて出版する準備を行っている。札幌テクノパークの空撮パノラマ写真も加えようと今日又テクノパークまで出向いて空撮を行う。その写真をCF会社に送る。明日辺り公開なるか。


%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BC%E7%A4%BE%E7%B5%84%E3%81%BFA.jpg

今日(9月3日)の一枚

散歩道 鳥リス遭わず ムカゴ撮り

 昨夜はかなり雨が降ったけれど今朝は晴れる。いつものように朝食前に西野市民の森を歩く。植物の茎の部分に虫らしきものが多数あって良く見ると植物の一部である。ムカゴ(零余子)と気が付く。わき芽が養分を貯え肥大化したものである。

9%E3%83%BB3%E6%95%A3%E6%AD%A9%E9%81%93%E3%80%80%E9%B3%A5%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%81%AD%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%80%80%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%82%B4%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2019年09月02日

今日(9月2日)の一枚

SNS(えすえぬえす) 我が誕生日 再確認

 ビー・ユー・ジーDMG森精機の社屋の空撮パノラマ写真を撮影した時、同社の寺町さんがその様子を同社のSNSに投稿してくれる。最近はブログよりはSNSが情報発信に利用されているようだ。この日が自分の誕生日であるのも記されている。

9%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE6%EF%BC%89SNS%EF%BC%88%E3%81%88%E3%81%99%E3%81%88%E3%81%AC%E3%81%88%E3%81%99%EF%BC%89%20%E6%88%91%E3%81%8C%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%80%80%E5%86%8D%E7%A2%BA%E8%AA%8DA.jpg

今日(9月2日・その5)の一枚

景観を 駐車が変えて テクノパーク 

 昨日日曜日と今日月曜日の札幌テクノパークの空撮パノラマを比べての一番大きな変化は自動車の有無である。昨日はパーク内に駐車している車はほとんどなかった。それが今日は駐車場がほぼ埋まっている。企業活動が順調な様子を車の数で知る。


9%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%95%EF%BC%89%E6%99%AF%E8%A6%B3%E3%82%92%E3%80%80%E9%A7%90%E8%BB%8A%E3%81%8C%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AFA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(9月2日・その4)の一枚

立姿 豆粒となり 判別難   

ビー・ユー・ジーDMG森精機の社屋の前で空撮パノラマ写真撮影。川島社長に寺町さんが傍で見ているので、50 m上空からなら人物も写るとこの高さでの空撮。しかし、真上からの立姿の写真では人物の判別が難しい。月曜日で自動車が多い。


9%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E7%AB%8B%E5%A7%BF%E3%80%80%E8%B1%86%E7%B2%92%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E5%88%A4%E5%88%A5%E9%9B%A3A.jpg

今日(9月2日・その3)の一枚

パノラマの 話弾んで デモ撮影

 来年の空撮パノラマカレンダーの名入れの依頼でビー・ユー・ジーDMG森精機の川島昭彦社長を訪ねる。社員の阿部恭徳氏(髭の人)や寺町さんも同席。話が弾んで社長室でパノラマ写真のデモ撮影。狭い室内での撮影では貼り合わせが難しい。


9%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A9%B1%E5%BC%BE%E3%82%93%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%87%E3%83%A2%E6%92%AE%E5%BD%B1A.jpg

(パノラマ写真)

シリーズ2851・「パノラマ写真」ここはどこ

 雪の屋上からのパノラマ写真で、ここはどこ。


2851%E3%83%BB%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%EF%BC%8D%E7%A4%BE%E5%B1%8B%E4%B8%8AA.jpg

シリーズ2850・「パノラマ写真」ここはどこ

 高い塔も見えるここはどこ。


2850%E3%83%BB%E6%A4%8D%E6%9D%BE%E9%9B%BB%E6%A9%9FA.jpg

今日(9月2日・その2)の一枚

森の道 撮るに価値あり ツリフネソウ

 この時期、森の道に花はあまり咲いていないけれど、ツリフネソウが目に留まる。薄暗い場所に咲いていて、手振れを起こさないように慎重に撮る。自宅庭にも咲いていて珍しい花ではなくても、森の散歩道で見つけると撮影価値のある花となる。

9%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%81%AB%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%8D%E3%82%BD%E3%82%A6A.jpg

今日(9月2日)の一枚

木に同化 動かぬリスを 好きに撮り

 森の道でリスに出遭う。体の大きさからみて幼いリスのようだ。威嚇音か音を立てながら木の周りを跳び回っていて、そのうち固まってしまった。例の木に同化作戦である。こうなると好きな角度で何枚も撮ることができる。口に何か咥えている。

9%E3%83%BB2%E6%9C%A8%E3%81%AB%E5%90%8C%E5%8C%96%E3%80%80%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%92%E3%80%80%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AB%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2019年09月01日

今日(9月1日・その4)の一枚

写真見せ 野鳥どこかと 謎をかけ

 野鳥が飛んでいる辺りの木の枝と葉を撮ってみる。それをパソコンで表示してみてムシクイと思われる鳥影を見つける。拡大して表示すると解像度の落ちた写真になり面白くないので、全体を表示して野鳥はどこにいる、との謎掛けをしてみる。

9%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%86%99%E7%9C%9F%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E8%AC%8E%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91A.jpg

今日(9月1日・その3)の一枚

島で浮く 先端企業 森の海

 明日打ち合わせのため札幌テクノパークに行く予定。高速道路を通ってテクノパークに行く道を確かめるために久しぶりに出向く。テクノパーク内で空撮を行う。空から見るテクノパークはポンノッポロ橋でつながった森の中に浮かぶ島のようだ。


9%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%B3%B6%E3%81%A7%E6%B5%AE%E3%81%8F%E3%80%80%E5%85%88%E7%AB%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%80%80%E6%A3%AE%E3%81%AE%E6%B5%B7A.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(9月1日・その2)の一枚

野鳥(とり)の目に 昇る朝日や アオジかな 

 天気が良く散歩道の開けた林のところで野鳥が飛び回っているのを見る。撮ったものを拡大してみるとアオジのようである。目の周囲が黒ずんでいないので雌と判定する。写っている脚は細く、枝を捕まえる指の部分はかなり長いのに気が付く。

10%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%99%B4%E3%82%8C%E6%B8%A1%E3%82%8A%E3%80%80%E6%98%87%E3%82%8B%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%82%84%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%B0%84A.jpg

今日(9月1日)の一枚

朝焼けの 空の色飛び 9月かな

 朝焼けを見て空撮を試みる。しかし、朝焼け空は早朝の地上と比べて明るいので、空の色が飛んで白く写る。朝焼け撮影には、ドローンのカメラ明るさ調節が必要で、飛行時にそれを行なわねばならず、練習しておかねばと思う。今日から9月。


10%E3%83%BB1%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91%E3%81%AE%E3%80%80%E7%A9%BA%E3%81%AE%E8%89%B2%E9%A3%9B%E3%81%B3%E3%80%809%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(空撮パノラマ写真)