2013年03月13日

42波しぶきの消えた浦河駅

 昔、浦河町の駅は、コンクリートの防波堤で線路と駅舎が太平洋の寄せる荒波から守られていた。風が強いと、波しぶきが駅構内まで飛んできた。今は、海岸の埋立てが進んで、昔砂浜と海だったところに国道235号が線路と並行に延び、駅舎は波しぶきの洗礼から免れている。半世紀以上前同町の堺町に住んでいて、堺町から東町の高校に自転車で通う道は駅前の道しかなかった。この道は、今は旧道となり、昔の面影を保って取り残されている。

荒海の 視界から消え 懐古駅


42%E8%8D%92%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A6%96%E7%95%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B6%88%E3%81%88%E3%80%80%E6%87%90%E5%8F%A4%E9%A7%85A.jpg

(パノラマ写真)

半世紀 広場風景 残りたり


42%E5%8D%8A%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%80%80%E5%BA%83%E5%A0%B4%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8A%201A.jpg

(パノラマ写真)

comments

comment form
comment form