Search


Archives

2018年01月31日

爪句集覚え書き―35集

 日記はどうして書き残すのだろうか。ノートに書く日記と、電子日記といわれているブログはどう違うのだろうか。ブログ記事を編集して本にした、この爪句集出版に際して考えてみた。
 日記は日々の記録で、記録は以前の状況をチェックしてこれからの行動の参考にする実用性の側面がある。手帳のメモよりは詳しく、後で見返して役立つ程度に書いておく。対象によっては、数年の積み重ねが貴重な資料になっているかもしれない。
 上記と重なるかもしれないけれど、自分の行動の証明としての記録簿にもなる。もし何か自分のアリバイを示さねばならぬような時に役に立つ。研究者が研究ノートを残すのも、研究に疑義が持たれた時、確かにあの時はこの実験を行っていた、といった最低限の(場合によっては最強の)証明になる。
 ある瞬間、あるいはその1日に抱いた感情や思いを書き残さねば、それは永久に消えてしまうような場合、日記として残しておくのは有効である。あの時はこんな風に考えて、この事をやり過ごしたのだ、と後になって振り返る手繰り縄になる。
 自分にとって大きな事件は日記に記さなくても、記憶の中にしまわれる。記憶は徐々に薄れて行くとしても、何かのきっかけや写真、思い出の品々で蘇る。
 これに対して、日常の繰り返しの事柄は、数日も経てば記憶の深海に沈んでしまう。特に齢を取ってくるとその沈み方の速度は速い。その平凡な日常を書き残すに値するものかとの疑義は確かにある。文字だけの日記なら、創作活動でもしていない限り、同じ事の繰り返しに対する思いを書いていても、作文の練習に終わってしまうだけだろう。
 この点、ブログでは多かれ少なかれ作品を制作している意識が働く。この爪句集のように1日1枚(日によっては数枚)の写真を撮り、句を付け、文字数の決まった短文を書くのは、日記の体裁にはなっているけれど、作品を日々創作しているところがある。ネットに投稿すれば目に見えない読者も予想される。応答の無い読者ではあるにしても、その評価にも耐えるように、と写真を撮り記事を書く。さらにブログ記事を編集して爪句集で出版する心積もりがあるから、書きっぱなしという事にもならない。
 もしノートに記した日記を印刷して本にする場合を考えると、ノートと印刷本の間には距離がある。壁と表現してもよいだろう。この壁を超えて本の形にした時の達成感はかなりのものである。本の体裁にする点では、ブログ記事と印刷本との見た目の段差は低い。実際に本にする壁を高くしているのは印刷経費だろう。ブログ記事をプリントして綴じても結構印刷本に近づく。ノートの日記とブログの電子日記の違いがここにある。
 印刷本に近い形式のブログなら、手間と経費をかけて印刷本にするまでもないだろう、という考えもある。ただ、ブログは読み捨てられる運命にある。自分のブログ記事でさえ、何か調べる必要性が生じない限り、過去の記事を見返すのはめったにない。これが印刷本になれば手に取ってパラパラめくる事ができ、又実際そうしている。
 本爪句集は、これまでの爪句集同様毎日「今日の一枚」のタイトルで書いているブログ記事から抜粋したものである。爪句集出版の編集作業で、2017年という一年も、私的にはこんな事柄があったのか、と改めて振り返る機会を得る事にもなった。本爪句集が単なる著者の日常のメモに留まらず、読者を得る写文集(画文集に対応させて)になっているなら、印刷本にした甲斐があるというものである。
 2011年の「爪句@今朝の一枚」(第12集)から始まって、その後「爪句@きょうの一枚-20xx年」としてもう7年もブログの電子日記を印刷本として出版してきている。その原動力は、やはり日が改まる毎に新しい対象を見つけ写真に撮り、作句し短文を書くのが面白いからであり、印刷本にする充実感があるためである。

2010年07月08日

爪句とは何か-その8

 これまで出版してきた爪句集豆本に「爪句とは何か」の解説を行ってきている。その解説6で、「爪句とは 写真散文 見出しなり」と書いている。これは、写真に加えて散文、つまり写真に関する文章があって、その文章の内容の見出しを5 7 5で表現したものを爪句と捉えることもできる、と解説している。今回は、爪句集でのこの散文について考えてみる。
 爪句集は写真集に重きを置くのか、それとも句集がその本質なのか、と問われると、的確に答えられない。そのどちらでもある、といったあいまいな答えしかない。それに、爪句集には200文字程度の文章、これを爪句文としておく、がつく。これは爪句集の写真、爪句と一体となって欠かせないものにしている。
 写真、爪句、爪句文と並べて、制作の難度を問われると、筆者の場合、この順番は逆となる。つまり、写真撮影が最も簡単で、爪句文を書くのが、一番頭と時間を使う。爪句の句作は、その中間に位置する難度となる。
 写真は思考作業の産物ではなく、感性に頼った画像の記録である。撮影の現場に行くまで時間がかかるとしても、現場ではカメラのシャッターを押す一瞬の行為があるだけで、文章における推敲作業のような、頭を使う作業が残ることはない。爪句の句作も、文芸性などとだいそれた事を考えなければ、5 7 5の単語の並びを適当に考えればよい。
 本爪句集の爪句文は200文字程度である。これは、最初は印刷のレイアウトから決まってきた経緯があるけれど、この文字数に後づけの理屈をつけたくなった。屁理屈には違いないのだけれど、200文字の根拠である。そこで、文字の作る空間(次元)というものを考えてみた。
 データの観点から、文章は1次元で、写真は2次元と表現される場合がある。文字を2次元空間に正方形に準じて並べて、文章を視覚的に表現することを考えてみる。2x2、3x3、4x4、5x5という字数で文章の音(文字)を格子状にして並べてみる。例として、「君・誰」「名前・何と・言うの」「お名前・漢字で・お書き・ください」「ご氏名は・空欄に・右詰めで・記入-お願いします」といったような視覚的文字の正方形を作ってみる。
 一般に、短い文章では、短いことばをつなげて終わる。文章の全体の文字空間が小さいと、文字空間の正方形の縦横が小さい。文章が長くなるほど、区切りの語句が長くなり、句の数が増える傾向にある。そこで、語句の区切り(爪句の5音、7音)の説明に要する文字空間として、正方形を仮定して、5音であれば5行、7音であれば7行の文字空間を考えて、この空間内に爪句文を納めてみることにする。
 つまり、爪句の5文字を5倍し、7文字を7倍したものを合わせた文章空間を仮定して、5x5+7x7+5x5=99(文字)で一句の爪句文の文字数にする。2句あればその2倍の200文字をもって爪句文の文字数にする。
 この文字数を割り出してくる根拠は、最初に書いたように何もない。文字空間など屁理屈である。しかし、屁理屈でも文章と写真のデータの次元に関連して、爪句文の文字数を200文字に合わすことができた点に満足している。
 最初の創作の難易度の話に戻ると、爪句制作の作業の順番は、まず写真が最初にくる。次に簡単な処理を考えて、爪句を作り、爪句だけでは説明の足りない部分を爪句文で補う、といった作業の流れになるだろう。しかし、爪句文を先に書いていくと、爪句は自ずと出てくるのも事実である。
 さらに、最初に写真ありきも、爪句文を書き、爪句を作っておいてから、それに合う写真を撮る制作過程も考えられる。漫然と写真を撮るより、爪句文の骨格が頭の中にあって、爪句の素案に添いながら写真を撮る方法である。こうなると、風景の切り取り方、強調したい部分、対象の組み合わせ方と、あらかじめシナリオに添った、考える写真撮影ということになり、爪句写真撮影の手法として進化させてよいテーマである。

2009年03月01日

ブログの紹介

 二月の終わりに出版した爪句集豆本「爪句@北大の四季」を紹介してくれているブログがあるので画面をコピーして使わせてもらう。

 ブログのタイトルは「81歳の日常生活 老いに向かって」で、コピーした画面のものには次の句も載っている。
 「さむ空に 立ち向かえない 昨日今日(きのうきょう)
 実感が出ている句である。

 お付き合いで当方の爪句
 「老いの身の ブログに綴る 5・7・5
 老いの身は、当然私も含まれている。

%E8%80%81%E3%81%84%E3%81%AE%E8%BA%AB%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%AB%E7%B6%B4%E3%82%8B%E3%80%80%EF%BC%95%E3%83%BB%EF%BC%97%E3%83%BB%EF%BC%95A.jpg

2008年11月18日

文語と口語

 爪句集出版のため爪句の原稿を整理していて、文語と口語の問題に足を捕られている。写真に爪句「新しい 歌碑秋の日に 輝いて」は口語体。「新しき 歌碑秋の日に 輝きて」は文語体。「新しき 歌碑秋の日に 輝いて」は文語と口語のちゃんぽん。さて、どれを選ぼうか、という問題である(このように問題を設定するのが正しいのか、そうでないのか確信は持てないのだが)。

 口語で国語を習ってきても、頭に刻まれた詩歌の類は文語体のものも多く、文語はそれはそれで調子がよい。さりとて、文語で押し通すと古臭い感じもする。第一文語を正確に使えない。

 こうなると、自分の言語感覚に頼るしかないのだけれど、「爪句」作品などと身構えて考え出すとこの点が気になってくる。こういうところにトラップされると物事は進まなくなる。なんでもお手本をなぞるやり方は、お手本というトラップ集から抜け出られなくなる。

100b%20%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%80%E6%AD%8C%E7%A2%91%E7%A7%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%80%80%E8%BC%9D%E3%81%84%E3%81%A6A.jpg

2008年10月27日

スールストロミング

 当別町にスウェーデンヒルズと名づけられた地域がある。スウェーデンハウスと呼ばれる、北欧を連想させる住宅と芝生の庭で統一した家々が造られた団地から命名されている。スウェーデンの名で同国とのつながりがあり、秋にはスールストロミングの試食会などもある。この食べ物はニシンの発酵食品で、その臭さが話題になるものである。怖いもの見たさ、いや食べたさで集まった参加者は、庭で缶詰を開けるところを先ず撮影している。噂に違わない臭いが辺りに漂ってくる。

缶の中 発酵ニシン 出番待ち

%E7%BC%B6%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%80%E7%99%BA%E9%85%B5%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%80%80%E5%87%BA%E7%95%AA%E5%BE%85%E3%81%A1A.jpg

食すより 撮るが先なり この臭さ

%E9%A3%9F%E3%81%99%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%81%8C%E5%85%88%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%AE%E8%87%AD%E3%81%95A.jpg

 人間達の行動はとても理解できないし、試食会の行われている庭のこの寒さでは、バッグの中で静かにしているのが一番、という参加者もいました。

%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3A.jpg

2008年04月09日

守ってくだサイクル

 自転車に関する交通規則が新しくなり、それに関連して地下鉄の駅に注意項目が掲示されていた。掲示のコピーが「守ってくだサイクル」と駄洒落なのだが、なかなか面白いので写真を撮っておいた。丁度折りたたみ式自転車を地下鉄で運ぼうとしていたので、タイミングが良かった。

%E5%AE%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%ABB.jpg

 自動車ばかり乗っているとメタボ検診にもひっかkりそうなので(確実にひっかるだろう)、道の雪も解けたことでもあるし、自転車で街まで行くように心がけ出している。少し高いところに住んでいるので、街の中心部まで出るのは下り坂でよいのだが、帰りがこわい(北海道方言)。で、地下鉄で自転車を運ぶことになるのだが、自転車を折りたたんで携行バックに入れるのが面倒である。ヨーロッパのように列車や市電に自転車をそのまま持ち込める車両があれば便利なのだが・・・

I%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%83%BC%E5%AE%AE%E3%81%AE%E6%B2%A2%E9%A7%85A.jpg

2008年02月24日

爪句論

 狸小路で托鉢僧が立っていました。一枚の写真からはこれだけです。この写真が生きてくるのは、これがテーマ性を持つ時です。森羅万象を膨大な枚数の写真(あるいは動画)で記録したからといって、テーマ性がなければガラクタ箱をかき混ぜただけです。テーマの世界線(相対論みたいですが)が時空間の一瞬の記録である写真を貫く状況を考えると、無数の世界線が一枚の写真を貫いています。それぞれの世界線の方向は一枚の写真からだけなら推測するより他にありません。

 修行、僧、繁華街、狸小路の一日、天蓋、照明、衣装、etcと世界線(テーマ)が設定されていて、そのある一枚が提示されている、ということであればこの一枚の写真は他の写真(あるいは文章)との関わりで生きてきます。そうでなければ、これは何ということもないただの写真です。

 爪句も写真と一緒になりテーマ性が少しは出せるとよいのですが、一枚、一句ではこれは難しい。普通の俳句では5・7・5の文字だけでこれを行っているのは、文芸というテーマ性にくくられた創作活動というところにあるのかな、と思っています。いくらでも5・7・5の並びの句なぞ作れるのに、これは俳句ではないといった漠然とした基準がどこにあるかといえば、このテーマ性を感じとれるかどうかにあるのかもしれません。

 近い将来、この写真を生かした(生かせないかもしれないが)爪句集の出版を考えています。それは編集することにつながります。爪句は写真の整理が根底にあり、編集とは整理が最初のステップです。爪句は最終的には出版までを含む創作活動と捕らえています。最終的な出版で表現したテーマが読者に納得してもらえるなら、表現者(最近の言葉ではクリエータか)として成功しているし、そうでなければ失敗していることになります。

天蓋の 下に僧居て 修行の場

%E5%A4%A9%E8%93%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E4%B8%8B%E3%81%AB%E5%83%A7%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E4%BF%AE%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%A0%B4A.jpg

2008年02月09日

宇宙船 着陸したかと 札幌ドーム

 昨日(2月8日)の道新(夕刊)に爪句集「爪句@札幌&近郊百景」の紹介記事が載りました。記者氏は今年の初め「2008年初夢物語」の企画記事を担当していただいた方で、著者の周辺情報も紹介した記事で、カラーのものでした。記事には爪句が2句紹介されていて、表題のものはそのうちの一句です。他紙には取材されてもその後紙面に載っていないので、今回の記事は世の中に爪句とは何ぞやを知ってもらう上では大変よかったと思っています。

%E9%81%93%E6%96%B0%E7%88%AA%E5%8F%A5%E8%A8%98%E4%BA%8BB.jpg

 先の句の対象(札幌ドーム)の雪像が今開催中の雪祭り会場にありましたので、ついでに一句。

 雪祭り 機体雪製 宇宙船

%E9%9B%AA%E7%A5%AD%E3%82%8A%E3%80%80%E6%A9%9F%E4%BD%93%E9%9B%AA%E8%A3%BD%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9A.jpg

2008年01月27日

ベゴニアの 会話の外は 白世界

 昨日は大雪で朝から雪かきでした。冬場は散歩もしないので、ちょうどよい運動ではありますが、それにしても降りしきる雪を見ていると、日常の事とは思えません。外の雪を見て、一日爪句の整理(つまりは画像の整理)を行っています。

%E7%AA%93%E3%81%AE%E5%A4%96%E3%80%80%E7%B4%85%E8%8A%B1%E5%91%BB%E3%81%8F%E3%80%80%E7%99%BD%E4%B8%96%E7%95%8CA.jpg

2008年01月23日

現代の チャン・フン・ダオは ビル率(ひき)い

 ホーチミン市内で巨大なブロンズ像が目に付く。サイゴン川の傍のメリン広場にある像に名前にTran Hung Daoの文字が見える。しかし、ベトナム語に通じていないのでこの名前が発音できない。インターネットで調べるとチャン・フン・ダオ(陳興道)将軍(1266~1300)で元軍が攻めて来たいわゆる元寇からベトナムを守った英雄である。ベトナムの一体性のシンボルとして建てられているとの話を聞いた。現代の将軍の像は大きなビルを率いているように見える。

%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%AA%E3%81%AF%E3%80%80%E3%83%93%E3%83%AB%E7%8E%87%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%81%8D%EF%BC%89%E3%81%84A%E3%80%80.jpg

今もなお 元寇見張り 越南地

%E4%BB%8A%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%80%80%E5%85%83%E5%AF%87%E8%A6%8B%E5%BC%B5%E3%82%8A%E3%80%80%E8%B6%8A%E5%8D%97%E5%9C%B0A%E3%80%80.jpg

2008年01月22日

売り娘(こ)まで ベンタイン市(いち)は 花に見せ

 ホーチミン市で泊まったニュー・ワールド・ホテルから歩いて5分ほどのところにあるベンタイン市場は1914年にフランス人により建てられたものである。市場の正面入口には時計塔があって、これが市内最大のこの市場のシンボルとなっている。建物内に入るとありとあらゆるものが並んでいる。品物が通路を狭め、ところによっては人一人しか通れないほどまでになっている。裏に面した入口には花屋が並んでいて、バラやユリの定番の花に混じり、南国の花が並んでいる。

%E5%A3%B2%E3%82%8A%E5%A8%98%EF%BC%88%E3%81%93%EF%BC%89%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%B8%82%EF%BC%88%E3%81%84%E3%81%A1%EF%BC%89%E3%81%AF%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%9BA.jpg

溢れ花 人吸い寄せて 市(いち)の道

%E6%BA%A2%E3%82%8C%E8%8A%B1%E3%80%80%E4%BA%BA%E5%90%B8%E3%81%84%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%80%80%E5%B8%82%EF%BC%88%E3%81%84%E3%81%A1%EF%BC%89%E3%81%AE%E9%81%93A.jpg

2008年01月18日

大連は 朝靄(あさもや)の中 陽の弱き

 ホテルの窓から見下ろす大連の街はうっすらと雪化粧です。昇る太陽も朝靄の中で光が弱く、北国の都会が目の前にあります。ここで情景の写真を載せることができればこの投稿は完了するのですが、PCに画像処理ソフトがインストールされていないので帰国後に写真を加えることにして、爪句だけの投稿です。

%E5%A4%A7%E9%80%A3%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%ABA.jpg

2008年01月17日

史跡なり eシルクロードの ロゴありて

 この言葉で表されるプロジェクトは2000年の11月の韓国からの札幌IT産業視察団への対応にその端緒があり、本格的には2001年に開始されている。「サッポロバレー」発でアジアのIT先進都市を結んで現代の交易路を開拓するのをこの言葉に込めている。2001年にJR札幌駅前に進出してきたビックカメラ・ビックピーカン店がこの理念を店の内装に取り入れた。プロジェクトが終了してもこの内装は残っていて、札幌の情報産業史の史跡のようにも思えてくる。

%E5%8F%B2%E8%B7%A1%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80e%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%A6A.jpg

IT店 eシルクロードの 文字の見え

IT%E5%BA%97%E3%80%80e%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%AE%E8%A6%8B%E3%81%88A.jpg

2008年01月14日

住宅街 奏でる乙女 一人弾き

 中央区宮の森の札幌彫刻美術館と別館の本郷新記念館に続く住宅地街の道が宮の森モール~彫刻の道として整備されたのが1988年で、これに合わせて本郷新の「奏でる乙女」のブロンズ像が、道の分かれるところの木の下に設置されている。道路は一部赤レンガを使って舗装されていて、住宅の赤レンガの塀と調和を取っている。この道は1989年に第4回札幌市都市景観賞を受賞している。受賞記念のプレートがブロンズ像の近くに設置されているけれど、文字は消えかかっている。

10-3%20%E4%BD%8F%E5%AE%85%E8%A1%97%E3%80%80%E5%A5%8F%E3%81%A7%E3%82%8B%E4%B9%99%E5%A5%B3%E3%80%80%E4%B8%80%E4%BA%BA%E5%BC%BE%E3%81%8DA.jpg

風化する 彫刻の道 景観賞

10-3%20%E9%A2%A8%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E5%BD%AB%E5%88%BB%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E6%99%AF%E8%A6%B3%E8%B3%9EA.jpg

2008年01月13日

ビルの上 空間開け 貸し画廊

 JR札幌駅南口から延びる西3丁目の大通りに面して北3条の角に円筒形の大同生命ビルがある。このビルのらせん状階段を登っていくと、テラスが開けている。都会のど真中に人影の無いこんな空間があるのは驚きである。テラスには大同ギャラリーの入口があって、近くに本郷新の「鳥を抱く女」のブロンズ像がある。本郷新はこのモチーフの彫刻を色々形を変えながら制作している。本郷新記念館の前に置かれている「鳥の碑」もこの連作につながるものの一つであろう。

10-2%20%E3%83%93%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%80%80%E7%A9%BA%E9%96%93%E9%96%8B%E3%81%91%E3%80%80%E8%B2%B8%E3%81%97%E7%94%BB%E5%BB%8AA.jpg

鳥を抱く 女迎えて 画廊前

10-2%20%E9%B3%A5%E3%82%92%E6%8A%B1%E3%81%8F%E3%80%80%E5%A5%B3%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E7%94%BB%E5%BB%8A%E5%89%8DA.jpg

2008年01月12日

穴の中 過ぎる姿に 夢の妙

 JR札幌駅東コンコースの南口に安田侃(かん)の「妙無」と題された白大理石の彫刻がある。安田は1945年に美唄市に生まれて、イタリア政府招待の留学生としてローマ・アカデミア美術学校で勉強している。安田の作品はイタリア産の白大理石を使った丸みのある造形に特徴があり、知事公館の庭の「意心帰」、中島公園の「相聞」などがある。これらの作品名は意味が理解できない。場所指定に利用する場合などは作品名ではなく、「穴の空いた石」などの言い回しとなる。

10-7%20%E7%A9%B4%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%80%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%82%8B%E5%A7%BF%E3%81%AB%E3%80%80%E5%A4%A2%E3%81%AE%E5%A6%99A.jpg

場所指定 穴空き石と 便利なり

10-7%20%E5%A0%B4%E6%89%80%E6%8C%87%E5%AE%9A%E3%80%80%E7%A9%B4%E7%A9%BA%E3%81%8D%E7%9F%B3%E3%81%A8%E3%80%80%E4%BE%BF%E5%88%A9%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2008年01月11日

お天気で 外出ませんか 猫誘い

 近所の家で野良猫に餌を与えていた時期があった。町内会の回覧板に、野良猫に餌を与えないで下さいと書かれていてもこの餌やりは続いていて、常時3、4匹の猫が辺りを俳諧していた。猫は家の前に佇むと餌にありつける習慣を身につけたせいか、ベランダのドアを開けておくと家の中を覗き込む。しかし、野良猫なので人が居ると家の中には入ってこない。冬には餌にありつけないせいか、窓の半分まで積もった雪の上から室内を覗いて、唸り声を上げていた。

%E3%81%8A%E5%A4%A9%E6%B0%97%E3%81%A7%E3%80%80%E5%A4%96%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%8B%E3%80%80%E7%8C%AB%E8%AA%98%E3%81%84A.jpg

大雪で 食べるもの無く 猫唸り

%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%80%80%E7%8C%AB%E5%94%B8%E3%82%8AA.jpg

養蚕の 研究建屋 最古なり

 北大のキャンパスは1901年(明治34年)都心にある時計台周辺から現在の敷地に移転している。その時に建て替えられた校舎で最古のものがこの木造平屋建ての建物で、札幌農学校昆虫及養蚕学教室であった。国指定の有形文化財に指定されており、現在は「エルムの森」の愛称を持つ、北大訪問者への情報提供を行う交流プラザとして利用されている。今の時代平屋建ての建築物が利用されるのは敷地等の余裕がなければ出来ないことで、この点北大は恵まれているといえる。

8-2%20%E9%A4%8A%E8%9A%95%E3%81%AE%E3%80%80%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%BB%BA%E5%B1%8B%E3%80%80%E6%9C%80%E5%8F%A4%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2008年01月09日

ゼラニウム 赤白混ぜて 茜色

 窓の外の景色は季節で変わる。それも同じ場所とは思えないくらいの変わり様である。窓の棚に置かれた草花もこの変わり様には驚かされるだろう。遠くから朝日が建物を茜色に染めて一日が始まる頃、それを窓越しに眺めている様子のゼラニウムの花の赤と白を混ぜ合わせると茜色に近づくのだろうか、と思ってみる。茜色に変わる街を見た窓が、雪の多い年には白で覆われるようになる。窓際の鉢植えの草花の緑が、かろうじてこの雪の白の猛威をガラス越しに押し止めている。

4-10%20%E3%83%99%E3%82%B4%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%80%80%E8%B5%A4%E7%99%BD%E6%B7%B7%E3%81%9C%E3%81%A6%E3%80%80%E8%8C%9C%E8%89%B2A.jpg

迫る白 鉢の緑が 押しとどめ

4-10%20%E8%BF%AB%E3%82%8B%E7%99%BD%E3%80%80%E9%89%A2%E3%81%AE%E7%B7%91%E3%81%8C%E3%80%80%E6%8A%BC%E3%81%97%E3%81%A8%E3%81%A9%E3%82%81A.jpg

2008年01月08日

建物も 紅白合戦 駅近く

 JR琴似駅北口にあるこの赤レンガの建物は1929年に日本食品製造合資会社(日食)の缶詰工場として建てられました。「日食コンカリーニョ」の名前のフリースペースで演劇活動に利用されていて、JR琴似駅周辺の再開発で一時移転されていたものが地上40階のマンションの完成に合わせて現在のところに戻されています。レンガ館には三角山放送局のスタジオが入っています。レンガ館から見上げる136mのマンションはさすがに高く、西野の拙宅からも遠望できます。

8-9%20%E5%BB%BA%E7%89%A9%E3%82%82%E3%80%80%E7%B4%85%E7%99%BD%E5%90%88%E6%88%A6%E3%80%80%E9%A7%85%E8%BF%91%E3%81%8FA.jpg

2008年01月03日

爪句集-軽川

 昨日は本格的な雪で、これから3,4ヶ月は雪との生活です。まあ、そのうち春が来ますし、爪句集から春のテーマを拾って転載しておきます。爪句は凡作とは思いますが・・・

%E8%BB%BD%E5%B7%9D%EF%BC%91.JPG

%E8%BB%BD%E5%B7%9D%EF%BC%92.JPG

 軽川の桜つつみには桜をデザインした車止があります。冬の間は雪に埋まっていることだろうと思っています。

%E8%BB%BD%E5%B7%9D%E8%8A%B1%E3%81%A5%E3%81%A4%E3%81%BFA.jpg

2008年01月02日

パノラマ写真

 前日に掲載した北大博物館の建物を含むパノラマ写真は、水平方向に直線状に合成できません。手持ちのカメラで方向を変えながら撮った写真を合成する場合、水平方向の上下のずれが影響して合成写真が蛇行するためだろうと思っています。ただ、蛇行するパノラマ写真も面白いと思って、三脚を使わず撮影しています。

 地平線がはっきりする風景では、この地平線を基準に手持ちのカメラの方向を変えて行けるので、蛇行しないパノラマ写真が撮れます。その例を北大農場のポプラ並木の風景で示します。なお、ポプラ並木は2004年秋の風台風で倒れたものは若木のポプラに代えられて、並木が片側にしかないように見えます。

 陽の低く 影絵並木に 凍る道

%E9%99%BD%E4%BD%8E%E3%81%8F%E3%80%80%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E4%B8%A6%E6%9C%A8%E3%81%AB%E3%80%80%E5%87%8D%E3%82%8B%E9%81%93A.jpg

 名声も 片肺飛行 倒木後

%E5%90%8D%E5%A3%B0%E3%81%AF%E3%80%80%E7%89%87%E8%82%BA%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E3%80%80%E9%A2%A8%E5%80%92%E5%BE%8CA.jpg

2008年01月01日

大晦日 見学者無く 博物館

 今日から新しい年なのだけれど、昨日と変わることもなし、といったところです。身近な秘境を歩こうの講座で尋ねた北大の博物館の写真を大晦日に撮りに行ってきました。
 
 北大の博物館は2001年秋に北大創基125周年にあわせて創設されています。建物は元々理学部に属していて、北大の中では農学部と並んで格調の高い建物です。建物を入った正面に階段があり、二階に上るとアインシュタイン塔と呼ばれる部分があり、その名前の由来の説明が掲げられています。昔は廊下に研究活動に関連した色々なものが置かれて、狭くて暗い廊下だった記憶がありましたが、博物館に衣替えした現在は展示物が廊下にあるものの、すっきりした感じがします。

%E5%A4%A7%E6%99%A6%E6%97%A5%E3%80%80%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E8%80%85%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%80%80%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8A.jpg

2007年12月30日

爪句集の最初の見開きページ

 出版した(出版日は元旦ですが)爪句集の最初の見開きページを画像データでアップしておきます。1テーマ(ここの例ではサクシュコトニ川で1景)で2ページ(つまり写真2枚)を使い、この2ページでハガキ1枚分の大きさです。豆本で小さなため、ポケットに入れておいて知った顔に出会うとついつい只で進呈してしまいます(もらう方も小さいものだから気楽でしょう)。しかし、値段は1冊400円(高くはないと思っています)なので、10冊も配れば4千円になって、出版の経費の回収を気にするとこれは問題かと思っています。

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E5%B7%9D%EF%BC%91.JPG

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E5%B7%9D%EF%BC%92.JPG

2007年12月26日

爪句とは何か

 「爪句@札幌&近郊百景」の豆本を出版しようとしていて、この「爪句」とは何かの説明を豆本に書いてあります。その説明のページを画像データで載せておきます。
 
 本(豆本でも)の出版で頭が痛いのは在庫が残ること(つまり売れないこと)です。少しでも在庫を減らすべく、このブログに宣伝がてら爪句の話題を出しています(適切な喩えはが浮かばないのですが、この努力は、蟷螂の斧のような感もあります)。

%E7%88%AA%E5%8F%A5%EF%BC%91.JPG

%E7%88%AA%E5%8F%A5%EF%BC%92.JPG

%E7%88%AA%E5%8F%A5%EF%BC%93.JPG

%E7%88%AA%E5%8F%A5%EF%BC%94.JPG

2007年12月20日

爪句の校正

 爪句の最終校正(色校)を終わりました。後は印刷を待つだけです。本のタイトルは先にブログに出した「爪句@景観百選」から「爪句@札幌&近郊百選」に変えています。漠然と景観とするより地名が入った方が本を買ってもらう読者に訴えるものがある、の意見に従いこの書名にしました。

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E8%A1%A8%E7%B4%99%E6%9C%80%E7%B5%82A.jpg

 最終校正(色校)の段階での校正刷です。豆本であるため、ハガキ半分が1ページのものが並んでいます。出版日は1月1日にしました。本屋に並ぶのは1月10日頃になる予定です。

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E6%A0%A1%E6%AD%A3A.jpg

 昨日10回目で最終回の秘境を歩こう講座の受講者がにの爪句集を一番最初に手にするはずです。秘境を歩こう講座の受講者の皆さんが最後に昼食会に招待してくれたので、そのお礼も込めて爪句集を送る予定です。
 それにしても、毎回8割以上の方々が参加していて、最後には昼食会を企画していただくとは、現在只で行っている勉強会の出席率が5割を切って、私の方が最後のパーティを企画することになるのと比較して随分違っていることだな、と思っています。
 秘境を歩こう講座は文化教室から4月からの講座企画の依頼があって、今回行けなかった札幌の秘境に加えて、小樽、江別あたりを加えてたコースを設定してみようかと考えています。「札幌&近郊」の秘境を歩こう講座です。私も結構この講座を楽しんだところがあるので、春から夏にかけての秘境巡りは又面白いだろうと思っています。
 

2007年11月25日

北を指し 冬の翼で 飛ぶ少女

 「爪句@景観百景」に採録した爪句です。JRタワーが背景になっていて、面白い構成の写真となっているとは思うのですが・・・

81%20%E5%8C%97%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%97%E3%80%80%E5%86%AC%E3%81%AE%E7%BF%BC%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B6%E5%B0%91%E5%A5%B3A.jpg

2007年11月04日

地下街で だるま仕立てが 晴れ舞台

 文化の日(11月3日)にオーロラタウンを歩くと菊祭りが行われていました。丹精を込めて作られた大輪の菊が並んでいました。だるま仕立て、福助仕立てと分類されているのは、だるまや福助人形に似ていることから来ているようです。いわれるとそんな気もしますが、形が似ているかなあ、とい感想も出てきます。菊の場合、だるまと福助の違いは花の背の高さと三本仕立てか一本かにあるようです。

%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E8%A1%97%E3%81%A7%E3%80%80%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E4%BB%95%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%81%8C%E3%80%80%E6%99%B4%E3%82%8C%E8%88%9E%E5%8F%B0A.jpg

 菊の栽培を行っている農家では、菊展に出品しなかった(あるいはし終わった)菊は花を摘んでしまうようです。摘み取られてた花球を捨てないで、一時観賞用にか畑に刺しておかれるのを目にします。見方によれば晒し首のようにも見えて、花が見事な分異様な感じもします。摘み取った花は惜しまず捨ててしまう方がよいのかもしれません。何か人の身の処し方にも通じるところがあるような気もします。

 役目終え 花球(はなだま)だけが 畑に咲き

%E5%BD%B9%E7%9B%AE%E7%B5%82%E3%81%88%E3%80%80%E8%8A%B1%E7%90%83%EF%BC%88%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%A0%E3%81%BE%EF%BC%89%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8C%E3%80%80%E7%95%91%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%8DA.jpg

2007年11月03日

爪句

 札幌の秘境を歩こうの担当講座ではツアーコンダクターのような役目で、それなりに事前準備を行います。次回は大通の彫刻巡りを予定していて、彫刻の写真を拾い出してレジュメ作りを行っています。それに利用している画面の一部のコピーです。ここで、画像のファイル名に句があります。これを造語で「爪句」と呼んでいます。何で爪句なのかは次に出版を予定している(多分年内に出版できると思っています)爪句集に説明を書こうと思っています。

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E7%94%BB%E9%9D%A2.JPG

2007年11月02日

学生時 止まり見上げた 記憶なし

 北大13条門から工学部まで続くイチョウ並木の写真が新聞に出ていたので、写真を撮ってきました。生憎天気は良くなかったのですが、イチョウ並木を見物に来たり、写真を撮りに来ている市民を見かけました。テレビにでも放送されていて、昔からこの見事なイチョウ並木があったと取材者が言ってましたが、学生の頃この並木に人が集まっていた記憶はありません。

%E5%AD%A6%E7%94%9F%E6%99%82%E3%80%80%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8A%E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%9F%E3%80%80%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%AA%E3%81%97A.jpg

 イチョウ並木が黄色い頃に雪がふったりすると、これは見事です。以前は写真にはあまり興味がなかったのに、以前撮った写真が一枚残っていました。

イチョウの黄 残る緑に 雪の白

40%20%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%81%AE%E9%BB%84%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8B%E7%B7%91%E3%81%AB%E3%80%80%E9%9B%AA%E3%81%AE%E7%99%BDA%E3%80%80.jpg

2007年10月31日

この季節 普段着景色 黄金(こがね)織り

 朝の散歩道の景色です。普段は単なる山道なのですが、う~む今朝はきれいだった。

%E3%81%93%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%80%80%E6%99%AE%E6%AE%B5%E7%9D%80%E6%99%AF%E8%89%B2%E3%80%80%E9%BB%84%E9%87%91%E7%B9%94%E3%82%8AA.jpg

2007年10月29日

プリズムの 分光するか 色並び

 紅葉、黄葉の季節はもう終盤を迎えています。自宅の周りの秋を記録しておこうと、散歩時にカメラをポケットに入れて気に入ったところで立ち止まり、一時の写真家になっています。

%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%80%80%E5%88%86%E5%85%89%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%80%80%E8%89%B2%E4%B8%A6%E3%81%B3A.jpg

 早朝は犬の散歩の人をちらほら見かけます。朝の気分を壊さないように、他の散歩者に飛びかかったり、糞を残していったりしないように、と犬を飼っていない側の者の願いです。

 犬は地に 人は木の葉に 泳がす目

%E7%8A%AC%E3%81%AF%E5%9C%B0%E3%81%AB%E3%80%80%E4%BA%BA%E3%81%AF%E6%9C%A8%E3%81%AE%E8%91%89%E3%81%AB%E3%80%80%E6%B3%B3%E3%81%8C%E3%81%99%E7%9B%AEA%E3%80%80.jpg

 「霜葉は二月の花より紅なり」と詠われていますが、霜が降りずとも、この紅色は花に勝ります。

 紅葉は 色花に勝ち 霜無くて

%E7%B4%85%E8%91%89%E3%81%AF%E3%80%80%E8%89%B2%E8%8A%B1%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A1%E3%80%80%E9%9C%9C%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%81%A6A.jpg

2007年10月26日

アカナラは 夏着のままで 秋深く

 植物園はやはり木について書いておかねば、と巨木なんかの写真を載せておきます。30mはあるだろうアカナラの大木は、葉がまだ緑でした。周囲の木は紅葉が始まっているのに、寒さを感じるのが遅いのかな、と思ってしまいます。

%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%81%AF%E3%80%80%E5%A4%8F%E7%9D%80%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%80%80%E7%A7%8B%E6%B7%B1%E3%81%8FA%E3%80%80.jpg

 これは「ムラサキセイヨウブナ」の木です。木肌が滑らかな巨木ですが、ブナの木の仲間はいずれもこんな木肌でしたか。木の名前を分解して

ムラサキに セイヨウ加わり ブナ科の木

%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E5%8A%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%8A%E7%A7%91%E3%81%AE%E6%9C%A8A.jpg

 この季節紅葉が見事な木は晴れ着姿のようで、そこにばかり目がゆきます。街の中で晴れ着姿を目にすると、その空間が誇張されて見えるのと同じです。もっとも人間の場合、着ているものより人そのものに目が行くというのも事実なのですが・・・

 取りまく木 晴れ着姿に 場所を空け

%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%8F%E6%9C%A8%E3%80%80%E6%99%B4%E3%82%8C%E7%9D%80%E5%A7%BF%E3%81%AB%E3%80%80%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%82%92%E7%A9%BA%E3%81%91A%E3%80%80.jpg

2007年10月24日

溶岩の 飛び散ったかと カメラ向け

 今年の紅葉は見事です。例年とあまり変らないのかもしれませんが、周囲の紅葉から判断する限りでは、昨年よりはきれいです。

%E6%BA%B6%E5%B2%A9%E3%81%AE%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B3%E6%95%A3%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E5%90%91%E3%81%91A%E3%80%80.jpg

 落ち葉もどんどん地面を埋めて、やがて土に戻っていきます。落ち葉にとっては一夏の思い出だけだったでしょうが。 

 一夏の 記憶を土に 戻しけり

%E4%B8%80%E5%A4%8F%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%82%92%E5%9C%9F%E3%81%AB%E3%80%80%E6%88%BB%E3%81%97%E3%81%91%E3%82%8AA.jpg

2007年10月20日

輝きは 木の間の隙間 穴(あな)一穴

 今日の天気は荒れ気味で、これでは朝の散歩は無理のようです。昨日の朝は良い天気だったのに。天気の良い時に採った散歩道での日の出です。

%E8%BC%9D%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%80%80%E6%9C%A8%E3%81%AE%E9%96%93%E3%81%AE%E9%9A%99%E9%96%93%E3%80%80%E7%A9%B4%EF%BC%88%E3%81%82%E3%81%AA%EF%BC%89%E4%B8%80%E7%A9%B4A%E3%80%80.jpg

2007年10月19日

レンガ焼く 火が木を燃やし グリーンモール

 江別のグリーンモールはレンガの歩道が続いています。グリーンの文字がありますが、この季節ここの木々は赤く染まっています。写真の木は坪松一郎の「子供盆おどり唄」の歌碑のすぐ近くにあります。

%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E7%84%BC%E3%81%8F%E3%80%80%E7%81%AB%E3%81%8C%E6%9C%A8%E3%82%92%E7%87%83%E3%82%84%E3%81%97%E3%80%80%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%ABA.jpg

2007年10月17日

秋深く 菌も演出 天狗色

 散歩道で目にしたきのこです。ベニテングダケではないかと思うのですが、はっきりしません。いかにも毒きのこ風で、当然食べもしません。

%E7%A7%8B%E6%B7%B1%E3%81%8F%E3%80%80%E8%8F%8C%E3%82%82%E6%BC%94%E5%87%BA%E3%80%80%E5%A4%A9%E7%8B%97%E8%89%B2A.jpg

 きのこはよく目につきますが、名前になると調べてみる気も起きません。きのこの写真を撮っていた人に出会ったのですが、きのこには名前のついていないものが沢山あると言っていました。本当かな。

 落下傘 下りたところが 木屑道

%E8%90%BD%E4%B8%8B%E5%82%98%E3%80%80%E4%B8%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%8C%E3%80%80%E6%9C%A8%E5%B1%91%E9%81%93A.jpg

2007年10月13日

この季節 三原色は アールジーワイ(RGY)

 朝の散歩道宮丘公園の紅葉も始まって、まだ紅葉していない緑の葉とのコントラストの見事な季節です。色の三原色はRGB(赤、緑、青)と言っていますが、紅葉の季節ではRGY(赤、緑、黄)がよいようです。

%E3%81%93%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%80%80%E4%B8%89%E5%8E%9F%E8%89%B2%E3%81%AF%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%82%A4%EF%BC%88%EF%BC%B2%EF%BC%A7%EF%BC%B9%EF%BC%89A.jpg

2007年09月27日

オンコの実 宝石かなと つまんで見

 秋はすぐそこまで、という感じです。気温が急に低くなる日が現れてます。リンゴのような成り物の木が目立ちますが、オンコの実も日光の当たり具合で鮮やかです。

%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%81%AE%E5%AE%9F%E3%80%80%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%80%80%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%A7%E8%A6%8BA.jpg

 道路脇にあったほうき草から鶏頭(紐鶏頭らしい)がはみ出している様は、天狗の面のようにも見えます。

鶏頭は 天狗の鼻に 擬態して

%E9%B6%8F%E9%A0%AD%E3%81%AF%E3%80%80%E5%A4%A9%E7%8B%97%E3%81%AE%E9%BC%BB%E3%81%AB%E3%80%80%E6%93%AC%E6%85%8B%E3%81%97%E3%81%A6A.jpg

2007年09月12日

登りたる 山を朝日で 確かめつ

 朝散歩しているところから西野の街と、それを取り巻く山々を撮っています。三角山とか五天山などの登った山を推定していますが、山の形からは確信が持てません。

%E7%99%BB%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B1%B1%E3%82%92%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%81%A7%E3%80%80%E7%A2%BA%E3%81%8B%E3%82%81%E3%81%A4A.jpg

 我が家の屋根も見えるのでズームの写真です。小型のデジカメですが、ズーム、接写、パノラマと種々の写真が撮れて、デジカメもここまで機能が揃っているか、と感心するばかりです。

我が家に 朝の射光の やわらかく

100%E6%88%91%E3%81%8C%E5%AE%B6%E3%81%AB%E3%80%80%E6%9C%9D%E3%81%AE%E5%B0%84%E5%85%89%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9F%94%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%8FB.jpg

2007年09月07日

陽(ひ)を真似て 花弁はコロナ 種光球

 台風が北海道にも接近中で、雨風の前に明るい陽のもとの写真です。

%E6%97%A5%E3%82%92%E7%9C%9F%E4%BC%BC%E3%81%A6%E3%80%80%E8%8A%B1%E5%BC%81%E3%81%AF%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%80%80%E5%AE%9F%E5%85%89%E7%90%83A.jpg

2007年09月06日

新川を 下るもみじ葉 上る鮭

 橋の欄干の飾りです。札幌市の新川に架かっている橋です。この他にも色々あります。

%E6%96%B0%E5%B7%9D%E3%82%92%E3%80%80%E4%B8%8B%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E8%91%89%E3%80%80%E4%B8%8A%E3%82%8B%E9%AE%ADA.jpg

 石狩市庁舎の近くの樽川橋のものです。

 樽川の 土手のハマナス 橋に乗り

%E6%A8%BD%E5%B7%9D%E3%81%AE%E3%80%80%E5%9C%9F%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%82%B9%20%E6%A9%8B%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8AA.jpg

 札幌市の新川に架かっている天狗橋のものです。

 天狗橋 鼻高き人 名を残し

%E5%A4%A9%E7%8B%97%E6%A9%8B%E3%80%80%E9%BC%BB%E9%AB%98%E3%81%8D%E4%BA%BA%E3%80%80%E5%90%8D%E3%82%92%E6%AE%8B%E3%81%97A.jpg

2007年08月28日

島松の ここが駅逓 蓮一輪

%E5%B3%B6%E6%9D%BE%E3%81%AE%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%8C%E9%A7%85%E9%80%93%E3%80%80%E8%93%AE%E4%B8%80%E8%BC%AAA%E3%80%80.jpg

 蓮の花が散った後に残る実が蜂の巣に似ているので「ハチス」と呼ばれれることを知りました。「はちす」とカナ漢字変換をすると「蓮」が出てきます。

 駅逓で トンボ休むか ハチスの実
 
%E9%A7%85%E9%80%93%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%82%E4%BC%91%E3%82%80%E3%81%8B%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%81%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%AE%9FA.jpg

2007年08月22日

サギ草の 羽ばたくのかと じっと待ち

%E3%82%B5%E3%82%AE%E8%8D%89%E3%81%AE%E3%80%80%E7%BE%BD%E3%81%B0%E3%81%9F%E3%81%8F%E6%99%82%E3%82%92%E3%80%80%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%A8%E5%BE%85%E3%81%A1A.jpg

2007年07月28日

探検お休み

 今朝は久しぶりに雨です。週末の秘境探検に出かけずデータ整理です。天気の良い日に撮った花の写真です。 

コスモスの 咲く夏の朝 秋の息

%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%80%80%E5%92%B2%E3%81%8F%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%80%80%E7%A7%8B%E5%BD%BC%E6%96%B9A.jpg

夏の青 花から空へ 色の染む

%E5%A4%8F%E3%81%AE%E9%9D%92%E3%80%80%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E8%8A%B1%E3%81%AB%E3%80%80%E8%89%B2%E7%A7%BB%E3%81%97A.jpg

延焼の 花火炎あり 狭き土地

%E6%AC%A1%E3%80%85%E3%81%AB%E3%80%80%E7%81%AB%E7%82%8E%E3%81%AE%E5%BA%83%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%80%80%E8%8A%B1%E7%95%91A%E3%80%80.jpg