2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Search


Archives

Counter

2018年12月11日

シリーズ2774・「パノラマ写真」ここはどこ

廃駅や 行くに難義は 語り草

 この駅が現役であった頃は秘境駅だった。駅の近くを国道が線路と並行して走っているのだが、国道から駅に行けない。遠回りで線路を横切ってから駅への道が紛らわしい。駅舎はあっても乗降客は皆無に近いと思われた。2017年に廃駅となる。(2013・10・3)


2774E%E3%83%BB%E5%BB%83%E9%A7%85%E3%82%84%E3%80%80%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%81%AB%E9%9B%A3%E7%BE%A9%E3%81%AF%E3%80%80%E8%AA%9E%E3%82%8A%E8%8D%89A.jpg

今日(12月11日・その2)の一枚

目的の 野鳥は撮れず 寒き朝

 朝の散歩は目的がある。第一は散歩による運動不足への対処。第二は天気が良ければドローンをとばしての空撮。第三が野鳥撮影。これらの目的は並べた順番に達成が難しくなる。今日は二番目までは実行できたけれど野鳥の撮影に至らなかった。


12%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%AE%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AF%E6%92%AE%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%80%80%E5%AF%92%E3%81%8D%E6%9C%9DA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(12月11日)の一枚

珍しき 写真探して 見入るなり

 道新朝刊第1面に、道知事選の自民党候補者は鈴木直道夕張市長を軸に調整、との記事。5年以上前に夕張シューパロダムの工事現場で鈴木市長の挨拶のパノラマ写真を撮った。秋元克広札幌市長(当時副市長)に並んでもらい撮った写真もある。(撮影日2013・7・15)


12%E3%83%BB11%E7%8F%8D%E3%81%97%E3%81%8D%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E8%A6%8B%E5%85%A5%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

シリーズ669・パノラマ写真「ここはどこ」

客の無く 身を持て余し 跨線橋

 普通列車の一部は通過する駅なのに跨線橋は出入口と階段が3つもある。これは単式と島式の3面のホームと3線があったためである。現在は単式2面のホームが使われている。乗降客の姿はほとんど無く、跨線橋が身を持て余しているようだ。(2013・3・30)


669%E3%83%BB%E5%AE%A2%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%80%80%E8%BA%AB%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A6%E4%BD%99%E3%81%97%E3%80%80%E8%B7%A8%E7%B7%9A%E6%A9%8BA.jpg

2018年12月10日

シリーズ1763・「パノラマ写真」ここはどこ

看板絵 駅から見える 活火山

 駅の東側で海回りと山回りに線路が分かれる。分かれた線路はまた合流して南下していく。駅ホームに大きな看板絵がありこの山が描かれている。絵には海もあり駅の近くに港がある。単式と島式のホームがあり、島式ホームには跨線橋で渡る。


1763E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E6%A3%AE%E9%A7%85%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0A.jpg

今日(12月10日)の一枚

寒き朝 ドローン飛ぶかと 試したり

 晴れているけれど寒い朝である。朝用事があり散歩には行かず。その代り庭でドローンを上げ、空撮を行う。気温が下がるとドローンのバッテリーが働かなくる恐れもあり、テスト飛行でもある。寒さによるトラブルもなく空撮データが得られた。


12%E3%83%BB10%E5%AF%92%E3%81%8D%E6%9C%9D%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E9%A3%9B%E3%81%B6%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E8%A9%A6%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

シリーズ1437・「パノラマ写真」ここはどこ

手がかりは 島式ホームの 建屋なり

 無人駅で島式と単式の3面のホームがあり3線構成である。単式ホームは駅舎から離れているため駅舎から各ホームへの跨線橋は3つの出入口と階段がある。2番線の線路は列車の切り離しに使われ、この駅から上り下りに分かれる列車がある。(2014・10・24)


1437%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E8%B1%8A%E6%B5%A6%E9%A7%85%E8%B7%A8%E7%B7%9A%E6%A9%8BA.jpg

2018年12月09日

今日(12月9日・その2)の一枚

スノーシュー プリンターなり 足印字

 ドローンを上げ、上空から新雪の地表を撮影すると、笹薮の凸凹が写る。笹薮を完全に押しつぶすほどの積雪に達していないので、笹が雪を持ち上げたところがあるためだ。道の部分にはスノーシューの跡が新雪にはっきりとプリントされている。


12%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E8%B6%B3%E5%8D%B0%E5%AD%97A.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(12月9日)の一枚

有酸素 アカゲラ勝り スノーシュー

 有酸素運動も必要かとスノーシューを履いて裏山を歩く。ドラミング音がして雪の積もった笹の上を歩いて音に近づく。アカゲラが盛んに木の幹を突いている。スノーシューでゆっくり歩くのに比べ、アカゲラの有酸素運動ははるかに勝っている。

12%E3%83%BB9%E6%9C%89%E9%85%B8%E7%B4%A0%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E5%8B%9D%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BCA.jpg

シリーズ352・パノラマ写真「ここはどこ」

線路先 駅舎で終わり 海の都市

 列車を下りたホームの先は屋根付きの通路になっている。通路を進むと駅舎につながっている。かつては貨物輸送の拠点駅も今や客のみを運ぶ終点駅になっている。旅行客を惹き付けようと、ホイールウオッチング等の海の観光宣伝が目に付く。(2012・10・20)


352%E3%83%BB%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E5%85%88%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E3%81%A7%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%80%80%E6%B5%B7%E3%81%AE%E9%83%BD%E5%B8%82A.jpg


シリーズ1466・「パノラマ写真」ここはどこ

今はもう 渡る客無く 跨線橋

 漢字の駅名を目にすると景観の良い所かと思ってしまう。しかし、アイヌ語の地名音に漢字を当てはめただけで、漢字の意味とは無関係である。島式のホームに跨線橋で渡ると、線路近くに特徴のある鉄塔がある。2017年廃駅となり信号所になる。(2013・3・30)


1466%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E7%BE%8E%E3%80%85%E9%A7%85%E8%B7%A8%E7%B7%9A%E6%A9%8BA.jpg

2018年12月08日

今日(12月8日・その2)の一枚

年賀状 DMにして 本宣伝

 年の変わり目の挨拶状が届く。早目の年賀状である。外国からクリスマスカードも届く。こちらは年賀状で返事を出すので年賀状の制作となる。今年出版した爪句集を印刷して宣伝を兼ねた年賀状にする。宣伝しても販売につながることはない。

12%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%B9%B4%E8%B3%80%E7%8A%B6%E3%80%80DM%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E6%9C%AC%E5%AE%A3%E4%BC%9DA.jpg

今日(12月8日)の一枚

日の出位置 三角山を 登るなり

 朝食の最中に日の出となる。食事は一時中断で、ドローンを抱えて雪の積もった庭に飛び出す。日の出の位置は三角山の頂上に迫りつつある。昨日からの雪で家々の屋根と道路は白く塗りつぶされている。この後雪雲が発達して曇りから雪になる。


12%E3%83%BB8%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E3%80%80%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%B1%B1%E3%82%92%E3%80%80%E7%99%BB%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

シリーズ1687・「パノラマ写真」ここはどこ

全視界 我が身回して 写真撮る

 道内では札幌駅に次いで2番目に乗降客の多い駅で、列車が到着すればホームは客で身動きが出来ないほどの混雑ぶりである。パノラマ写真はホームに客の居ない時刻を選んで、三脚代わりにしてカメラを固定した自分の身体を回転させて撮影する。(2012・10・7)


1687%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E6%96%B0%E5%8D%83%E6%AD%B3%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E9%A7%85A.jpg

シリーズ2772・「パノラマ写真」ここはどこ

踏切で ホーム小屋撮り 秘境駅

 ここ数年秘境駅として人気が出てきて、この駅に鉄道ファンが集まってクリスマスイベントが行われる新聞記事が載っている。板張りのホームの端に置かれたプレハブ小屋が待合室である。客一人が入れば満杯状態でも客が居ないので心配はない。(2013・8・12)


2772%E3%83%BB%20%E8%B8%8F%E5%88%87%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E7%A7%98%E5%A2%83%E9%A7%85A.jpg

2018年12月07日

今日(12月7日・その2)の一枚

1と100 将来見たき 比率なり

 道新夕刊に目を通していたら柏艪社がACTNOW社で行っているクラウドファンディング(CF)の紹介記事がある。A社のHPには柏艪社の目標額1千万円と筆者の10万円のCFが並んでいる。筆者が目標額全額を集めても柏艪社の1%である。

12%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%EF%BC%91%E3%81%A8100%E3%80%80%E5%B0%86%E6%9D%A5%E8%A6%8B%E3%81%9F%E3%81%8D%E3%80%80%E6%AF%94%E7%8E%87%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(12月7日)の一枚

雪かきの 一日となり 冬本番

 天気予報通り吹雪模様になる。全球パノラマ写真で撮った方が大雪になりそうな感じが出るかと自宅前の道路から撮影する。朝に1回、昼に1回、雪かきをする。この様子では夕方にもさらに1回の雪かきが必要だろう。野鳥撮影どころではない。


12%E3%83%BB7%E9%9B%AA%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E4%B8%80%E6%97%A5%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E5%86%AC%E6%9C%AC%E7%95%AAA.jpg

(パノラマ写真)

シリーズ1587・「パノラマ写真」ここはどこ

演出は 憩いの空間 駅広場

 メルヘン調の駅舎で物産センターの建物と併設されている。ただし、物産センターの主力は駅の南側に隣接した建物内にある。駅前に演奏する一家の像があり、駅舎の雰囲気に合わせている。駅の西側の国道から線路を横切り直接駅には行けない。(2014・6・21)


1687E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E7%AB%AF%E9%87%8E%E9%A7%85%E5%89%8D%E5%BD%AB%E5%88%BBA.jpg

シリーズ1446・「パノラマ写真」ここはどこ

生徒消え 今や秘境の 駅となり

 かつては商業高校の生徒の通学駅として利用されていた。しかし、廃校で利用客が激減し廃駅の瀬戸際にある。今や秘境駅の様相の駅は跨線橋があり構内は広い。ホームに上がる階段の近くに車掌車改造駅舎があり、跨線橋の階段と重なって写る。(2014・11・8)


1446%E3%83%BB%E4%BC%8A%E7%B4%8D%E9%A7%85%E8%B7%A8%E7%B7%9A%E6%A9%8BA.jpg

2018年12月06日

シリーズ1605・「パノラマ写真」ここはどこ

文学の 道を通りて 駅舎なり

 ガラス張りの堂々とした建物を目にして、これが駅舎とは思えない。それもそのはず文学館及び図書館との併設施設である。駅前広場の南西にも広場があり文学の道が冠されている。その道にマンホールがあり蓋に網走土木現業所の文字が見える。(2014・6・21)


1605E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E7%94%9F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E9%A7%85%E5%89%8DA.jpg

Recent Entries

  1. シリーズ2774・「パノラマ写真」ここはどこ
  2. 今日(12月11日・その2)の一枚
  3. 今日(12月11日)の一枚
  4. シリーズ669・パノラマ写真「ここはどこ」
  5. シリーズ1763・「パノラマ写真」ここはどこ
  6. 今日(12月10日)の一枚
  7. シリーズ1437・「パノラマ写真」ここはどこ
  8. 今日(12月9日・その2)の一枚
  9. 今日(12月9日)の一枚
  10. シリーズ352・パノラマ写真「ここはどこ」

Recent Comments