2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Search


Archives

Counter


2021年10月20日

メキシコ・テオテワカンの月のピラミッドの石

月の石 処分に迷いて 写真撮る

 観光地を訪れた時に拾ってきた石が残っていてどう処分したらよいものか思案中である。ただの石ころであるけれど旅した本人には思い出の品である。メキシコ・テオテワカンの月のピラミッドで拾った石には1994年4月2日の日付けが記されている。(空撮2021・10・19)


%E6%9C%88%E3%81%AE%E7%9F%B3%E3%80%80%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%AB%E8%BF%B7%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

2021年10月19日

今日(10月19日)の一枚

パスワード 忘れぬように サイト見る

 日の出の空撮に出掛けたけれど、雲で気に入った写真が撮れない。鳥果もないので今朝のビットコインの相場のチャートを貼り付ける。24時間で1BTCが674万円から714万円の間で変動しているから1 BTC使い1日で40万円儲ける可能性がある。


10%E3%83%BB19%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%80%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%AC%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

(画面クリックで空撮パノラマ写真)

2021年10月18日

今日(10月18日)の一枚

積雪を 見て身構える 八十歳(やそとせ)身

 昨日は全道的に気温が低くなり、札幌の中山峠の積雪の写真が朝刊に出ている。手稲山も冠雪で手稲山の裾野の西野の自宅からは山頂が見えないのでドローンを上げて空撮してみる。上限高度の150 m上空からの空撮写真で手稲山の積雪を確かめる。


10%E3%83%BB18%E7%A9%8D%E9%9B%AA%E3%82%92%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%81%A6%E8%BA%AB%E6%A7%8B%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E5%85%AB%E5%8D%81%E6%AD%B3%EF%BC%88%E3%82%84%E3%81%9D%E3%81%A8%E3%81%9B%EF%BC%89%E8%BA%ABA.jpg

2021年10月17日

今日(10月17日)の一枚

報道で 手稲山(やま)に姿の 冬斥候

 テレビのニュースで稚内は平地で初雪、札幌の手稲山は山頂部分が冠雪と報道される。散歩道で空撮を行っても雲で手稲山の山頂は写らない。森の散策路は落ち葉で埋め尽くされて来ている。山ぶどうの房が沢山垂れ下がっていても手が届かない。


10%E3%83%BB17%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%A7%E3%80%80%E6%89%8B%E7%A8%B2%E5%B1%B1%EF%BC%88%E3%82%84%E3%81%BE%EF%BC%89%E3%81%AB%E5%A7%BF%E3%81%AE%E3%80%80%E5%86%AC%E6%96%A5%E5%80%99A.jpg

爪句集覚え書き-49集

 本爪句集シリーズは、日々投稿しているブログの原稿を取捨選択して編集したものである。ブログ記事の対象は雑多で、写真に撮ってブログ記事が書けるものなら何でも、といった塩梅である。野鳥や動物、山野草や樹木、景観、建物、列車、天候、イベントとあらゆるものが爪句の対象である。当然これに人物も加わる。
 人物は見知らぬ人を写真に撮ることはほとんどなく、何かの状況で見知った人を撮影している。従って、人物の写真を集めたこの爪句集は、写真を主体にした交遊録ともいえる。ただ、爪句集のスタイルは爪句17文字と1写真につき110文字の写真の説明文なので、どんな状況でその人を撮影したのか程度しか記述できない。その人となりをある程度説明するには文字数が足りない。
 さらに野鳥とか花であれば年月が経ち個体が変わっても、個体を問題にしている訳ではないので、過去に撮影していても、同じ野鳥や花の名前で作句し説明が書ける。これに対して人物は社会における立場が変わっていく場合が多く、“ある日”の人は“別の日”には別の人になっている可能性がある。この状況で、同一人物でもその変化の経緯について説明し出すと短い文章では書ききれないし、爪句集ではそれを意図してもいない。
 本爪句集では書名が示すように“ある日”に撮影され写真に残された“あの人”なのである。ただ、説明の文章が短い点を少しでも補おうと、単なるスナップ写真ではなく、その人がどんな場所にいるかを見ることのできる全球パノラマ写真で撮影出来た人物を選んでいる。全球パノラマ写真の1部を切り取った写真と並べて印刷してあるQRコードをスマホやタブレットで読み込むと、全球パノラマ写真中の人物として見ることができる。
 しかし、このような全球パノラマ写真に撮影出来なかった人でも、交遊録的には残しておきたい方々もおられる。このようにスナップ写真しか残っていない方々については全球パノラマ写真と少しても整合性を持たせるため、後日撮影した空撮全球パノラマ写真の天空部分に貼り込んでみた。当然ながら人物を撮影した状況と空撮パノラマ写真には関連性は無い。
 交遊録といってもあまりのも個人的なものでは爪句集にまとめても読者に見向きもされないだろう。この点道新文化センターの講座で訪問した「都市秘境」を冠してもよさそうな場所や、海外旅行の観光地での一コマ、イベントでの一場面等々でそれなりに読者の興味を引き出す写真を選んだつもりである。しかし、これは著者の意図が読者とはずれているかも知れない。
 全球パノラマ写真で限られた紙幅の紙の本に、インターネットの技術を援用してページからはみ出してより多くのことを伝える形式の本は、交遊録を越えた本作りの可能性を拡大させるものだと考えている。例えば、QRコードを読み込んで再現した画像に又QRコードを入れ子のように描き込んでおくと、そのQRコードをさらに読み込んで幾層にもなる世界に入り込める。本爪句集でも2重程度のQRコードの入れ子構造を試してみている。
 このような紙メディアとインターネットのハイブリッド形式の本に問題がない訳ではない。インターネットでアクセスするためのデータはどこかのサーバに保管されている必要があり、そのサーバの保守が滞れば全球パノラマ写真は見ることができない。この点に関して言えば、紙に印刷してしまえば本が残る限りその内容を読んだり見たりできる紙媒体の強靭さが証明される。
 本爪句集を交遊録と位置付けると、よく顔を会わせる人でも、よく顔を会わせるが故に改めてパノラマ写真を撮る機会を逸していて、人物の距離感と比例して写真が採録されている訳でない点が気になる。その気になる点はあるにせよ、なるべく多くの人を爪句集に登場させようと試みた。写真は200枚を超していて、同一写真に何人か写ったものがあるから、多分300名を超す方々が爪句集に登場する。これはかなりの数であると思っている。
 ただ本爪句集に登場した方々の多くは(ほとんどが)この爪句集の存在を知らないだろう。その点が心残りである。しかし、その分あまりにも私的な出版物になっていない点の救いになっている。

爪句集第49集出版と寄贈プロジェクトCF
https://find-h.jp/project/tsumeku-49/detail

2021年10月16日

重い北海道新聞文化賞の「ジーンズ」ブロンズ像

像を持ち 賞の重さを 手に感じ

 第54回(2000年)の北海道新聞文化賞の学術部門の受賞者に選ばれ、佐藤忠良氏制作のブロンズ像「ジーンズ」を頂いた。この像めった触ることがないのだが、写真を撮るため動かすとかなりの重さである。紙類に比べて処分では難儀しそうだ。(空撮2021・10・16)


%E5%83%8F%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%80%80%E8%B3%9E%E3%81%AE%E9%87%8D%E3%81%95%E3%82%92%E3%80%80%E6%89%8B%E3%81%A7%E6%84%9F%E3%81%98A.jpg

マイコン技術を教えていた頃の教材と教科書

マイコンの 技術の記憶 残るかな

 これまでやって来た事を振り返って感想文みたいなものを書かなければならなくなった。マイクロコンピュータ技術の黎明期にこの技術に関わった事が人生の大きな転換点になった。開発した教育用マイコンキットと教科書を並べ記録撮影である。(空撮2021・10・15)


%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%80%80%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(画面クリックで空撮パノラマ写真)

2021年10月15日

今日(10月15日)の一枚

空からも 庭地(ち)でも観覧 秋行進

 朝は暗い曇り空で、午前中少し光が差してくるようになってから家の近くを散歩。散歩道で空撮して山の黄葉の進み具合を確かめる。リスを見かけて撮るけれど身体が葉に隠れてしまっている。庭のヤマザクラ、ミナヅキ、アジサイが色づいている。


10%E3%83%BB15%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%82%E3%80%80%E5%BA%AD%E5%9C%B0%EF%BC%88%E3%81%A1%EF%BC%89%E3%81%A7%E3%82%82%E8%A6%B3%E8%A6%A7%E3%80%80%E7%A7%8B%E8%A1%8C%E9%80%B2A.jpg

張碓の青鳩(アオバト)句碑上空での空撮

青鳩の 句碑上で撮る 恵比須島

 張碓の海に落ちる崖のところに青鳩の句碑がある。その上空から空撮を行うと海に飛び出したような恵比須島と海岸線を走る鉄道が写る。「小樽・石狩秘境100選」にこの青鳩句碑と恵比須島の写真を載せており、その頁を空撮写真に貼り付ける。(2016・8・12)


%E9%9D%92%E9%B3%A9%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8F%A5%E7%A2%91%E4%B8%8A%E3%81%A7%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E6%81%B5%E6%AF%94%E9%A0%88%E5%B3%B6%EF%BC%882016%E3%83%BB10%E3%83%BB15%EF%BC%89A.jpg

2021年10月14日

今日(10月14日)の一枚

快晴の 天空飾る 秋の色

 快晴の朝、サクランボ山で日の出を待って空撮。雲の薄い朝は朝焼けにならないので平凡な日の出景である。散歩しながら見つけた秋の色で日の出空の天空を飾る。赤トンボ、赤い蔦の葉、色付いた多肉植物、薄い青紫の野菊、秋の色が出揃う。


10%E3%83%BB14%E5%BF%AB%E6%99%B4%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E9%A3%BE%E3%82%8B%E3%80%80%E7%A7%8B%E3%81%AE%E8%89%B2A.jpg

2021年10月13日

今日(10月13日)の一枚

目の光る キツネを撮りて 空撮夜景(やけい)かな

 日の出前の夜景の空撮に出掛ける。かなり寒い。懐中電灯の光を頼りに暗い道を行くと動くものがいる。キツネである。懐中電灯の光を反射して目が光る。とっさに撮った写真には光る目のキツネの姿が辛うじて写り、空撮夜景写真に貼り付ける。


10%E3%83%BB13%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%85%89%E3%82%8B%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E7%A9%BA%E6%92%AE%E5%A4%9C%E6%99%AF%EF%BC%88%E3%82%84%E3%81%91%E3%81%84%EF%BC%89%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(画面をクリックで空撮パノラマ写真)

ハママシケ陣屋跡



%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%82%B1%E9%99%A3%E5%B1%8B%E8%B7%A1%EF%BC%882021%E3%83%BB10%E3%83%BB3%EF%BC%89A.jpg

2021年10月12日

今日(10月12日)の一枚

著者冥利 市民も読みて 爪句集

 爪句本の第1巻から第48巻までの18セットを揃えて札幌市の中央図書館に寄贈のため運び込む。札幌市中央図書館で市の各区にある図書館、区民センターの図書室に問い合わせ希望するところを集計してこの数となる。CFの支援は目標額を超えた。


10%E3%83%BB12%E8%91%97%E8%80%85%E5%86%A5%E5%88%A9%E3%80%80%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%82%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2021年10月11日

今日(10月11日・その2)の一枚

雨上がり 野鳥集まり 大鳥果

 朝は雨。昼近くに雨が上がったので自宅近くを散歩。散歩道で空撮を行う。空撮を行っている場所で野鳥が飛び回っている。それも多種類で珍しい。シジュウカラ、ヤマガラ、アカゲラ、コゲラでゴジュウカラも見かけたけれどこれは撮影に失敗。


10%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%A8%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E9%9B%86%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%80%80%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E6%9E%9CA.jpg

瑞穂の池と百年記念塔



%E7%91%9E%E7%A9%82%E3%81%AE%E6%B1%A0%E3%81%A8%E7%99%BE%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%A1%94%E7%A9%BA%E6%92%AEA.jpg

今日(10月11日)の一枚

祝日を 移動できずに 暦かな

 今年のカレンダーで祝日の表記が異なる2種類のものが出回っている。昨年のカレンダー印刷の時期に今年のオリンピック開催に祝日を移動させる政府の決定が遅れたためである。自家製のカレンダーでは今日はスポーツの日で祝日になっている。

10%E3%83%BB11%E7%A5%9D%E6%97%A5%E3%82%92%E3%80%80%E7%A7%BB%E5%8B%95%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%80%80%E6%9A%A6%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2021年10月10日

今日(10月10日)の一枚

記事を見て 山下リンの イコン貼る

 日の出前に家を出てサクランボ山で昇る陽を空撮。日の出前の朝焼けは撮影するほどでもなかった。道新別刷にロシア正教のイコン画家山下リンの記事が載っている。小樽のハリストス正教会で山下リンのイコンを写真に撮ってあり空撮写真に貼る。


10%E3%83%BB10%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E8%B2%BC%E3%82%8BA.jpg

2021年10月09日

今日(10月9日)の一枚

紅葉や 熊には遭わず リスを撮る

 日の出を庭で空撮してから西野市民の森散策路を散歩。散策路入口の看板のところに熊出没のため通行禁止の表示が出ている。新聞にも今年は山のドングリ等が不作で熊が広範囲に移動するので注意、の記事が載っている。道の途中でリスを撮る。


10%E3%83%BB9%E7%B4%85%E8%91%89%E3%82%84%E3%80%80%E7%86%8A%E3%81%AB%E3%81%AF%E9%81%AD%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

札幌のキーパーソンが集まる朝の勉強会「無名会」

会のロゴ 暦に残し 苦心作

 旧北海道拓殖銀行(拓銀)元専務の石黒直文氏が代表世話人の「無名会」と称する朝食会がある。月1回グランドホテルに集まり朝食後講師の話を聞く。会員は30名ほどで、この日は北海道功労賞受賞者で筆者が講師役を務めパノラマ写真を撮る。(2014・3・20)


%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%80%80%E6%9A%A6%E3%81%AB%E6%AE%8B%E3%81%97%E3%80%80%E8%8B%A6%E5%BF%83%E4%BD%9C%EF%BC%882014%E3%83%BB3%E3%83%BB20%EF%BC%89A.jpg

(画面をクリックでパノラマ写真)
%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8649%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

2021年10月08日

19-7ホーチミン市でオフショアビジネス視察会参加の面々

ホーチミン市 ベンタイン市場 自筆絵(え)で記憶

 札幌市・さっぽろ産業振興財団主催でベトナムのIT企業視察会が行われ、財団関係者や札幌のIT企業家が参加した。集合写真には㈱サンクレアの森正人社長、財団の渋谷洋幸氏、eシルクロード親善大使の呉敦社長、塩谷彰浩社長の顔がある。(2008・1・14-15 空撮2021・9・24)


%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%B3%E5%B8%82%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%80%80%E8%87%AA%E7%AD%86%E7%B5%B5%EF%BC%88%E3%81%88%EF%BC%89%E3%81%A7%E8%A8%98%E6%86%B6A.jpg

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8649%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

Recent Entries

  1. メキシコ・テオテワカンの月のピラミッドの石
  2. 今日(10月19日)の一枚
  3. 今日(10月18日)の一枚
  4. 今日(10月17日)の一枚
  5. 爪句集覚え書き-49集
  6. 重い北海道新聞文化賞の「ジーンズ」ブロンズ像
  7. マイコン技術を教えていた頃の教材と教科書
  8. 今日(10月15日)の一枚
  9. 張碓の青鳩(アオバト)句碑上空での空撮
  10. 今日(10月14日)の一枚

Recent Comments