2013年03月24日

19駅前彫刻のある苫小牧駅

 苫小牧駅は室蘭本線が通過し、一方日高本線の始点駅にもなっている。本線と聞くと、特急や急行が往来しているかと思ってしまう。しかし、そんなことはなく、乗車した岩見沢行きの室蘭本線の普通列車は、一車両のワンマン車である。ワンマンバスと同様に、運転手が運賃精算も行っている。駅の南側広場には、人間環境都市像と銘打たれた木の枝を持つ裸婦像がある。同市に縁の深い王子製紙の寄贈で、「緑の環」の文字が台座に見える。

本線を 一両で行く ワンマン車

%E6%9C%AC%E7%B7%9A%E3%82%92%E3%80%80%E4%B8%80%E4%B8%A1%E3%81%A7%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%80%80%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%BB%8AA.jpg

駅の前 掲げる枝で 緑の環


%E9%A7%85%E5%89%8D%E3%81%A7%E3%80%80%E6%8E%B2%E3%81%92%E3%82%8B%E6%9E%9D%E3%81%AF%E3%80%80%E7%B7%91%E3%81%AE%E7%92%B0A.jpg

(パノラマ写真)

comments

コメントを入力してください
苫小牧支店に在職中の30年ほど前、単身赴任のため土・日は西野へ帰宅しておりましたが、仕事の都合で社宅で過ごすことも多く、海釣りポイントを求めて静内辺りまでの海岸線を日高本線の鈍行列車に揺られてのんびりと往復した微かな記憶が爪句から甦りました。

  • 伊東 裕
  • 2013年03月24日 22:49

 単身赴任ですか。長い生涯その経験がありません。が、現在短期間それに近い状態です。洗濯も自分でするように、とのことで・・・

  • 当て鉄作家
  • 2013年03月25日 02:39
comment form
comment form