2013年02月23日

63室蘭線発祥の歴史を持つ御崎駅

 室蘭線は港と北海道の内陸部をつなぐ鉄道として建設され、その起点が現在の御崎駅近くにあった。室蘭港からの物資を運んで栄えた駅は無人駅となり、線路の西側(海側)は工場群、東側(山側)は住宅街になっている。「ここはどこの駅」というクイズをブログで続けていて、何も無い駅舎内のパノラマ写真を載せた。写真に天井近くに掲げられた油絵が写っており、瓢箪の絵に駅舎名が記されていた。かつて構内に瓢箪畑があったのを知った。

室蘭線 ここが発祥 御崎駅

%E5%AE%A4%E8%98%AD%E7%B7%9A%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%8C%E7%99%BA%E7%A5%A5%E3%80%80%E5%BE%A1%E5%B4%8E%E9%A7%85A.jpg

瓢箪絵 駅名有りて クイズ解


%E7%93%A2%E7%AE%AA%E7%B5%B5%E3%80%80%E9%A7%85%E5%90%8D%E6%9C%89%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%A7%A3A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

comments

comment form
comment form