Search


Archives

2020年07月14日

今日(7月14日・その3)の一枚

色校の 表紙に見えて エゾライチョウ

 爪句集44集の色校のチェックのため共同文化社に出向く。色校が済めば今月末には出版され、書店には来月並ぶ予定である。ほぼ1年間の西野市民の森の散策の記録が詰まった爪句集で、この森で撮影したエゾライチョウの写真が表紙を飾っている。

7%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%89%B2%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A1%A8%E7%B4%99%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6A.jpg

今日(7月14日・その2)の一枚

早朝に 煙を撮りて 水彩画
 
 地表とその上の水平になった雲の間が明るくなっていて、明るい部分がキャンバスのように見えている。キャンバスに描かれるいるのは煙突から吐き出された煙が切れ切れになって消えていく早朝の風景である。写真よりは水彩画のようである。

7%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%81%AB%E3%80%80%E7%85%99%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E6%B0%B4%E5%BD%A9%E7%94%BBA.jpg

今日(7月14日)の一枚

空撮や 朝の撮影 天に貼り

 日の出時刻になっても太陽は顔を出さない。雲の切れ間に陽がほんの僅か現れて消えた。西野西公園の暗い森の中を歩くとオオウバユリの白い花が浮き上がって見える。森を出たところで空撮。西野川沿いに歩いてフェンスのスズメの群れを撮る。


7%E3%83%BB14%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%82%84%E3%80%80%E6%9C%9D%E3%81%AE%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%80%80%E5%A4%A9%E3%81%AB%E8%B2%BC%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年07月12日

今日(7月12日・その2)の一枚

ウポポイの 存在彼方 写真処理

 朝刊第1面記事に国立博物館ウポポイ(民族共生象徴空間)が今日開業との記事が載る。昨日ウポポイの建物を遠くに眺めて撮ったポロト湖のパノラマ写真を処理し、記事と並べる。年間来場者数100万人の目標で、そのかなの1人になるだろうか。


7%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A6%E3%83%9D%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AD%98%E5%9C%A8%E5%BD%BC%E6%96%B9%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%87%A6%E7%90%86A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

今日(7月12日)の一枚

梅花藻を 細き流れに 見つけたり

 曇り空で天気が崩れそうな朝。鳥果は期待できそうにもないけれど、探鳥も兼ねて散歩する。中の川の梅花藻を撮り、その場所で空撮した写真に花を貼り付ける。日曜日の朝で道路に自動車がほとんど写っていない。我が家の三角屋根を見つける。


7%E3%83%BB12%E6%A2%85%E8%8A%B1%E8%97%BB%E3%82%92%E3%80%80%E7%B4%B0%E3%81%8D%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2020年07月11日

今日(7月11日・その2)の一枚

ウポポイや 明日が初日で 記念撮
 
 白老町のポロト湖に寄り、湖の西側の自然休養林に接する湖畔で空撮。湖の南側に国立博物館ウポポイ(民族共生象徴空間)の大きな建屋が完成し、明日開園初日を迎える。今日は政府の要人も訪れ、開園の記念式典が行われたとの報道に接する。


7%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A6%E3%83%9D%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%82%84%E3%80%80%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%81%8C%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%81%A7%E3%80%80%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AEA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(7月11日・その3)の一枚

パノラマで 湖円確かめ 倶多楽湖

 この齢になるまで北海道に住んでいて、今回初めて倶多楽湖を訪れた。円形のカルデラ湖で地図では本当に丸い。水質も良く透明度も高い。湖畔の水際でパノラマ写真を撮る。コロナ禍で途絶えていた観光客が戻ってきているようで人影があった。


7%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%A7%E3%80%80%E6%B9%96%E5%86%86%E7%A2%BA%E3%81%8B%E3%82%81%E3%80%80%E5%80%B6%E5%A4%9A%E6%A5%BD%E6%B9%96A.jpg

今日(7月11日)の一枚

ウイルスの 円形置換 円湖かな

 連日テレビで禍々しいコロナウイルスの円形を見せられている。そこで大自然の円形を撮影しながらの気晴らし小旅行を決行。同行者はF工業のF社長に社員のY氏。札幌の出発時の天気は曇りだったけれど、現地では日が出て良い写真が撮れた。


7%E3%83%BB11%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%80%80%E5%86%86%E5%BD%A2%E7%BD%AE%E6%8F%9B%E3%80%80%E5%86%86%E6%B9%96%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年07月10日

今日(7月10日・その3)の一枚

空撮日 納豆の日と 語呂合わせ

 ドローンの使い方の確認で、庭で空撮とパノラマ写真処理を行う。今朝撮った日の出の写真を日中の空撮写真に貼り込んでみる。やはり奇妙な写真となる。地上部分は写真のつなぎ合わせが上手くいっている。今日は語呂合わせで納豆の日である。


7%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E7%A9%BA%E6%92%AE%E6%97%A5%E3%80%80%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%A8%E3%80%80%E8%AA%9E%E5%91%82%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(7月10日)の一枚

案内図 綴じ込み地図で 爪句集

 「爪句@西野市民の森物語り」の出版が大詰めを迎えている。この爪句集には地図を綴じ込む予定である。参考にした市民の森への案内看板のところまで行き、タブレットに表示した地図と並べて撮る。来週色校を終えれば出版を待つばかりとなる。

7%E3%83%BB10%E6%A1%88%E5%86%85%E5%9B%B3%E3%80%80%E7%B6%B4%E3%81%98%E8%BE%BC%E3%81%BF%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%81%A7%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2020年07月09日

今日(7月9日・その5)の一枚

涼しさや 早朝に撮る イトトンボ
 
 鉄板のフェンスのところにイトトンボが止まっている。並んでハチの仲間らしい昆虫も見える。イトトンボはオツネントンボのようでもあるけれど、同定には自信がない。早朝は涼しいぐらいで、蚊のような刺してくる虫が少なく快適な散歩になる。
7%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E6%B6%BC%E3%81%97%E3%81%95%E3%82%84%E3%80%80%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%81%AB%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9CA.jpg

今日(7月9日・その4)の一枚

遅筆絵師 線画を描き カタツムリ

 カタツムリが歩道を移動している。移動した後に路面に粘液が残り、それが朝日を反射している。カタツムリはどうして粘液を出すのだろうか。カタツムリの好きそうな物質で道路に下絵を描き、カタツムリが線画を仕上げる方法もありかと考える。

7%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E9%81%85%E7%AD%86%E7%B5%B5%E5%B8%AB%E3%80%80%E7%B7%9A%E7%94%BB%E3%82%92%E6%8F%8F%E3%81%8D%E3%80%80%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%A0%E3%83%AAA.jpg

今日(7月9日)の一枚

注文に はまったように 月と野鳥(とり)

 西野川の上流まで散歩する。見晴らしの良い場所にある木の天辺のところに大型の鳥が羽を休めている。チゴハヤブサである。背景に月が写る。住宅地の近くでチゴハヤブサを撮るのはめったにないのに、月とのツーショットの得難い写真となる。

7%E3%83%BB9%E6%B3%A8%E6%96%87%E3%81%AB%E3%80%80%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%80%80%E6%9C%88%E3%81%A8%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89A.jpg

2020年07月08日

今日(7月8日)の一枚

雨粒と 落ちて心中 夏椿

 昨夜は激しく雨が降るのをところどころ寝ぼけた状態で覚えている。今朝は雨が上がったけれど散歩には行かず、ガラス戸越しに庭の夏椿の花を撮る。白い花弁に雨粒が残っている。一日花なので、雨粒と同じように夕方までには落ちてしまう。
7%E3%83%BB8%E9%9B%A8%E7%B2%92%E3%81%A8%E3%80%80%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%A6%E5%BF%83%E4%B8%AD%E3%80%80%E5%A4%8F%E6%A4%BFA.jpg

2020年07月07日

今日(7月7日・その4)の一枚

On line 世の流れなり 初体験
 
 京都大学院大学のon line講義をメディア・マジック社の社長室で行う。PowerPointのデータを画面に示しながら講義を進めていく。聴講の学生達の顔が画面に表示されないので、反応が分からない。講義を行っている様子を里見社長に撮ってもらう。

7%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89On%20line%20%E4%B8%96%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E5%88%9D%E4%BD%93%E9%A8%93A.jpg

今日(7月7日・その3)の一枚

コロナ禍や 企業変身 on line

 街に出るのは久しぶりである。メディア・マジック社のオフィスまで行く。京都大学院大学のon line講義のためである。講義前に同社の里見社長が業界団体のメンバーとon line会議を行っている。コロナ禍がもたらした急速なon line化を実感する。


7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%A4%89%E8%BA%AB%E3%80%80on%20line%20A.jpg

(パノラマ写真)

今日(7月7日・その2)の一枚

グミの実や 平凡野鳥 絵となりぬ

 グミの木にスズメが居て毛繕いをしている。このような時の野鳥は枝に止まったままで動作を続けるので撮り易い。グミの赤い実とツーショットで絵になる。グミの実は口にした事がないのでどんな味かとそそられたけれど、摘まみはしなかった。

7%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B0%E3%83%9F%E3%81%AE%E5%AE%9F%E3%82%84%E3%80%80%E5%B9%B3%E5%87%A1%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%80%80%E7%B5%B5%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%ACA.jpg

今日(7月7日)の一枚

七夕や 天気崩れの 予兆撮る

 暦では七夕の朝の朝焼けが見事で、庭でドローンを飛ばし空撮。天気が崩れる前に朝焼けの出現が多く見られ、天気予報ではこれから雨になる。この時間野鳥は撮れないので空中のドローンを撮り貼り付ける。九州豪雨で125万人避難指示の報道。


7%E3%83%BB7%E4%B8%83%E5%A4%95%E3%82%84%E3%80%80%E5%A4%A9%E6%B0%97%E5%B4%A9%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BA%88%E5%85%86%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年07月05日

今日(7月5日・その3)の一枚

再校を 片付けねばと 紙面撮る

 北海道新聞朝刊に公開中のクラウドファンディング(CF)の2回目の案内が載る。このCFの返礼品となる爪句集の再校が丁度手もとにあるので新聞と並べて撮る。新聞に宣伝が載っても新たな支援者はほとんど期待できないが著作の宣伝にはなる。

7%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%86%8D%E6%A0%A1%E3%82%92%E3%80%80%E7%89%87%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%AD%E3%81%B0%E3%81%A8%E3%80%80%E7%B4%99%E9%9D%A2%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

2020年07月03日

今日(7月3日・その2)の一枚

爪句集 仲間入りして 豆本展

 北海道新聞の朝刊とは別刷りの「さっぽろ10区(トーク)」があり、街の話題が紙面を埋める。今日は道立文学館で開催中の「豆本ワールド」が取り上げれられており、爪句集の展示も紹介されている。第43集に載せた同展のパノラマ写真を見る。



7%E3%83%BB3%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86%E3%80%80%E4%BB%B2%E9%96%93%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E8%B1%86%E6%9C%AC%E5%B1%95A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年07月02日

今日(7月2日・その2)の一枚

真実は 何処にあるかと テレビ視る

 フジテレビ(道内はUHB)の全国放送で「北大総長パワハラ?突如解任…何があった」の番組案内のTV放送があり視る。当事者の一方の北大側の会見だけを取材しての報道で、本当のところどうなのか分からない。殊更パワハラを強調している感じ。

7%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%AF%E3%80%80%E4%BD%95%E5%87%A6%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%80%80%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E8%A6%96%E3%82%8BA.jpg

今日(7月2日)の一枚

「あとがき」が 残る仕事で 爪句集
 
 小雨の中傘を差し中の川の土手道を散歩。擁壁のキセキレイを撮るけれど光が弱く鮮明に撮れず。ネットで送られてきた爪句集第44集の再校をPCの画面に表示し、今朝撮ったキセキレイと並べる。44集の「あとがき」を書き上げて再校終了となる。

7%E3%83%BB2%E3%80%8C%E3%81%82%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8B%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A7%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2020年07月01日

今日(7月1日・その2)の一枚

大雪の 縦走記憶 暦かな

 今日から7月。私家製のカレンダーをめくり7月にする。大雪山を旭岳から黒岳まで縦走した時途中で撮影したパノラマ写真を採用している。この時のデータで未処理のものを探して処理する。5年前の登山で、現在は同じコースを辿る自信がない。


7%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%80%80%E7%B8%A6%E8%B5%B0%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%80%80%E6%9A%A6%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年06月30日

今日(6月30日・その2)の一枚

学長の 解任を知り 写真見る

 道新朝刊第1面に「北大学長解任を通知」の記事。北大職員に叱責などを行ったパワハラ問題によるものである。詳しい経緯は全く知らないので何ともいえないけれど、叱責で解任かと思う。名和学長は爪句集第35集にパノラマ写真で登場している。


6%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%AD%A6%E9%95%B7%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A7%A3%E4%BB%BB%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

2020年06月29日

今日(6月29日・その2)の一枚

コロナ禍や 技術革新 早めたり

 コロナ禍で企業は在宅勤務、大学はon line授業と世の中劇的に変わりつつある。当方もon line講義ぐらいは出来なければとZoomシステムの手習いである。北科大の客員教授でアカウントを分けてもらい、同大のH君に使い方の手ほどきを受ける。

6%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%9D%A9%E6%96%B0%E3%80%80%E6%97%A9%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(6月29日)の一枚

片脚の ハクセキレイや 懸念撮り

 小雨模様で傘を持って川の土手道を選び散歩。公園の芝生にハクセキレイがいるのでフェンス越しに撮る。片脚を失くしたか痛めているのか、もう一本の脚で跳びながら移動している。これでは枝に止まるのも難儀だろう。帰宅すると本降りになる。

6%E3%83%BB29%E7%89%87%E8%84%9A%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%84%E3%80%80%E6%87%B8%E5%BF%B5%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2020年06月27日

今日(6月27日・その2)の一枚

空撮で 写せぬテッセン 空に貼り
 
 雨模様の天気で朝の散歩は取り止め。ブログ用に庭でテッセンを撮る。ついでにドローンを10 mの高さに上げて庭を空撮。これにテッセンと以前撮影の庭のサクランボの実の写真を貼り付ける。低い高度での空撮でパノラマ写真のずれが目立つ。

6%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%81%A7%E3%80%80%E5%86%99%E3%81%9B%E3%81%AC%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%80%80%E7%A9%BA%E3%81%AB%E8%B2%BC%E3%82%8AA.jpg

今日(6月27日)の一枚

CFの 広告助っ人 エゾライチョウ

 北海道新聞朝刊に現在公開されているクラウドファンディング(CF)の広告が載る。来月出版予定の「爪句@西野市民の森物語り」の出版費用の支援を募っている。宮丘公園・中の川をテーマにした類似の既刊爪句集26集と広告の部分を並べて撮る。

CF%E3%81%AE%E3%80%80%E5%BA%83%E5%91%8A%E5%8A%A9%E3%81%A3%E4%BA%BA%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6A.jpg

2020年06月25日

今日(6月25日・その2)の一枚

庭に咲く 花空に貼り 記録なり

 庭に色んな花が咲いている。空撮パノラマ写真でその様子を記録しておく。しかし、高度20 mからの空撮パノラマ写真では花々は点状でしか写らない。地上で別撮りの写真を天空に貼りつける。カンパニュラ、セージ、フウロウの花が写っている。

6%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%BA%AD%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%8F%E3%80%80%E8%8A%B1%E7%A9%BA%E3%81%AB%E8%B2%BC%E3%82%8A%E3%80%80%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年06月23日

今日(6月23日・その2)の一枚

ネット処理 やったと叫ぶ 我はモズ

 コロナ禍で在宅勤務が流行っている。勤務ではないけれど、PCの利用法に関しY氏からのメールの指示を実行してみる。確認のため今日撮った空撮パノラマ写真に、別撮りのモズの写真を貼り付けたものを、自宅の別のPCから契約サーバに書き込む。

6%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%87%A6%E7%90%86%E3%80%80%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%A8%E5%8F%AB%E3%81%B6%E3%80%80%E6%88%91%E3%81%AF%E3%83%A2%E3%82%BAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年06月22日

今日(6月22日・その2)の一枚

鷺よりも 人形に似て ツレサギソウ 

 散歩道にある庭でツレサギソウを見て撮る。花名は「連れ鷺草」の意味で鷺が群れている様を表しているとか。サギソウ(鷺草)の方は確かに鷺の飛び姿にみたててもよいほど似ているけれど、ツレサギソウの方は個々の花がむしろ人形に似ている。

6%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%B7%BA%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%80%80%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E3%81%AB%E4%BC%BC%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%AC%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%82%BD%E3%82%A6A.jpg

今日(6月22日)の一枚

暗き朝 空彩りて 庭の花

 日の出の空のほんの少しの部分が赤く染まっているけれど、空の大部分は厚い雲に覆われていて暗い朝である。そのくもり空に、庭に咲いているモモバギキョウとツボサンゴの花を撮って貼り付ける。青と赤の花が鈍色の空を明るく彩っている。

6%E3%83%BB22%E6%9A%97%E3%81%8D%E6%9C%9D%E3%80%80%E7%A9%BA%E5%BD%A9%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BA%AD%E3%81%AE%E8%8A%B1A.jpg

2020年06月21日

今日(6月21日・その2)の一枚

夏至日の出 鳥と花撮り 記録かな

 夏至の日の出を記録しておきたかったので日の出直前に庭で100 mの高さまでドローンを上げて空撮を行う。空撮後、近くの中の川沿いに歩いて空撮写真に貼りつける野鳥等を探す。キセキレイと梅花藻の写真が撮れたので空撮写真にはめ込む。

6%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A4%8F%E8%87%B3%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%80%80%E9%B3%A5%E3%81%A8%E8%8A%B1%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年06月20日

今日(6月20日)の一枚

親ガモの 用心深さ 仔ガモ真似

 中の川でカモの親仔が川岸の草陰にいるのを見つける。仔ガモは3羽である。カラスに狙われるので用心に用心を重ねて流れに乗って泳ぐ事を避けているようである。仔ガモも自由に泳ぎたいところだろうけれど、親鳥の慎重さに右倣えである。

6%E3%83%BB20%E8%A6%AA%E3%82%AC%E3%83%A2%E3%81%AE%E3%80%80%E7%94%A8%E5%BF%83%E6%B7%B1%E3%81%95%E3%80%80%E4%BB%94%E3%82%AC%E3%83%A2%E7%9C%9F%E4%BC%BCA.jpg

2020年06月19日

今日(6月19日・その3)の一枚

廃路線 コロナ禍ありて 秘湯(ゆ)休業 

 道新夕刊にJR札沼線の石狩金沢駅近くにあった「開拓ふくろう乃湯」が無期限休業の記事。札沼線廃止とコロナ禍に直撃されたとある。営業されていた同駅の空撮パノラマ写真を撮っていて、黄葉に囲まれた池のあるこの秘湯の建屋が写っている。

6%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%BB%83%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E7%A7%98%E6%B9%AF%EF%BC%88%E3%82%86%EF%BC%89%E4%BC%91%E6%A5%ADA.jpg

(空撮パノラマ写真、2016年10月19日撮影)

今日(6月19日・その2)の一枚

対決や 空は鼠で 地に麝香

 どんよりした曇り空。今日は街に出て歩く予定があるので朝は家の付近を少し歩いただけである。上を見れば鼠色で地に明るい色を求める。ジャコウソウが咲いているのでこれを撮る。地に這うようにして咲いているけれど低木で、毎年咲いている。

6%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%AF%BE%E6%B1%BA%E3%82%84%E3%80%80%E7%A9%BA%E3%81%AF%E9%BC%A0%E3%81%A7%E3%80%80%E5%9C%B0%E3%81%AB%E9%BA%9D%E9%A6%99A.jpg

今日(6月19日)の一枚

爪句集 村に納まり 新ラベル

 占冠村の元村長中村博氏に爪句集第43集出版のクラウドファンディングの支援者になっていただいた。その関係もあり、中村氏を介して同村の公民館に爪句集43巻を寄贈した。寄贈した爪句集に館の所蔵本のラベルが貼られた写真が送られてきた。

6%E3%83%BB19%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86%E3%80%80%E6%9D%91%E3%81%AB%E7%B4%8D%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%80%80%E6%96%B0%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%ABA.jpg

2020年06月18日

今日(6月18日・その2)の一枚

梅花藻の 咲く季節なり 川の道

 朝の散歩時に中の川沿いを歩く。流れのなかに白い花が見える。梅花藻である。この花が咲くのは清流の証明である。近寄って撮ったけれど、花の白さで形が飛んでしまう。これからさらに花数が増えてくるだろうからその時又撮るつもりでいる。

6%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%A2%85%E8%8A%B1%E8%97%BB%E3%81%AE%E3%80%80%E5%92%B2%E3%81%8F%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E5%B7%9D%E3%81%AE%E9%81%93A.jpg

今日(6月18日)の一枚

雨上がり 桜桃摘まみ 甘味なり

 雨上がりの朝。いつも空撮パノラマ写真を撮っているので今朝は地上で庭のパノラマ写真を撮る。庭の菜園にナスビ、キャベツ、ピーマン、カボチャが育っているのが写る。根元が積雪で曲がったサクランボの木に実が生っていて摘まんで食べる。

6%E3%83%BB18%E9%9B%A8%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%80%80%E6%A1%9C%E6%A1%83%E6%91%98%E3%81%BE%E3%81%BF%E3%80%80%E7%94%98%E5%91%B3%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

2020年06月17日

今日(6月17日・その3)の一枚

釣鐘を 叩かず残る 雨滴かな

 庭のカンパニュラの花が咲き出した。釣鐘状の花で上向きに咲くのもある。これだと雨降りでは花のなかに雨が貯まるので、雨後は下向きで咲いている。花弁の周囲に昨夜の雨粒が残っている。釣鐘なら叩くと雨粒は落ちるが花ではそれはない。

6%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%87%A3%E9%90%98%E3%82%92%E3%80%80%E5%8F%A9%E3%81%8B%E3%81%9A%E6%AE%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E9%9B%A8%E6%BB%B4%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(6月17日・その2)の一枚

電柱に キセキレイ居て 都会川

 早朝散歩時に西野川の川沿いを歩く。住宅街を流れる用水路を整備したような川で野鳥は期待できないのだが、セキレイ類の野鳥を見かける事がある。今朝はキセキレイを見つけ、川沿いにあるコンクリートの電柱の上に止まったところを撮った。

6%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E9%83%BD%E4%BC%9A%E5%B7%9DA.jpg

今日(6月17日)の一枚

寝起き鳥 我が身映して 雨上がり

 夜中にかなり雨が降ったようで地面が濡れている。早朝散歩は長靴を履いて出掛ける。歩き易い道を選んで住宅街を歩いていると、水溜まりがあり、スズメが居る。水溜まりで水浴びでもするかと狙っていて、スズメの顔が水面に映ったのを撮る。

6%E3%83%BB17%E5%AF%9D%E8%B5%B7%E3%81%8D%E9%B3%A5%E3%80%80%E6%88%91%E3%81%8C%E8%BA%AB%E6%98%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E9%9B%A8%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8AA.jpg

2020年06月16日

今日(6月16日)の一枚

雨か晴れ 拝受か辞退 迷うなり

 日の出に合わせて庭で空撮を行う。少し涼しい。天気予報では70%の確率で終日雨となっていて、朝は天気予報は外れ気味である。この後日課の散歩に出掛ける。帰宅してメールで判断せねばならぬ案件が伝えられ、さてどうしたものかと考える。

6%E3%83%BB16%E9%9B%A8%E3%81%8B%E6%99%B4%E3%82%8C%E3%80%80%E6%8B%9D%E5%8F%97%E3%81%8B%E8%BE%9E%E9%80%80%E3%80%80%E8%BF%B7%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年06月15日

今日(6月15日・その3)の一枚

米旅行 同期の逝きて 写真見る

 北海道工業大学(現道科学大学)の教授だった鈴木勝裕君の訃報が届く。同君とは北大電子の修士課程で同期だった。北海道新聞夕刊の連載記事「私のなかの歴史」に載せた、マイコン技術の視察でアメリカ西海岸を旅行した時の同君の写真を見る。

6%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%B1%B3%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%80%80%E5%90%8C%E6%9C%9F%E3%81%AE%E9%80%9D%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg
(道新夕刊連載記事は2007年1月5日~1月31日まで計22回。記事をまとめて冊子「私のなかの歴史―サッポロバレーを育てて」を発行しており、冊子が残っていますのでご希望の方に郵送します。ブログにコメントをいただくかメールaoki@esilk.orgに郵送先をお知らせいただければ無料で郵送します。)

2020年06月14日

今日(6月14日・その3)の一枚

花序二本 共に影あり 霊の消え

 宮丘公園の遊歩道を歩いていてフタリシズカを見つけて撮る。花序が1本なら一人で舞う静(御前)のヒトリシズカ。花序が2本で静の霊も加わりフタリシズカ。2本の花序とも影が出来ていて、片方が霊ということはない。当然であるけれど。

6%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%8A%B1%E5%BA%8F%E4%BA%8C%E6%9C%AC%E3%80%80%E5%85%B1%E3%81%AB%E5%BD%B1%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E9%9C%8A%E3%81%AE%E6%B6%88%E3%81%88A.jpg

2020年06月13日

今日(6月13日・その4)の一枚

今朝撮りた 花カミキリや 赤くなし

 「爪句@西野市民の森物語り」の初校が届いている。虫のカテゴリーもあり、アカハナカミキリの写真を採用している。今朝森の道でスマホで撮影した、オオハナウドに乗っていたのも同じカミキリに違いないのだが、光の加減か色が赤くない。

6%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E4%BB%8A%E6%9C%9D%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%84%E3%80%80%E8%B5%A4%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%97A.jpg

今日(6月13日・その3)の一枚

寄り道は ワット・アルンで プチ観光

 クイズ・ツーリズムの鉄道編の2巻目の原稿整理を行っている。そのため未処理の全球パノラマ写真を処理していて海外旅行の写真の処理の寄り道をする。寺院の写真がありバンコクのワット・アルンで撮影したのを思い出す。プチ観光旅行である。(2013・9・4)

6%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%AF%84%E3%82%8A%E9%81%93%E3%81%AF%E3%80%80%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%81%E8%A6%B3%E5%85%89A.jpg

(パノラマ写真、2013・9・4撮影)

今日(6月13日・その2)の一枚

早朝は 人に出会わず コケイラン

 森の道を歩いていて木の根元にコケイランが咲いているのを見つけて撮る。普通山野草を見つけると花に寄った状態で撮影するのだが、咲いている花の周囲も撮っておきたいと、花の横に延びる山道を入れて撮る。早朝、この道で人に会う事はない。

6%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%81%AF%E3%80%80%E4%BA%BA%E3%81%AB%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%80%80%E3%82%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3A.jpg

今日(6月13日)の一枚

目立たせば 摘まれる心配 サイハイラン

 日課の早朝散歩は西野市民の森の散策路を選ぶ。251峰で見つけたサイハイランが山道脇に咲いている様子を撮る。撮影の邪魔になる笹葉を少し除ける。サイハイランが目立つようになったけれど、歩く人に見つけられ摘まれてしまう心配が残る。

6%E3%83%BB13%E7%9B%AE%E7%AB%8B%E3%81%9F%E3%81%9B%E3%81%B0%E3%80%80%E6%91%98%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3A.jpg

2020年06月12日

今日(6月12日・その3)の一枚

森の道 ウツギ咲く頃 夏近し

 森の道を歩いていると5弁の白い花が散っている。見上げると枝に所狭しと花が密に咲いている。帰宅して調べるとウツギのようである。「卯の花の匂う垣根に」の歌詞にある卯の花の別名もある。ウツギも種類がありどのウツギかは判らない。

6%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E3%82%A6%E3%83%84%E3%82%AE%E5%92%B2%E3%81%8F%E9%A0%83%E3%80%80%E5%A4%8F%E8%BF%91%E3%81%97A.jpg

今日(6月12日・その2)の一枚

空撮で 写せぬ空や 飛行機雲

 空に飛行機雲が現われている。これを空撮したいのだが、ドローンのカメラはその上にある機体が邪魔になり天空部分を写せない。仕方がないので地上で撮影した飛行機雲を空撮パノラマ写真に貼り込んでみる。当然ながら不自然な写真になる。

6%E3%83%BB12%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%81%A7%E3%80%80%E5%86%99%E3%81%9B%E3%81%AC%E7%A9%BA%E3%82%84%E3%80%80%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F%E9%9B%B2A.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(6月12日)の一枚

森の道 スマホで撮りて ハムシかな

 早朝の風が少しある涼しいうちに森の道を歩く。鳥影が目に入らず、代わりにスマホで虫を捕る。ハムシの仲間のようであるけれど、詳細な同定はできず。野鳥に比べたら圧倒的に種類の多い昆虫の同定は、初めから投げ出しているところがある。

6%E3%83%BB12%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%A7%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年06月11日

今日(6月11日・その2)の一枚

ドローン下に サイハイランの 咲きてあり

 西野市民の森の散策路の251峰でサイハイランを見つける。今年初めて目にした。見つけた場所の近くでドローンを上げ空撮写真を撮る。木が繁っていて木の葉の間を縫うようにドローンを飛行させるのに苦労する。空撮写真に地上の花を貼り付ける。

6%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%B8%8B%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%80%80%E5%92%B2%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

今日(6月11日)の一枚

蝉時雨 鳥果に代えて コケイラン

 クマゲラの雛鳥が巣穴から顔を出すのを期待して西野市民の森に行くが出遭えず。他の野鳥も蝉時雨の中では囀りも消されて見つける事ができない。野鳥撮りはあきらめ足元に注意して歩きコケイランの新しい株を2株見つけ、鳥果の代わりにする。

6%E3%83%BB11%E8%9D%89%E6%99%82%E9%9B%A8%E3%80%80%E9%B3%A5%E6%9E%9C%E3%81%AB%E4%BB%A3%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3A.jpg

2020年06月10日

今日(6月10日・その3)の一枚

養った ダニを除いて 誕生日

 1週間前に家人が首のところに血豆のようなものが出来ているが何だろうか、と言ってくる。ダニかも知れないけれど素人処理は危険かなと様子見。その後1週間して家人の誕生日に毛のようなものが見えるので指で除く。ダニらしく写真に撮る。

6%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%A4%8A%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%80%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%92%E9%99%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5A.jpg

2020年06月09日

今日(6月9日・その3)の一枚

山道に ツリガネスイセン 疑問なり

 森の道で見つけた花を帰宅して調べる。山野草の図鑑を3冊ほど調べても該当するもの無し。ネットで調べてツリガネスイセンに辿り着く。写真には写っていない根生の剣状の葉がある。ヨーロッパ原産の園芸種のようでもあり山道にあるのが疑問。

6%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%B1%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%80%80%E7%96%91%E5%95%8F%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(6月9日・その3)の一枚

クマゲラや 昨年今年 比べ見る

 「爪句@西野市民の森物語り」出版のためのクラウドファンディング(CF)を公開中で、その紹介ページに昨年撮ったクマゲラの写真を載せている。今朝別の巣でクマゲラの幼鳥が顔を出しているところを撮ったのでスマホとPCに表示し並べてみる。

6%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E6%98%A8%E5%B9%B4%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%80%80%E6%AF%94%E3%81%B9%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

今日(6月9日・その3)の一枚

クマゲラや 昨年今年 比べ見る

 「爪句@西野市民の森物語り」出版のためのクラウドファンディング(CF)を公開中で、その紹介ページに昨年撮ったクマゲラの写真を載せている。今朝別の巣でクマゲラの幼鳥が顔を出しているところを撮ったのでスマホとPCに表示し並べてみる。

6%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E6%98%A8%E5%B9%B4%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%80%80%E6%AF%94%E3%81%B9%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

今日(6月9日)の一枚

果樹園や 入口に鹿 監視なり

 早朝散歩時にさくらんぼ園の入り口の車止めの鎖のところで鹿にばったり遭う。こんな状況ではこちらが動かなければ鹿も動かない。雄と雌(仔)鹿のようである。先日は雄同士の鹿で、鹿のペアの雌雄の組み合わせはよく分からないところがある。

%E6%9E%9C%E6%A8%B9%E5%9C%92%E3%82%84%E3%80%80%E5%85%A5%E5%8F%A3%E3%81%AB%E9%B9%BF%E3%80%80%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年06月07日

今日(6月7日・その4)の一枚

CFの 惹き込み役や エゾライチョウ

 爪句集44集出版のクラウドファンディング(CF)を公開。この爪句集は西野市民の森の自然がテーマである。この森の散策路を散歩しながら撮影した、四季を通じての景観、野鳥や動物、山野草や樹木、虫等の写真集でもある。目標額は10万円。
6%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89CF%E3%81%AE%E3%80%80%E6%83%B9%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF%E5%BD%B9%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6A.jpg

今日(6月7日・その3)の一枚

猿顔は どこをどう見て ラン科花

 サルメンエビネを見つけて撮る。これが山道ならお宝写真になるのだが、散歩道に面した庭にあるので有難味が湧かない。ラン科の花で唇弁が猿の顔に似ていることからの命名である。しかし、どこをどう見れば猿面に見えるか花を見るたび考える。

6%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%8C%BF%E9%A1%94%E3%81%AF%E3%80%80%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%92%E3%81%A9%E3%81%86%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%A7%91%E8%8A%B1A.jpg

今日(6月7日・その2)の一枚

今年未だ カラス襲撃 遭わぬなり
 曇り空で写真を撮るのに適していない朝なので散歩は近場で済ます。空撮は行うけれど天空に貼りつける野鳥が撮れない。しかたがないのでカラスを撮る。嘴をみるとハシブトカラスのようである。今年はカラスに襲われる経験を未だしていない。

6%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E6%9C%AA%E3%81%A0%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E8%A5%B2%E6%92%83%E3%80%80%E9%81%AD%E3%82%8F%E3%81%AC%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(6月7日)の一枚

ハスカップ 雨滴抱えて 花多し

 昨夜かなりの雨が降ったようで、庭の草木が雨滴を抱えている。今年はハスカップの花の付き具合が例年と比べてかなり多い。実の収穫が期待できる。家人によれば、肥料を与えたせいだろう、との話である。何事も手入れ、手当が大切という事か。

6%E3%83%BB7%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E9%9B%A8%E6%BB%B4%E6%8A%B1%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E8%8A%B1%E5%A4%9A%E3%81%97A.jpg

2020年06月06日

今日(6月6日・その2)の一枚

手仕事の 数々並び 面白し

 以前勉強会「eシルクロード大学」の講師をお願いした清水瓊子氏が個展を開いているのを知り都心部の会場に出向く。「手仕事展」ということで、染色した糸での手織り、絵に表装、書に短歌、オブジェ、盆栽、クルミの味噌漬けまであった。

6%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%89%8B%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E6%95%B0%E3%80%85%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%80%80%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%97A.jpg

(パノラマ写真)

今日(6月6日)の一枚

横縦の 線分競う 日の出景

 早朝は雲が厚く写真が良く撮れないだろうと日課の散歩は取り止め。少し明るくなっても日の出の見られない空をベランダから撮る。雲は水平な光の線を描き、暗く写っている地上には送電線や煙突の垂直な線分が見える。横と縦の線が競っている。

6%E3%83%BB6%E6%A8%AA%E7%B8%A6%E3%81%AE%E3%80%80%E7%B7%9A%E5%88%86%E7%AB%B6%E3%81%86%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%AFA.jpg

2020年06月05日

今日(6月5日・その4)の一枚

丸きもの 夕日の空に 貼りてみる

 都心部に夕日が差す様子を空撮してみる。しかし、日の入りの時刻に遅れてビル群が明るく夕日に染まるのを撮り逃がす。昼間撮った庭のアリウムと夜に入り満月に近づいている月を空撮パノラマ写真の天空に貼りつけてみる。丸いもの同士である。

6%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E4%B8%B8%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A4%95%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%80%80%E8%B2%BC%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8BA.jpg

今日(6月5日・その3)の一枚

人検索 ブログ使いて 便利なり

 以前は本でもカレンダーでも出版したら出版記念会を行っていた。最近は面倒になり、加えてコロナ禍もあり記念会の類は皆無になった。今日の新聞に記念会の司会に関してお世話になった事がある岸春江さんの記事を目にし、ブログで検索する。

6%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%896%E4%BA%BA%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%80%E4%BE%BF%E5%88%A9%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(6月5日)の一枚

赤々と 漏れる朝日や クレマチス

 フェンスにクレマチスがからみついて咲いている。花の間から日の出が見えるので直射光を花で遮るようにして撮る。クレマチスは蔓性であるため支えが必要で、フェンス等を利用しない場合他の庭木にからませるとか支柱が必要で、手間がかかる。

6%E3%83%BB5%E8%B5%A4%E3%80%85%E3%81%A8%E3%80%80%E6%BC%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%83%81%E3%82%B9A.jpg

2020年06月04日

今日(6月4日・その3)の一枚

森の道 オオハナウドや 空咲かせ

 早朝西野市民の森を散歩、途中晴れた空の下に広がる深緑の森を空撮する。空からは緑の塊しか見えなくても、地上ではオオハナウドの白い大きな花が咲き出している。森の道の花々は気がつくと主役が入れ代わっている。白い花を天空に咲かせる。

6%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%92%E3%80%80%E7%A9%BA%E5%92%B2%E3%81%8B%E3%81%9BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(6月4日・その2)の一枚

台形の 不自然変動 相場かな

 ビットコインが値上がりしたら保有しているものを日本円に替え爪句集の出版費用にしようとしている。昨日は相場が値上がりし、指値で日本円に替える事ができた。ただ、台形の不自然な相場変動は大口保有者が意図的に相場を操っているみたい。

6%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%8F%B0%E5%BD%A2%E3%81%AE%E3%80%80%E4%B8%8D%E8%87%AA%E7%84%B6%E5%A4%89%E5%8B%95%E3%80%80%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(6月4日)の一枚

3時台 街の灯も消え 日の出前

 日の出の時刻が3時台に突入している。庭で日の出前の景観を空撮する。空撮パノラマ写真に組み合わせる野鳥の写真がないので、空撮を行っているドローンの写真を陽が昇り始めようとしている空に貼りつける。空撮時は100 mの上空に機体がある。

6%E3%83%BB4%E3%80%803%E6%99%82%E5%8F%B0%E3%80%80%E8%A1%97%E3%81%AE%E7%81%AF%E3%82%82%E6%B6%88%E3%81%88%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E5%89%8DA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年06月03日

今日(6月3日・その2)の一枚

早朝に 互いにフリーズ 鹿と我

 散歩道で鹿に出くわす。遠くからカメラを構える。こちらが動かないと鹿も動かない。二頭とも新しい角が生えてきているので雄鹿だろう。大きいのと少し小さなペアで父と仔なのだろうか。あるいは兄弟。鹿の生態には詳しくなくよく分からず。

6%E3%83%BB3%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%81%AB%E3%80%80%E4%BA%92%E3%81%84%E3%81%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E9%B9%BF%E3%81%A8%E6%88%91A.jpg

2020年06月02日

今日(6月2日・その2)の一枚

ギンランや 隠れ咲くのを 見つけたり

 朝の散歩時にギンランを見つける。ラン科の花であるけれど草丈が低く、白い花も小さいので注意していないと見逃してしまう。似た花にササバギンランがあるけれど、こちらは葉が長くて花の上にまでくるので、撮影したのはギンランだろう。

6%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%84%E3%80%80%E9%9A%A0%E3%82%8C%E5%92%B2%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%82%92%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2020年06月01日

今日(6月1日・その2)の一枚

土手道の オオバンソウ実 緑なり

 早朝散歩で中の川の土手道でオオバンソウを見つける。山野草というより園芸種が土手に逸出したようである。学名からルナリアとも呼ばれている。緑実が一個写っていて、これが大きくなり枯葉色になると大判のように見えるのでこの花名になる。

6%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%9C%9F%E6%89%8B%E9%81%93%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6%E5%AE%9F%E3%80%80%E7%B7%91%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年05月31日

今日(5月31日・その4)の一枚

セミ止まる 菜の花にも似 外来種

 黄色い花にセミが止まっているのを見つける。花はハルザキヤマガラシのようである。外来種で在来種を駆逐するので駆除の対象となっている。セミの方はこの時期なのでエゾハルゼミらしい。羽化したばかりなのか触っても逃げる様子もなかった。

5%E3%83%BB31%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%82%BB%E3%83%9F%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%80%80%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%AB%E3%82%82%E4%BC%BC%E3%80%80%E5%A4%96%E6%9D%A5%E7%A8%AEA.jpg

今日(5月31日・その3)の一枚

喘息に 効くと言われて ズダヤクシュ

 西野市民の森を早朝散歩。中の川の近くで草丈の低い白い花の山野草が隠れるように咲いている。近寄ってスマホで撮影し、帰宅して調べるとズダヤクシュである。「ズダ」とは喘息で、これに良く効くという事からの命名の薬草(薬種)である。

5%E3%83%BB31%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%96%98%E6%81%AF%E3%81%AB%E3%80%80%E5%8A%B9%E3%81%8F%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A5A.jpg

今日(5月31日)の一枚

アカゲラや 散歩時刻(どき)変え 出遭えたり

 これまで朝食後に朝の散歩に出掛けていた。しかし、陽がかなり高くなっていて暑さが増している。今日からは朝食前の散歩に切り替える。これだと野鳥に遭える機会も増えそうである。アカゲラを見つけて撮るけれど少し暗くてボケ写真となる。

5%E3%83%BB31%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E6%95%A3%E6%AD%A9%E6%99%82%E5%88%BB%EF%BC%88%E3%81%A9%E3%81%8D%EF%BC%89%E5%A4%89%E3%81%88%E3%80%80%E5%87%BA%E9%81%AD%E3%81%88%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2020年05月30日

今日(5月30日・その3)の一枚

森の道 ひっそり咲きたり コケイラン

 今日は暑くなりそうなので朝食後直ぐに森の道に出掛ける。木の葉が日光を遮り森の道を歩いていても暑くは感じない。ただ、その木の葉で野鳥撮影は難しい。道の脇に一株のコケイランを見つける。ラン科の花でこの辺りではめったに見られない。

5%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%A3%AE%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%9D%E3%82%8A%E5%92%B2%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3A.jpg

今日(5月30日・その2)の一枚

クサノオウ 毒草と知りて 要注意

 森の道で撮影した山野草の同定を行う。黄色い花をダイコンソウ、キツネノボタンと名前を知っている花から調べる。これらの花は花弁が5枚なのに対して写真の花は4枚。葉の形からもクサノオウに辿り着く。有毒アルカロイド成分を含む毒草。

5%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%80%80%E6%AF%92%E8%8D%89%E3%81%A8%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E8%A6%81%E6%B3%A8%E6%84%8FA.jpg

今日(5月30日)の一枚

コロナ禍に 負けて閉じたり 勉強会 

 曲がりなりにも14年間続いてきて15年目に入ったところで勉強会「eシルクロード大学」を閉じる事にした。コロナ禍で無料で借りていた会場が今後使う見通しが立たないためである。これが潮時かとも思うが、人の死のように終わりはあっけない。

5%E3%83%BB30%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%AB%E3%80%80%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%81%A6%E9%96%89%E3%81%98%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年05月29日

今日(5月29日・その2)の一枚

衝く羽根に 似る花の色 緑なり

 森の散策路でクルマバツクバネソウを見つける。輪生の葉から花柄が伸び、緑色の葉のような4枚の外花被にやはり緑色の糸状の内花被があり黄色の雄蕊が8個ある。中心に黒い雌蕊があり、変わった構造の花である。羽根衝きの羽根に似ての命名。

5%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%A1%9D%E3%81%8F%E7%BE%BD%E6%A0%B9%E3%81%AB%E3%80%80%E4%BC%BC%E3%82%8B%E8%8A%B1%E3%81%AE%E8%89%B2%E3%80%80%E7%B7%91%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(5月29日)の一枚

雲カーテン 上がれば一日(ひ)の劇 開始なり

 朝焼けを期待したけれど期待通りにはならず。それでも日の出の空を空撮する。上空の厚い雲から下に雲が垂れ下がり雲のカーテンのように見えている。この雲のカーテンが上がって朝日が現われ一日の始まりである。5月も終わりに近づいている。

5%E3%83%BB29%E9%9B%B2%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%E3%80%80%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%B0%E4%B8%80%E6%97%A5%EF%BC%88%E3%81%B2%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%8A%87%E3%80%80%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年05月28日

今日(5月28日・その4)の一枚

ムシクイや 嘴の色 決め手なり

 久しぶりに宮丘公園の遊歩道を歩く。野鳥の囀りを耳にして何枚か撮る。帰宅して調べるとセンダイムシクイらしい。似た野鳥にメボソムシクイやエゾムシクイがいて迷う。嘴の上部分が暗褐色、下部分が橙黄色とあるのでセンダイムシクイにする。

5%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%84%E3%80%80%E5%98%B4%E3%81%AE%E8%89%B2%E3%80%80%E6%B1%BA%E3%82%81%E6%89%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(5月28日・その3)の一枚

連想は エゾライチョウや クマガイソウ

 クマガイソウとツルニチニチソウが上下で咲いている。日ごろ野鳥を撮っているせいで、花から野鳥を連想する。クマガイソウのふっくらとした花弁は最近撮ったエゾライチョウの膨らんだ体を思い浮かべる。地面の花は地面に降りた野鳥である。

%EF%BC%95%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%80%A3%E6%83%B3%E3%81%AF%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6A.jpg

今日(5月28日・その2)の一枚

チゴユリと アマドコロ咲く 雨の後

 チゴユリとアマドコロが並んで咲いている。アマドコロの方はナルコユリ、ホウチャクソウと似た花があり、同定に自信がないのだが、花図鑑の資料撮影でもないので、アマドコロにしておく。何かの鋸歯状葉に雨粒がついていてこれも花のようだ。

%E3%83%81%E3%82%B4%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E5%92%B2%E3%81%8F%E3%80%80%E9%9B%A8%E3%81%AE%E5%BE%8CA.jpg

今日(5月28日)の一枚

コロナ禍や 群れ咲き見ずに クロユリ園 

 他家の庭先に置かれた鉢にクロユリの花が咲いている。この時期北大のクロユリ園では多数の花が咲いているだろう。コロナ禍で北大まで足を延ばす事も無くなり、鉢植えのクロユリの写真を撮っている。下向きに咲く花で花の中を撮るのが難しい。

5%E3%83%BB28%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E7%BE%A4%E3%82%8C%E5%92%B2%E3%81%8D%E8%A6%8B%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A6%E3%83%AA%E5%9C%92A.jpg

2020年05月27日

今日(5月27日)の一枚

窓外の サツキを撮りて 寒き朝

 朝は雨で散歩に出ず、ブログ用の写真が無い。窓の外にサツキの花を見て撮る。このサツキかなりの古木になる。紫の小さな花の群れが写っていてワスレナグサである。ライラックの花やユキノシタも写る。寒い朝で魔法瓶のホットコーヒーを飲む。

5%E3%83%BB27%E7%AA%93%E5%A4%96%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%84%E3%82%AD%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E5%AF%92%E3%81%8D%E6%9C%9DA.jpg

2020年05月26日

今日(5月26日)の一枚

CFの 支援そこそこ 爪句集

 爪句集第43集「爪句@365日の鳥果」が出版され届く。コロナ禍で配本の流通が滞っているらしく、書店に並ぶのは来月の中旬と聞かされる。クラウドファンディング(CF)の支援を受けているので活動報告を送り、CFのホームページに掲載される。

CF%E3%81%AE%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%9D%E3%81%93%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2020年05月25日

今日(5月25日・その2)の一枚

ヤブとノラ 線香、打ち上げ 花火なり

 森の道で撮った目立たない花にヤブニンジンがある。線香花火を連想させる不規則に放射する形の花序に小さな白い花を付ける。似た名前のノラニンジンがあり、こちらは放射状の花序の先に花束のように多くの花を咲かせ、打ち上げ花火に似る。

5%E3%83%BB25%E3%83%A4%E3%83%96%E3%81%A8%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%80%80%E7%B7%9A%E9%A6%99%E3%80%81%E6%89%93%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%80%80%E8%8A%B1%E7%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(5月25日)の一枚

爪句集 外出自粛の 成果なり

 夜中雷を伴った雨で暗い朝。朝刊には今日北海道も含め緊急事態宣言が全面解除になるとの記事が載る。しかし、道内の感染者数は又増えているので心配。「爪句@西野市民の森物語り」の原稿整理はほぼ終わり、今日原稿の提出を予定している。

5%E3%83%BB25%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86%E3%80%80%E5%A4%96%E5%87%BA%E8%87%AA%E7%B2%9B%E3%81%AE%E3%80%80%E6%88%90%E6%9E%9C%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年05月23日

今日(5月23日・その3)の一枚

庭来れば 珍鳥になり エゾライチョウ

 数日前西野市民の森の散策路でエゾライチョウを撮影した。北海道新聞のT記者に札幌では珍鳥ではないかと問い合わせるとT記者が専門家の意見を聞く。住宅街に現れると同紙の記事のように珍しくとも、札幌の山林では珍しさもそこそことの事。

5%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%BA%AD%E6%9D%A5%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E7%8F%8D%E9%B3%A5%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6A.jpg

2020年05月22日

今日(5月22日・その3)の一枚

コロナ禍や アベノマスクの オフライン

 今話題のアベノマスクが届く。郵便物でも宛名が書かれていない。全住民に配るので宛名が無くても良い事になる。タウンプラスと呼ばれる郵便システムで、今回初めて知った。コロナ禍でオンラインに注目が集まる中オフラインで頑張っている。

5%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3A.jpg

今日(5月22日)の一枚

昇る陽と 影絵の枝が ツーショット

 日の出時刻がどんどん早まってきていて、今朝は4時10分頃に雲から陽が顔を出す。晴れた朝だと円形の日の玉が空に浮かぶだけで面白さに欠ける。さりとて昇る陽と組み合わせるものが見つからない。シルエットになった木の葉が意図せず写る。

5%E3%83%BB22%E6%98%87%E3%82%8B%E9%99%BD%E3%81%A8%E3%80%80%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E3%81%AE%E6%9E%9D%E3%81%8C%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88A.jpg

2020年05月21日

今日(5月21日・その2)の一枚

マムシグサ おどろおどろし 花名かな

 市民の森の散策路でマムシグサを見つけて撮る。苞の筒部の下に葉が鞘状になった偽茎があり、この部分の模様が蛇のマムシのそれに似ている事からの命名である。この模様よりは、苞の開口部の形が蛇が鎌首をもたげたのに似ていると感じる。

5%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%9E%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%81%8A%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%81%97%E3%80%80%E8%8A%B1%E5%90%8D%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月21日)の一枚

記念塔 現れ消える 写真かな

 天気の良い朝で坂の上から日の出の風景を撮る。都心部のJRタワーが朝日に輝いている。写真の整理をしているとJRタワーのすぐ左側に薄く百年記念塔が写っている左上の写真と写っていない写真がある。撮影場所をわずかに移動したためと知る。

5%E3%83%BB21%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%A1%94%E3%80%80%E7%8F%BE%E3%82%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年05月20日

今日(5月20・その2日)の一枚

新緑を 日傘にしおり メジロかな

 森の道で小さな野鳥が飛び回っているのをカメラで追い駆ける。木の葉程度の大きさの野鳥だと開いた葉に姿が隠れ、なかなか鳥影を写せない。何枚も撮った写真で鳥影のはっきりしたものを拡大するとメジロが現れる。特徴のある目ですぐ分かる。

5%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%96%B0%E7%B7%91%E3%82%92%E3%80%80%E6%97%A5%E5%82%98%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月20日)の一枚

写真処理 終えて観賞 茜空

 目が覚めると窓の外の空が赤い。朝焼けの空撮を狙っていたので、身支度もそこそこに庭に出てドローンを上げて撮影。朝焼け空を強調すると下界は暗くなり、パノラマ写真の貼り合わせ処理が上手くゆくかが心配観で景観の観賞もそこそことなる。

5%E3%83%BB20%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%87%A6%E7%90%86%E3%80%80%E7%B5%82%E3%81%88%E3%81%A6%E8%A6%B3%E8%B3%9E%E3%80%80%E8%8C%9C%E7%A9%BAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年05月19日

今日(5月19日・その4)の一枚

鳥も見る 歪み模様の 川面かな

 封書を投函しにポストまで行った帰り、中の川でハクキレイを見かけて撮る。川面に現れた歪み模様に目が眩まないように鳥が目を逸らしているようにも見える。実際のところ鳥の目には川面はどのように映っているのだろうか、興味が湧いてくる。

5%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E9%B3%A5%E3%82%82%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E6%AD%AA%E3%81%BF%E6%A8%A1%E6%A7%98%E3%81%AE%E3%80%80%E5%B7%9D%E9%9D%A2%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月19日・その3)の一枚

実通貨 仮想通貨と 入り乱れ

 札幌市から特別低額給付金申請の書類が届く。早速記入して必要書類と同封する。金の事ではビットコインを1部売ろうとしていても、指し値まで相場が上がってこない。最近半減期は過ぎたはずで、相場が上がるのか下がるのかが見通せない。

5%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E5%AE%9F%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%80%80%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%81%A8%E3%80%80%E5%85%A5%E3%82%8A%E4%B9%B1%E3%82%8CA.jpg

今日(5月19日・その2)の一枚

白眉斑 ツグミはシナイ 茶色鳥

 散歩道でマミチャジナイを撮る。気になっていた鳥名なのでネットで調べる。ツグミ科の鳥でツグミは昔「シナイ」の呼び方があり茶色なので「チャジナイ」。「マミ」は眉の事で白い眉斑があるので「マミジロ」、組み合わせでこの名前になる。

5%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%99%BD%E7%9C%89%E6%96%91%E3%80%80%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F%E3%81%AF%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%80%80%E8%8C%B6%E8%89%B2%E9%B3%A5A.jpg

今日(5月19日)の一枚

遠景に 大山塊や 大都会 

 一日の天気を約束するような日の出前の空である。庭でドローンを100 m上空まで上げてパノラマ写真を撮る。大都会札幌の遠景で、北から東にかけての山並みがくっきりと写っている。日の出はこれからで、東の空には三日月が見えている。

5%E3%83%BB19%E9%81%A0%E6%99%AF%E3%81%AB%E3%80%80%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%A1%8A%E3%82%84%E3%80%80%E5%A4%A7%E9%83%BD%E4%BC%9AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年05月18日

今日(5月18日・その3)の一枚

鳥頬に 白き花びら サクランボ

 果樹園のサクランボの花が満開である。満開の花を巡るように野鳥が飛び回っている。野鳥の方向にカメラを向けて撮り拡大してシジュウカラを見つける。シジュウカラの頬の白毛がサクランボの花弁のように写る。白い花が散り赤い実が現われる。

5%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%B3%A5%E9%A0%AC%E3%81%AB%E3%80%80%E7%99%BD%E3%81%8D%E8%8A%B1%E3%81%B3%E3%82%89%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9CA.jpg

今日(5月18日)の一枚

コロナ禍が 遠ざける山 暗くあり

 ベランダから日の出前のモエレ山方向の写真を撮る。円錐状に造山されたモエレ山は人工物であるのが写真にもよく表れている。コロナ禍の外出自粛もあってモエレ沼公園にも行っていない。モエレ山を登るのも息切れがするのではないだろうか。

5%E3%83%BB18%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%8C%E3%80%80%E9%81%A0%E3%81%96%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B1%B1%E3%80%80%E6%9A%97%E3%81%8F%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

2020年05月17日

今日(5月17日・その2)の一枚

リラ冷えや 蕾爆発 ライラック

 庭のライラックの花が開き出した。背後に写る満開の八重桜に遅れてライラックの蕾が爆発していく。今年はコロナ禍で各種のイベントが中止で第62回目の「さっぽろライラックまつり」も中止の右倣えである。霧模様のリラ冷えのする朝である。

5%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%AA%E3%83%A9%E5%86%B7%E3%81%88%E3%82%84%E3%80%80%E8%95%BE%E7%88%86%E7%99%BA%E3%80%80%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AFA.jpg

今日(5月17日)の一枚

判定は マミチャジナイと ボケ写真

 遠くが薄い雲か霧がかかったような朝。松の木に止まった野鳥が居る。何の野鳥か判定も出来ず撮る。ピントが合っていない写真であるけれど、マミチャジナイかアカハラのようである。白い眉斑が長くはっきりしているのでマミチャジナイだろう。

5%E3%83%BB17%E5%88%A4%E5%AE%9A%E3%81%AF%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%9F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%81%A8%E3%80%80%E3%83%9C%E3%82%B1%E5%86%99%E7%9C%9FA.jpg

2020年05月16日

今日(5月16日)の一枚

連想は 母衣に武将と クマガイソウ

 クマガイソウの花が開き出した。ラン科の花に見られる唇弁から、戦いに際しての武士が身につけた母衣、そして武将の熊谷直実と連想して花名になったとは連想の連続である。花の背後にサツキが写る。今年はコロナ禍でサツキ展は中止となる。

5%E3%83%BB16%E9%80%A3%E6%83%B3%E3%81%AF%E3%80%80%E6%AF%8D%E8%A1%A3%E3%81%AB%E6%AD%A6%E5%B0%86%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6A.jpg

2020年05月15日

今日(5月15日・その4)の一枚

コロナ禍で 不用不急と 支援無し

 道新朝刊にクラウドファンディング(CF)の宣伝が出る。CFの返礼品の爪句集は現在印刷中で今月中に出版の運びである。その爪句集の校正画面とCF宣伝紙面を並べ記録用に撮る。コロナ禍で不用不急の事業とみなされたか支援の通知がこない。

5%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%A7%E3%80%80%E4%B8%8D%E7%94%A8%E4%B8%8D%E6%80%A5%E3%81%A8%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8F%B4%E7%84%A1%E3%81%97A.jpg

今日(5月15日)の一枚

花一つ 飛んで半月 八重桜

 明け方3度寝で、目覚めた時には陽はかなり高くなっている。庭の八重桜が朝日で一層赤く見える。写真に撮ろうとカメラを構えると半月が目に入る。月と桜の構図を考えて、満開の八重桜の全体を写そうとすると、半月は花一つの大きさである。

5%E3%83%BB15%E8%8A%B1%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%82%93%E3%81%A7%E5%8D%8A%E6%9C%88%E3%80%80%E5%85%AB%E9%87%8D%E6%A1%9CA.jpg

2020年05月14日

今日(5月14日・その2)の一枚

電線で 作り物見え カワラヒワ

 森の道での野鳥撮りは木の葉が繁ってきて難しくなってきている。いきおい住宅街で人工物と組み合わさった野鳥撮りが多くなる。囀りを頼りに探して、電線に止まっているカワラヒワを見つけて撮る。電線だと野鳥も何となく人工物に見えてくる。

5%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%BB%E7%B7%9A%E3%81%A7%E3%80%80%E4%BD%9C%E3%82%8A%E7%89%A9%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

今日(5月14日)の一枚

「君」使用 コロナ字解きで 抵抗感 

 同期生とのメールのやり取りの敬称では「君」や「さん」が用いられる。当方は「君」派であるけれど「君」が「コ・ロ・ナ」と字解きが出来ると教えられ、「君」の敬称を使うのに抵抗感が出てくる。字解きで従来のやり方は変えないが気になる。

5%E3%83%BB14%E3%80%8C%E5%90%9B%E3%80%8D%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%AD%97%E8%A7%A3%E3%81%8D%E3%81%A7%E3%80%80%E6%8A%B5%E6%8A%97%E6%84%9FA%E3%80%80.jpg

2020年05月13日

今日(5月13日・その3)の一枚

コロナ禍中 日の目を見たり 爪句集

 「爪句@365日の鳥果」の色校のため共同文化社に出向く。色校をテーブルに並べてパノラマ写真に撮る。これで第43集の著者の仕事は完了で、月末には出版の見込み。クラウドファンディングの返礼品にしてあるので、5月中に郵送できそうである。

%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E4%B8%AD%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

(パノラマ写真)

今日(5月13日・その2)の一枚

葉桜や 野鳥(とり)撮り難き 季節入り 

 花が散り葉桜になった枝にヤマガラが止まっている。口に何か咥えているのだが拡大しても判別がつかない。虫でもないようだ。木の枝に写る樹液蜜かも知れない。木の葉が茂り出すと鳥影が隠れて、野鳥撮りが難しくなる季節に入ってきている。

5%E3%83%BB13%E8%91%89%E6%A1%9C%E3%82%84%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E6%92%AE%E3%82%8A%E9%9B%A3%E3%81%8D%E3%80%80%E5%AD%A3%E7%AF%80%E5%85%A5%E3%82%8AA.jpg

2020年05月12日

今日(5月12日)の一枚

ヒヨドリや 髪切らねばと 我が頭 

 ヒヨドリの頭の毛を見ていると、そろそろ散髪に行ったらと声を掛けたくなる。自身も散髪に行かねばならぬのに、コロナ禍で心理的に散髪を避けている。いよいよとなると家人を散髪屋にして頭髪を切る。ヒヨドリの頭髪よりはましになったか。

5%E3%83%BB12%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%84%E3%80%80%E9%AB%AA%E5%88%87%E3%82%89%E3%81%AD%E3%81%B0%E3%81%A8%E3%80%80%E6%88%91%E3%81%8C%E9%A0%ADA.jpg

2020年05月11日

今日(5月11日・その2)の一枚

花びらの 絨毯織りて 散る桜

 朝刊に、桜前線が釧路と稚内に達し終着となった記事が出る。札幌では家の横のソメイヨシノが散り始めた。道路が薄いピンク色の花弁の絨毯になっている。写真を撮ると曇り空が白く抜けてしまい、葉桜になりかけた散り際の桜が引き立たない。

5%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%8A%B1%E3%81%B3%E3%82%89%E3%81%AE%E3%80%80%E7%B5%A8%E6%AF%AF%E7%B9%94%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E6%95%A3%E3%82%8B%E6%A1%9CA.jpg

今日(5月11日)の一枚

「楡影寮」 碑文字揮毫の 人が逝き

 道新朝刊に元北大学長中村睦男先生の訃報記事。先生には北大構内に建立した楡影寮記念碑の揮毫をお願いした。筆字が下手だとしぶられたのを説得して書いていただいたのが思い出される。記念碑のパノラマ写真を爪句集第23集に載せてある。

5%E3%83%BB11%E3%80%8C%E6%A5%A1%E5%BD%B1%E5%AF%AE%E3%80%8D%E3%80%80%E7%A2%91%E6%96%87%E5%AD%97%E6%8F%AE%E6%AF%AB%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BA%BA%E3%81%8C%E9%80%9D%E3%81%8DA.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

2020年05月10日

今日(5月10日・その3)の一枚

母の日や 贈花撮る人 横で撮り

 母の日で家人宛てに花束が届く。家人は早速贈り主に写真を送ろうと、テーブルの上を片付けあれこれと花束の写真を撮る。テーブルの隅に追いやられて撮影作業を横目でみながらその様子を1枚撮っておく。構図も構わずただの記録写真である。

5%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%AF%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%82%84%E3%80%80%E8%B4%88%E8%8A%B1%E6%92%AE%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%80%E8%A8%98%E9%8C%B2%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(5月10日・その2)の一枚

氷河期の 記憶伝えて 人名花

 雨で家に巣ごもり状態の一日。朝方未だ雨が降っていない時に近所の庭で撮ったチョウノスケソウを少し調べる。花名は採集者の須川長之助に由来する。氷河期に大繁殖後、氷河が無くなっても高山で生き延びている種だそうで、この経歴も特異だ。

5%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A8%98%E6%86%B6%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E4%BA%BA%E5%90%8D%E8%8A%B1A.jpg

今日(5月10日)の一枚

群生景 無理し想像 チングルマ

 庭で高山植物を育てている家がある。曇り空の下の早朝散歩を登山に見立てて高山植物観賞となる。チングルマが咲いている。しかし、数株では高山の花畑で群生して咲いている景観を思い浮かべるのが難しい。花名と綿毛の花後が面白い花である。

5%E3%83%BB10%E7%BE%A4%E7%94%9F%E6%99%AF%E3%80%80%E7%84%A1%E7%90%86%E3%81%97%E6%83%B3%E5%83%8F%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%9EA.jpg

2020年05月09日

今日(5月9日・その2)の一枚

桜花から バトンタッチで 桜桃花

 歯科医院まで往復歩く。帰路は宮丘公園から果樹園を抜けルートにする。途中見事なヤマザクラが目に留まったのでドローンを飛ばして空撮を行う。地上で撮った写真を空撮パノラマ写真に貼りつける。桜に続くサクランボの花が咲き出している。

5%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%A1%9C%E8%8A%B1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%A7%E3%80%80%E6%A1%9C%E6%A1%83%E8%8A%B1A.jpg

(画面クリックで空撮パノラマ写真)

今日(5月9日)の一枚

ヒヨドリや 花よりリンゴ 朝餉かな

 ヒヨドリが桜の花を啄むのを見かける。花の密を狙っての行動なのだろう。ヒヨドリが桜の花を啄む場面を撮ろうしても、近くにリンゴが置かれていればこれはもう花よりリンゴである。観鳥のためとは言え、リンゴ代も馬鹿にはならないだろう。

5%E3%83%BB9%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%84%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%82%88%E3%82%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%80%80%E6%9C%9D%E9%A4%89%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年05月08日

今日(5月8日・その4)の一枚

廃止駅 記事を目にして 写真処理

 道新朝刊に「札沼線 静かに廃止」の見出し記事。廃止区間の新十津川-北海道医療大学の駅巡りで撮った写真が未処理である。その中の於札内駅のパノラマ写真を処理してみる。駅名標とホームの待合室正面の年季物の駅名板も撤去されただろう。

5%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E9%A7%85%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%80%80%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%82%92%E7%9B%AE%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%87%A6%E7%90%86A.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

今日(5月8日・その3)の一枚

ビットコイン 出版費用と 博打なり

 朝チェックすると数時間でビットコインの相場が変動している。手持ちのコインを高値で売って爪句集の出版費用の足しにする事を目論んでいる。クラウドファンディングでやっと集まった支援金を仮想通貨の取引きがあっさり追い越してしまう。

%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%80%E5%87%BA%E7%89%88%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%A8%E3%80%80%E5%8D%9A%E6%89%93%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(5月8日・その2)の一枚

梢先 シジュウカラ鳴き 日の出かな

 野鳥撮りでは、背景が空で抜けるような状況が撮り易い。しかし背景が明るいと鳥影が暗くなる。空の明るさを抑えて、朝日が野鳥に届いている様子が撮ろうとしてこれがなかなか難しい。鳴き声を頼りに梢先に短時間止まったシジュウカラを撮る。

5%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%A2%A2%E5%85%88%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E9%B3%B4%E3%81%8D%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月8日)の一枚

日の出鳥 三題噺 桜かな

 桜、野鳥、朝日の三題噺よろしくこの3テーマを1枚の写真に収めようとする。日の出の光の中の桜はどうにか撮れるとしても、これに野鳥を加えるのが難しい。キレンジャクを良く見かける桜の木の近くで待っているとお目当ての鳥が現れる。

5%E3%83%BB8%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E9%B3%A5%E3%80%80%E4%B8%89%E9%A1%8C%E5%99%BA%E3%80%80%E6%A1%9C%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年05月07日

今日(5月7日・その5)の一枚

満月や 腕筋チェック 手持ち撮り

 老化で歩くための脚の筋肉が弱っているのを感じている。脚のみならず腕の筋肉も心もとない。今夜は満月で手持ちのカメラでファインダーいっぱいに拡大した写真を撮る。シャッターを押す時カメラを腕の力で固定できず、月がフレーム外に出る。

5%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E6%BA%80%E6%9C%88%E3%82%84%E3%80%80%E8%85%95%E7%AD%8B%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%80%E6%89%8B%E6%8C%81%E3%81%A1%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(5月7日・その2)の一枚

コロナ禍は 豆本展も 襲いたり

 コロナ禍の影響で道立文学館での「豆本ワールド」展が再延期となる。同展の爪句集展示の様子が伝わるようにと、第43集の「あとがき」に会場のパノラマ写真を挿入する。この爪句集が出版される頃にはコロナ禍が収まっているとよいのだが。

5%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%AF%E3%80%80%E8%B1%86%E6%9C%AC%E5%B1%95%E3%82%82%E3%80%80%E8%A5%B2%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(5月7日)の一枚

桜花 今が見ごろで 日の出空

 日の出時の桜花を撮るのが難しい。日の出の空に焦点を合わせると近くの桜は暗くなる。桜花に焦点では日の出空はボケる。日の出の空は1年中撮れても桜は今の時期しか撮れないので、桜を主役にして撮ってみる。満開の桜は今が見ごろである。

5%E3%83%BB7%E6%A1%9C%E8%8A%B1%E3%80%80%E4%BB%8A%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%94%E3%82%8D%E3%81%A7%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%A9%BAA.jpg

2020年05月06日

今日(5月6日・その3)の一枚

ダクト上 ホオジロの鳴き 日の出かな

 日の出を撮っていると野鳥が盛んに囀っている。通風用のダクトに止まっているホオジロである。木の枝にでも止まればよいものを、人工物の上で鳴いている。木の枝葉に邪魔されず鳴き声が遠くまで届くせいだろうか。今日の朝一番の鳥果である。

5%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%88%E4%B8%8A%E3%80%80%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%AE%E9%B3%B4%E3%81%8D%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月6日・その2)の一枚

日の出時に 火の出の如く 家の窓

 昇る陽から目を転じた住宅街にも日の出が見える。家の窓に反射している日の出である。遠目には赤く輝いて見える部分を撮って拡大してみると、日の出の空の一部が写っている。窓ガラスの平面度が完全でないため、歪んだ日の出景となっている。

5%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%82%E3%81%AB%E3%80%80%E7%81%AB%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%AE%E5%A6%82%E3%81%8F%E3%80%80%E5%AE%B6%E3%81%AE%E7%AA%93A.jpg

今日(5月6日)の一枚

陽円が 現れ消える 雲の窓

 今朝の日の出は雲の作る隙間に現れる。雲の窓から昇る太陽に、カメラを構えている自分が見られているようである。肉眼では眩しくて太陽の円形が見えないけれど、写真に撮ると陽円がどんどん変化していく。コロナ禍のGWの最後の日である。

5%E3%83%BB6%E9%99%BD%E5%86%86%E3%81%8C%E3%80%80%E7%8F%BE%E3%82%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E9%9B%B2%E3%81%AE%E7%AA%93A.jpg

2020年05月05日

今日(5月5日・その4)の一枚

子どもの日 桜に止まる メジロかな

 散歩道の桜の木にメジロが来て飛び回っている。何枚か鳥影を撮っておく。この桜の木のある場所をパノラマ写真で記録する。パノラマ写真にはメジロは写らないので、別撮りのメジロの写真から良さそうなものを選んでパノラマ写真に貼りつける。

5%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%80%E6%A1%9C%E3%81%AB%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月5日・その3)の一枚

メジロの目 視力検査で 輪の切れ目

 桜と組み合わせの野鳥はウグイスが最右翼でも、ウグイスは藪の中で鳴いていて姿はめったに見られない。この点メジロは桜に止まっているのを良くみかける。メジロの目の縁取りの白い輪は一部が欠けていて、視力テストのパターンを連想する。

5%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%80%80%E8%A6%96%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%81%A7%E3%80%80%E8%BC%AA%E3%81%AE%E5%88%87%E3%82%8C%E7%9B%AEA.jpg

今日(5月5日・その2)の一枚

カワラヒワ 撮りて思案の 散歩かな 

 こどもの日。探鳥散歩に出掛けようかと窓の外を見ると電線にカワラヒワが止まっている。撮影写真をパソコンで見るとまあまあなので、この1枚で探鳥散歩終了も考える。すると今日の歩数は千歩を少し超えるだけになり、運動不足が気になる。

5%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AF%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E6%80%9D%E6%A1%88%E3%81%AE%E3%80%80%E6%95%A3%E6%AD%A9%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月5日)の一枚

再校に 重複コゲラ 爪句集

 雨模様の曇り空で寒い朝である。家の近くでアカゲラを撮るけれど木の枝でX印がつく写真。野鳥の爪句集の再校を見直していて、既刊の爪句集に採用した同じ写真があるのを見つける。8千枚を超す爪句集の写真となると注意しないと重複がある。

5%E3%83%BB5%E5%86%8D%E6%A0%A1%E3%81%AB%E3%80%80%E9%87%8D%E8%A4%87%E3%82%B3%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2020年05月04日

今日(5月4日・その4)の一枚

写真法 工夫新たに 花見かな

 庭のソメイヨシノが満開である。従来の写真法なら桜木の傍でカメラのアングルを選択して2次元画像を記録した。空撮パノラマ写真法では上空から拡大したり縮小したりして観賞が可能である。それに従来の写真法によるものを貼り付けてみる。

5%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%B3%95%E3%80%80%E5%B7%A5%E5%A4%AB%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%A6%8B%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(5月4日・その2)の一枚

花と鳥 どちらにピント 思案なり

 野鳥に花の組み合わせを撮りたいと思っているけれど、そうは上手くいかない。野鳥は木に止まる事が多いので、木花と野鳥がねらい目で、桜の季節にシャッターチャンスが期待できる。桜の枝のキレンジャクを撮るが花の方のピントが合わない。

5%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%8A%B1%E3%81%A8%E9%B3%A5%E3%80%80%E3%81%A9%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%AB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E6%80%9D%E6%A1%88%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(5月4日)の一枚

庭の桜(はな) 都ぞ弥生 歌詞を読む

 北大電子の同期生から、コロナ禍の影響で議論になりつつある9月入学についての話題がメールで送られてくる。寮歌「都ぞ弥生」の解説もあり、北大予科の札幌農学校は9月入学。弥生月に東京の宴に始まり、秋、冬、春、夏と歌詞が並んでいる。

5%E3%83%BB4%E5%BA%AD%E3%81%AE%E6%A1%9C%EF%BC%88%E3%81%AF%E3%81%AA%EF%BC%89%E3%80%80%E9%83%BD%E3%81%9E%E5%BC%A5%E7%94%9F%E3%80%80%E6%AD%8C%E8%A9%9E%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80A.jpg

2020年05月03日

今日(5月3日)の一枚

憲法の 番人然と キレンジャク

 憲法記念日。コロナ禍で日本国憲法の行く末はいかに、といったところ。家の近くでキレンジャクを撮る。勇ましそうに冠羽を見せて見張っている姿である。キレンジャクが見張っているのは憲法では無いのは当然だが、今日は憲法の番人とする。

5%E3%83%BB3%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%80%80%E7%95%AA%E4%BA%BA%E7%84%B6%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AFA.jpg

2020年05月01日

今日(5月1日・その4)の一枚

キレンジャク 八十八夜の 赤だすき

 今日は立春から数えて88日目の八十八夜で「夏も近づく八十八夜」の歌詞が浮かぶ。北海道では春が始まったばかりで夏は未だ先である。朝キレンジャクを撮る。翼に、茶摘み娘が用いる「茜だすき」になぞらえてもよさそうな赤い突起物が見える。

5%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%80%80%E5%85%AB%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%A4%9C%E3%81%AE%E3%80%80%E8%B5%A4%E3%81%A0%E3%81%99%E3%81%8DA.jpg

今日(5月1日・その3)の一枚

素人の トレーダー気取りで 機を逸し  

 コロナ禍で自宅に巣ごもり状態で爪句集第43集の再校をチェックしている。出版費用の足しにとビットコインを高値の時に売却しようと1BTC 100万円の指し値で0.1 BTC分を売りに出して、1瞬の100万円超えがあったのに取引は不成立だった。

5%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%B4%A0%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E6%B0%97%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%81%A7%E3%80%80%E6%A9%9F%E3%82%92%E9%80%B8%E3%81%97A.jpg

今日(5月1日・その2)の一枚

コロナ禍や 庭の桜で 花見かな

 今日から5月で庭のヤマザクラが開花する。昨日札幌市の開花宣言が出て、桜の季節が始まった。しかし、今年はコロナ禍で花見の場所の多くが閉鎖となり写真撮影に行けない。ライラック祭りや花フェスタも今年は中止で精々庭での花見である。

5%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E5%BA%AD%E3%81%AE%E6%A1%9C%E3%81%A7%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%A6%8B%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年04月30日

今日(4月30日・その2)の一枚

1年後 コロナ禍渦中 日の出かな

 1年前の今日は平成最後の日でこの年限りの祝日でもあった。この日の日の出の空撮パノラマ写真を「爪句@今日の一枚―2019」に残す。比較の意味も込めて、今朝の日の出の空撮写真を撮る。1年前にはコロナ禍に見舞われるとは露も思わなかった。

4%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%891%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E6%B8%A6%E4%B8%AD%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

今日(4月30日)の一枚

昇る陽に コロナ禍都市の 暗き景

 通称「さくらんぼ山」に日の出の写真を撮りに行く。近くの木で日の出が遮られるのでドローンを飛ばしシングルショットで日の出の撮影。琴似駅近くの高層ビルと札幌駅のJRタワーが朝靄の上に見えている。背後に夕張山系が影絵で写っている。

4%E3%83%BB30%E6%98%87%E3%82%8B%E9%99%BD%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9A%97%E3%81%8D%E6%99%AFA.jpg

2020年04月29日

今日(4月29日・その4)の一枚

合わせ撮る ツルウメモドキ カワラヒワ

 足腰の衰えが気になって散歩を心がけている。ただ歩くのは飽きるのでカメラを抱えて野鳥を見つけ次第撮っている。いつでも野鳥に出遭う訳ではないけれど、注意していると目に入ってくる。ツルウメモドキの枯枝にカワラヒワを見つけて撮る。

4%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%89%E3%82%AD%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

今日(4月29日)の一枚

コロナ禍で ロケット上がらず 気落ちなり

 道新の朝刊に大樹町のISTが予定していたロケット「モモ」の打ち上げを町の要請で延期の記事。関連して創業者堀江氏「町民やめる」とある。日程を告知しない打ち上げで観客が集まらないようにしたい、との提案も却下。町の頭の固さに決別か。

4%E3%83%BB29%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%80%E6%B0%97%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年04月28日

今日(4月28日・その3)の一枚

何枚も 赤きシメ撮る 日の出かな

 シメが枝に止まっている。朝日を浴びて体が赤く染まっている。近くに枝が重なっていると、枝の方にフォーカスが合って鳥影がボケる。ズームで鳥影を拡大するとシャッターを押す時カメラが動き鳥影がフレームからはみ出る。なかなか難しい。

4%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E4%BD%95%E6%9E%9A%E3%82%82%E3%80%80%E8%B5%A4%E3%81%8D%E3%82%B7%E3%83%A1%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(4月28日・その2)の一枚

昇る陽は 飛び立つ鳥か 日の出撮る 

 今朝は日の出前に家を出て、高台で待機していて日の出の瞬間を撮る事ができた。顔を出した太陽の昇る速度は速くて、飛ぶ野鳥を追いかける感じもする。写真には陽の円形の部分が写るけれど、肉眼では眩しい陽の玉が現れ、輝きを増していく。

4%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%98%87%E3%82%8B%E9%99%BD%E3%81%AF%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B3%E7%AB%8B%E3%81%A4%E9%B3%A5%E3%81%8B%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

今日(4月28日)の一枚

鳥目にも 明るくなりて 日の出前

 日の出の瞬間を撮ろうと東空を見て待っていると物音がする。野鳥が飛び立った音で、音の方向を見ると少し大きめの鳥影がある。撮って拡大してみるとツグミである。鳥目と言われて暗いと飛べないと思われる野鳥にも十分な明るさになっている。

%E9%B3%A5%E7%9B%AE%E3%81%AB%E3%82%82%E3%80%80%E6%98%8E%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E5%89%8DA.jpg

2020年04月27日

今日(4月27日・その4)の一枚

春先は アオジ保護色 優れ物

 今日は色々な野鳥が庭にやって来る。シジュウカラ、アトリ、カワラヒワ、アオジ等である。アオジは薄緑色に枯葉色、土の黒と保護色で体を装っている。枯葉の残る地面に草が生え出したところで餌を漁っていて、動きが無いと居るのを見逃す。

4%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E6%98%A5%E5%85%88%E3%81%AF%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B8%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E8%89%B2%E3%80%80%E5%84%AA%E3%82%8C%E7%89%A9A.jpg

今日(4月27日)の一枚

昇る陽に 焦点合わず 日の出撮り

 早起きしてパソコンに向かっていると屋根を叩く雨音。雨なら日の出の写真も撮れないだろうと仕事を続ける。雨音が止んでいるのに気づいて外を見ると陽が雲間から顔を出しそうである。急いでカメラを持って家の外に出たけれど日の出に遅れる。

4%E3%83%BB27%E6%98%87%E3%82%8B%E9%99%BD%E3%81%AB%E3%80%80%E7%84%A6%E7%82%B9%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2020年04月26日

今日(4月26日・その3)の一枚

飛ぶ鳥の 紋章のあり クマゲラ家

 西野市民の森の散策路でクマゲラが木の幹の巣穴から顔を出すところを撮る。最初はクマゲラに注意が集中していたが、巣穴の下に幹の模様があるのに気がつく。翼を下にして飛んで来る鳥にも見える。まるでクマゲラの家の紋章のようである。

4%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%A3%9B%E3%81%B6%E9%B3%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E7%B4%8B%E7%AB%A0%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%A9%E5%AE%B6A.jpg

今日(4月26日・その2)の一枚

傘持ちで 撮る山野草 ピントぼけ

 西野市民の森の散策路を歩く。251峰のところで野鳥を撮っている頃小雨になる。傘を差しながら道を下る。道端にエンレイソウを見つけて撮るけれど傘持ちでピントぼけとなる。エゾエンゴサクやフッキソウが目につくがエンレイソウは少ない。

4%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%82%98%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%81%A7%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8B%E5%B1%B1%E9%87%8E%E8%8D%89%E3%80%80%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%BC%E3%81%91A.jpg

今日(4月26日)の一枚

コロナ禍の 春を引き立て ユキノシタ

 雨降りの後で地面が濡れている。曇り空で寒い。家の周囲を歩くけれど、野鳥はスズメしか目に留まらない。目を下に向けて庭の花を点検。カタクリは盛りでクロッカスは盛りを過ぎている。カナダケシも終わりかけている。ユキノシタが満開だ。

4%E3%83%BB26%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E6%98%A5%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%BFA.jpg

2020年04月25日

今日(4月25日・その5)の一枚

雌を撮り 雄を期待の オオマシコ

 庭に少し赤味を帯びた野鳥が来ていて何枚か撮る。最初はベニマシコの雄かなと思ったが赤味が足りず冠羽もない。図鑑で調べるとオオマシコの雌のようだ。雄なら赤い体色のかなりの珍鳥である。雌が居るなら雄も期待したいがさてどうなるか。

4%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E9%9B%8C%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E9%9B%84%E3%82%92%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%82%B3A.jpg

今日(4月25日)の一枚

コロナ禍や 退治の天使 降りたまえ

 朝刊紙面にはいつものようにコロナ禍に関する報道。それを斜めに見て散歩に出掛ける。昇る陽が雲の中にあって天使の梯子が見えている。天使がこの梯子を降りて来て、地上に蔓延するコロナ禍を一掃してくれないものかと思いながら撮影する。

4%E3%83%BB25%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E9%80%80%E6%B2%BB%E3%81%AE%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%80%80%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%88A.jpg

2020年04月24日

今日(4月26日・その6)の一枚

キジバトや 鱗衣装で 餌探し

 庭に飛来したキジバトを撮る。鳥名は体の色や羽のデザインがキジに似ている事に由来しており、生息場所からヤマバトの別名がある。住宅地でも見かけるけれど普通に目にするカワラバトに比べると警戒心が強く、人の存在に気付くとすぐ逃げる。

4%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE6%EF%BC%89%E3%82%AD%E3%82%B8%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%84%E3%80%80%E9%B1%97%E8%A1%A3%E8%A3%85%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A4%8C%E6%8E%A2%E3%81%97A.jpg

今日(4月24日・その5)の一枚

「あとがき」の 挿入写真 迷うなり

 「爪句@365日の鳥果」の「あとがき」に余白が生じたので写真を挿入する事にして、道立文学館での爪句集展示の写真を検討する。再校は今月中に届き、再校を戻す大型連休明けの頃にコロナ感染がピークを脱し収束に向かっているとよいのだが。

4%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E3%80%8C%E3%81%82%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E6%8C%BF%E5%85%A5%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%80%80%E8%BF%B7%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(4月24日・その4)の一枚

ヒヨドリや バッコヤナギに 主役(やく)譲り

 野山にどんどん緑が戻って来ている。ヒヨドリを撮ると手前のバッコヤナギの花に焦点が合う。コブシの花よりも先に咲く木花なのだが、花の感じから遠いので目立たない。低木のナニワズを除けば、高いところで目に付く春一番の木花である。

4%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%81%AB%E3%80%80%E4%B8%BB%E5%BD%B9%EF%BC%88%E3%82%84%E3%81%8F%EF%BC%89%E8%AD%B2%E3%82%8AA.jpg

今日(4月24日・その3)の一枚

漫画かな 瞳に白き 点を描き

 シジュウカラが葉の出る前の込み合った枝の中にいる。木の葉が出るとこのような状態で野鳥を撮る事は望めない。写真を拡大して見るとシジュウカラの目に朝日が反射して光る部分が写っている。漫画で瞳の中に白い形を描き込むのに似ている。

4%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%80%80%E7%9E%B3%E3%81%AB%E7%99%BD%E3%81%8D%E3%80%80%E7%82%B9%E3%82%92%E6%8F%8F%E3%81%8DA.jpg

今日(4月24日・その2)の一枚

警戒感 表情撮りて この1枚

 散歩に出掛ける時、庭にキツネが来ているのを見つける。カメラを向けるとこちらと目が合った。警戒感の溢れた表情で、事実1枚撮る間に姿を消してしまう。野生動物撮影も野鳥撮りと同じく素早さが求められ、シャッターチャンスが生かせない。

4%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%AD%A6%E6%88%92%E6%84%9F%E3%80%80%E8%A1%A8%E6%83%85%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%AE1%E6%9E%9AA.jpg

今日(4月24日)の一枚

5年経ち 処理の朝焼け 見事なり

 最近は毎朝のように日の出時の空撮を行っている。以前はドローンが無く、日の出時の地上のパノラマ写真を撮っていた。そのデータが未処理で残っていて、5年も経って思い出したように処理する。朝の散歩道の景観はほとんど変わっていない。

4%20%E3%83%BB2%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%82%E3%81%AE%E3%80%80%E6%99%AF%E8%A6%B3%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%805%E5%B9%B4%E5%89%8DA.jpg

(パノラマ写真、2015年4月24日撮影)

2020年04月23日

今日(4月23日・その2)の一枚

作者出て 駅名板の 残りたり

 朝刊に廃止となった札沼線の豊ヶ岡駅の駅名板の製作者が名乗り出たとの記事。製作者は恵庭市の佐藤さんで23年前に作り駅舎の玄関のところに掲げられていた。7年半ほど前にこの駅に自転車と一緒に降りてホームで撮った写真と記事を並べる。

4%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%BD%9C%E8%80%85%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%80%80%E9%A7%85%E5%90%8D%E6%9D%BF%E3%81%AE%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2012年9月23日撮影)

今日(4月23日)の一枚

風切が 毛針連想 キレンジャク

 カメラを持って外に出ると白いものが落ちてくる。雪である。光が弱いので野鳥は上手く撮れないだろうといつもの庭でキレンジャクがリンゴを食べている様子を何枚も撮る。キレンジャクの風切羽の色付きの部分が毛針の飾り毛のように見える。

4%E3%83%BB23%E9%A2%A8%E5%88%87%E3%81%8C%E3%80%80%E6%AF%9B%E9%87%9D%E9%80%A3%E6%83%B3%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AFA.jpg

2020年04月22日

今日(4月22日・その2)の一枚

今年又 エゾエンゴサク 庭に咲き

 庭のエゾエンゴサクが咲いている。移植したものが根付いたようで毎年花を見せてくれる。傍には花を下向きにしてスノードロップが並んでいる。別の場所にはカタクリの花が満開状態である。この時期、花々が一気に開いていくので目が離せない。

4%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E5%8F%88%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%80%80%E5%BA%AD%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%8DA.jpg

今日(4月22日)の一枚

コロナ禍や 思案から飛び キレンジャク

 電線にキレンジャクの群れが止まっている。偶然1羽が飛び出し翼を広げたところが撮れた。早朝の陽の光が弱く、キレンジャクの体色がよく写っていない。それでも広げた尾羽の先の黄色が見える。連日のコロナ禍の報道を忘れる瞬間である。

4%E3%83%BB22%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E6%80%9D%E6%A1%88%E3%81%8B%E3%82%89%E9%A3%9B%E3%81%B3%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AFA.jpg

2020年04月21日

今日(4月21日・その2)の一枚

ホオジロを 撮りて真上の 俯瞰景

 散歩にズーム機能のあるデジカメと一緒にドローンを抱えて行く。野鳥が撮れた近くでドローンを上空に飛ばし空撮パノラマ写真データを得る。このデータに野鳥をはめ込むと一枚の写真で野鳥と景観を見る事が出来便利である。ただ手間はかかる。

4%E3%83%BB21%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%92%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E7%9C%9F%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BF%AF%E7%9E%B0%E6%99%AFA.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

今日(4月21日)の一枚

探鳥の 面白さ欠け キレンジャク

 曇り空の朝。家の近場で野鳥を探すが写真に撮れる鳥影が見つからず。リンゴで野鳥を呼び込んでいる家の庭に来ているキレンジャクを撮る。間近で野鳥が撮れるのは良いけれど、探鳥の面白さに欠ける。餌場の奪い合いで鳥同士が牽制している。

4%E3%83%BB21%E6%8E%A2%E9%B3%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%95%E6%AC%A0%E3%81%91%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AFA.jpg

2020年04月20日

今日(4月20日・その4)の一枚

校正の 息抜きに見る マガンかな 

 午後から雨になる。爪句集「爪句@365日の鳥果」の「あとがき」を書く。「あとがき」に記入するCFの支援者の名前を調べる。現在のところ11名ほどで、今月末の名前の締め切りまで後2,3名増えるかどうか。宮島沼のマガンの写真で息抜きする。

4%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E6%A0%A1%E6%AD%A3%E3%81%AE%E3%80%80%E6%81%AF%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(4月20日・その3)の一枚

羽にある マニキュア爪や キレンジャク

 リンゴの餌のある庭にキレンジャクが来ている。いつ見ても強面の武将のような面構えである。しかし、身体はヒヨドリも小さくて、ヒヨドリが来ると餌場から追い払われる。羽に赤い小さな突起物があり、マニュキアをした爪のように見える。

4%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%BE%BD%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%E7%88%AA%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AFA.jpg

今日(4月20日・その2)の一枚

貼りて見る 地の春色や ツツジ花

 庭の上空から見下ろした空撮写真に春の色は未だ写らない。しかし、地上では春の到来が確認できる。庭のツツジの花が咲き出し、これを空撮パノラマ写真に貼りつける。もう少しで桜前線の到達で、地上の木花の存在を空撮写真で確かめられる。

4%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%B2%BC%E3%82%8A%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E5%9C%B0%E3%81%AE%E6%98%A5%E8%89%B2%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8%E8%8A%B1A.jpg

今日(4月20日)の一枚

7年半 張り紙変わり 駅舎内

 札沼線の秘境駅豊ヶ岡駅は7年半経っても赤い屋根の木造小屋風の外観はさほど変わってはいない。内部はどうかと今回尋ねた時に撮影したパノラマ写真を処理して、爪句集第29集に印刷したQRコードで読み取った駅舎内をスマホに表示し比べる。

4%E3%83%BB20%E3%80%807%E5%B9%B4%E5%8D%8A%E3%80%80%E5%BC%B5%E3%82%8A%E7%B4%99%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%80%80%E9%A7%85%E8%88%8E%E5%86%85A.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

2020年04月19日

今日(4月19日・その3)の一枚

次々と 列車通過し 豊ヶ岡

 走る列車を上空から全球パノラマ写真に撮る場合、先ず周囲の景観データを撮っておき、走行する列車のショット写真をはめ込んで合成する。ショット写真を何枚も撮ってこれを組み合わせると、3次元空間に時間軸を加えた疑似4次元写真となる。

4%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%AC%A1%E3%80%85%E3%81%A8%E3%80%80%E5%88%97%E8%BB%8A%E9%80%9A%E9%81%8E%E3%81%97%E3%80%80%E8%B1%8A%E3%83%B6%E5%B2%A1A.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(4月19日・その2)の一枚

見納めや 列車駅出て ラストラン 

 偶然、札沼線最終運行列車を終点駅の新十津川駅上空から撮影する。駅舎は最終列車との別れを惜しむ地元の人で溢れている。写真撮影者は規制され駅構内に近づけないので、遠くから望遠ズームで撮ったものを空撮パノラマ写真に貼りつける。

4%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%A6%8B%E7%B4%8D%E3%82%81%E3%82%84%E3%80%80%E5%88%97%E8%BB%8A%E9%A7%85%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3A.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

今日(4月19日)の一枚

コロナ禍が 駅の最後を 早めたり

 昨日までの美唄行の写真の整理。札沼線の秘境駅豊が駅のホームで撮ったパノラマ写真を処理する。この駅は爪句集第29集にも駅舎内外のパノラマ写真を載せている。路線廃止で周知の最終運行日がコロナ禍で急遽撮影翌日になるとは知らなかった。

4%E3%83%BB19%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%8C%E3%80%80%E9%A7%85%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%82%92%E3%80%80%E6%97%A9%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年04月18日

今日(4月18日)の一枚

日の出景 マガン加えて 西美唄

 日の出時刻に、連泊した旧西美唄小学校の旧グラウンドでドローンを上げ空撮。陽は美唄の東側の夕張山地の稜線から昇ってくる。北側に雪を冠した樺戸山地の高山が屹立して見える。西方向にある宮島沼から飛び立ったマガンが空を飛行して行く。

4%E3%83%BB18%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%AF%E3%80%80%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%A2%E5%8A%A0%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E8%A5%BF%E7%BE%8E%E5%94%84A.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年04月17日

今日(4月17日・その2)の一枚

突然の 最終ランを 撮り得たり

 廃止予定の札沼線終点の新十津川駅に向かう。駅前通にパトカーが居て道路が封鎖されている。駅前を避け列車止めのある空き地でドローンを上げ到着列車を空撮。夕刊記事にあるように札沼線の突然の最終ランで撮り鉄の規制が行われたのを知る。

4%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%AA%81%E7%84%B6%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9C%80%E7%B5%82%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%92%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E5%BE%97%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

今日(4月17日)の一枚

陽昇れば 鳥影の無く 青き沼

 宮島沼に飛来しているマガンのねぐら立ちを撮りに行く。夜湖面で休んでいるマガンが日の出前にいっせいに飛び立つ。薄暗い中マガンの飛ぶ光景を上手く写せない。飛び立った後の鳥影の無い沼を空撮し、早朝マガンで埋まる沼の様子を貼り付ける。

4%E3%83%BB17%E9%99%BD%E6%98%87%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E9%B3%A5%E5%BD%B1%E3%81%AE%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%80%80%E9%9D%92%E3%81%8D%E6%B2%BCA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年04月16日

今日(4月17日・その4)の一枚

パノラマに マガンが写り ねぐら入り

 札沼線豊ヶ岡駅で列車空撮後宮島沼に寄り、マガンのねぐら入りを見る。暗くなってくるにしたがって、マガンのグループが沼を目指して帰ってくる。岸辺で巨大望遠レンズを構えた撮影者が待機している。魚眼レンズでは鳥影を大きく写せない。

4%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%AB%E3%80%80%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%86%99%E3%82%8A%E3%80%80%E3%81%AD%E3%81%90%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

今日(4月16日・その3)の一枚

秘境駅 列車カラ類 記念撮り

 普通列車に乗り美唄まで行く。美唄駅で北科大M教授の二人乗りの車に乗車、廃線予定の札沼線の撮影駅を物色して回る。秘境駅の評判の高い豊ケ岡駅で浦臼行きの列車を待って空撮。最終ランのため2両編成である。駅舎近くの林でカラ類を撮る。

4%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%A7%98%E5%A2%83%E9%A7%85%E3%80%80%E5%88%97%E8%BB%8A%E3%82%AB%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%80%80%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(4月16日・その2)の一枚

キジバトや 流行り距離取り 破りたり

 庭の境界の鉄柵のところにキジバトの番が止まる。始めは最近流行りのソーシアルディスタンシングよろしく離れていたのがいつの間にか間合いが縮まり、雄が雌の背中に乗って事が始まる。短時間で上下でどんな絡み合いなのかはっきり見えない。

%E3%82%AD%E3%82%B8%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%84%E3%80%80%E6%B5%81%E8%A1%8C%E3%82%8A%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%80%80%E7%A0%B4%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(4月16日)の一枚

札沼線 撮り収めかな 日の出撮る

 朝刊に札沼線の最終運行を24日に前倒しの記事。当初のGWの連休最終日の最終運行日では全国からの鉄チャンが集まるのを懸念したコロナ対策。ラストラン撮影の自粛も出された。今日は同路線の適当な駅で列車の撮影で、その準備で日の出空撮。

4%E3%83%BB16%E6%9C%AD%E6%B2%BC%E7%B7%9A%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E5%8F%8E%E3%82%81%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

2020年04月15日

今日(4月13日・その2)の一枚

リンゴ代 払いもせずに 無許可撮り

 野鳥の餌用にリンゴを庭の木に置いてある家がある。良くヒヨドリが来てリンゴを啄んでいる。今朝はキレンジャクが来ていた。飛来した群れから離れた個体がリンゴを狙っている。リンゴ代もかかる事だろうと思いながら庭の無許可撮りである。

4%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E4%BB%A3%E3%80%80%E6%89%95%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%80%80%E7%84%A1%E8%A8%B1%E5%8F%AF%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(4月15日)の一枚

花と鳥 天空に置き 曇り朝

 曇り空の朝、道端にチオノドクサが咲いている。園芸種が逸出して土手に群生している。花名はギリシャ語で「雪の輝き」を意味する。松の枝先ではホオジロが鳴いている。空撮を行いパノラマ写真に花と鳥を配する。山には残雪があり少し寒い。

4%E3%83%BB15%E8%8A%B1%E3%81%A8%E9%B3%A5%E3%80%80%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AB%E7%BD%AE%E3%81%8D%E3%80%80%E6%9B%87%E3%82%8A%E6%9C%9DA.jpg

2020年04月14日

今日(4月14日・その3)の一枚

コロナ禍は 我が身に及び 豆本展

 新型コロナウィルス感染防止のため道立文学館は今日から休館である。4月11日から始まった豆本ワールドの常設展は月曜日が休館日なので土曜日、日曜日の2日間開いてから長い休みに入った。2日間で片手ぐらいの来館者ではなかったかと予想。

4%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%AF%E3%80%80%E6%88%91%E3%81%8C%E8%BA%AB%E3%81%AB%E5%8F%8A%E3%81%B3%E3%80%80%E8%B1%86%E6%9C%AC%E5%B1%95A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2020年4月11日撮影)

2020年04月13日

今日(4月13日・その4)の一枚

土起す 傍に寄り来て 虫捕らえ

 庭の畑を起こしていると近くまでハクセキレイが寄ってくる。見ていると起こした土の中から虫を探し出している。何の虫か分からない。ハクセキレイは地面とか水辺で餌を探す野鳥である。それにしても畑起しの横で餌を探す技には脱帽である。

4%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%9C%9F%E8%B5%B7%E3%81%99%E3%80%80%E5%82%8D%E3%81%AB%E5%AF%84%E3%82%8A%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%80%80%E8%99%AB%E6%8D%95%E3%82%89%E3%81%88A.jpg

今日(4月13日・その3)の一枚

1枚に 3点セット 日課メモ

 天気が良いと散歩に出掛け、空き地や近くの山林でドローンを飛ばして空撮を行う。ついでに空撮前後で野鳥撮影を行う。探鳥と空撮の散歩で運動量を確保して朝食前の3点セットの日課にしている。今朝は日の出、シジュウカラ、4千歩となる。

4%E3%83%BB13%E3%80%801%E6%9E%9A%E3%81%AB%E3%80%803%E7%82%B9%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E6%97%A5%E8%AA%B2%E3%83%A1%E3%83%A2A.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年04月12日

今日(4月12日・その4)の一枚

古希の人 ブログ閉めたり 林住期

 北海道新聞社から「札幌の秘境」(2009・6)、「風景印でめぐる札幌の秘境」(2009・12)、「さっぽろ花散歩」(2010・4)を出版した時の発行者は同社の中山明展氏。同氏は退職後もブログを続け、本日で終了。勉強会時の氏の写真を合成する。

4%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%8F%A4%E5%B8%8C%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E5%8D%92%E6%A5%AD%E3%80%80%E6%9E%97%E4%BD%8F%E6%9C%9FA.jpg

(パノラマ写真、2017・11・16撮影)

今日(4月12日・その2)の一枚

カラ類と 予想し撮りて コゲラなり

 込み入った枝の間を一所に留まらず忙しく動き回る野鳥がいる。カラ類かと撮って拡大するとコゲラである。いつもは木の幹に止まり、ゆっくり移動する鳥と思っていると結構動きが早い。朝日が新芽を染めていてその芽を食べているのだろうか。

4%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%A9%E9%A1%9E%E3%81%A8%E3%80%80%E4%BA%88%E6%83%B3%E3%81%97%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B3%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(4月12日)の一枚

コロナ禍の 心配よそに 日の出かな

 今朝は辛うじて日の出に間に合う。散歩道の小高い場所に着くと同時ぐらいに太陽が雲の上に現れる。刻々と円形になってくる陽を撮る。高いビルがシルエットになって写る。地上に新型コロナ騒動があっても、この日の出の景観は毎年変わらない。

4%E3%83%BB12%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%82%88%E3%81%9D%E3%81%AB%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年04月11日

今日(4月11日・その5)の一枚

オシドリを 採録忘れ 爪句集

 中島公園にある道立文学館に行ったついでに同園内の菖蒲池で水鳥を撮る。カモに交じってオシドリが泳いでいる。雄のオシドリで、それにしても派手な身の飾りである。出版進行中の野鳥の爪句集にオシドリを採録していなかったのに気がつく。
4%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%92%E3%80%80%E6%8E%A1%E9%8C%B2%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

今日(4月11日・その4)の一枚

コロナ禍や 三密皆無 文学館

 今日から始まった道立文学館の「豆本ワールド」展のパノラマ写真撮影に行く。同館専務理事の野村氏と立ち話。新型コロナによる外出自粛のせいもあり、同館に居た1時間に訪問者は一人も居なかった。密集・密接・密閉の三密とは無縁だった。

4%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%82%84%E3%80%80%E4%B8%89%E5%AF%86%E7%9A%86%E7%84%A1%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%A4%A8A.jpg

(パノラマ写真)

今日(4月11日・その3)の一枚

CFの 支援者増えず 豆本展

 北海道新聞に野鳥の爪句集出版の支援を募っているクラウドファンディング(CF)の広告が出る。丁度今日から道立文学館の常設展アーカイブで「豆本ワールド」が始まる。豆本展の爪句集展示とスマホに取り込んだ前記CFの広告を並べて撮る。

4%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89CF%E3%81%AE%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8F%B4%E8%80%85%E5%A2%97%E3%81%88%E3%81%9A%E3%80%80%E8%B1%86%E6%9C%AC%E5%B1%95A.jpg

今日(4月11日・その2)の一枚

天使来て コロナ禍除く 希望撮り

 日の出に遅れて起きる。東の地平に雲があり、雲から陽が顔を出すのが日の出時刻よりかなり後なので散歩道の坂の上から撮影する。天使の梯子が見えている。梯子の先の下界のビルがシルエットになって写っている。コロナ禍が嘘のようである。

4%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E9%99%A4%E3%81%8F%E3%80%80%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2020年04月10日

今日(4月10日・その3)の一枚

朝日差し 花芽胸毛が 赤味帯び

 閉園中の果樹園の中を歩いていると小さな野鳥が飛んでいる。なかなかカメラで捕らえられない。どうにか撮ったものを拡大するとハシブトガラのようである。サクランボの花芽が朝日に光っている。ハシブトガラの胸も少し赤味を帯びて見える。

4%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E6%9C%9D%E6%97%A5%E5%B7%AE%E3%81%97%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%8A%BD%E8%83%B8%E6%AF%9B%E3%81%8C%E3%80%80%E8%B5%A4%E5%91%B3%E5%B8%AF%E3%81%B3A.jpg

今日(4月10日)の一枚

氷粒 陽に輝きて フキノトウ

 夜に降った雪が解けずにフキノトウの周囲を埋めている。雪というより霰だったようで氷の粒が朝日に輝いている。その上を歩くとサクサクと音がして気持ちが良い。雪の中のフキノトウは春の訪れの印象を強める。雌雄株があり写真は雄株である。

4%E3%83%BB10%E6%B0%B7%E7%B2%92%E3%80%80%E9%99%BD%E3%81%AB%E8%BC%9D%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%88%E3%82%A6A.jpg

2020年04月09日

今日(4月9日・その2)の一枚

天空の 野鳥(とり)に代わりて ドローンかな

 朝はすぐ解けてしまう雪が降る。雪が止んだので散歩道脇の空き地で空撮を行う。道に沿ってある立木に鳥影を求めるけれど都合よく見つからない。野鳥の代わりに地面近くでドローンをホバリングさせ撮った写真を空撮パノラマ写真に貼りつける。
4%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E3%81%AB%E4%BB%A3%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg
(空撮パノラマ写真)

今日(4月9日・その2)の一枚

天空の 野鳥(とり)に代わりて ドローンかな

 朝はすぐ解けてしまう雪が降る。雪が止んだので散歩道脇の空き地で空撮を行う。道に沿ってある立木に鳥影を求めるけれど都合よく見つからない。野鳥の代わりに地面近くでドローンをホバリングさせ撮った写真を空撮パノラマ写真に貼りつける。
4%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E3%81%AB%E4%BB%A3%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg
(空撮パノラマ写真)

今日(4月9日)の一枚

学生や 挑戦演じ テレビかな 

 NHK総合TVの北海道番組「ひるナマ」で北科大宇宙開発研究同好会を取材した「夢の宇宙へ 大学生たちの挑戦」を視る。舞台裏を見ているので番組制作者の視点となる。挑戦の演出が今一。今日の曇り空の空撮写真に番組の一場面を貼り付ける。

4%E3%83%BB9%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%84%E3%80%80%E6%8C%91%E6%88%A6%E6%BC%94%E3%81%98%E3%80%80%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年04月08日

今日(4月8日・その2)の一枚

追い駆けて 狩猟民族 日の出撮り

 写真撮影は農耕民族と狩猟民族に分けられそうである。前者は写す対象の現れるのを待ってある場所に待機し、時が至れば撮影に入る。後者は撮影対象を求めて歩き、歩きの途中でシャッターチャンスを生かす。散歩時では狩猟民族の撮影になる。

4%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%BF%BD%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%A6%E3%80%80%E7%8B%A9%E7%8C%9F%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(4月8日)の一枚

日の出撮り 政府宣言 遅れたり

 曇り空で日の出を期待せずに朝の散歩。ふと東空に目をやると赤い太陽が出ている。慌てて周囲の雑景に邪魔されず珍しい色の太陽を撮れる場所まで駆けていった時には一部雲に隠れる。朝刊に報道されている政府の緊急事態宣言の遅れと重なる。

4%E3%83%BB8%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%80%80%E9%81%85%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2020年04月06日

今日(4月6日・その2)の一枚

人面に 見える野鳥(とり)居て カワラヒワ

 今までは不要不急の用事であっても教養(今日用)のため街に出掛けていた。それが最近の外出自粛要請で家の周囲を散歩する程度。野鳥を撮る機会も減り、今日は家の近くで2,3枚撮っただけである。後ろ姿が人面に見えるカワラヒワが撮れた。

4%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%BA%BA%E9%9D%A2%E3%81%AB%E3%80%80%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

今日(4月6日)の一枚

淡雪や 花は眠りて 日の出かな

 朝起きて外を見ると屋根にうっすらと雪が乗っている。東の空が赤く染まって来て、地平線と空を埋める雪雲の間に日の出が見える。急いで庭に出て空撮。その後陽は雲に隠れて姿を現さなかった。庭のクロッカスは淡雪の中花を閉じたままである。

4%E3%83%BB6%E6%B7%A1%E9%9B%AA%E3%82%84%E3%80%80%E8%8A%B1%E3%81%AF%E7%9C%A0%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年04月05日

今日(4月5日・その3)の一枚

CFの リターンも揃い 支援待ち

 爪句集第43集「爪句@365日の鳥果」出版のためのクラウドファンディング(CF)を公開中である。リターン(返礼品)として出版予定の爪句集と爪句集に載せたオオアカゲラの写真のレーザー彫刻コースターで、北科大のH君に作製してもらう。
(CFはhttps://find-h.jp
4%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89CF%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%82%E6%8F%83%E3%81%84%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8F%B4%E5%BE%85%E3%81%A1A.jpg

今日(4月5日)の一枚

セピア色 写真の一人 残りたり

 スキャナーで取り込んだ写真を探す。最近撮るデジカメの膨大な枚数の写真は1枚のセピア色の写真に敵わない。写真の面に手書き文字が読み取れる。経緯が変わればこれが自分の姓になっていたはずである。4月4日が父子の命日の偶然に驚く。

4%E3%83%BB5%E3%82%BB%E3%83%94%E3%82%A2%E8%89%B2%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AE%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2020年04月04日

今日(4月4日・その4)の一枚

週末や 不要不急の 土手歩き

 新型コロナウィルス封じ込めで、不要不急の外出自粛の言葉が呪縛となる。毎日を不要不急で過ごしていて、このままでは家に籠って運動不足となる。その解消のため中の川の土手道を歩く。雪解け水の勢いのある流れの傍にフキノトウが見える。

4%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E9%80%B1%E6%9C%AB%E3%82%84%E3%80%80%E4%B8%8D%E8%A6%81%E4%B8%8D%E6%80%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E5%9C%9F%E6%89%8B%E6%AD%A9%E3%81%8DA.jpg

今日(4月4日・その3)の一枚

コロナ禍で 写る都心の 人出減

 最近は日の出時刻の空撮パノラマ写真ばかり撮っている。たまには地上のパノラマ写真を記録として残しておこうかと散歩道で日の出の撮影。道の脇に雪が未だ残っている。新型コロナウイルスの影響で、写真に写る街の週末の人出は少ないだろう。

4%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D%E3%81%A7%E3%80%80%E5%86%99%E3%82%8B%E9%83%BD%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BA%BA%E5%87%BA%E6%B8%9BA.jpg

(パノラマ写真)

今日(4月4日・その2)の一枚

昇る陽の 縁の揺らぎや コロナ因

 空の状態で輝きが押さえられた昇る太陽を撮る。良く見ると太陽の縁が揺らいだような画像で写っている。太陽の表面の揺らぎ画像に写真に写らないコロナの影響があるのかも知れない。地上では目に見えない新型コロナウィルスの猛威がある。

%E6%98%87%E3%82%8B%E9%99%BD%E3%81%AE%E3%80%80%E7%B8%81%E3%81%AE%E6%8F%BA%E3%82%89%E3%81%8E%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%9B%A0A.jpg

今日(4月4日)の一枚

初知識 数学難問 ABC

 最近は朝コーヒーを淹れながら朝刊に目を通す事が多い。新型コロナウィルス関連の記事で埋め尽くされているような紙面で、「ABC予想京大教授証明」の記事が目に留まる。こんな数学上の難問があって、それに挑戦する数学者の存在と快挙を知る。

4%E3%83%BB4%E5%88%9D%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%80%80%E6%95%B0%E5%AD%A6%E9%9B%A3%E5%95%8F%E3%80%80ABC%20A.jpg

2020年04月03日

今日(4月3日・その2)の一枚

クロッカス 一番咲きや 珍しき

 クロッカスが咲いているのを見つける。これから庭を埋め尽くすように咲いてくる花で、盛りになれば珍しくもない春の花である。しかし、雪が残っている庭に一番で咲いて来る花を見つけると物珍しく感じる。日差しが強まって後頭部が熱い。

4%E3%83%BB3%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%80%80%E4%B8%80%E7%95%AA%E5%92%B2%E3%81%8D%E3%82%84%E3%80%80%E7%8F%8D%E3%81%97%E3%81%8DA.jpg

2020年04月02日

今日(4月2日・その3)の一枚

文学館 HP貼付け 豆本展

 道立文学館のN専務理事から、同館の展覧会「豆本ワールド」が企画されていて、爪句集の展示もあり、4月11日から開催予定との電話連絡がある。以前爪句集寄贈時に館内で撮影したパノラマ写真を探し出し、同館のHPを切り出し貼りつけてみる。

42%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E3%80%80HP%E8%B2%BC%E4%BB%98%E3%81%91%E3%80%80%E8%B1%86%E6%9C%AC%E5%B1%95A.jpg

(パノラマ写真)

今日(4月2日・その2)の一枚

野鳥撮り 手抜きでミラーの スズメかな

 曇り空で朝の天気は良く無い。空撮散歩には行かずポストに郵便物を投函に行くことで散歩代わりにする。しかし、往復3千歩に届かない。道路のミラーにスズメが止まっているのを撮り、今日の野鳥撮影とする。手抜きの朝の日課で帰宅後朝食。

4%E3%83%BB2%E9%87%8E%E9%B3%A5%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E6%89%8B%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%81%A7%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(4月2日)の一枚

昔住む 町に分身 書が移住

 浦河町立図書館からメールで写真が送られてくる。以前に寄贈した爪句集全巻の特集コーナーが設けられたということで爪句集の他にもスケッチ集等も並べられている。先月3月14日に北海道新聞に掲載された爪句集に関する記事も展示されている。

4%E3%83%BB2%E6%98%94%E4%BD%8F%E3%82%80%E3%80%80%E7%94%BA%E3%81%AB%E5%88%86%E8%BA%AB%E3%80%80%E6%9B%B8%E3%81%8C%E7%A7%BB%E4%BD%8FA.jpg

2020年04月01日

今日(4月1日・その2)の一枚

空撮や 腰を下ろして 締まり雪 

 締まり雪の山の斜面を長靴で登ってきて上空の開けた場所でドローンを飛ばす。機体を7 m上空でホバリングさせ、操縦している我が姿を空撮パノラマ写真に撮る。雪が後退した場所は笹が起き上がってきて、もう少し経てばここは歩けなくなる。

4%E3%83%BB1%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%82%84%E3%80%80%E8%85%B0%E3%82%92%E4%B8%8B%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E7%B7%A0%E3%81%BE%E3%82%8A%E9%9B%AAA.jpg

今日(4月1日)の一枚

今年また 妻は信じて 四月馬鹿

 裏山の雪の斜面に座って空撮を行っている時、上空を今まで見たことのない大型の野鳥が飛んで行くところを撮ることができた。これはラッキー。首の周囲に白い毛が見える。何の鳥か見当もつかず。誰か心当たりがあれば教えて。今日から4月。

4%E3%83%BB1%E3%80%804%E6%9C%88%E9%A6%AC%E9%B9%BF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%ABA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月31日

今日(3月31日・その2)の一枚

巣を探す 野鳥(とり)の目「キラリ」 光りたり

 朝の散歩の帰り道、家の傍でシジュウカラを撮る。目に太陽の光を反射した輝点が写る。漫画の1コマに描かれたら「キラリ」と説明が描き込まれだろう。シジュウカラは家の近くで巣になるところを探している様子である。3月は今日で終わる。

3%E3%83%BB31%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%B7%A3%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%99%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%80%8C%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%80%8D%E3%80%80%E5%85%89%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

2020年03月30日

今日(3月30日・その3)の一枚

成都から 著名人の死 伝えられ 

 スマホの着信音が鳴ったのでWeChatを見る。西南交通大学の侯進先生から志村けん氏が新型コロナウィルスで亡くなったニュースが転送されてくる。直ぐに正午のNHKのニュースで確かめる。中国から先に伝えられるとは。コロナウィルスは恐ろしい。

3%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%88%90%E9%83%BD%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%80%E8%91%97%E5%90%8D%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%AD%BB%E3%80%80%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8CA.jpg

今日(3月30日・その2)の一枚

天気欄 陽印(ひじるし)飛び出 日の出かな

 新聞の天気予報欄には全道見事に晴れマークが並んでいる。日の出前に家を出て裏山のしまり雪の斜面を長靴だけで登る。途中の空の開けた場所で日の出を待ってドローンを上げて空撮を行う。朝日が差し込んで来る冬と春の境目の景観が広がる。

3%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A4%A9%E6%B0%97%E6%AC%84%E3%80%80%E9%99%BD%E5%8D%B0%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%81%98%E3%82%8B%E3%81%97%EF%BC%89%E9%A3%9B%E3%81%B3%E5%87%BA%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月29日

今日(3月29日・その2)の一枚

元気人 出演番組 最終日

 HBCラジオの日曜日番組に「ほっかいどう元気びと」がある。フリーキャスターの村井裕子さんがインタビュアーとなって2011年から続いている。本日が番組最終日でゲストは川内谷幸恵さん。2018年7月8日の出演記事を今朝の空撮写真に貼る。

3%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%85%83%E6%B0%97%E4%BA%BA%E3%80%80%E5%87%BA%E6%BC%94%E7%95%AA%E7%B5%84%E3%80%80%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5A.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月28日

今日(3月28日)の一枚

ウィルスを 気にせず散歩 ヒガラ撮り

 東京都は新型コロナウィルス感染の爆発的拡大のオーバーシュートの瀬戸際で外出の自粛要請が出される。自由に外の散歩も出来なくなるのは困った事だと考えながら自宅の近くを散歩。ヒガラが枝に止まって鳴いているけれど逆光で良く撮れず。

%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%92%E3%80%80%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%9B%E3%81%9A%E6%95%A3%E6%AD%A9%E3%80%80%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%A9%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2020年03月27日

今日(3月27日・その3)の一枚

ワカン履き 鳥撮り空撮 難事なり

 ワカンを履いていても所々で雪解けが進む積雪に埋まりながら西野市民の森の散策路を歩く。足元に注意を集中して、目を上げて野鳥観察をする余裕がない。それでもオオアカゲラを見つけて撮影する。撮影場所の近くでドローンを上げ空撮する。

3%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%AF%E3%82%AB%E3%83%B3%E5%B1%A5%E3%81%8D%E3%80%80%E9%B3%A5%E6%92%AE%E3%82%8A%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%80%80%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月27日・その2)の一枚

雪解けの 木橋ワカンで 難渡り

 西野市民の森の散策路をワカンを履いて歩く。ワカンの底に大きな金属の爪があり、雪の無い所で歩くのは難しい。散策路の小川に架かる木橋の積雪の一部が解け、ここをワカンを履いて渡るのに細心の注意。道の途中で雪に埋まり抜けず難儀する。

3%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E8%A7%A3%E3%81%91%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9C%A8%E6%A9%8B%E3%83%AF%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%80%80%E9%9C%87%E3%81%88%E8%A1%8C%E3%81%8DA.jpg

今日(3月27日)の一枚

ウィルスや 我関せずと シメの居り

 連日新型コロナウィルスのニュースで世の中騒がしい。東京都は感染拡大のオバーシュートから首都封鎖のロックダウンの言葉も飛び交う。それでも季節は着実に進み、春の気配が濃厚である。朝食前にふらりと外に出て枝で丸まったシメを撮る。

3%E3%83%BB27%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%84%E3%80%80%E6%88%91%E9%96%A2%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%81%A8%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%81%AE%E5%B1%85%E3%82%8AA.jpg

2020年03月26日

今日(3月26日・その2)の一枚

雪消えて ナニワズ花芽 開花待ち 

 庭の積雪に埋もれていても緑を保っているナニワズの低木が、雪解けとともに姿を現して来た。花芽はあるものの花は開いていない。開くと4花弁の黄色い花となる。山道でも見かけるけれど最近その場所に行っていないので開花は確かめていない。

3%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%8A%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%82%BA%E8%8A%B1%E8%8A%BD%E3%80%80%E9%96%8B%E8%8A%B1%E5%BE%85%E3%81%A1A.jpg

今日(3月26日)の一枚

「ひと」欄の 学生居らず 三年(みとせ)前

 道新の「ひと-2020」欄に「情報通信技術の起業家甲子園で最優秀賞」を受賞した北海道科学大の芳賀和輝君と森一茶君が取り上げられている。同大構内で2017年5月7日に空撮を行った未処理のデータの空撮パノラマ写真と新聞記事を合成する。

3%E3%83%BB26%E3%80%8C%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%80%8D%E6%AC%84%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%B1%85%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%80%E4%B8%89%E5%B9%B4%EF%BC%88%E3%81%BF%E3%81%A8%E3%81%9B%EF%BC%89%E5%89%8DA.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真、2017年5月7日空撮、道新記事2020年3月26日)

2020年03月25日

今日(3月25日・その2)の一枚

紙面貼り 五輪延期の 記録かな

 裏山の林の縁で空撮。その後かんじきを履いて林を歩く。野鳥は撮れず、帰宅して新聞の東京五輪の1年延期の記事を読む。記録のため今日の空撮パノラマ写真に貼りつける。マラソン・競歩は札幌会場が維持されるとあるので来年は見られるか。

3%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%B4%99%E9%9D%A2%E8%B2%BC%E3%82%8A%E3%80%80%E4%BA%94%E8%BC%AA%E5%BB%B6%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%80%80%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

今日(3月25日)の一枚

独日の 首相の差見る 発信力

 北大電子1期生のS君からメールが届く。新型コロナウィルス対応でメルケル首相がドイツ国民へ送ったスピーチが添付されている。拙著にミュンヘンのアレックス一家の記事がある。同家は今どうなっているか本の写真を見て思い出している。

2%E3%83%BB25%E7%8B%AC%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E9%A6%96%E7%9B%B8%E6%AF%94%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%80%80%E7%99%BA%E4%BF%A1%E5%8A%9BA.jpg

2020年03月24日

今日(3月24日・その2)の一枚

アンテナの シメは逃げたり ドローン撮 

 朝ホテルでの朝食会に出掛けるが連絡無しの中止。コロナウィルスの影響だろう。出版社に寄り爪句集第43集の原稿を渡す。帰宅してアンテナに止まっているシメを撮る。ドローンを飛ばし、20 m上空から空撮。シメの止まったアンテナが写る。

3%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%81%AF%E9%80%83%E3%81%92%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%92%AEA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月24日)の一枚

CFの 企画・実行 連鎖かな

 公開が始まったクラウドファンディング(CF)のリターン(返礼品)に野鳥のレーザー彫刻コースターを予定している。デザインに利用したオオアカゲラの写真はCFで既に出版した爪句集第42集に採録した。CFのチェーン・プロジェクトである。

3%E3%83%BB24%E3%80%80CF%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BC%81%E7%94%BB%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%80%80%E9%80%A3%E9%8E%96%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年03月23日

今日(3月23日・その2)の一枚

積雪の 名残の如く 雪の花

 庭のフェンスの横の積雪が解け、枯葉に覆われた地面に例年通りにスノードロップが顔を出している。いよいよ花の季節の到来で写真の被写体に事欠かなくなる。野鳥の爪句集の原稿もほぼ整理がついて、そろそろ野鳥から花にシフトかなと思う。

3%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A9%8D%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%80%80%E5%90%8D%E6%AE%8B%E3%81%AE%E5%A6%82%E3%81%8F%E3%80%80%E9%9B%AA%E3%81%AE%E8%8A%B1A.jpg

今日(3月23日)の一枚

CFに 1番乗りの 支援かな

 クラウドファンディング(CF)に支援があったとメールが届く。CFの企画書の詰めで問い合わせがあり回答しておいた。その返事がなく公開の審査中かと思っていたので少々驚く。支援者はM氏で毎回1番乗りで、その記録を爪句集原稿と重ねる。

3%E3%83%BB23%E3%80%80CF%E3%81%AB%E3%80%801%E7%95%AA%E4%B9%97%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg
ここをクリックでCFのfind Hの画面が表示されます

2020年03月22日

今日(3月22日・その3)の一枚

雪解けの 水に咲いたり フキノトウ

 山道で雪解け水が水溜まりを作っている。水の中にフキノトウが見える。今年初めて見るフキノトウである。雪解けは目に見えて進み、雪の下の植物が次々と顔を出してくる。世の中コロナウィルス騒動で変調を来していても、自然の巡りは順調だ。

3%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%9B%AA%E8%A7%A3%E3%81%91%E3%81%AE%E3%80%80%E6%B0%B4%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%88%E3%82%A6A.jpg

今日(3月22日・その2)の一枚

冠雪の 増毛山地も 写りたり

 早朝裏山に行き、日の出時にドローンを飛ばし130 mの上空から空撮。冠雪の増毛山地の山々も写る。空撮後野鳥を探して雪の林を歩く。長靴のつぼ足で所々で深く雪に埋まり、探鳥がままならず。帰り道で撮ったヒヨドリを空撮写真に貼り付ける。

3%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%86%A0%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A2%97%E6%AF%9B%E5%B1%B1%E5%9C%B0%E3%82%82%E3%80%80%E5%86%99%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月22日)の一枚

自己予測 当たり外れは ブログネタ  

 確たる根拠もないけれど、自分なりの予測で世の中を見ている。朝刊に「五輪通常開催に暗雲」の見出しを目にする。多分五輪は延期になるだろう。1ビットコインはこの24時間で10万円の変動。五輪の新シナリオが決まる頃は80万円と予想する。

3%E3%83%BB22%E8%87%AA%E5%B7%B1%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%80%80%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E5%A4%96%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%82%BFA.jpg

2020年03月21日

今日(3月21日)の一枚

シジュウカラ 止まる電線 探したり

 新聞の天気予報欄に全道にわたり晴れマークが並ぶ。風は少し冷たいものの春が近づいている感じ。セーター姿で家の近くを歩き、電線に止まったシジュウカラを撮る。その写真だけでは物足りないので空撮を行い、空撮写真にシジュウカラを貼る。

3%E3%83%BB21%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%80%80%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8B%E9%9B%BB%E7%B7%9A%E3%80%80%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月20日

今日(3月20日・その2)の一枚

雨降りに 亀の怪獣 首もたげ

 昨日届いた手紙の返事を書いたのでポストに投函しに行く。一番近くのポストまで往復2千歩程度になり、これが今日のサルコペニア防止対策である。帰り道、雪解けで首をもたげた亀の怪獣のように見える偶然の造形を撮り、ブログの記事にする。

3%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%A8%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%80%80%E4%BA%80%E3%81%AE%E6%80%AA%E7%8D%A3%E3%80%80%E9%A6%96%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%92A.jpg

2020年03月19日

今日(3月19日・その2)の一枚

いつの日か リターンにしたき 画文集

 手紙が届く。先日の道新のインタビュー記事「興味深人」を読んで触発され、「文章とスケッチ」にチャレンジしたい旨が書かれている。以前贈った「私のカード画画廊」にも言及されている。手紙の主は新聞等に名前を見る道経済界の重鎮である。

3%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%8B%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8D%E3%80%80%E7%94%BB%E6%96%87%E9%9B%86A.jpg

今日(3月19日)の一枚

凍る雪 割らぬようにと 歩を進め 

 日の出を撮ろうと家を出るが時は既に遅しで、雲の無い空で陽が輝いている。林に入り雪の上を歩く。積雪の表面は雪の氷のようになっていて体重をかけないようにして歩く。しかし、所々で雪の氷は割れ、脚が脛の上辺りまで埋まってしまう。

3%E3%83%BB19%E5%87%8D%E3%82%8B%E9%9B%AA%E3%80%80%E5%89%B2%E3%82%89%E3%81%AC%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%80%80%E6%AD%A9%E3%82%92%E9%80%B2%E3%82%81A.jpg

2020年03月18日

今日(3月18日・その2)の一枚

サルコペニア 文字恐ろしく 散歩かな

 新聞朝刊に載った識者のフレイル予防の見解を読む。筋肉の衰えのサルコペニアは身体的なフレイルの原因となる、が頭に残り西野市民の森の雪道を歩く。散策路の表示が積雪のため低い場所になっている。長靴でつぼ足で歩くと所々雪に埋まる。

3%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%97%E6%81%90%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F%E3%80%80%E6%95%A3%E6%AD%A9%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年03月17日

今日(3月17日・その3)の一枚

鬼の顔 新芽潜みて ハリエンジュ

 雪で埋まった小川沿いの道にニセアカシアの小木がある。どれも細い枝に鋭い棘が並んでいる。ハリエンジュ(針槐)の呼び名もある。棘の中央に葉痕があり鬼の顔のようにも見える。鬼の顔の下に冬芽が潜んでいて春になると新芽が出てくる。

3%E3%83%BB17%E9%AC%BC%E3%81%AE%E9%A1%94%E3%80%80%E6%96%B0%E8%8A%BD%E6%BD%9C%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5A.jpg

今日(3月17日・その2)の一枚

シジュウカラ 森には居らず 川で撮る

 日の出前の暗い内に散歩に出掛ける。朝焼け空を期待したのだが期待外れ。林の中でドローンを上げて空撮後、近くで野鳥を探すが見つからず。帰り道中の川でシジュウカラを撮る。「ダーウィンが来た」の番組通り住宅近くで見かける野鳥である。

3%E3%83%BB17%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%80%80%E6%A3%AE%E3%81%AB%E3%81%AF%E5%B1%85%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%80%E5%B7%9D%E3%81%A7%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月16日

今日(3月16日・その2)の一枚

雪降りに 丸きハトの目 何映す

 雪が少し小降りになったので庭で空撮。都心部のビル群がかすかに写る。天空に貼りつける鳥の写真は自宅前の電線に止まっているハトである。空撮写真で電柱はかろうじて確認できるが電線とハトは見えない。ハトの目玉の丸さが印象的である。

3%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%80%80%E4%B8%B8%E3%81%8D%E3%83%8F%E3%83%88%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%80%80%E4%BD%95%E6%98%A0%E3%81%99A.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月16日)の一枚

雪降りに スマホで撮りて マンホール

 早朝近くの山林を歩くため家を出るが雪が降ってくる。写真が撮れず帰宅。これはという被写体がなかったので家の前のマンホールを撮る。「爪句@マンホールのある風景―上」に収録したパノラマ写真と並べてみる。中、下の取材が残っている。

3%E3%83%BB16%E9%9B%AA%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%A7%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%ABA.jpg

2020年03月15日

今日(3月15日・その3)の一枚

空港の 建物不一致 謎残り

 航空機を利用してサルデーニャ島カリアリから本土のミラノに戻る。ミラノには国際線用のマルペンサ空港と国内線用のリナーテ空港があり、リナーテ空港に降りたはずである。空港で撮ったパノラマ写真とグーグル地図を比べて建物が一致しない。

2020%E3%83%BB3%E3%83%BB15%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E3%81%AE%E3%80%80%E5%BB%BA%E7%89%A9%E4%B8%8D%E4%B8%80%E8%87%B4%E3%80%80%E8%AC%8E%E6%AE%8B%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真、2016年3月6日撮影)

今日(3月15日・その2)の一枚

つぼ足で 歩く林や ヤナギの花芽(め) 

 つぼ足で雪の上を歩いて行ける季節になった。日中になり気温が上がると所々でかなり深くまで埋まるので、歩くのは早朝の気温の低い時間に限る。日の出が進み朝日が到達して柳の花芽がほころんでいるのを目にする。バッコヤナギのようである。

3%E3%83%BB15%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%81%A4%E3%81%BC%E8%B6%B3%E3%81%A7%E3%80%80%E6%AD%A9%E3%81%8F%E6%9E%97%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%81%AE%E8%8A%B1%E8%8A%BD%EF%BC%88%E3%82%81%EF%BC%89A.jpg

今日(3月15日)の一枚

日の出見て シジュウカラ撮る 住宅地

 果樹園の近くまで行き日の出の景観を空撮。帰り道で住宅地の近くでシジュウカラを撮る。今夕のNHK番組「ダーウィンが来た」欄に「森の小鳥シジュウカラ都会進出の意外な理由」の紹介文を見て、地味なテーマながらこれは視ておかねばと思う。

3%E3%83%BB15%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E4%BD%8F%E5%AE%85%E5%9C%B0A.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月14日

今日(3月14日・その4)の一枚

目に見えぬ コロナは陽にも 地上にも

 雲から陽が昇る直前火柱が空に向かって伸びる。太陽柱のようでもある。太陽の周囲に電気的に解離したガス層がありコロナと呼ばれている。当然肉眼視できない。以前はコロナといえば太陽を連想したが、最近は猛威を振るうウイルスが浮かぶ。

3%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E7%9B%AE%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%AC%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%AF%E9%99%BD%E3%81%AB%E3%82%82%E3%80%80%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E3%81%AB%E3%82%82A.jpg

今日(3月14日・その3)の一枚

日の出時(じ)や 拡大月に クレーター

 裏山で日の出時刻に空撮。東に昇る陽、西に月が空撮パノラマ写真に写る。しかし、太陽も月も全球パノラマ写真では見えるか見えないかぐらいの大きさである。月の拡大写真を撮り空撮パノラマ写真の天空部分に貼りつけるとクレーターが見える。

3%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%82%EF%BC%88%E3%81%98%EF%BC%89%E3%82%84%E3%80%80%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E6%9C%88%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BCA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月14日・その2)の一枚

明けの空 興味深人 記事を貼る

 道新朝刊の「興味深人」の欄に爪句集に関連したインタビュー記事。インタビュアーは筆者の北大での講義を聴いたことがある塚崎記者である。新型肺炎や株価暴落の暗い記事が並んでいるのを見て、今朝の庭の空撮パノラマ写真に記事を貼り込む。

3%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%98%8E%E3%81%91%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%80%80%E8%88%88%E5%91%B3%E6%B7%B1%E4%BA%BA%E3%80%80%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%82%92%E8%B2%BC%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年03月13日

今日(3月14日・その4)の一枚

弥生月 天気も世相も 不安定

 新聞の第1面にWHOのパンデミック表明の記事とオリンピア遺跡で東京五輪の採火式の写真が並ぶ。聖火は走り継がれてもパンデミックで五輪が行われるのだろうかと気掛かりだ。庭で空撮を行い記録のために空撮写真の天空に朝刊を貼り付ける。

%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%9C%88%E3%80%80%E5%A4%A9%E6%B0%97%E3%82%82%E4%B8%963%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E7%9B%B8%E3%82%82%E3%80%80%E4%B8%8D%E5%AE%89%E5%AE%9AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月13日・その3)の一枚

雨止みて 念の入りたる 毛繕い

 夜中から朝まで雨。この雨で雪解けが進みそうである。庭のソメイヨシノの木にヒヨドリが止まっていて、盛んに毛繕いをしている。毛が雨で濡れていてくっついたように見える。長い嘴を羽や体毛の中に入れて水分を除いているようにも見える。

3%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%9B%A8%E6%AD%A2%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BF%B5%E3%81%AE%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%80%80%E6%AF%9B%E7%B9%95%E3%81%84A.jpg

今日(3月13日)の一枚

カリアリを 見下ろして撮る 岩の丘 

 カリアリにある史跡の一つとしてローマ時代の石造りの円形闘技場がある。ただ、観光用に整備されておらず、史跡の敷地の縁を歩いて見学する。この史跡の北東方向に岩の丘がありカトリック教会がある。高台なのでカリアリの町が一望できる。

3%E3%83%BB13%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%92%E3%80%80%E8%A6%8B%E4%B8%8B%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B2%A9%E3%81%AE%E4%B8%98A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2016年3月2日撮影)

2020年03月12日

今日(3月12日・その5)の一枚

議論した 技術プロ消え やらせかな

 道新朝刊に北科大の学生同好会が開発に取り組んでいる手作り衛星を衛星軌道に放出する計画の契約が成立した記事が出る。宇宙ベンチャー企業のスペースDBの責任者と学生の代表が握手している写真が載る。関わっているプロが姿を消している。

3%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E8%AD%B0%E8%AB%96%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%80%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%97%E3%83%AD%E6%B6%88%E3%81%88%E3%80%80%E3%82%84%E3%82%89%E3%81%9B%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(パノラマ写真)

今日(3月12日・その4)の一枚

石畳 登りて行けば 神の家

 オルタ・サンジュリオの町のオルタ湖の岸にモッタ広場があり、広場から東に石畳の坂がある。坂を登っていくと教会があり、道が二手に分かれている。教会の前からオルタ湖の一部が見下ろせる。道の両側にはレストランや結婚式場、史跡が並ぶ。

3%E3%83%BB12%E7%9F%B3%E7%95%B3%E3%80%80%E7%99%BB%E3%82%8A%E3%81%A6%E8%A1%8C%E3%81%91%E3%81%B0%E3%80%80%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%AE%B6A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2016年3月6日撮影)

2020年03月11日

今日(3月11日・その4)の一枚

場所探し 旅行仲間も 写りたり 

 旅先で撮影した全球パノラマ写真とグーグル地図の場所を一致させるのは大きな都市になるとさすがに難しい。カリアリ市の場所の探索をサルデーニャ島旅行の案内役だったU氏に聞いても分からずカリアリ在住のU氏の知人に問い合わせて判明。

3%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%A0%B4%E6%89%80%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%80%80%E6%97%85%E8%A1%8C%E4%BB%B2%E9%96%93%E3%82%82%E3%80%80%E5%86%99%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、撮影2016年3月2日)

今日(3月11日・その3)の一枚

山の日の 登山の記録 天に貼る

 標高311 mの三角山の日と東日本大震災の日が重なる日で、毎年欠かさず登山している。山頂でドローンを上げて空撮。天気が悪く、晴れていれば札幌を一望する景観を撮影できない。三角山の標識と一緒に撮った自分の写真を天空に貼り付ける。

%E5%B1%B1%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E7%99%BB%E5%B1%B1%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%80%80%E5%A4%A9%E3%81%AB%E8%B2%BC%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月11日・その2)の一枚

学生や 宇宙に触手 伸ばしたり 

 道新朝刊に「学生手作り衛星 宇宙へ」の記事が載る。北科大の「宇宙開発研究同好会」の学生達のプロジェクトで、同会の紹介を昨年12月19日に勉強会eSRUでメンバーに行ってもらっている。その時撮ったパノラマ写真を処理し、記事と並べる。

3%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%84%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AB%E8%A7%A6%E6%89%8B%E3%80%80%E4%BC%B8%E3%81%B0%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

今日(3月11日)の一枚

見つけたり ヌラーゲの上の 博物館 

 サルデーニャ島の中央部で南寄りのところにバルーミニの町がある。町にあるサパタの家(Casa Zapata)博物館を見学した。世界遺産のこの地方の先史時代の石の文明ヌラーゲの上に建てられた家で、ガラスを通して家の基礎部分を見ることができる。

3%E3%83%BB11%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%83%8C%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2016年3月4日撮影)

2020年03月10日

今日(3月10日・その2)の一枚

空撮に 一昨日の 野鳥(とり)を貼り

 空撮のため近くの林にスノーシューを履いで出向く。空撮パノラマ写真に貼りつける野鳥を探すけれど鳥影を見つける事ができず。仕方がないので2日前に今日の空撮の場所近くで撮ったアカゲラの写真を利用する。空撮と野鳥撮影の両立は難しい。

3%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%81%AB%E3%80%80%E4%B8%80%E6%98%A8%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E3%82%92%E8%B2%BC%E3%82%8AA.jpg

今日(3月10日)の一枚

聖人の 名を冠したる 島写り

 イタリア北部のオルタ湖の東側にオルタ・サンジュリオの町がある。観光地でオルタ湖に浮かぶサンジュリオ島に渡る船着き場がある。船着き場に面してマリオ・モッタ広場があり、パノラマ写真を撮る。土産物屋が軒を並べ観光客の姿も目に入る。(2016年3月6日撮影)

3%E3%83%BB10%E8%81%96%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%80%80%E5%90%8D%E3%82%92%E5%86%A0%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B3%B6%E5%86%99%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2016年3月6日撮影)

2020年03月09日

今日(3月9日・その4)の一枚

冬芽撮る 春の近づく 季節かな

 雪山を歩いていてオニグルミの冬芽を見つける。マクロレンズを持ち合わせていなかったのでスマホで撮る。スマホでもなかなかの写真が撮れる。オニグルミの冬芽は猿の顔に似ている。この面白い冬芽の造形を久しぶりに撮って観賞している。

3%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%86%AC%E8%8A%BD%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%80%80%E6%98%A5%E3%81%AE%E8%BF%91%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%80%80%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(3月9日・その3)の一枚

記事を読み 空港写真 処理し見る 

 道新朝刊の第1面に、新型コロナウィルスでイタリア北部の1500万人の移動制限の記事。4年前のイタリア旅行で撮影したパノラマ写真整理の最中で、ミラノマルペンサ国際空港のパノラマ写真を合成する。今や空港は閑散としているのだろう。

3%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%80%80%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%80%80%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%97%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真、2016年3月1日撮影)

今日(3月9日)の一枚

眺め良き 岩山にあり 城址かな

 カリアリから西に延びるSP2号と南北に延びるSS293号が交わる近くに岩山があり古城の遺跡がある。アクアフレッダ城でその場所をグーグル地図で見つけ出す。岩山の頂上にある城跡まで徒歩で登る。途中崩れかかった要塞跡をパノラマ写真に撮る。

3%E3%83%BB9%E7%9C%BA%E3%82%81%E8%89%AF%E3%81%8D%E3%80%80%E5%B2%A9%E5%B1%B1%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E5%9F%8E%E5%9D%80%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年03月08日

今日(3月8日・その2)の一枚

4本の 柱3本 イリュージョン

 サルデーニャ島の南端に近いところにあるノーラの遺跡を見に行く。海に突き出た岬にローマ時代の遺跡がある。パノラマ写真には重なって3本にしか見えない遺跡の4柱をグーグル地図で見つける。地図と対応して近くにモザイク画の床も見える。

3%E3%83%BB8%E3%80%804%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9F%B13%E6%9C%AC%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年03月07日

今日(3月7日・その2)の一枚

シリークア 乗降客を 間引き撮り 

 イタリア・サルデーニャの州都は島の南にあるカリアリでその西にシリークアがある。この町を通った時、シリークア駅を短時間訪れ撮影している。丁度列車が到着して乗降客と一緒にパノラマ撮影を行った。写った乗降客は適当に間引いている。(2016年3月4日撮影)

3%E3%83%BB7%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%80%80%E4%B9%97%E9%99%8D%E5%AE%A2%E3%82%92%E3%80%80%E9%96%93%E5%BC%95%E3%81%8D%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年03月06日

今日(3月6日・その2)の一枚

対面の ホームに渡る 道見えず

 イタリア旅行の初日はミラノマルペンサ国際空港から移動してボルゴマネロのホテルに泊る。翌朝ホテルから歩いてボルゴマネロ駅に行き駅ホームで写真を撮る。丁度電車が停まっている。この電車に乗るために対面のホームへ行く道が見えない。

3%E3%83%BB6%E5%AF%BE%E9%9D%A2%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AB%E6%B8%A1%E3%82%8B%E3%80%80%E9%81%93%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%9AA.jpg

(クリックでパノラマ写真、2016年3月2日撮影)

今日(3月6日)の一枚

シジュウカラ わずかに光る 目玉かな

 道内各地は大荒れ。朝刊第1面に背丈を超える積雪で除雪作業をする広尾町民の写真が載っている。札幌の降雪はそれほどでもない。曇りの朝空を見ていると、シジュウカラが飛んで来て庭木に止まる。黒毛に埋もれた目玉がわずかに光って写る。

3%E3%83%BB6%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%80%80%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%81%8B%E3%81%AB%E5%85%89%E3%82%8B%E3%80%80%E7%9B%AE%E7%8E%89%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年03月05日

今日(3月5日・その3)の一枚

4年後に 宿泊ホテル 探し当て

 北海道新聞でクイズ・ツーリズムに関する取材を受けて来週土曜日にはその記事が載る。イタリア旅行時の未処理パノラマ写真を処理し、グーグル衛星写真と比べ、宿泊したRinaldホテルがどこにあったか探し出し、写真を撮った場所を見つける。

3%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%894%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E3%81%AB%E3%80%80%E5%AE%BF%E6%B3%8A%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%80%E6%8E%A2%E3%81%97%E5%BD%93%E3%81%A6A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真:2016年3月2日撮影)

今日(3月5日)の一枚

雨雪の 重さに力 入りたり 

 北海道は荒天の予報。気温は高いので湿った雪が降っている。雨雪とでも表現したい雪で、水分を多く含んでいて雪かきに力が要る。雪かきを終えて記録のためパノラマ写真を撮る。ドイツトウヒの天辺の梢に野鳥が止まっている。シメのようだ。

3%E3%83%BB5%E9%9B%A8%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%80%80%E9%87%8D%E3%81%95%E3%81%AB%E5%8A%9B%E3%80%80%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

2020年03月04日

今日(3月4日・その3)の一枚

ブロンズは 優勝記念 残りたり

 起業家甲子園で北科大の学生チームが総理大臣賞を受賞したのをインターネットTVで視ていて、「三浦・青木賞」を思い出す。札幌のIT企業が資金を出したITアイデア・コンテストで、社会人と学生の優勝者に各50万円とブロンズ像を贈った。

3%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%AF%E3%80%80%E5%84%AA%E5%8B%9D%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(3月4日・その2)の一枚

見慣れたる 顔が並びて 快挙なり

 起業家甲子園の発表をインターネットで視る。当初は全国で選抜されたチームが東京に集まってプレゼンテーションを行う計画だったものが、新型肺炎騒動で急遽インターネットTVで行われた。北海道科学大学のチームが総務大臣賞に選ばれた。

3%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%A6%8B%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%80%80%E9%A1%94%E3%81%8C%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%81%A6%E3%80%80%E5%BF%AB%E6%8C%99%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(3月4日)の一枚

道知事や イクメン評価 高顔値

 北海道新聞に新型肺炎に関して北京の特派員の記事が出ている。鈴木知事のトップ主導の緊急事態宣言発動が中国流と重なるせいかと解説。鈴木知事の「イケメン」も紹介されているらしく中国語では「高顔値」で漢字にするとインパクトがある。

3%E3%83%BB4%E9%81%93%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%B3%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%80%E9%AB%98%E9%A1%94%E5%80%A4A.jpg

2020年03月03日

今日(3月3日・その3)の一枚

資産価値 変動大で 仮想なり

 時たま仮想資産を預けている会社から資産状況を確認するようにとのメールが届く。今後の爪句集出版はこの仮想資産を当てにしている事もあり、メールを機に会社のサイトに入ってチェック。24時間で4%も資産価値の変動がある仮想資産である。

3%E3%83%BB3%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%B3%87%E7%94%A3%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%80%80%E5%A4%89%E5%8B%95%E5%A4%A7%E3%81%A7%E3%80%80%E4%BB%AE%E6%83%B3%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(3月3日)の一枚

天空に 勢揃いして 雛人形

 今日は桃の節句の雛祭り。老夫婦だけであるけれど習慣的に雛人形を飾る。毎年同じ写真では芸がないかと今朝の空撮パノラマ写真に雛人形の写真を挿入する。鳩だろうか野鳥が3羽雛人形の横に小さく写る。雪模様の曇り空で都心部は霞んでいる。

3%E3%83%BB3%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%80%80%E5%8B%A2%E6%8F%83%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E9%9B%9B%E4%BA%BA%E5%BD%A2A.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

2020年03月02日

今日(3月2日・その3)の一枚

爪句付き 野鳥並びて ディスプレイ

 爪句集第43集は野鳥をテーマにしたものを考えていて、その原稿整理を行っている。これまでも野鳥の爪句集は出版していて、第19集「爪句@札幌の野鳥」(2012年10月)、32集「爪句@日替わり野鳥」(2017年5月)があり、今回3集目となる。

3%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E7%88%AA%E5%8F%A5%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E4%B8%A6%E3%81%B3%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4A.jpg

今日(3月2日・その2)の一枚

薄日の日 影絵で写る 飛翔バト

 久しぶりに散歩に出掛ける。西野市民の森の出入り口まで足を延ばす。そこからの山道は踏み固められていない雪道で、つぼ足では未だ無理なので引き返す。途中リスを見かけて撮るけれどピントずれ。飛ぶハトを撮っても影絵のような写真になる。

3%E3%83%BB2%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%96%84%E6%97%A5%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%80%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E3%81%A7%E5%86%99%E3%82%8B%E3%80%80%E9%A3%9B%E7%BF%94%E3%83%90%E3%83%88A.jpg

今日(3月2日)の一枚

ケージ無く 外出自粛 無縁なり

 朝、餌箱をベランダに出すと、薄暗い中でヒヨドリが早々とやって来る。ケージ無しで鳥を飼っているみたいである。鳥籠の中の鳥は、新型肺炎防止のため学校が閉鎖され外出を制限されている生徒や、外出自粛を求められている大人と重なる。

3%E3%83%BB2%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%80%80%E5%A4%96%E5%87%BA%E8%87%AA%E7%B2%9B%E3%80%80%E7%84%A1%E7%B8%81%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年03月01日

今日(3月1日・その3)の一枚

処理を終え 暦写真と 比べたり

 今日から新しい月なので自家製カレンダーをめくって3月のものにする。空撮写真は石狩浜の日の出で、同じ日に時刻をずらして撮った未処理の写真データを処理する。カレンダーに写っている石狩川を行く船は既に海に出て船影は写っていない。

3%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%87%A6%E7%90%86%E3%82%92%E7%B5%82%E3%81%88%E3%80%80%E6%9A%A6%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%A8%E3%80%80%E6%AF%94%E3%81%B9%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(3月1日・その2)の一枚

弥生月 目に入る野鳥(とり)の 品定め

 この週末は新型肺炎対策で外出自粛が出されている。人に会わない探鳥散歩は自粛には関係ないと思うけれど、気持ちが外出自粛の呪詛に縛られて家の中に居る。野鳥は居間からでも撮れるので、庭に来る野鳥を撮影用で品定めする。今日から3月。

%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%9C%88%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8B%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E3%81%AE%E3%80%80%E5%93%81%E5%AE%9A%E3%82%81A.jpg

今日(3月1日)の一枚

日中の 歴史も話題 チャットかな

 昨日から新型肺炎に関しWeChatでのやり取り。成都市の莫舸舸君からの画像には、日本から中国への支援物資に「山川異域 風月同天」の長屋王の句が添えられていたとある。長屋王が唐に贈った千枚の袈裟に書かれ、鑑真和上来日の契機になった。

3%E3%83%BB1%E6%97%A5%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%80%80%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%82%E8%A9%B1%E9%A1%8C%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年02月29日

今日(2月29日・その3)の一枚

CFや リターンを送る 閏(うるう)の日 

 昨日、公開していたクラウドファンディング(CF)が終了した。終了間際に支援者が現れ目標金額10万円を超えた。そのリターンの爪句集を郵送すれば仕事は終わる。今日は4年に1度の閏日でも新型肺炎で外出自粛では、得した気分にならない。

2%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89CF%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%92%E9%80%81%E3%82%8B%E3%80%80%E9%96%8F%EF%BC%88%E3%81%86%E3%82%8B%E3%81%86%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%97%A5A.jpg

今日(2月29日・その2)の一枚

閏日は 外出自粛で 夜が明け 

 閏日の今朝は朝焼けが見られたので庭でドローンを上げて空撮を試みる。道新朝刊の第一面は新型肺炎で道知事が緊急事態宣言を出した報道。マスクをつけた知事が記者会見をする写真が載っている。週末の外出自粛要請で、徹底されるだろうか。

2%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%96%8F%E6%97%A5%E3%81%AF%E3%80%80%E5%A4%96%E5%87%BA%E8%87%AA%E7%B2%9B%E3%81%A7%E3%80%80%E5%A4%9C%E3%81%8C%E6%98%8E%E3%81%91A.jpg

(画像クリックで空撮パノラマ写真)

今日(2月29日)の一枚

新聞に 知った顔見て 写真処理

 道新朝刊で道科学大の2名の学生が「北海道起業家甲子園2019」で最優秀賞を受賞した記事を見る。2年生の芳賀和輝君と森一茶君で芳賀君には勉強会eSRUでレーザー彫刻に関して講義してもらった。その時撮影したパノラマ写真を処理してみる。

2%E3%83%BB29%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AB%E3%80%80%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%9F%E9%A1%94%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%87%A6%E7%90%86A.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

2020年02月28日

今日(2月28日・その4)の一枚

大柄の 野鳥を避けて 種ゲット

 夕方近くなって雪降り。餌箱にも雪が積もる。ヒヨドリやシメの代わりにシジュウカラやヤマガラが来る。カラ類は餌箱でヒマワリの種を割って食べる事はせず、種を近くの木まで運んでから食べる。餌箱に来る少し大型の野鳥を避けての事である。

2%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%A4%A7%E6%9F%84%E3%81%AE%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%82%92%E9%81%BF%E3%81%91%E3%81%A6%E3%80%80%E7%A8%AE%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88A.jpg

今日(2月28日・その3)の一枚

ウィルスや 野鳥(とり)の威嚇も 効き目無し

 いつも来るヒヨドリが今日も来ている。オンコの木枝に餌台があり、そこからこぼれたヒマワリの種を探している。時折口を大開きにして他の野鳥を威嚇する。人間世界では新型コロナウィルスで大騒ぎでも、野鳥にとっては威嚇の相手ではない。

2%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%84%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%A8%81%E5%9A%87%E3%82%82%E3%80%80%E5%8A%B9%E3%81%8D%E7%9B%AE%E7%84%A1%E3%81%97A.jpg

今日(2月28日・その2)の一枚

今日もまた 飛ぶ野鳥(とり)写真 不満なり

 野鳥の飛ぶところを撮るのは難しい。手持ちで、ズーム・デジカメでカメラの自動設定での撮影では頑張ってもこのくらいの写真か、と思えるものを毎回撮っている。カワラヒワとシメが同時に枝から飛び立つ写真を撮るけれど、不満の一枚である。

2%E3%83%BB28%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%82%82%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B6%E9%87%8E%E9%B3%A5%EF%BC%88%E3%81%A8%E3%82%8A%EF%BC%89%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%80%80%E4%B8%8D%E6%BA%80%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(2月28日)の一枚

挑戦の 校是の母校 俯瞰する

 昨日、爪句集寄贈で訪問した札幌新陽高校の雪で覆われたグランドでドローンを上げ空撮を行う。同校の校是は「本気で挑戦する人の母校」である。空撮パノラマ写真の天頂部分の写真としてこの校是を荒井優校長が希望されたので挿入処理をする。

2%E3%83%BB28%E6%8C%91%E6%88%A6%E3%81%AE%E3%80%80%E6%A0%A1%E6%98%AF%E3%81%AE%E6%AF%8D%E6%A0%A1%E3%80%80%E4%BF%AF%E7%9E%B0%E3%81%99%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年02月27日

今日(2月27日・その3)の一枚

ヒヨドリを 飽かず眺めて 2月末

 雪の上のヒマワリの種を食べているヒヨドリを前から撮ると羽が写らず、鳥というより他の動物のように見える。このヒヨドリはいつも餌台の所に来て食べる事に専念している。「ヒヨ吉」とか「ヒヨちゃん」とか名前をつけて飽かず眺めている。

2%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%92%E3%80%80%E9%A3%BD%E3%81%8B%E3%81%9A%E7%9C%BA%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%802%E6%9C%88%E6%9C%ABA.jpg

今日(2月27日・その2)の一枚

本寄贈 本気挑戦 校是なり

 札幌市南区澄川にある札幌新陽高校に爪句集全42巻を寄贈するため出向く。校長の荒井優先生は2016年ソフトバンク㈱から転職して来た。1975年2月28日生まれで明日が誕生日。その誕生日から同高は新型肺炎対応で休校し遠隔授業の試行予定。

2%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%9C%AC%E5%AF%84%E8%B4%88%E3%80%80%E6%9C%AC%E6%B0%97%E6%8C%91%E6%88%A6%E3%80%80%E6%A0%A1%E6%98%AF%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月27日)の一枚

嘴に 朝日の紅入れ メイクかな

 シメがメイクをするとすればどこを強調するだろうか。多分魅力のポイントは嘴で、嘴に紅を塗りそうである。自分でメイクは難しかろうから自然頼みである。日の出間近でシメの体が赤味を帯び、嘴は紅を入れたように見え自然のメイクである。

2%E3%83%BB27%E5%98%B4%E3%81%AB%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%B4%85%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年02月26日

今日(2月26日・その3)の一枚

シメを撮り 八方睨み 試したり

 シメを撮ると丸い目玉の中央に黒い瞳が写る。このような目玉は八方睨みになっていて、正面から顔をずらしながら見ると、目がいつも自分の方向を見つめているように見えてくる。八方睨みの龍の絵は耳にするけれど、八方睨みのシメは聞かない。

2%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E5%85%AB%E6%96%B9%E7%9D%A8%E3%81%BF%E3%80%80%E8%A9%A6%E3%81%97%E3%81%BF%E3%82%8BA.jpg

今日(2月26日・その2)の一枚

確率を 推定しながら 日々過ごし

 人は、大概の場合確率を頭の隅に置いて行動する。昨日は新型コロナウィルスに感染する確率は極めて低いと見積もって外出し、新聞社で爪句集の取材を受けた。爪句集出版支援のCFは残り3日で、目標までの残り3千円が集まる確率は0と推定。

2%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A2%BA%E7%8E%87%E3%82%92%E3%80%80%E6%8E%A8%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E3%80%80%E6%97%A5%E3%80%85%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%97A.jpg

今日(2月26日)の一枚

鳥影が 輝いて見え 朝日かな

 2月も終わりに近づくと夜が明けるのが早くなったのを実感する。朝日が、早々と姿を現した野鳥を照らしている。ガラス玉のようなシメの目玉に日の出の太陽が反射している。シメの目の周囲の黒毛も目立たず、いつも見るシメとは違って見える。

2%E3%83%BB26%E9%B3%A5%E5%BD%B1%E3%81%8C%E3%80%80%E8%BC%9D%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年02月25日

今日(2月25日・その3)の一枚

トイドローン 取材風景 写したり

 北海道新聞社インタビュールームで爪句集の取材時に、室内でトイドローンを飛ばして撮影を行う。取材関係者が写るように機体の向きを調整して撮影する。手前にインタビュアーの塚崎記者、奥に爪句集を撮影している小室泰規カメラマンが写る。

2%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%80%80%E5%8F%96%E6%9D%90%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%80%80%E5%86%99%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(2月25日・その2)の一枚

話す間に 写真撮影 披露なり

 爪句集に関するインタビューを受けるため北海道新聞社に出向く。インタビュアーの塚本英輝氏は北大電気工学科を卒業し道新に記者として入社した。筆者の講義を聴いたそうだが先生の方が講義名を思い出せない。クイズツーリズムの話などする

2%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E8%A9%B1%E3%81%99%E9%96%93%E3%81%AB%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%80%80%E6%8A%AB%E9%9C%B2%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月25日)の一枚

嘴に 雪載せカラス 黒一色

 カラスも野鳥に違いないのだが、カラスを見てもカメラを向ける事はほとんどない。たまたまカラスが何かを咥えて来たのでそれを撮ろうとした。しかし、写真には咥えたものは写っていない。それにしても白い雪をバックにしたカラスは黒い。

2%E3%83%BB25%E5%98%B4%E3%81%AB%E3%80%80%E9%9B%AA%E8%BC%89%E3%81%9B%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%80%80%E9%BB%92%E4%B8%80%E8%89%B2A.jpg

2020年02月24日

今日(2月24日・その2)の一枚

雪かきや 雪山登山 自宅横

 夜中にドーザーが除雪して行き、道路脇に除けられた雪が残される。雪は氷状になっていて除雪用具で自宅前の雪かきは力を要する。今冬は未だ排雪が行われていないので、道路が雪山で囲まれている。2千歩にも満たない雪かきでも雪山登山だ。

2%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%82%84%E3%80%80%E9%9B%AA%E5%B1%B1%E7%99%BB%E5%B1%B1%E3%80%80%E8%87%AA%E5%AE%85%E6%A8%AAA.jpg

今日(2月24日)の一枚

祭り時は 新型肺炎 懸念外

 新型コロナウィルスの市中感染が拡大し始めた様子で、連日ニュースで取り上げられている。感染者の中にはさっぽろ雪まつりの現場の関係者や見学者もいて、雪まつりに行った市民からの電話相談が多いらしい。雪まつりのパノラマ写真を見返す。

2%E3%83%BB24%E7%A5%AD%E3%82%8A%E6%99%82%E3%81%AF%E3%80%80%E6%96%B0%E5%9E%8B%E8%82%BA%E7%82%8E%E3%80%80%E6%87%B8%E5%BF%B5%E5%A4%96A.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年02月23日

今日(2月23日・その4)の一枚

平面の ホオジロ立ちて 容器壁

 野鳥を、反射する容器等に映してみる実験を行う。アナモルフォーシス技法なのだろうけれどそれほど難しい話ではなく、平面の写真を立体の容器に反射させて見るだけである。3種類の野鳥の写真を扇形に変形配置し、容器の下に置き反射を見る。

2%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%B9%B3%E9%9D%A2%E3%81%AE%E3%80%80%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%A6%E3%80%80%E5%AE%B9%E5%99%A8%E5%A3%81A.jpg

今日(2月23日・その3)の一枚

夏椿 実はシメの餌 吹雪かな

 吹雪の中でシメが夏椿の枝に止まって実を啄んでいる。嘴に実の一部がついているのが見て取れる。この時期野鳥は何でも食べるようだ。食べねばこの厳しい季節は乗り越えられない。撮影者はぬくぬくと暖かい部屋の中から野鳥を狙っている。

2%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%A4%8F%E6%A4%BF%E3%80%80%E5%AE%9F%E3%81%AF%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%81%AE%E9%A4%8C%E3%80%80%E5%90%B9%E9%9B%AA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(2月23日・その2)の一枚

吹雪の日 税の申告 野鳥撮り

 終日の悪天候。こんな天気でも野鳥は飛び回っている。夏椿や楓の枝にカワラヒワやアトリが止まっている。野鳥の集団にカメラを向け、今日の記録のような写真を撮る。外に出る事もなくe-Taxで確定申告。新たに追徴課税が200円と知らされる。

2%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%90%B9%E9%9B%AA%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%80%E7%A8%8E%E3%81%AE%E7%94%B3%E5%91%8A%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(2月23日)の一枚

強風で 揺れる餌台 シメが乗り

 朝から荒れた天気。ベランダの餌箱は夜中の強風で飛んでしまっている。松の枝に吊り下げた餌台は残っていて吹雪の中でもシメが来て止まっている。この悪天候にもかかわらず餌を求める野鳥は逞しい。新しく餌を置いた餌箱にカワラヒワも来る。

2%E3%83%BB23%E5%BC%B7%E9%A2%A8%E3%81%A7%E3%80%80%E6%8F%BA%E3%82%8C%E3%82%8B%E9%A4%8C%E5%8F%B0%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%81%8C%E4%B9%97%E3%82%8AA.jpg

2020年02月22日

今日(2月22日・その4)の一枚

美しき 黄色の羽や カワラヒワ

 カワラヒワの風切羽や尾羽の一部に見える黄色の部分が美しい。餌を求めて餌箱に来たカワラヒワを間近で撮ってみて、羽の黄色の部分を再確認する。この羽を広げて飛んでいるところを撮りたいのだが、腕と根気がそこまで追いついていない。

2%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E3%80%80%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%AE%E7%BE%BD%E3%82%84%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

今日(2月22日・その3)の一枚

繁華街 容器鏡で 映し見る

 アナモルフォーシスと呼ばれる画像や写真の表現方法がある。全球パノラマ写真の表示にも利用できる。全球パノラマ写真を2次元平面に展開して、これに円筒形の反射体を置いて平面写真の鏡像を見る方法である。ステンレスの容器で試してみる。(画像クリックでパノラマ写真)

2%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%B9%81%E8%8F%AF%E8%A1%97%E3%80%80%E5%AE%B9%E5%99%A8%E9%8F%A1%E3%81%A7%E3%80%80%E6%98%A0%E3%81%97%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

今日(2月22日・その2)の一枚

爪句集 リターンで送る ゾロ目の日

 爪句集出版を目的としたクラウドファンディング(CF)も期限が近づいた。爪句集の出版は終わっていて、リターン(返礼品)を郵送する作業に入る。本日で郵送を終える予定で爪句集寄贈の活動報告の追加をCFのサイトに投稿して完了となる。

2%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%92%E9%80%81%E3%82%8B%E3%80%80%E3%82%BE%E3%83%AD%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%97%A5A.jpg

今日(2月22日)の一枚

ゾロ目日に 隈取りシメの 片目撮り

 令和2年2月22日でゾロ目の日。近くの郵便局が開いていればゾロ目の消印を切手に押してもらうところである。中央郵便局は土曜日でも開いているけれど、コロナウィルス感染も頭にあって街に出掛ける気にならず。庭木のシメの片目を撮る。

2%E3%83%BB22%E3%82%BE%E3%83%AD%E7%9B%AE%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%80%80%E9%9A%88%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%81%AE%E3%80%80%E7%89%87%E7%9B%AE%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2020年02月21日

今日(2月21日・その3)の一枚

練習で 居間で飛ばして トイドローン

 トイドローンを使っての撮影を考えていて、練習のため居間で飛ばす。カメラが機体と一体になっていて、カメラだけを動かして空中撮影が出来ない。従って、被写体を視野内に捉える操作が少々難しい。バッテリーもすぐに減る点でも扱い難い。

2%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E7%B7%B4%E7%BF%92%E3%81%A7%E3%80%80%E5%B1%85%E9%96%93%E3%81%A7%E9%A3%9B%E3%81%B0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3A.jpg

今日(2月21日・その2)の一枚

黒毛中 黒目を写し アトリかな 

 アトリの目は周囲に黒い毛があり、目自体も黒いので普通に撮った写真では目の存在をはっきり写せない。桜の木の枝に止まってこちらを見ているアトリを撮って拡大すると、黒い目がはっきりと写っている。小鳥ながら猛禽類の面構えである。

2%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%BB%92%E6%AF%9B%E4%B8%AD%E3%80%80%E9%BB%92%E7%9B%AE%E3%82%92%E5%86%99%E3%81%97%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(2月21日)の一枚

こちら見る 不審の目付き カワラヒワ 

 ソメイヨシノの細い枝に止まったカワラヒワがこちらを見ている。多分外から見れば室内は暗く、室内の撮影者を鳥は認識していないのだろう。それでも何となく不審そうな目つきである。カワラヒワは花芽を食べるので桜の木に集まって来る。

2%E3%83%BB21%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E4%B8%8D%E5%AF%A9%E3%81%AE%E7%9B%AE%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

2020年02月20日

今日(2月20日・その3)の一枚

透明な アトリの羽は セミの翅

 雪降りにアトリが枝に止まっているところを撮る。アトリの羽が透明感を伴って写る。まるでセミの翅のようである。背景とアトリの羽が暗く写り、羽の輪郭が白く縁どられているために透明感が出たようだ。写真は時に意図しない効果を生み出す。

2%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E9%80%8F%E6%98%8E%E3%81%AA%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%BE%BD%E3%81%AF%E3%80%80%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%81%AE%E7%BF%85A.jpg

今日(2月20日・その2)の一枚

シジュウカラ 汚れ目立ちて 都市歩道

 ホテルでの朝食会に出席した帰り道、歩道でシジュウカラが歩いているのを見かける。人慣れしているようでかなり近寄っても飛んで逃げない。歩道で餌探しで、餌になるものが落ちているようである。自宅庭に来る野鳥と比べると汚れが目立つ。

2%E3%83%BB20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%80%80%E6%B1%9A%E3%82%8C%E7%9B%AE%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%A6%E3%80%80%E9%83%BD%E5%B8%82%E6%AD%A9%E9%81%93A.jpg

今日(2月20日)の一枚

人工を 避けて撮りたる 日の出かな

 窓から昇る日の出を撮る。いつもの事ながら日の出の周囲を広く取って撮影すると、電線とか屋根とか人工物が写り込んでくる。それが嫌なので昇ってくる太陽だけを撮る。雲から顔を出した太陽が写っているだけで面白味に欠けた写真となる。

2%E3%83%BB20%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E3%82%92%E3%80%80%E9%81%BF%E3%81%91%E3%81%A6%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年02月19日

今日(2月19日・その3)の一枚

CFで 新文芸の 普及かな

 北海道新聞社のCFであるfind Hで爪句集出版の支援を募っていて、本日の同紙朝刊に注目プロジェクトとして紹介される。また丁度件の爪句集第42集「爪句@今日の一枚―2019」が出版社から届く。目標金額10万円達成まであと5千円である。

2%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89CF%E3%81%A7%E3%80%80%E6%96%B0%E6%96%87%E8%8A%B8%E3%81%AE%E3%80%80%E6%99%AE%E5%8F%8A%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年02月18日

今日(2月18日・その3)の一枚

ガラス戸や 衝突事故の 跡残り

 マクロレンズで拡大写真を撮り「これは何」とブログ記事で出題する事がある。この画像は解答を書いておくとガラス戸に付いた野鳥の毛である。ガラス戸を認識できない野鳥が衝突して毛がガラスに付着した。毛だけでは何の野鳥か分からない。

2%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%88%B8%E3%82%84%E3%80%80%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E3%80%80%E8%B7%A1%E6%AE%8B%E3%82%8AA.jpg

今日(2月18日・その2)の一枚

目と写る 小さき白毛 アトリかな

 フェンスの上に止まっているアトリを撮って拡大してみる。ピントが甘いので拡大するとぼけ気味の画像になる。目の周囲が黒毛で黒い目玉との区別がつかなくなっている。一見小さな目に見えるものは目の上の白い毛である。背後に枯れ枝が写る。

2%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%9B%AE%E3%81%A8%E5%86%99%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%8D%E7%99%BD%E6%AF%9B%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(2月18日)の一枚

早々と 朝日を連れて カワラヒワ

 朝早々とカワラヒワがやって来て枝に止まっている。体全体が日の出の光で少し赤っぽく見え、目が朝日で光っている。寒いのか体の毛をいっぱいに膨らませている。そのうち餌台まで下りて来て朝食が始まるのだろう。撮る方は朝食を終えている。

%E6%97%A9%E3%80%85%E3%81%A8%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%82%92%E9%80%A3%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

2020年02月17日

今日(2月17日)の一枚

除雪車の 音に目覚めて ブログ書き

 朝方(2時半頃でまだ真夜中というべきか)道路の方から音がする。除雪の音で重機が雪を押しのけていく。ワンウェイ除雪で、大型除雪車ドーザーが道を空けていくだけで、カメラを探しているうちに通り過ぎてしまう。今朝は雪かきとなりそう。

2%E3%83%BB17%E9%99%A4%E9%9B%AA%E8%BB%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E9%9F%B3%E3%81%AB%E7%9B%AE%E8%A6%9A%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E6%9B%B8%E3%81%8DA.jpg

2020年02月16日

今日(2月16日・その3)の一枚

カワラヒワ 尾羽美形の 個体見る

 尾羽がきれいなカワラヒワを見る。個体差がありみんな同じではない。カワラヒワは背面から見た方が羽の模様の特徴がはっきりしているのに対し、正面からだと特徴的なものが無い。しかし、鮮やかな黄色の尾羽が特徴になっている個体もある。

2%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AF%E3%80%80%E5%B0%BE%E7%BE%BD%E7%BE%8E%E5%BD%A2%E3%81%AE%E3%80%80%E5%80%8B%E4%BD%93%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

今日(2月16日)の一枚

鳥背後 視線逃れて 写真撮る

 ベランダの置き餌を求めて今朝もカワラヒワが来ている。人影を見つけると直ぐに飛び立ってしまうので撮影が難しい。写真に写った鳥の目玉を見て視野角がかなり広いのだろうと推測する。運転免許更新時に視野が狭まっている判定を思い出す。

2%E3%83%BB16%E9%B3%A5%E8%83%8C%E5%BE%8C%E3%80%80%E8%A6%96%E7%B7%9A%E9%80%83%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

2020年02月15日

今日(2月15日・その2)の一枚

歩き来て ミラーに写る 自分撮り

 西野市民の森は浄水場から道がつながっていて、自動車で散策路の出入口まで行ける。出入口まで自動車で来てそこから歩いて高いところまで行き山スキーやスノーボードを楽しむ人が居る。市民の森を下ってきて出入口でミラー写る自分を撮る。

2%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%AD%A9%E3%81%8D%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AB%E5%86%99%E3%82%8B%E3%80%80%E8%87%AA%E5%88%86%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

2020年02月14日

今日(2月14日・その4)の一枚

激光の 彫りを想定 シメを撮る

 野鳥のレーザー彫刻の原写真は背景が抜けていて、鳥影の輪郭が自動抽出できるものが良い。白一色の雪野原をバックにした野鳥の写真はこの要求を満たしていて、オンコの枝に止まったシメを撮る。このレーザー彫刻の仕上がり具合はさていかに。

2%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E6%BF%80%E5%85%89%E3%81%AE%E3%80%80%E5%BD%AB%E3%82%8A%E3%82%92%E6%83%B3%E5%AE%9A%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

今日(2月14日・その3)の一枚

逝く同期 記念の文字が 残りたり

 北大の電子工学科第1期生として卒業したのは1964年である。卒業記念品として印鑑箱が配られ、消えそうになった文字が箱蓋の裏に辛うじて見える。その1期生のI君の訃報の案内が喪主の夫人から届く。後日お別れの会があると記されている。

2%E3%83%BB14%E6%97%A5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%80%9D%E3%81%8F%E5%90%8C%E6%9C%9F%E3%80%80%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%81%AE%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%8C%E3%80%80%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(2月14日・その2)の一枚

殻割りを 省略したり 種を呑み

 餌台に細かな粒状の餌を入れると狭い受け皿からどんどん餌が地上に落ちる。そこで餌台をベランダに移す。そこにヒヨドリが来て餌を啄む。見ているとヒマワリの種を丸ごと呑み込んでいる。カラ類だと殻を割ってから食べるのにそれを省略する。

2%E3%83%BB14%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%AE%BB%E5%89%B2%E3%82%8A%E3%82%92%E3%80%80%E7%9C%81%E7%95%A5%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E7%A8%AE%E3%82%92%E5%91%91%E3%81%BFA.jpg

今日(2月14日)の一枚

ヤマゲラや 激光彫りは 進歩なり

 昨夕の勉強会で北科大のH君が制作した野鳥のレーザー彫刻を渡される。野鳥の濃淡処理が改善され、板に彫られたヤマゲラが良く表現されている。炭化による汚れも解消で、これならコースタ―にも利用出来そうだ。CFのリターンとして考える。

2%E3%83%BB14%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E6%BF%80%E5%85%89%E5%BD%AB%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%80%80%E9%80%B2%E6%AD%A9%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年02月13日

今日(2月13日)の一枚

激光で ロケット点火 成果大

 月1回の勉強会。講師は2人で、北科大宇宙開発研究同好会の学生芳賀和輝君と同顧問の三橋龍一教授。同会の研究活動が披露される。この後芳賀君は米シリコンバレーへ見学旅行、三橋教授はフランスに旅行の予定で、忙しいスケジュールである。

2%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E6%BF%80%E5%85%89%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E7%82%B9%E7%81%AB%E3%80%80%E6%88%90%E6%9E%9C%E5%A4%A7A.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月13日・その2)の一枚

空撮や 春の陽気で 霞む景  

 天気が良く風も無いので裏山でドローンを飛ばし空撮を行う。幅広の西野・屯田通に車が連なっているのが見える。右折しようとしている車列である。高い気温のせいか都心部は霞んでいる。足元の雪は緩んでいて、長靴だけで歩くのが困難である。

2%E3%83%BB13%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%A9%BA%E6%92%AE%E3%82%84%E3%80%80%E6%98%A5%E3%81%AE%E9%99%BD%E6%B0%97%E3%81%A7%E3%80%80%E9%9C%9E%E3%82%80%E6%99%AFA.jpg

(空撮パノラマ写真)
%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%8644%E9%9B%86%E8%A1%A8%E7%B4%99Z.jpg

今日(2月13日)の一枚

報道も 歩道に待機 後祭り

 道新朝刊に雪まつりの来場者が大幅減の202万人の記事。新型肺炎の拡大が影響した。記事の写真は昨日の大雪像の解体の様子で、カメラマンは写真を撮るのに苦労しただろう。報道のカメラが解体作業を撮るため歩道に並んでいるところを撮る。

2%E3%83%BB13%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%82%E3%80%80%E6%AD%A9%E9%81%93%E3%81%AB%E5%BE%85%E6%A9%9F%E3%80%80%E5%BE%8C%E7%A5%AD%E3%82%8AA.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

2020年02月12日

今日(2月12日・その4)の一枚

パノラマで 撮ってみるなり 後始末

 雪まつり後の大雪像解体作業をパノラマ写真に撮ってみようとするが、これが難しい。大雪像の近くでは、すれ違うのがやっとの細い歩道しかなく、カメラを回転させてゆく足場が確保できない。大雪像から離れた広い歩道からは作業は小さく写る。

2%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%A7%E3%80%80%E6%92%AE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E7%A5%AD%E3%82%8A%E8%B7%A1A.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月12日・その3)の一枚

餌ねだる ペットの鳥似て カワラヒワ

 カワラヒワがベランダのところにヒマワリの種を食べにやってくる。それを近くで撮影する。写真では飼っている鳥に餌を与えている雰囲気である。実際は人の姿を認めるとすぐに飛び去ってしまうので、動きを止め人がいないふりを装い撮影する。

2%E3%83%BB12%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%A4%8C%E3%81%AD%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E9%B3%A5%E4%BC%BC%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

今日(2月12日・その2)の一枚

雪宮殿 雪礫となり 祭り後

 雪まつりも終わり大雪像の取り壊し作業の撮影に出向く。朝早く大通公園まで行ってみると残っているのは2基で、ポーランド広場の解体作業を歩道から撮影する。制作に日数をかけた大雪像であるけれど、壊す時は重機で、短時間で雪の塊になる。

%E9%9B%AA%E5%AE%AE%E6%AE%BF%E3%80%80%E9%9B%AA%E7%A4%AB%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%80%E7%A5%AD%E3%82%8A%E5%BE%8CA.jpg

今日(2月12日)の一枚

爪句集 採用作品 表紙貼り

 数えてはいないけれどブログに投稿した爪句、ブログとは別に本にして出版した作品を合わせると既に1万句は超えていると思われる。ブログ記事のどれが爪句集として出版したかすぐ見分けられるよう、爪句集の表紙を挿入する作業を終える。

2%E3%83%BB12%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86%E3%80%80%E6%8E%A1%E7%94%A8%E4%BD%9C%E5%93%81%E3%80%80%E8%A1%A8%E7%B4%99%E8%B2%BC%E3%82%8AA.jpg

2020年02月11日

今日(2月11日・その3)の一枚

人混みと 夜景で難儀 写真処理

 さっぽろ雪まつり最終日。会場には行かず、先日撮った写真の張り合わせ処理を行う。周囲が暗くなってから始まるプロジェクション・マッピングの写真データを、暗いところで人混みの中の悪条件をクリアして処理し、全球パノラマ写真を得る。(2020・2・8撮影)

2%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E4%BA%BA%E6%B7%B7%E3%81%BF%E3%81%A8%E3%80%80%E5%A4%9C%E6%99%AF%E3%81%A7%E9%9B%A3%E5%84%80%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%87%A6%E7%90%86A.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月11日)の一枚

処理し見る 神話の雪像(ぞう)や 神話の日

 「建国記念の日」の祝日。神話が現代の生活に影響しているとは、恐れ入ったと言うべきか。雪まつりの大通4丁目会場の大雪像のパノラマ写真を処理する。テーマは「ALL IS ONE~世界のはじまり、アイヌ物語~」でアイヌ民族の神話である。(2020・2・8撮影)

2%E3%83%BB11%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%97%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%80%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%81%AE%E9%9B%AA%E5%83%8F%E3%80%80%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%81%AE%E6%97%A5A.jpg

(パノラマ写真)

2020年02月10日

今日(2月10日・その3)の一枚

月を見て 狩りの時刻と 羽広げ

 4月に白老町ポロト湖畔に国立アイヌ民族博物館を中核施設としたウポポイ(民族共生象徴空間)が誕生する。それをテーマにした大雪像が大通公園会場の8丁目に造られた。羽を広げたシマフクロウが月が見える会場内でライトアップされ出した。(2020・2・8撮影)

2%E3%83%BB10%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%9C%88%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E7%8B%A9%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%99%82%E5%88%BB%E3%81%A8%E3%80%80%E7%BE%BD%E5%BA%83%E3%81%92A.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月10日)の一枚

雪像を くぐるSL 撮り損ね

 雪まつりの大通10丁目会場でミニSLが走る。先日雪像のトンネルの裏側からミニSLが抜け出るところをパノラマ写真に撮っている。八村塁選手とカップヌードルの中雪像がくり抜かれてトンネルになっている。夕刻でSLの営業は終わっていた。(2020・2・8撮影)

2%E3%83%BB10%E9%9B%AA%E5%83%8F%E3%82%92%E3%80%80%E3%81%8F%E3%81%90%E3%82%8BSL%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8A%E6%90%8D%E3%81%ADA.jpg

(パノラマ写真)

2020年02月09日

今日(2月9日・その4)の一枚

満月に 近き月出て 雪まつり

 今晩は満月でその写真を撮ろうと思っていた。しかし、暗くなる頃は雪となる。昨夕大通公園の雪まつり会場で、テレビ塔の横に満月に近い月が出ていた。これをパノラマ写真に撮っていたのでそのデータ処理を行う。交通止めの駅前通で撮る。

2%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E6%BA%80%E6%9C%88%E3%81%AB%E3%80%80%E8%BF%91%E3%81%8D%E6%9C%88%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%80%80%E9%9B%AA%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月9日・その2)の一枚

餌箱で 殻割り専念 カワラヒワ

 ベランダのところに置いた餌箱は人が覗き込む事があり、野鳥は警戒する。しかし、大雪になると、雪の積もらないところの餌箱は餌を食べるのに都合が良い。人の姿が無いと野鳥の方で認識すると、ヒマワリの種の殻割り作業に専念している。

2%E3%83%BB9%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%A4%8C%E7%AE%B1%E3%81%A7%E3%80%80%E6%AE%BB%E5%89%B2%E3%82%8A%E5%B0%82%E5%BF%B5%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AFA.jpg

今日(2月9日)の一枚

道都より 20度低く 江丹別

 今朝は凍れる。朝6時窓の外に取り付けた気温計を見ると-14°のところに針が行っている。ネットで道内では最も気温が低いと思われる旭川市江丹別の同じ時刻の気温を調べると-34°である。昔住んだカナダのケベック市の冬の寒さを思い出す。

2%E3%83%BB9%E9%81%93%E9%83%BD%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%8020%E5%BA%A6%E4%BD%8E%E3%81%8F%E3%80%80%E6%B1%9F%E4%B8%B9%E5%88%A5A.jpg

2020年02月08日

今日(2月8日・その5)の一枚

絶倫粉 目を転ずれば 氷芸術(こおりわざ) 

 雪まつりのすすきの会場は例年氷彫刻が並んでいる。氷彫刻アートのジャンルがあるようで、そのアーティストの登竜門の位置づけのコンクールが行われ、作品が展示される。その作品を定点観測で毎年「あかひげ薬局」前でパノラマ写真に収める。

2%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%89%E7%B5%B6%E5%80%AB%E7%B2%89%E3%80%80%E7%9B%AE%E3%82%92%E8%BB%A2%E3%81%9A%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%80%E6%B0%B7%E8%8A%B8%E8%A1%93%EF%BC%88%E3%81%93%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%82%8F%E3%81%96%EF%BC%89A.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月8日・その4)の一枚

苦心して 投影映写 パノラマ撮

 プロジェクション・マッピングの全球パノラマ写真撮影は難しい。映写の最中は身動きができない程の人が集まる。この状況では360°カメラを回して写真を撮るのは不可能である。どうやって撮って合成したかを説明するには紙幅が足りない。

2%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%20%EF%BC%89%E8%8B%A6%E5%BF%83%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E6%8A%95%E5%BD%B1%E6%98%A0%E5%86%99%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E6%92%AEA.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月8日・その3)の一枚

雪像馬 ナポレオン乗せ 駆けるなり

 近年の雪まつりでは、大雪像をスクリーンにしたプロジェクション・マッピングが行われ、観客を楽しませている。暗くなってから大通5丁目の会場のサラブレッドの大雪像で馬の駆けるシーンが映し出される。馬に乗ったナポレオンも登場する。

2%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%9B%AA%E5%83%8F%E9%A6%AC%E3%80%80%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E4%B9%97%E3%81%9B%E3%80%80%E9%A7%86%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(2月8日・その2)の一枚

尻向ける ヒガラに氷柱 コラボ撮り

 最近は大雪のせいもあり、探鳥散歩に出掛けない。野鳥はもっぱら庭にやって来るものを撮っている。裏の家の軒下に氷柱が下がっていて、氷柱と野鳥を一緒に撮ろうとして上手くいかない。氷柱の近くに居る野鳥は短い冠羽が見えヒガラである。

2%E3%83%BB8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%B0%BB%E5%90%91%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%81%AB%E6%B0%B7%E6%9F%B1%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%9C%E6%92%AE%E3%82%8AA.jpg

今日(2月8日)の一枚

レーザー加工 濃淡出して 野鳥処理

 昨日北科大に出向いた時、同大2年生のH君が野鳥のレーザー彫刻を行っている現場を覗く。モノクロ写真の濃淡をレーザー加工する工夫を行っていて、その画像処理法を聞く。その方法を自分の使っているソフトで試しソフト違いで上手くゆかず。

2%E3%83%BB8%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%80%80%E6%BF%83%E6%B7%A1%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E5%87%A6%E7%90%86A.jpg

2020年02月07日

今日(2月7日)の一枚

図書館に 収まる自著や 爪句集

 北科大のM教授の研究室を訪問。PayPayを利用した支払い方法などを聞き、キャッシュレス決済に関する四方山話をする。大学生のH君とレーザー彫刻のデータ処理法について話をする。図書館に寄り爪句集が展示されているところを写真に撮る。

2%E3%83%BB7%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%81%AB%E3%80%80%E5%8F%8E%E3%81%BE%E3%82%8B%E8%87%AA%E8%91%97%E3%82%84%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

(パノラマ写真)

2020年02月06日

今日(2月6日・その3)の一枚

大雪や 餌箱頼りに シジュウカラ

 少雪の冬だと思っていると大雪になる。朝の雪かきで5千歩。野鳥も木の枝が雪で埋まっているので止まるところを見つけるのが大変そう。ベランダの餌箱にシジュウカラが来て盛んにヒマワリの種を突いている。大雪では餌箱の餌が頼りとなる。

2%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E3%82%84%E3%80%80%E9%A4%8C%E7%AE%B1%E9%A0%BC%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9A.jpg

今日(2月6日・その2)の一枚

雪ミクの 人気の秘密 解せぬなり

 昨日撮った雪まつりの全球パノラマ写真のデータ整理をする。大通11丁目会場は毎年雪ミクの雪像とステージが作られ,雪ミクグッズが販売されている。この公式グッズを買い求める客が並んでいる。雪ミクが何でこんなに人気があるか解せない。

2%E3%83%BB6%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%80%80%E8%A7%A3%E3%81%9B%E3%81%AC%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月6日)の一枚

駅を詠み 爪句作家で デビューかな

 道新朝刊の「こだま」欄にフリーペーパー「北海道みんなででかけれーる」の紹介。北海道鉄道活性化協議会制作で、約2万7千部が駅やホテルで無料配布される。冊子には爪句作家名で6作品が採録されている。爪句の認知度が少しは高まるか。

2%E3%83%BB6%E9%A7%85%E3%82%92%E8%A9%A0%E3%81%BF%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%A7%E3%80%80%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

2020年02月05日

今日(2月5日・その3)の一枚

吐く蒸気 客を隠して ミニSL

 爪句集の再校を出版社に戻すため街に出たついでに、大通公園の雪まつり会場を歩く。新型肺炎で中国人観光客が激減したせいか、例年より見物客が少ない感じ。ミニSLが客を乗せ蒸気を吐き、雪像のトンネルを潜るところをパノラマ写真に撮る。

2%E3%83%BB5%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E5%90%90%E3%81%8F%E8%92%B8%E6%B0%97%E3%80%80%E5%AE%A2%E3%82%92%E9%9A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%9F%E3%83%8BSL%20A.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月5日・その2)の一枚

デジカメに 任せ鳥影 流れたり

 ズームの効くデジカメで野鳥を撮っている。止まっている野鳥ならカメラの自動設定でピントの合った写真が撮れる。しかし、飛ぶ野鳥では流れ画像になる。シジュウカラが止まっているところを狙ったら急に飛び出し、流れ画像の鳥影が写る。

2%E3%83%BB5%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%81%AB%E3%80%80%E4%BB%BB%E3%81%9B%E9%B3%A5%E5%BD%B1%E3%80%80%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(2月5日)の一枚

ここはどこ 解答ノートに 手書きなり

 全球パノラマ写真をブログ記事に「ここはどこ」とクイズ形式で投稿して来た。いつの間にか後100問近くで3000の大台に乗るまでになる。問いの答えはノートに記録している。このシリーズの最初の頃のデータは記録場所が不明になっている。

2%E3%83%BB5%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%80%80%E8%A7%A3%E7%AD%94%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AB%E3%80%80%E6%89%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年02月04日

今日(2月4日・その2)の一枚

立春や 少雪の年 多雪撮る

 昨夜のうちにかなりの雪が降る。例年ならこの程度の雪には驚かないけれど、少雪の今年は写真に記録しておきたい積雪である。雪かきを終え、日の出の時刻に庭でパノラマ写真を撮る。雪かきをしている人の姿が写る。暦の上では立春である。

2%E3%83%BB4%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E7%AB%8B%E6%98%A5%E3%82%84%E3%80%80%E5%B0%91%E9%9B%AA%E3%81%AE%E5%B9%B4%E3%80%80%E5%A4%9A%E9%9B%AA%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

(パノラマ写真)

今日(2月4日)の一枚

立春や 少雪の冬 雪積る

 節分が終わり立春の朝。昨夜かなりの雪が降り、早朝家の周囲の雪かき。雪かき後、庭でドローンを飛ばし雪景色を空撮する。風が少しあり、高度を30 mに抑えたため、パノラマ写真合成に際して地上の写真ずれが目立ち、その修正に時間を使う。

2%E3%83%BB4%E7%AB%8B%E6%98%A5%E3%82%84%E3%80%80%E5%B0%91%E9%9B%AA%E3%81%AE%E5%86%AC%E3%80%80%E9%9B%AA%E7%A9%8D%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年02月03日

今日(2月3日・その2)の一枚

CFの サクラの名もあり 爪句集

 共同文化社から爪句集第42集の再校が届く。表紙の空撮パノラマ写真をスマホに表示し、表紙と並べる。普通には撮れない写真を収録する。クラウドファンディング(CF)の支援者の名前を最後に載せる。大多数は“サクラ”なのだが体裁は保てた。

2%E3%83%BB3%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89CF%E3%81%AE%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

今日(2月3日)の一枚

節分や ツグミ来たりて 福は内

 節分に豆まきをする風習は昔からのものである。これに対して節分に恵方巻を食するのは商才から新しく広められたもので、食べた事はない。庭にツグミが来てフェンスの狭いところから体を出してくる。ツグミを見て福は内と無言の声掛けをする。

2%E3%83%BB3%E7%AF%80%E5%88%86%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E7%A6%8F%E3%81%AF%E5%86%85A.jpg

2020年02月02日

今日(2月2日・その2)の一枚

逆光で カワラヒワ撮り 家籠り

 窓の外に野鳥を探す。逆光の中でドイツトウヒの枝先に止まっている野鳥がいる。クリアに撮れなかったけれど、羽の黒白黄色がはっきりしていて、この特徴からカワラヒワだろう。目の周囲の黒毛や嘴がシメに似ている。終日家の中で過ごす。

2%E3%83%BB2%E9%80%86%E5%85%89%E3%81%A7%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AF%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E5%AE%B6%E7%B1%A0%E3%82%8AA.jpg

今日(2月2日)の一枚

特急を 上手く捉えて 虎杖浜

 フリーペーパー「北海道みんなででかけれーる」に虎杖浜駅を撮影したパノラマ写真が載る。この取材時に撮った同駅を通過する特急を組み込んだ別のパノラマ写真を処理する。処理してみて駅名標がもう少しはっきりと写ると良かったのにと思う。

2%E3%83%BB2%E7%89%B9%E6%80%A5%E3%82%92%E3%80%80%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%8F%E6%8D%89%E3%81%88%E3%81%A6%E3%80%80%E8%99%8E%E6%9D%96%E6%B5%9CA.jpg

(画面クリックでパノラマ写真)

2020年02月01日

今日(2月1日・その3)の一枚

パスワード 原理知らずで 捜したり

 昨日の夕刊で紹介されていたドキュメンタリー映画を観るため街に出る。1時間前に映画館に着いたのに券は売り切れで観れずに帰宅。スマホでキャッシュレス支払いが出来るように初期登録をするけれど、ワンタイムパスワードの入力で間誤付く。

2%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%80%E5%8E%9F%E7%90%86%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E3%81%A7%E3%80%80%E6%8D%9C%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(2月1日・その2)の一枚

可愛さを 目玉で訴え 餌ねだる

 シメは悪役面かと思っているとそうでもない個体を見かける。庭木に止まっていたシメは目の周囲の黒毛が薄く、人相ならぬ鳥相は悪くない。丸い目玉で可愛さをアッピールしている。スズメ目アトリ科の野鳥で、越冬し、餌台によくやって来る。

2%E3%83%BB1%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%92%E3%80%80%E7%9B%AE%E7%8E%89%E3%81%A7%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%80%80%E9%A4%8C%E3%81%AD%E3%81%A0%E3%82%8BA.jpg

今日(2月1日)の一枚

日の出空 部屋に持ち込み 暦撮る

 今日から2月。都心部の上に広がる日の出前の空を撮りパソコン画面に表示し、自家製のカレンダーと並べる。カレンダーの空撮写真は夏のもので、組みになっているB社屋上で撮影したパノラマ写真が冬景色である。午後街に出て映画を見る予定。

2%E3%83%BB1%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%A9%BA%E3%80%80%E9%83%A8%E5%B1%8B%E3%81%AB%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%80%80%E6%9A%A6%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

2020年01月31日

今日(1月31日・その2)の一枚

ヒヨドリの 止まる餌台 ソフトソーサー

 餌台のところにヒヨドリがやって来る。餌はカラ類用の細かな粒状のものやヒマワリの種で、ヒヨドリ向きのものではない。それでもヒヨドリは餌台のところに陣取っている。大型のヒヨドリが居ると小型のカラ類は近寄らず、ヒヨドリを撮る。

1%E3%83%BB31%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%80%80%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8B%E9%A4%8C%E5%8F%B0%E3%80%80%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BCA.jpg

今日(1月31日)の一枚

シジュウカラ 毛を逆立てて 餌突く

 朝は細かな雪が降っている。シジュウカラが枝の上で何かを啄んでいる。風は無いのだが背中の毛が逆立ったように見える。胸から腹の白毛が薄汚れて写る。この時期では水浴びをして体を綺麗にする事もないだろう。今日で1月は終わりである。

1%E3%83%BB31%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%80%80%E6%AF%9B%E3%82%92%E9%80%86%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%81%A6%E3%80%80%E9%A4%8C%E7%AA%81%E3%81%8FA.jpg

2020年01月30日

今日(1月30日・その2)の一枚

売る売らぬ 思案のしどころ 相場かな

 先週の土曜日に行った講演会のPPスライドに、ビットコイン(BTC)の定価を爪句集に印刷したものがある。そのスライドに本日のBTCの相場を重ねてみる。相場は1BTCが100~102万円。相場で0.1 BTC売れば、実行中のCFの目標額に届く。

1%E3%83%BB30%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%A3%B2%E3%82%8B%E5%A3%B2%E3%82%89%E3%81%AC%E3%80%80%E6%80%9D%E6%A1%88%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D%E3%80%80%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(1月30日)の一枚

居間に居て 撮るヤマガラや 気温高

 北海道は大荒れの天気予報。しかし、札幌は朝の内は穏やかである。気温は高そうで積雪が湿って見える。それもあり散歩に出掛けず。最近は家に籠っている。庭のソメイヨシノの木にヤマガラが止まっている。餌になるものを探しているようだ。

1%E3%83%BB30%E5%B1%85%E9%96%93%E3%81%AB%E5%B1%85%E3%81%A6%E3%80%80%E6%92%AE%E3%82%8B%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%84%E3%80%80%E6%B0%97%E6%B8%A9%E9%AB%98A.jpg

2020年01月29日

今日(1月29日・その2)の一枚

全球で 駅見ら「れーる」 情報誌

 北海道鉄道活性化協議会発行のフリーペーパー「北海道みんなででかけれーる」が送られてくる。誌名の「れーる」は勿論鉄道の「レール」にかけている。同誌に6点駅の全球パノラマ写真が採用され、QRコードをスマホで読むと見ら「れーる」。

1%E3%83%BB29%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%85%A8%E7%90%83%E3%81%A7%E3%80%80%E9%A7%85%E8%A6%8B%E3%82%89%E3%80%8C%E3%82%8C%E3%83%BC%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%80%80%E6%83%85%E5%A0%B1%E8%AA%8CA.jpg

2020年01月28日

今日(1月28日・その2)の一枚

ツグミ撮り 今日の仕事の 予定考

 早朝A市に出掛ける家人を地下鉄駅まで送る。天気が良いのに散歩に行く気が起こらない。ガラス戸越しにツグミを撮る。この野鳥を目にすると春がやって来る感じがする。爪句集の校正を行い「あとがき」を仕上げるのが今日の仕事になりそう。

1%E3%83%BB28%20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%20%EF%BC%89%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%80%80%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E4%BA%88%E5%AE%9A%E8%80%83A.jpg

今日(1月28日)の一枚

ドローン下の この地未来の 宇宙港 

 道新朝刊に大樹町が「宇宙港」の基本構想をまとめた記事が載る。大樹町の航空公園やインタステラテクノロジズのロケット射場の空撮パノラマ写真のデータを捜し出し、ようやく処理する。撮影は2017年の6月で、もう2年半の月日が経過している。

1%E3%83%BB28%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%80%80%E3%81%93%E3%81%AE%E5%9C%B0%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%B8%AFA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年01月27日

今日(1月27日・その4)の一枚

ヒヨドリや 庭木に止まり 思索なり

 光の加減か背中の黒っぽい野鳥が庭木に止まっている。ヒヨドリである。ヒヨドリは2羽で追っかけをしているような時は動きが激しい。これに対して、1羽で居る時はじっと動かず物思いに耽っているか、思索に没頭している感じがする時がある。

1%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%84%E3%80%80%E5%BA%AD%E6%9C%A8%E3%81%AB%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%80%80%E6%80%9D%E7%B4%A2%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(1月27日・その3)の一枚

上出来の 風景社印や レーザー加工 

 爪句集第42集の校正中で、風景社印を空撮パノラマ写真のクレジットに利用するアイデアの記事がある。レーザー加工の応用例として「eシルクロード研究工房」のゴムを北科大のH君に制作してもらう。上出来で風景社印プロジェクトを再考する。

%EF%BC%91%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E4%B8%8A%E5%87%BA%E6%9D%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E9%A2%A8%E6%99%AF%E7%A4%BE%E5%8D%B0%E3%82%84%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%8A%A0%E5%B7%A5A.jpg

今日(1月27日・その2)の一枚

修理代 微々たるものか レンズ代

 望遠レンズの修理代の通知が届く。修理代3万7千円とある。修理するかしないか返事を出さねばならないのを決め兼ねている。望遠レンズを新しく購入という手もある。最近の超高級望遠レンズの値段を見ると163万円で、誰が買うのだろうか。

%EF%BC%91%E3%83%BB27%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BB%A3%E3%80%80%E5%BE%AE%E3%80%85%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E4%BB%A3A.jpg

今日(1月27日)の一枚

死の前の 研究者の文 幾度読む

 朝刊第1面トップに、新型肺炎で封鎖された武漢からの邦人帰国に関する記事。武漢の地名を見ると、一緒にこの地まで旅行した山本克之先生の名前が思い浮かぶ。追悼集に収められた「北工会」誌の先生の文章を読む。死の1か月半前に書かれた。

1%E3%83%BB27%E6%AD%BB%E3%81%AE%E5%89%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E6%96%87%E3%80%80%E5%B9%BE%E5%BA%A6%E8%AA%AD%E3%82%80A.jpg

2020年01月26日

今日(1月26日・その3)の一枚

武漢市や 黄鶴楼も 封鎖なり

 武漢市で発生した新型肺炎は中国全土に広まっていて、武漢市は閉鎖状態にある。1992年に南京市での学会に出席し、北大の山本克之教授と同道で武漢に飛んだ。武漢の馮功啓先生の案内で黄鶴楼を見学した。その山本先生は既に鬼籍に入られた。

1%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%AD%A6%E6%BC%A2%E5%B8%82%E3%82%84%E3%80%80%E9%BB%84%E9%B6%B4%E6%A5%BC%E3%82%82%E3%80%80%E5%B0%81%E9%8E%96%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(1月26日・その2)の一枚

餌台に 図々しくも 長居シメ

 風のせいか傾いた餌台にシメが止まっている。不安定が気になるようで、時々体勢を立て直す。嘴の周りに餌の細かな実を付けている。カラ類であれば餌台に長く留まらないのにシメはじっくり腰を据えて留まっている。かなり図々しい鳥である。

1%E3%83%BB26%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%A4%8C%E5%8F%B0%E3%81%AB%E3%80%80%E5%9B%B3%E3%80%85%E3%81%97%E3%81%8F%E3%82%82%E3%80%80%E9%95%B7%E5%B1%85%E3%82%B7%E3%83%A1A.jpg

今日(1月26日)の一枚

マスコミの 威力はいかに 紙面見る

 新聞社のクラウドファンディング(CF)find Hで支援を募っているプロジェクトの紹介が北海道新聞に載る。丁度このCFの返礼品に予定している爪句集第42集の校正を行っている。新聞に紹介されて支援者が現れのるかマスコミの威力をみたい。

1%E3%83%BB26%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%AE%E3%80%80%E5%A8%81%E5%8A%9B%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%80%80%E7%B4%99%E9%9D%A2%E8%A6%8B%E3%82%8BA.jpg

2020年01月25日

今日(1月25日・その3)の一枚

惜しいかな 炭化の汚れ 手に残り

 北科大の学生諸君にレーザー加工で野鳥のコースターを試作してもらっていて問題点に気付いた。レーザーでコルク板を焼いて作るため、黒く炭化した部分に手が触ると汚れる。コーティングか何かで処理せねばならぬのだが、妙案が思い付かない。

1%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%83%9C%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%80%80%E7%82%AD%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%B1%9A%E3%82%8C%E3%80%80%E6%89%8B%E3%81%AB%E6%AE%8B%E3%82%8AA.jpg

今日(1月25日・その2)の一枚

早朝に 心得読みて 儀式かな

 札幌大通倫理法人会から講演を頼まれる。講演に先立ちこの会の儀式めいた朝礼がある。カードに記された心得が読み上げられる。以前爪句集に爪句結社「秘境」社主としたら、ネットに「秘密結社」と誤って記載されたのを何とはなしに思い出す。

1%E3%83%BB25%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%81%AB%E3%80%80%E5%BF%83%E5%BE%97%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%80%80%E5%84%80%E5%BC%8F%E3%81%8B%E3%81%AAA.jpg

今日(1月25日)の一枚

朝起きの 実践者見て パノラマ撮 

 早朝の講演を頼まれホテルに出向く。土曜日の朝7時なんて聞きに来る人が居るのかな、と思いながら行くと、40名ほどの人が集まっている。札幌大通倫理法人会の例会である。早起きをモットーにしていて、これなら早朝の講演もありと納得する。

1%E3%83%BB25%E6%9C%9D%E8%B5%B7%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%80%80%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E8%80%85%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E6%92%AEA.jpg

(パノラマ写真)

2020年01月24日

今日(1月24日・その4)の一枚

マイコンと 宇宙産業 相似たり

 北科大のM教授に誘われて北海道スペースポート研究会の特別講演を聴講。日本の衛星ベンチャーを牽引している若い経営者ら5人が大変革期にある宇宙産業について語る。マイコン技術で札幌にベンチャー企業が輩出した40年以上の昔と重なる。

1%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%80%80%E7%9B%B8%E4%BC%BC%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

今日(1月24日・その3)の一枚

雪降りや 次はどうする しばし考

 雪降りの中、ドイツトウヒの天辺にヤマガラが止まっている。この天気でこれからどうしようかと思案しているかのようである。野鳥には特段のスケジュールがある訳でもないけれど、撮っている方は街に出る用事があり、雪が止むのを期待する。

1%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E9%9B%AA%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%82%84%E3%80%80%E6%AC%A1%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E3%81%97%E3%81%B0%E3%81%97%E8%80%83A.jpg

今日(1月24日・その2)の一枚

決め兼ねる レンズ修理や 雪降り日

 未だ暗い外を見ると雪降り。降る雪が筋のように写る。オンコの木の根元にマユミの木がありその実を啄んでいるのか、隠れるように尻を向けたシジュウカラが写る。望遠レンズの修理代見積もりが3万4千円と通知が届き、さてどうしたものか。

1%E3%83%BB24%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E6%B1%BA%E3%82%81%E5%85%BC%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E4%BF%AE%E7%90%86%E3%82%84%E3%80%80%E9%9B%AA%E9%99%8D%E3%82%8A%E6%97%A5A.jpg

今日(1月24日)の一枚

武漢市や 昔物理所 今肺炎

 新型肺炎の記事が朝刊第1面のトップに載る。発生源とみられる武漢市が封鎖された。明日早朝ホテルで7時からの講演会を頼まれていて、偶然中国科学院武漢物理所でのマイコンの講義紹介の予定。40年以上も昔の中国との研究交流の話である。

1%E3%83%BB24%E6%AD%A6%E6%BC%A2%E5%B8%82%E3%82%84%E3%80%80%E6%98%94%E7%89%A9%E7%90%86%E6%89%80%E3%80%80%E4%BB%8A%E8%82%BA%E7%82%8EA.jpg

2020年01月23日

今日(1月23日・その3)の一枚

外に出ず 陽の陰り来て シジュウカラ

 今日は1歩も外に出なかった。スマホの歩数計を見ると1500歩にも満たない。運動量の上からは問題である。天気の良い日の陽が陰ってくる外を見るとシジュウカラが松の枝に止まっている。ガラス戸越しに撮る。明日は街に出て少し歩こうと思う。

1%E3%83%BB23%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E5%A4%96%E3%81%AB%E5%87%BA%E3%81%9A%E3%80%80%E9%99%BD%E3%81%AE%E9%99%B0%E3%82%8A%E6%9D%A5%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9A.jpg

今日(1月23日・その2)の一枚

返礼品 レーザー加工の 野鳥なり

 爪句集の第43集は野鳥のテーマを考えている。この爪句集もクラウドファンディング支援のもとで行おうとしていて、その返礼品として野鳥をデザインしたレーザー加工によるコースターを考えている。北科大の学生のH君が試作品を作ってくれる。

%E8%BF%94%E7%A4%BC%E5%93%81%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%A7%E3%80%80%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(1月23日)の一枚

散歩止め 居間撮りしたり シジュウカラ

 天気の良い朝である。この2,3日雪降りもあって散歩を止めていたら、天気になっても散歩に出掛ける気持ちにならない。習慣は途切れると大休止になる。庭にどんな野鳥が来ているか見ているとシジュウカラが飛び回っていて、ブログ用に撮る。

1%E3%83%BB23%E6%95%A3%E6%AD%A9%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%80%80%E5%B1%85%E9%96%93%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9A.jpg

2020年01月22日

今日(1月22日・その3)の一枚

気になるは 望遠レンズ 修理代

 森の道は雪が積もっていて長靴では歩けないだろう。探鳥散歩は止めてガラス戸越しに野鳥撮影である。ヤマガラがやって来る。庭にくる同じ個体のようである。望遠レンズで撮ってみたいけれど不具合で検査に出してあり、修理代が気になる。

1%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AF%E3%80%80%E6%9C%9B%E9%81%A0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%80%80%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BB%A3A.jpg

今日(1月22日・その2)の一枚

影絵の木 踊るかに見え 日の出時

 窓から陽が昇ってくるのが見える。この日の出を撮ろうとするといつもの事ながら電線も写り込む。これ又いつもの対処で電線を避けて山際の陽だけを撮る。雑木林が影絵になって写り、影絵の木々が踊っているように見える。昨日までの雪は止む。

1%E3%83%BB22%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%80%80%E8%B8%8A%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%99%82A.jpg

今日(1月22日)の一枚

記事を見て 写真を処理し アダノンキ

 昨日の夕刊を未だ読んでいないので目を通す。ビールの注文できる古書店「アダノンキ」の記事。1年ほど前に爪句集寄贈に同店を訪れていて、撮影したパノラマ写真を処理する。カウンターに爪句集とビールがあり、店主の顔がチラリと見える。

1%E3%83%BB22%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%92%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%97%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%ADA.jpg

(画面をクリックでパノラマ写真:2019年1月8日撮影)

2020年01月21日

今日(1月21日・その3)の一枚

返礼品 レーザー加工の 名刺なり

 北科大の宇宙開発研究同好会の学生がレーザー加工で名刺をコルク板に彫ってくれる。名刺に印刷したQRコードも表示され、スマホで読み込むと北科大の空撮パノラマ写真が現れ、その天頂部分にまた同じ名刺が表示される。返礼品で使えそうだ。

1%E3%83%BB21%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%EF%BC%89%E8%BF%94%E7%A4%BC%E5%93%81%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%AE%E3%80%80%E5%90%8D%E5%88%BA%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%AFA.jpg

今日(1月21日)の一枚

CFの 不具合画面 証拠なり

 クラウドファンディング(CF)を実行していてシステム利用上で不具合があった。CFの会社からその不都合の再現を求められM教授から再現した画像データが送られてくる。支援金が実際に支払われていなくてもリターンの残り数が減ってしまう。

1%E3%83%BB21%E3%80%80CF%E3%81%AE%E3%80%80%E4%B8%8D%E5%85%B7%E5%90%88%E7%94%BB%E9%9D%A2%E3%80%80%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年01月20日

今日(1月20日・その2)の一枚

開場を 控え心の 準備なり

 昨日の札幌モーターショーで、開始前にコンパニオン達が打ち合わせを行っているところをパノラマ写真に撮る。説明を声に出して読み上げていたりする。一方的な説明なら楽だろうが、車オタクの質問に答える役目なら気の疲れる仕事である。

1%E3%83%BB20%20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%20%20%EF%BC%89%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E3%80%80%E6%8E%A7%E3%81%88%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%80%80%E6%BA%96%E5%82%99%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

今日(1月20日)の一枚

ロゴ入りの 暦いずこに 飛び行けり

 昨日撮影した札幌モーターショーのパノラマ写真を整理する。大樹町のインタステラテクノロジズ(IST)社のロケット「MOMO」の実物大のものが展示されている。今年のカレンダーに同社のロゴ入りを制作しており、パノラマ写真と重ねて撮る。

2020%E3%83%BB%EF%BC%91%E3%83%BB20%E3%83%AD%E3%82%B4%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E6%9A%A6%E3%81%84%E3%81%9A%E3%81%93%E3%81%AB%E3%80%80%E9%A3%9B%E3%81%B3%E8%A1%8C%E3%81%91%E3%82%8AA.jpg

(画像クリックでパノラマ写真)

2020年01月19日

今日(1月19日・その4)の一枚

撮影の 動作見つめて コンパニオン 

 パノラマ写真を撮るため体にカメラを固定し、8回体を回転させる。この撮影法の意味が分からないと奇妙な動作に見える。コンパニオンの前でこの動作を繰り返し、彼女らは何をしているか知りたかったのではなかろうか。勿論説明はしなかった。

1%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE34%20%EF%BC%89%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%AE%E3%80%80%E5%8B%95%E4%BD%9C%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3A.jpg

(パノラマ写真)

今日(1月19日・その3)の一枚

車より 美形を撮りて モーターショー

 自動車にはさほど興味がなく、美形のコンパニオンを撮る方に身が入る。望遠レンズなら遠くから撮影が可能でも、パノラマ写真撮影ではコンパニオンに近づいて撮影しないと大きく写せない。人混みの中で遠くでも近くでもない距離で撮影する。

1%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE3%20%EF%BC%89%E8%BB%8A%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%80%E7%BE%8E%E5%BD%A2%E3%82%92%E6%92%AE%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BCA.jpg

今日(1月19日・その2)の一枚

雪ミクや おたく文化で 痛車あり 

 札幌モーターショー2020の公式アンバサダーは雪ミクでこのイベントを盛り上げているらしい。公式アンバサダーとはどんな役目なのか良く理解していないけれど、このキャラクターが車体に描かれているレーシングカーが展示されていて撮影する。

1%E3%83%BB19%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%84%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8F%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%A7%E3%80%80%E7%97%9B%E8%BB%8A%E3%81%82%E3%82%8AA.jpg

(パノラマ写真)

今日(1月19日)の一枚

剥き出しの 車輪目立ちて フォーミュラーカー

 北科大のM教授に誘われて、札幌ドームで今日まで開催中の札幌モーターショーの見学と撮影に行く。北科大短大のK准教授がフォーミュラーカーの展示を行っていて、その関係者として入場する。一般客の居ない開場前にパノラマ写真を撮る。

1%E3%83%BB19%E5%89%A5%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%AE%E3%80%80%E8%BB%8A%E8%BC%AA%E7%9B%AE%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%A6%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BCA.jpg

(パノラマ写真)

2020年01月18日

今日(1月18日・その5)の一枚

商大の 蔵書となるや 爪句集

 クラウドファンディングの公募中で、活動報告のため小樽商科大学図書館にこれまで出版した爪句集全41巻を寄贈した時のパノラマ写真を処理する。三脚を使わないで撮影した写真の張り合わせ時にずれが生じ、それを誤魔化すのに時間がかかる。

1%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%20%EF%BC%89%E5%95%86%E5%A4%A7%E3%81%AE%E3%80%80%E8%94%B5%E6%9B%B8%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%82%84%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

(パノラマ写真)

今日(1月18日・その2)の一枚

サンピラー 上手く撮れずに 日の出消え

 日の出の空に薄くサンピラーらしきものが見えている。写真に撮ると何となく光の柱のように見えるものが写るけれど、境界がはっきりしていない。日の出を期待したけれど陽は雲の中で姿を現さなかった。日の出はそろそろ6時台突入である。

1%E3%83%BB18%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%80%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%8F%E6%92%AE%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%80%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E6%B6%88%E3%81%88A.jpg

今日(1月18日)の一枚

OB・OGが チャットでかざす 爪句集

 昨夕研究室のOB・OGの夕食会が東京であり、その様子がWeChatに投稿される。夕食会の参加者に渡るように送ってあった爪句集を持った集合写真が送られてくる。その後WeChatで札幌や中国在住の研究室のメンバーの投稿が相継ぐのを見る。

1%E3%83%BB18%E3%80%80OB%E3%83%BBOG%E3%81%8C%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%81%96%E3%81%99%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2020年01月17日

今日(1月17日)の一枚

カメラ掛け 見張りを頼む 人の顔

 ドローンを飛ばそうと、カメラを近くの立木に掛ける。木に蔦が絡みついていて、枝の取れた跡だろうか、人の顔に見える部分がある。跡の両サイドの樹皮を大きな耳に見立てると動物の貌のようでもある。地上のこういった自然の造形は面白い。

1%E3%83%BB17%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%80%80%E8%A6%8B%E5%BC%B5%E3%82%8A%E3%82%92%E9%A0%BC%E3%82%80%E3%80%80%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%A1%94A.jpg

2020年01月16日

今日(1月16日・その5)の一枚

手抜きして 自分に来たり 講師役

 月1回の勉強会の講師を1か月前になって探すとすんなりと引き受けてもらえる人が居なかったする。今回も5,6人に当たってみて全員都合がつかないということで自分が引き受ける羽目になる。これまで使ったスライドを寄せ集め講義をする。

1%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE5%20%EF%BC%89%E6%89%8B%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AB%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%80%80%E8%AC%9B%E5%B8%AB%E5%BD%B9A.jpg

(パノラマ写真)

今日(1月16日・その4)の一枚

床落ちた 壺の写りて 本寄贈

 爪句集全41巻を寄贈するため小樽商科大学に出向く。商科大学のキャンパスには初めて足を踏み入れる。副学長で図書館長の江頭進先生の部屋で紹介者の江口修同大名誉教授、高玉博史課長も交え歓談。パノラマ写真に写っている置物が床に落ちる。

1%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E5%BA%8A%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%9F%E3%80%80%E5%A3%BA%E3%81%AE%E5%86%99%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E6%9C%AC%E5%AF%84%E8%B4%88A.jpg

(パノラマ写真)

今日(1月16日・その2)の一枚

雪降れど 少雪景観 続きたり

 昨夜から久しぶりにまとまった雪が降る。雪かき前に積雪の庭の70 m上空から日の出時の景観の空撮を行う。三角山の山裾辺りから陽が昇ってくる。西の空には月が残っていて、パノラマ写真に写っている。今朝の雪でも少雪の景観は続いている。

1%E3%83%BB16%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%89%E9%9B%AA%E9%99%8D%E3%82%8C%E3%81%A9%E3%80%80%E5%B0%91%E9%9B%AA%E6%99%AF%E8%A6%B3%E3%80%80%E7%B6%9A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%8AA.jpg

(空撮パノラマ写真)

今日(1月16日)の一枚

寄贈本 ハム空箱に 詰めてみる

 本日は小樽商科大学まで行って爪句集全41巻の寄贈を行う予定。食品の空箱に寄贈用の爪句集を詰める。現在クラウドファンディング(CF)を行っていて、2万円の支援のリターンに全42巻を入れてある。さてこの残り1口に応募があるかどうか。

%EF%BC%91%E3%83%BB16%E5%AF%84%E8%B4%88%E6%9C%AC%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%A0%E7%A9%BA%E7%AE%B1%E3%81%AB%E3%80%80%E8%A9%B0%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8BA.jpg

2020年01月15日

今日(1月15日)の一枚

返礼品 既に送りて 爪句集

 募集中のクラウドファンディング(CF)の締め切り日が今日で、CFの画面に残り1日の表示が出る。CFのリターンの「爪句@天空物語り」の出版も終わり、リターンは郵送済み。宇宙開発研究同好会への支援金を明日渡せばこの企画は完了する。

1%E3%83%BB15%E8%BF%94%E7%A4%BC%E5%93%81%E3%80%80%E6%97%A2%E3%81%AB%E9%80%81%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%80%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86A.jpg

2020年01月14日

今日(1月14日)の一枚

爪句集 50巻目指し 講義なり

 毎月1回の勉強会eシルクロード大学の講師の手当てを怠ると自分に講師が回ってくる。1月の例会の講師は5,6人に当たってみて全員駄目で、自分で話をすることにする。爪句集50巻出版に向けての話題で、PowerPointのデータを作る。

%E7%88%AA%E5%8F%A5%E9%9B%86%E3%80%8050%E5%B7%BB%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%97%E3%80%80%E8%AC%9B%E7%BE%A9%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年01月11日

今日(1月11日・その4)の一枚

貼り込んだ 名刺動かす 工夫なり

 講演のために空撮パノラマ写真をPowerPointのスライドに貼り込もう(リンクを張ろう)としている。旧システムで処理した空撮パノラマ写真を用いiPadでスライドショーを実行しようとすると全球写真がフリーズする。その解決法を検討する。

1%E3%83%BB11%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E8%B2%BC%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%82%93%E3%81%A0%E3%80%80%E5%90%8D%E5%88%BA%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%99%E3%80%80%E5%B7%A5%E5%A4%AB%E3%81%AA%E3%82%8AA.jpg

2020年01月09日

今日(1月9日)の一枚

明ける空 影絵山並み 空で撮る

 日の出前に東から北にかけての山並みが、明るくなって来る空を背景にしてシルエットになって浮かび上がってくる。ドローンを上げて100 m上空から山並みを撮ってみる。札幌は連なる山を見ることの出来る大都会である事を改めて確認する。

1%E3%83%BB9%E6%98%8E%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A9%BA%E3%80%80%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E5%B1%B1%E4%B8%A6%E3%81%BF%E3%80%80%E7%A9%BA%E3%81%A7%E6%92%AE%E3%82%8BA.jpg

(空撮パノラマ写真)

2020年01月08日

今日(1月8日)の一枚

朝空に 顔飛んで行く 画像処理 

 朝焼けの空に鳥の集団が飛んで行く。シルエットで写り、はっきりしないが形から見てハトのようである。少し画像処理をして顔の形をいくつか作り出す。画像処理無しでこんな写真を撮ることが出来たら有り得ない画像の一枚になるに違いない。

1%E3%83%BB8%E6%9C%9D%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%80%80%E9%A1%94%E9%A3%9B%E3%82%93%E3%81%A7%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86A.jpg

2020年01月07日

今日(1月7日・その4)の一枚

餌台を 独り占めして シメの居り

 新しく餌台を置くと異なる野鳥が次々とやって来るのが面白いと家人はさらに円筒型の餌台を購入してくる。これは庭の小さなオンコの木に掛ける。シメが来てヒマワリの種を咥えている。餌台よりシメの方が大きく見える。こちらも成功である。

1%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE4%EF%BC%89%E9%A4%8C%E5%8F%B0%E3%82%92%E3%80%80%E7%8B%AC%E3%82%8A%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%81%AE%E5%B1%85%E3%82%8AA.jpg

今日(1月7日・その3)の一枚

ヒヨドリや 姿で演じ 孤高感

 餌台にくるカラ類の小さな野鳥を撮っていると、ヒヨドリがやって来る。ヒヨドリは比較的大きいので餌台には近寄らず、枝に止まる。撮った写真の貌や背中に孤高感が出ている。実際は番か群れている事が多い。撮影の機会の多い野鳥である。

1%E3%83%BB7%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%93%EF%BC%89%E3%83%92%E3%83%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%84%E3%80%80%E5%A7%BF%E3%81%A7%E6%BC%94%E3%81%98%E3%80%80%E5%AD%A4%E9%AB%98%E6%84%9FA.jpg

今日(1月7日)の一枚

ドローン上げ 少雪の年 記録撮

 東の空に日の出の兆候が現れ、朝焼け空が撮れるかと庭の100 m上空から空撮を試みる。期待したほどの朝焼けは撮れず、日の出前の西野の街の雪景色が広がっている。それにしても今冬は少雪である。例年なら見られる道路脇の雪山が消えている。