2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Search


Archives

Counter

2018年08月16日

シリーズ1962・「パノラマ写真」ここはどこ

環状に 列石置かれ 雑草地

 ビニールハウスが並ぶ小道に接して草地がある。草地の周囲に環状に石が並べられていて、国指定の環状列石史跡である。札幌農学校の一期生田内捨六により発掘調査が行われ渡瀬荘三郎が報告した日本初のストーンサークルは雑草の中にあった。


1962%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E5%BF%8D%E8%B7%AF%E7%92%B0%E7%8A%B6%E5%88%97%E7%9F%B3A.jpg

シリーズ2155・「パノラマ写真」ここはどこ

探したり 刻印レンガ Sの文字

 レンガ造りの施設が屯田兵の本部跡に残されている。道路を挟んでこれもレンガ造りの小学校があったが、2016年閉校となり校舎は取り壊された。一時期同小学校の奉安殿になった建物のレンガは鈴木煉瓦社のものでSの文字の刻印レンガがある。


2155%E3%83%BB%E6%B1%9F%E5%88%A5%E7%81%AB%E8%96%AC%E5%BA%ABA.jpg

シリーズ2187・「パノラマ写真」ここはどこ

水鳥の 姿の消えて オフシーズン

 国内最大のマガンの寄留地もオフシーズンでは水鳥はおろか野鳥の姿も見当たらない。これでは写真を撮る人影もない。最大6万羽のねぐら立ちやねぐら入りがどんなものであるかは、沼の近くにある水鳥・湿地センターで写真を見るしかない。


2187%E3%83%BB%E5%AE%AE%E5%B3%B6%E6%B2%BCA.jpg

今日(8月16日・その3)の一枚

トウキビは 実三粒なり 自家菜園

 買い求めたトウキビの苗が茎が低く成長して、茎の付根近くに実をつけている。日にちが経っても実が大きくならないので、もいで皮を剥いでみる。実が三粒ほどあるだけで全く食用にはならない。一緒に撮ったキャベツの方が食卓に上るだろう。

8%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%93%E3%81%AF%E3%80%80%E5%AE%9F%E4%B8%89%E7%B2%92%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E8%87%AA%E5%AE%B6%E8%8F%9C%E5%9C%92A.jpg

今日(8月16日・その2)の一枚

写真には 大きく撮りて スイカかな

 カボチャが実を付けているので、あるいはとスイカの苗を植えたところを探してみる。驚いた事に葉の陰になってスイカの実が1個成っている。写真に撮ると大きな実に見えるけれど、実物は小さい。小さな1個でも大収穫の心理状態となる。

8%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%80%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%8F%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(8月16日)の一枚

花のみか 文句を言いて 実を見つけ

 カボチャの苗を一株植える。花は良く咲くのだが実が成らない。菜園の経験が無いので、一株だけだと自家受粉では実にならないのかと推測。花咲けど実の一つだに無きぞ悲しきと太田道灌さんを思い出していると、小さな実があるのを見つける。

8%E3%83%BB16%E8%8A%B1%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%80%80%E6%96%87%E5%8F%A5%E3%82%92%E8%A8%80%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91A.jpg

シリーズ2013・「パノラマ写真」ここはどこ

陽が昇り 影絵山頂 遥かなり

 標高2291 mの山頂を目指して登山開始である。山の稜線から朝日が昇る頃にはロープウェイの駅から登山道に出て登り始める。シルエットで写る山頂は尖って見える。足元に白い綿毛をつけた植物が密生している。チングルマの花後のようである。


2013%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E6%97%AD%E5%B2%B3%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BAA.jpg

シリーズ2030・「パノラマ写真」ここはどこ

観音像 雪に埋もれて 休みたり

 住宅街の一角にブロック塀で囲まれた場所がある。その北側の奥まったところに社があり、東西のブロック塀に沿って石造りの観音像が並んでいる。元は川の堤防上に安置されていたが戦後進駐軍のいたずらに対処するためこの場所に集められた。


2030%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%B3%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%B8%89%E7%95%AA%E8%A6%B3%E9%9F%B3A.jpg

2018年08月15日

シリーズ1423・「パノラマ写真」ここはどこ

鳥居から 露天風呂見え 登山口

 温泉地が登山口になっていて、温泉施設を見下ろす場所に神社がある。コンクリート製の鳥居に祠があり、祠の横に石碑が設置されている。碑文から山に生き山で亡くなった人への言葉が刻まれている。登山道から続く山の頂上がわずかに見える。


1423%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E4%BA%94%E8%89%B2%E6%B8%A9%E6%B3%89%E7%A5%9E%E7%A4%BEA.jpg

今日(8月15日。その2)の一枚

飛び姿 脅しにならず 疑問なり

 雨降りの中郵便局までハガキを出しに行く。その帰り道トウモロコシ畑に鉄板のカラスの切り抜きが掲げられているのを見る。カラスがトウモロコシを食べないようにとの脅しなのだろうが、飛び姿のカラスなら返って呼び込みになりそうである。

8%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%A3%9B%E3%81%B3%E5%A7%BF%E3%80%80%E8%84%85%E3%81%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%80%E7%96%91%E5%95%8F%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

シリーズ2260・「パノラマ写真」ここはどこ

歩き旅 最終日入り 登山なり 

 登山道が整備されている標高799 mの山の円い頂が前方にある。さらにその北西方向の奥に有名な湖とその外輪山が見えている。見晴しの良い山で、足元に注意すると高山植物が目に留まる。ランチウェイのコースに組み込まれている登山道である。


2261%E3%83%BB%E8%A5%BF%E5%88%A5%E5%B2%B3%E7%99%BB%E5%B1%B1%E9%81%93A.jpg

シリーズ2083・「パノラマ写真」ここはどこ

祭神の 騎馬姿見え 拝殿裡

 神社はこの地区に屯田兵が入植した時に創建され、屯田兵の出身地の祖先を祭神として祀っている。境内に屯田兵の兵屋が保存されている。由緒のある大社であり境内は広く拝殿は立派である。初詣や神社の祭りには市民が集まり賑やかである。


2083%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%EF%BC%B7%E7%90%B4%E4%BC%BC%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E6%8B%9D%E6%AE%BFA.jpg

シリーズ2065・「パノラマ写真」ここはどこ

境内の 人 東見て 初日の出 

 小さな神社ながら高いところにあり社殿と鳥居が東向きになっている。東方向には街並みがつづくけれど高い建物が無いので初日の出が鳥居越しに拝める屈指の神社である。天気に恵まれた2014年の初日の出を見る人たちが境内に集まっている。


2065%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E4%B8%8A%E6%89%8B%E7%A8%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BAA.jpg

今日(8月15日)の一枚

豊似湖の 暦の表紙 見つけたり

 「ここはどこ」と設問形式でブログに載せたパノラマ写真に説明をつけ、「爪句@ここはどこ」としてまとめる作業を続けている。作業過程で豊似湖を調べていて、同湖の写真を集めたサイトに昨年出版した今年のカレンダーの表紙を見つける。

8%E3%83%BB15%E8%B1%8A%E4%BC%BC%E6%B9%96%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9A%A6%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%99%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

シリーズ1885・「パノラマ写真」ここはどこ

本殿の 横に稲荷社 朱色冴え

 神社は高台にあり港を下に俯瞰できる見晴しの良い境内で、急な石段を登って観光客も訪れる。本殿と拝殿は市の指定歴史的建造物である。文学碑の多い境内には緯度天測標や旧日露国境中間標石のレプリカがある。本殿の横に稲荷神社がある。


1885%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EW%E6%B0%B4%E5%A4%A9%E5%AE%AE%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BEA.jpg

シリーズ2512・「パノラマ写真」ここはどこ

岸辺から 心形見えぬ 写真撮り

 菓子の製造と販売を行っている会社のテレビCMに取り上げられてから有名になった湖である。周囲が約1 Kmの湖を空から見ると馬の蹄やハート形をしていて、空撮写真の対象になっている。深山の麓にあり水面の標高が260 mの神秘的な湖である。


2512%E3%83%BB%E8%B1%8A%E4%BC%BC%E6%B9%96%E5%B2%B8%E8%BE%BAA.jpg

2018年08月14日

シリーズ1372・「パノラマ写真」ここはどこ

境内に 奉納されて 遣れ機雷 

 この神社は線路とJR駅を見下ろすような高いところに境内がある。忠魂碑がありその傍に壊れた機雷が置かれている。日露戦争時にロシア軍が敷設したものが漂流後爆破処理されたものである。発見者から奉納され、以来境内に置かれて来ている。


1372%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9EWSL%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%AE%E8%B1%8A%E8%B6%B3%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%A2%83%E5%86%85A.jpg

シリーズ2687・「パノラマ写真」ここはどこ

遊歩道 林を抜けて 池のあり

 森林に囲まれたテーマパークの東にある池で、池に面して芝生が広がり、四阿もある。池は農業用の貯水池として造られ、現在は公園の池として残されている。池の近くには春先の桜や新緑、秋の黄葉が楽しめる遊歩道が通っていて市民が訪れる。


2687%E3%83%BB%E7%91%9E%E7%A9%82%E3%81%AE%E6%B1%A0%E7%A9%BA%E6%92%AEA.jpg

シリーズ2017・「パノラマ写真」ここはどこ

パノラマに 宝石色の 湖面見え 

 有名な湖の北にある小さな池でGoogleの衛星写真で確かめると、池近くの駐車場より湖面が狭い。エメラルドブルーに見える水面が人気で訪れる観光客が増えている。しかし、自動車でなければ行けず、林道は冬期間閉鎖で秘境感に満ちた池である。


2017%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%AB%E3%80%80%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%80%80%E6%B9%96%E9%9D%A2%E8%A6%8B%E3%81%88A.jpg

今日(8月14日・その2)の一枚

新知識 8月3日 ハチミツ日

 道新の社会面掲載の「大通高ハチミツ全国一」の記事が目に留まる。以前道新文化センターの講座で同校の屋上で行われている養蜂を見学した事がある。その際撮影した養蜂作業のパノラマ写真に、新聞に名前のあった島田正敏教諭が写っている。


8%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%96%B0%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%80%808%E6%9C%883%E6%97%A5%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%84%E6%97%A5A.jpg

(画面をクリックでパノラマ写真)

Recent Entries

  1. シリーズ1962・「パノラマ写真」ここはどこ
  2. シリーズ2155・「パノラマ写真」ここはどこ
  3. シリーズ2187・「パノラマ写真」ここはどこ
  4. 今日(8月16日・その3)の一枚
  5. 今日(8月16日・その2)の一枚
  6. 今日(8月16日)の一枚
  7. シリーズ2013・「パノラマ写真」ここはどこ
  8. シリーズ2030・「パノラマ写真」ここはどこ
  9. シリーズ1423・「パノラマ写真」ここはどこ
  10. 今日(8月15日。その2)の一枚

Recent Comments